スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画 『虐殺器官』 の感想




『 地獄は、頭の中にある 』


<感想>
テロ対策として、個人情報や自由と引き換えに徹底的なセキュリティ管理社会へと移行した先進国。 その中核、アメリカ情報軍のクラヴィス・シェパード大尉は、世界各地の紛争首謀者を暗殺するミッションをこなしている――その頭脳に「感情適応調整」という技術を施した、究極の精鋭として。 そんな彼に舞い込んだ、ジョン・ポールという言語学者の暗殺司令。 ジョンが訪れた後進国では100%の確率で内戦が始まり、大量虐殺が生まれていく。 徹底したはずのセキュリティにも引っかからず姿をくらますジョン・ポールは、どのように虐殺を生み出しコントロールしているのか? クラヴィスは仲間と共にプラハに渡り、ジョン・ポールと接触したルツィアという女性に出会うのだが……。


映画『虐殺器官』、初日のレイトショーで観てまいりました! これで『Project Itoh』と銘打たれた劇場アニメ三部作、『屍者の帝国』『ハーモニー』『虐殺器官』はぜんぶ見れたことになります。 はるばる遠距離通勤しているメリットが生かされたのホント嬉しい!(田舎の映画館では上映していない・笑) 三部作はどれも金曜日が公開初日だったので、疲れがちな金曜日でも「映画見るんだから頑張れる!」と仕事に望めたのもありがたいです。 私はつくづくアニメが元気の源なんだなーと思わされました。 ありがとう二次元!(笑)。


さて『虐殺器官』。 原作も未読だし、パンフレットも買ってませんし、映画もさらっと1回見ただけなのでいろいろ間違いもあるかもしれないけれど、感想をメモ的に残しておきたいと思います。 
総括的な感想を言えば、面白かった! 哲学的・思想的要素が強い物語と、それを裏付けるに十分な作動画、そしてキャスト陣の演技。 どれも見応えがありました。 ただ、「ちゃんと理解してる?」となると、「いや、たぶん分かってないな!(断言w)」となります(笑)。 なかなかに難しい作品だな、という印象ですが、小難しくて興醒めだよ、とはならななかったんだから、やっぱり面白かったと思います。 これは仕上げるの大変だっただろうなー。

ところでインターネットの力は絶大で、公開初日だったにもかかわらず、私が見る時点ですでに「原作のある重要なエピソードが省かれているのでストーリー的に物足りない」みたいな話が出ていました。 そもそも原作を未読だったので省略そのものには問題ないのですが、そんな重要な話が入らないのは二時間という尺に収めるため以外に理由が思いつかなかったので、頭にはいれておこうという気持ちで望みました。 


のですが。 見ながら感じていたのは、「なんだこの情報量の多さは!!」ということでした。 ちょっと誰よ物足りないとか言ってたの、十分だよ!(笑)。 いやもちろん、薄味だと表現されたのは情報量の問題ではなくて感情移入的な盛り上がりのことなのでしょうが、個人的には、徹底的にフラットに設定されていたはずのクラヴィスたち同様、作品そのものにも「感情適応調整」を施したようなフラット感を持たせたかったのかな?という印象も受けました。 基本的に物事が淡々と進んでいきます。 目の前で人が死のうと。 戦友を打ち殺そうと。 アレックスの射殺に対しても周囲からの評価はおおむね「よくやった」的な感じにフラットで、人間の合理主義って残酷なのだということがさらっと描かれているような気がしました。 

情報過多になった原因は、たぶん前述したエピソードの削除にあるのでしょう。 今回省いたエピソードの代替足り得る何かを補完する必要が生じ、それを視覚ではなく文章、つまり「セリフ」で補おうとしたために、ものすごいセリフ量になったんじゃないかなって。 これは見る側に膨大なセリフを頭の中で処理することを強いるわけで、なかなかにハードル高いです。 もうちょっと作画の力に頼る形で整理した方が良かったのでは?とは思うけど、素晴らしかったのは主役の中村さんとラスボス(笑)の櫻井さんの渾身の演技。 お二人がすさまじいほどの「説得力」を乗せて喋ってくださるので、一歩間違うとただの言葉の羅列になってしまいそうなセリフが、きちんと「情報」「感情」として伝わってくる。 これがクラヴィスたちが感じ、考え、ぶつけ合った思想の話なのだとよく伝わってくる。 私としては、この演技を聴くだけでも価値があると思いました。 


