スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小林ユミヲ 『にがくてあまい・12(完)』 の感想

にがくてあまい・12(完結)
『にがくてあまい・12 (完)』



小林ユミヲ


マッグガーデン ブレイドコミックス
2016年5月29日初版発行/¥648+税




『 江田は 俺にとって奇跡なんだよ 』


<感想>
家事力ゼロの美女・マキさんと、女に興味のないイケメン・渚との、食ライフラブコメディ、12巻で寂しいことにめでたく完結となりました。 ずっと好きだ好きだと言い続けてきた作品なので 「もう続刊は出ないのか・・・」 と前述したとおり寂しい気持ちでいっぱいですが、それでもやっぱり、おめでとうございます! そして、ありがとうございます!! この作品からは、何だかたくさんのことを教えてもらった気がします。 下世話なネタへの耐性が強くなったのもこの作品のおかげな気がする(笑)。 今回も陰●が欲しいとか、相変わらず酷かったです(褒め言葉♪)。  あ、ちなみに 「どんな作品なの?」 っていう人は、私が6年前に書いた1巻感想が今読み返してもなかなかの出来栄えだったので(自分で言うな・笑)、ご参照くださいませ。
 ⇒小林ユミヲ『にがくてあまい・1』の感想

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


小林ユミヲ 『にがくてあまい・5』 の感想

にがくてあまい・5
『にがくてあまい・5』

小林ユミヲ

マッグガーデン ブレイドコミックスエデン
2012年7月29日 初版発行





『ひょっとしてこれが・・・家族というものなのか?』


<感想>
美人で仕事も出来るけど女子力は最低なOL・マキと、イケメン美術教師で真性のゲイである渚 (そしてベジタリアン) との、食ライフ+同居ラブコメ第5巻。 ビール会社のCM製作にまさに命を削る勢いで取り組むマキの不在に、イライラが募って仕方ない渚。 何でこんなにイライラする?マキが同居してくる前の生活に戻ったと思えばいいじゃないか・・・そう考えるのに、なぜか思い浮かぶのは自分が作ったご飯を美味しそうに食べてくれるマキの笑顔ばかり。 しかも限界を迎えてしまったマキが倒れてしまって――!? というわけで、今まででいちばん話が動いた巻でした。 いやぁん、ときめく! 遂に渚がほだされてきた!(笑)


相変わらず適度にコメディで適度にシリアスで、ちょっとお下品(笑)。 そんなノリの中でも「食」というキーワードを上手に使ったお話に仕上がってて、読んでて感心してしまいます。 マキには嫌悪の対象であり、渚には命を繋ぐ食材だった「野菜」。 巻を重ねるごとにマキの野菜への嫌悪は矯正されてきてて、比例するように渚への恋心が募っていく様子が本当に可愛いんだよねw 特に今回は、食生活の乱れがたたって倒れてしまったわけで、彼女が野菜(というか渚が作る食事)が生きるうえでの必需品になっていることが明確に描かれてました。 一方、彼女を邪険にしてきた渚にとっても、食事をただ作りって食べるという当たり前のことだけではもう満足できず、「美味しそうに食べてくれる人のありがたみ」=「マキの存在の大切さ」へと繋がっていく展開がもうすっごく良くて、ドキドキが止まりませんでした。 


個人的には、渚のマキへの想いが家族愛だっていう部分にはすごく納得したし、嬉しかったな。 マキがいちいち「やっと渚が私のことを女として…!?」と言うたびに「うわー逆フラグ!」とツッコミ入れながら読んでたわけですが(ヒドイ・笑)、だってそうでしょ。 ゲイの渚がいきなりマキを恋人として好きになったらびっくりしちゃいます。 いや、最終的に恋に育つことを私も強く望んでいるわけですが(笑)、渚が何よりも欲しかったのが「家族」だったことを考えると、マキは他のどんなイケメンでも為しえないものを渚にプレゼントしたことになるんだよね。 それが嬉しいなって思うのです。 そもそも渚が同居を決めたのも、美味しそうに食べるマキの笑顔が良かったから。 裏を返せば、渚は無自覚のうちから家族性を求めていた訳ですよ。 「家族だ、うん」という晴れ晴れした表情に、私まで晴れやかな気持ちになりましたw 


ここに至るまでに渚が乗り越えたのが、母親との関係性。 ここちょっと面白い展開だなって思ったんですけど、渚ママの病状を格段に良化させたのは渚の存在ゆえではなく無二の親友との再会だった、っていうのはなかなか深い気がします。 息子のお見舞いは嬉しかっただろうけど、「こんな風に接してあげたかった」という罪の意識が渚ママにあったはず。 そんな中で出会った親友とは、まさにジュリーへの「好き」を目一杯共有しあった仲。 好きなことに全力で、好きな人のために頑張ってた優しい記憶を思い出すことで、渚にも「好き」を伝えて良いんだっていう、自分を赦す気持ちに繋がったのかもしれない…。 そして、そんな渚ママのことを渚は結局赦したわけで、そういう優しい息子を育てたのは間違いなくすみれさんなんです。 そこはたぶん、誇って良い。 何よりも、渚のために誇ってあげてください!! これからまた「家族」になっていけば良いんだと思います。


さて、そんな訳である意味トラウマだった母親との関係を修復した渚ですが、アラタさんが分析していた通り本当に彼の性癖(ゲイ)がこのトラウマに起因するものだとしたら・・・乗り越えた今なら女性(というかマキちゃん)との恋も可能ってこと!? ホントにそうなら、りるさん俄然ハリキリますけど!!??(笑) 一般的には、恋をしてから家族になるんだろうけど、家族になってから恋が育ったって良いと思う。 っていうか、ちぐはぐだらけのマキと渚には、その順番の方が気持ちを育む丁度いい温度なのかもしれない。 お料理みたいにじっくり手間暇かけて、味わい深い関係になってくれると信じてますw
(あと、3巻感想に書いた「里いもとイチゴのアイスクリーム」のことをすっかり忘れてて、今年もイチゴたくさん頂いたのに作らなかったじゃん!何やってんの自分!!…と、強烈に後悔中・笑)




