スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あすか 『悪魔が契る姫と騎士 花嫁を奪還せよ』 の感想

悪魔が契る姫と騎士
『悪魔が契る姫と騎士 花嫁を奪還せよ』


あすか
(挿絵:雲屋ゆきお)


一迅社文庫アイリス
2013年12月1日 初版発行/¥590+税





「よかった、元気そう……」
エミーメが胸元で手を組み合わせて安堵していると、ラシッドが何か言葉を伝えようと、口をゆっくりと動かし始めた。
声は聞こえなかったがエミーメにはすぐにその言葉が分かった。

か・な・ら・ず・た・す・け・ま・す――。

エミーメは微笑んだまま、水鏡にそっと手を伸ばした。するとラシッドも同じように手を伸ばしてきて、水鏡を境にふたりは手のひらを合わせた。
そこからは冷たい水の感触しか伝わってこなかったが、エミーメは確かにラシッドのぬくもりを感じた。
胸がただいっぱいになる。
誰が反対しようと、エミーメの心はラシッドへの想いで満ちあふれていた。彼もまたそうであることを、触れ合う手から伝わってくる。
「愛してるわ……ラシッド……」
エミーメがそう呟くと同時に、水鏡は消えた。



<ご紹介>
 一途に騎士を愛する姫君と、悪魔憑きの騎士との、ラブファンタジー。カラーピンナップ付。
エミーメはバラメール王国の末姫。 とあるハプニングを騎士であるラシッドに助けてもらってからずっと彼だけを見つめ続けて口説き続けたエミーメは、身分の差を気にするラシッドとようやく想いを通じ合わせて幸せの絶頂だった。 やっと迎えた結婚の儀式で、穏やかな彼から伝わってくる温かい愛情をかみ締めていた……はずなのに、突如現れた魔導師によって誘拐されてしまった! 目の前でエミーメを奪われたラシッドは、自らを呪縛するある存在の力を借りてでも絶対にエミーメを救うと決意して、単身戦いに身を投じていく。 国王から与えられた期限は、結婚の儀式の最終日である7日後。 それまでに無事にエミーメを助けることができるのか――!?


<感想>
世の中には確かに一目惚れという現象がありまして、その対象が異性へのときめきだったり動物の愛らしさだったりするわけですが(ちなみに犬派です!←どーでもいい・笑)、私はたまに、本屋さんで一目惚れをします。 あたりまえだけど、対象は本(いや、店員さんっていう選択肢にもときめくけど、未経験なので・笑)。 というわけで、実はこの本も一目惚れだったりします。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。