ただ、物語が合理的に物事が進んでいく中で、クラヴィスがルツィアに示す愛情だけがちょっと唐突だったような。 いや、ルツィアさん超美人だし知的だしどことなく薄幸な雰囲気だし(ここ重要)、惚れるのに文句はまったくないのですが、いつの間に?という疑問もぬぐえない。 で、ちょっと思い出したのが、クラヴィスがジョンに捉えられた時に、何らかの文法を使われていたっていうこと。 まったくもってうろ覚えなんですけど、虐殺器官を刺激されたのかと怖れるクラヴィスに対して、感情だか本能だかに作用するだけの生ぬるい文法だよ(超意訳)、的なことを言っていたので、もしやその文法がスイッチだったのかなーとか勝手に想像してました。 もしそうだとしたら、恋ってそんな風にあっけなく生まれてしまう、ごく生得的な感情だということです。 虐殺器官と同じように。 人間には、いろんな可能性が秘められているわけです。


ところで私は「ファム・ファタル」という言葉の意味を「運命の女(ひと)」という認識でいたのですが、ウィリアムズがルツィアをさして言った「ファム・ファタル」は何か意味が違いそう、と思ってたら――「男を破滅させる魔性の女」。 こっちか! 一目で見抜くとかウィリアムズさん恋愛経験どれだけあるの!?とちょっと楽しくなりましたが(笑)、結果的にこの評価は正しかったわけですよね。 クラヴィスもジョンも、結局は彼女の「言葉」を大切にしたからあの選択に至ったわけで。 もっといえば、妻子を失った直後のジョンをルツィアが救った一言がなければ、世界の現状はもっと違ったかもしれなくて。 そういう意味では、二人にとってのルツィアは「男を破滅させる魔性の女」なのではなく、やはり「運命の女(ひと)」だったのだろうと思うのです。 たとえ、世界を狂乱にひきずりこむのだとしても……。 そんな訳で、クラヴィスとジョンの共闘ともいえるあのラストは私の中ではとても自然な流れでした。 たぶんあの瞬間、世界中で二人にしか理解できないロジックがあったんじゃないかなって。 


人間には虐殺をつかさどる器官が存在する。 そして、その器官を刺激する文法も存在する。 文法は頭の中で生まれ、生まれた文法により虐殺器官が活性化され、現実世界は悪夢と化す――まるで地獄のように。 ラストで暗示される狂乱の世界は「頭の中で」作られると言い換えることも出来るわけで、私にはアレックスの「地獄は、頭の中にある」という言葉がある種の予言のように思えてなりませんでした。 アレックスについてはもっと象徴的に描いても良かったんじゃないかと思うのですが、それでも彼のあの言葉に世界が集約されていく構図は、なんとも言えず凄かった。 ジョンに「戦闘に物足りなさを感じている」と指摘されたクラヴィスにとってはこれからこそが本領を発揮する舞台になるはずで……ある意味、誰よりもつよく「虐殺器官」を刺激されたのはクラヴィス自身ということになるんだろうな。 私はその物語を選択する彼を見守ってしまったけれど、願えるのであれば、せめて「子供を殺せますか?」という質問に対して盛大にノーを言える彼になって欲しいと思うのです。


(余談だけど、三部作の中では「屍者の帝国」が好みだったなー。 映像がとにかく綺麗で、世界観としてよくまとまっていたと思うのです。 ちょっとBLな雰囲気もあったけど私は気にならなかった…。 そういえば「ハーモニー」はちょっと百合っぽくて「虐殺器官」はふつうに男女愛? 三部作すごいな… ←ラブコメ脳患者の発想)




屍者の帝国 [Blu-ray]

屍者の帝国 [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.02.07
アニプレックス (2016-02-03)

ハーモニー [Blu-ray]

ハーモニー [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.02.07
アニプレックス (2016-03-09)



関連記事
スポンサーサイト


2017年2月の購入予定


2017年2月の購入予定です! うわぁ久しぶり(笑)。 この一覧がないと自分でも不便なんですよね。 じゃあ作れよって感じなので、やっと作れて満足です。 

そういえばこの間はじめて親しらずを抜いたのですが(唐突)、歯医者さんって予約してても呼ばれるまでに時間がかかる経験しかなかったので、待ち時間に読む本をすっごく吟味して持っていたんですが、これがまた予約時間通りに呼ばれてしまい、あっという間に歯を抜かれ、あっという間に次回の予約もお薬も会計も済んでしまうという貴重な経験をしました。 よって、一度として開く時間がなかったのです。

そんな歯医者さんがあるんだ!とうれしく思ったと同時に、その本を読みたかった気持ちを抑えきれず、まだ血が止まらないドロドロした状態のまま帰宅してすぐ読んでしまったということがありました。 あれですね、本に熱中すると血がでてても気付かないみたいで、ふと顔をあげたら唇に血がついてて何のスプラッタだろうって思いました。 あれは怖かった・・・という相変わらずオチのない話です(笑)。 あ、親しらず抜くはそんなに痛くなかったです。 上の歯ならそんなに痛くないんですって(症状や個人差はあると思うけど)。


<コミック購入決定分>
2/01 小田原みづえ『大正ロマンチカ・14』 宙出版
2/03 仲野えみこ『劉備徳子は静かに暮らしたい・1』 白泉社
2/07 小田すずか/西尾維新『美少年探偵団・2』 講談社
2/13 リカチ『明治メランコリア・10』 講談社
2/17 加藤元浩『Q.E.D.証明終了iff・6』 講談社
2/17 加藤元浩『C.M.B.森羅博物館の事件目録・34』 講談社
2/20 ミユキ蜜蜂『なまいきざかり。・9』 白泉社
2/20 伊沢玲/津山冬『執事様のお気に入りEncore!』 白泉社
2/20 伊沢玲『百花万華鏡・1』 白泉社
2/28 椎名軽穂『君に届け・28』 集英社


<コミック気になる分>
2/03 尾田栄一郎『ONE PIECE・84』 集英社
2/03 出水ぽすか/白井カイウ『約束のネバーランド・2』 集英社
2/03 小畑健/大場つぐみ『プラチナエンド・5』 集英社
2/07 びっけ『ヤギくんとメイさん・2』 講談社
2/14 石黒正数『それでも町は廻っている・16(完)』 少年画報社
2/17 永椎晃平『星野、目をつぶって。・4』 講談社
2/17 藤崎竜/田中芳樹『銀河英雄伝説・5』 集英社


<小説購入決定分>
2/01 岐川新『巫女華伝 恋の舞とまほろばの君』 角川ビーンズ文庫
2/14 綾辻行人『人間じゃない 綾辻行人未収録作品集』 講談社ノベルス
2/15 夕鷺かのう『(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~未来へ続く協奏曲(コンチェルト)~』 ビーズログ文庫


<小説気になる分>
2/01 かたやま和華『猫伯爵の憂鬱~紅茶係はもふもふがお好き』 集英社コバルト文庫
2/20 黒湖クロコ『お守り屋なのに、私の運が悪すぎて騎士に護衛されてます。』 一迅社文庫アイリス




大正ロマンチカ 14 (ミッシィコミックス/Next comics F) 劉備徳子は静かに暮らしたい 1 (花とゆめコミックス) 執事様のお気に入りEncore! (花とゆめコミックス) 百花万華鏡 1 (花とゆめコミックス) 
巫女華伝 恋の舞とまほろばの君 (角川ビーンズ文庫) (仮)花嫁のやんごとなき事情 ~未来へ続く協奏曲~ (ビーズログ文庫) 猫伯爵の憂鬱 ~紅茶係はもふもふがお好き~ (コバルト文庫) 
関連記事


今年もよろしくお願いします!というご挨拶と雑記です。


11周年のご挨拶をして以来、まったく更新できていませんでしたが、生きていますこんにちは・・・。

何ていうかもう、「ケンカ中の恋人に顔を合わせる勇気がないの!」とか言ってる友人に対して、「いいから早く謝ってきなよ!」と発破かけてた過去の私を叱りつけたいくらい、今、「合わせる顔がないわぁぁぁぁぁぁ」と思っているりるさんです。 そんな軽々しく謝れないですよね・・・。 謝りたくないんじゃなくて、だって11周年お祝いコメントとかいただいておきながら放置!とかしていた自分が酷すぎて痛すぎて、どうしたらいいのやら・・・という感じです。 本当にすみませんでした。 ということを後でコメント欄に返信しておきます。

というわけで、新年もあけましてだいぶ経過してしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします、というご挨拶です。 こんな不甲斐ない私ですが、本当によろしくお願いいたします!!

挨拶だけ詐欺にならないように、今いちおう感想も書いてますので、そのうち・・・そのうちアップします・・・ね・・・。

12月は一日の半分くらい働いて、さらに三時間を通勤に使ってたので、人間生活をするための時間が九時間くらいしかない状態が続いていました。 世の中にはもっと働くひとがいるので「そんなの甘いよ」って言われるかもしれないけれど、私の中では「もうこのまま死ぬんじゃないか・・・」と結構本気でメンタルが弱っていました。

でもそこは、会社のストレスチェックでもびっくりするくらいの低評価(つまりストレスが少ない)をたたき出したりるさんなので(笑)、アニメやゲームにハマりまくることで無事に生き延びることが出来たようです。 12月はね・・・アニメの『マジきゅんルネッサンス』にハマり過ぎてしまい、まんまとPSVita本体を買ってまでゲームを遊び倒し、通勤電車の中で録画を見て、通勤電車の中でDLした主題歌やキャラソンを聴く毎日でした。 本当にありがとうマジきゅん! おかげで生きてるよ!!(誇張でもなんでもない・笑)。 もちろんブルーレイも全巻買いますからね~w

ところで、宝島社さま『このマンガがすごい!WEB』で毎月更新されているアンケートですが、今月は初めて投票を忘れてしまいました。 なんか申し訳ない・・・。 が、投票したとしても『カードキャプターさくら・クリアカード編』しかランクインしなかったな、というくらいのかぶりのなさでした。 昨日更新されていますので、良かったらご覧になってください。

ではでは、また近いうちに!



関連記事


11周年、ありがとうございます

▼感謝

『空夢ノート+』は2016年9月4日で11周年となりました。
この間ご来訪くださった方々、優しく楽しいお言葉をコメントしてくださったみなさま、
お世話になっているリンク先の方々、
本当にありがとうございます!!

仕事のせいでほぼ更新できていないこのブログですが、
何気に活動を続ける気でおりますので
これからもどうぞよろしくお願いします。

私が勝手に発信している「好き」が少しでもみなさまのお心に届いて、
その作品を「好き」になっていただければ、この上ない幸いです。


▼日記
こんばんは! 私の仕事を減らすために4月に雇ってもらって5か月間教えてきた新人さんが、他の担当に回されることになってしまい、結局仕事が減らないまま新人指導だけしてたんだなー私・・・と遠い目をしたくなったのが近況だったりします(笑)。 上司がさんざん謝ってくれましたが、別に仕事上のことなので謝る必要はないのです。 仕方ない、と割り切って今月からまた一人で処理してるのですがこれが結構大変で、知らず知らずのうちに新人さんが戦力になってくれてたんだなーとちょっと嬉しくはなりました。 が、その戦力ももういない・・・先週毎日11時間働いても終わらないんですけど、これからどうなるんだ・・・(ホントにただの事務職なのに!笑)。

そんな感じで実生活が荒んでいるので、「物語」に触れることが本当に癒しになっています。 本来はミステリとか設定がしっかりした青年誌系のマンガも大好きなのですが、癒しを求めるあまり少女マンガや少女小説が多くなっています。 アニメも、軽い設定で楽しく見られるものが多いですね。 

そんな中、何といっても最近のマイブームは、映画 『君の名は。』 ですよ! 今ちょっと世間でも話題になってますよね。 私は公開初日の朝いちばんの回で観に行って、あまりに良かったので今日また観てきました。 1800円払ってでも観たいです。 もしまだご覧になってなくて、りるの「良かった!」を信じてみてもいいかなっていう人がいらっしゃいましたら、ぜひ全力で後押しさせていただきます。 普段アニメを観ないという人でも、「物語」が好きな人であれば、全方向的にオススメです。 これは本気で感想書きたい・・・頑張らねば!

ちなみに『君の名は。』は新海誠監督作品なのですが、私の新海作品初体験は 『言の葉の庭』でした。 
新海誠 劇場アニメ 『言の葉の庭』 の感想
さっき読み返してみたらこれがまたよく書けた感想だったので(自画自賛・笑)、興味のある方は、良かったら(笑)。



関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年03月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。