にがくてあまい(1) (エデンコミックス) にがくてあまい(2) (エデンコミックス) にがくてあまい(3) (エデンコミックス) にがくてあまい 4 (エデンコミックス)
1巻感想      ⇒2巻感想      ⇒3巻感想 
関連記事


小林ユミヲ 『にがくてあまい・3』の感想

にがくてあまい・3

『にがくてあまい・3』

小林ユミヲ

マッグガーデン ブレイドコミックス
2011年7月29日 初版発行/¥533+税





『 食欲がなくても口にできるものもいいけど
食欲をおこさせるもんの方がずっと力(パワー)出そうな気がしない? 』


<感想>
美人で仕事も出来るけど女子力は最低なOL・マキと、イケメン美術教師で真性のゲイである渚 (そしてベジタリアン) との、同居ラブコメ第3巻。 今回は、住所不定無職36歳おとめ座O型(笑)な長髪イケメン・アラタさんが登場! 風邪で弱った渚にぶちゅーっとキスをかますアラタ、動揺する渚。 二人の関係が気になるマキは!?・・・というお話でした。


毎回思うんですけど、ホント面白い! 何気に、続刊が待ち遠しくてしかたない度ナンバー1がこの 『にがくてあまい』 だったりします。 今回も、にがくて、でもあまくもある出来事が満載で、泣いたり笑ったり切なくなったりきゅーんと胸が鳴ったり・・・と大忙しでしたw  さりげにお下品なシーンも多々あるんだけど、その割りに扱ってるテーマは割りと重くて、シリアスとコメディのバランスが秀逸です。 どこかで語ったけど、私は 「面白い」 と 「好き」 な作品を切り離して考えているので、面白いからといって好きだとは限らないんですけど、この話は 「面白くて好き」。 そして、 「美味しそうで好き」 でもある。 読んでると野菜が食べたくなるし、美味しく食べられることに感謝したくなります。 あーもう、ホント好きだw  


今までは家族などに対するマキ側・渚側の両面が描かれることが多かったけど、今回はほぼ渚側に絞られた感じでした。 しかも恋愛方面。 まぁマキのトラウマだった家族との融和はほぼ実現しているから、あとはCMの仕事がと渚との関係の行方が最大イベント。 そういう意味では消化しなければいけないのは渚側なわけで、この流れは当然なんだろうけど、2巻末でマキちゃんが彼への恋を再自覚したところなので、やっぱり切ないです・・・。 ただでさえ土俵にあがれてないのに!(笑) 


それに、アラタさんのキャラがあまりにも立ちすぎてて、 「この作品ホント濃いな!」 というのが正直な感想だったり・・・(笑)。 でもこれで、 (1巻で) 渚がなぜベジタリアンになったのか?というマキの問いにヤっさんが答えなかった理由が分かりました。 これは教えられないわ・・・こんな、渚の存在そのものを賭けた恋がきっかけなんじゃ、迂闊に語れません。 っていうか、アラタも渚も実は似たもの同士なんだよね。 誰かに認められてやっと自分を肯定できるような不器用さがよく似てる。  「逆境を味方につけて自分の生きる道を切り拓いて」 いるところもよく似てる。 だからこそ、19話でマキと渚の同居についてアラタが「分かる気がします」と言及したのが深いなぁ。 どんな意味で言ったんだろう? いろいろ考えたんだけど、正直よく分からない。 でも少なくとも、アラタさんが渚との同居で自信を取り戻したように、マキと同居することで渚にも得るものがあると感じてくれてることが嬉しかったな。 だって、似たもの同士の渚もたぶん 「そう」 思ってくれてるはずだから・・・ねw 


今回のアラタの結婚で渚は失恋したけれど、それと同時にマキも失恋したわけで。 でも、 「逆境を味方につける」 んなら、むしろここがスタートライン! 二人同時に一歩踏み出せるいい機会だと思うんだけど・・・果たしてマキちゃんが渚にとっての 「過程」 から 「たった一人」 へ昇格できる日は来るのかな? この二人の関係をどうオトすのかが作品の肝だけど、私のラブコメ脳はひたすら恋になることを祈ってます!(笑) だって渚がどう思っていようと、案外お似合いに思えるんだもんー! お似合いといえば、何気にマキとミナミの友情がイイ感じです。 何ていうか、容赦ない感じが特に(笑)。 それって本当の自分をさらけ出せてるってことで、マキって相手に素を出させる才能があるような気がするな。 渚がマキだけには心地よさを感じられるのも、ありのままでいられるからだと思うので、マキちゃんには頑張って欲しいところ。 次巻も楽しみです! 

以下の各話語りはお料理中心。 

続きを読む

関連記事


小林ユミヲ 『にがくてあまい・2』の感想

にがくてあまい2
『にがくてあまい・2』

小林ユミヲ
マッグガーデン BLADE COMICS EDEN
2011年1月29日 初版発行/¥533+税





『 苦い思いを反すうしながら生きていくよりは 
うまいこと料理してそれを栄養にしろっていったの渚だよ!?
渚が上手いこと料理できないんだったら 今度はあたしが手伝うからさ 』



<感想>
美人で仕事も出来るけど女子力は最低なOL・マキと、イケメン美術教師で真性のゲイである渚 (そしてベジタリアン) との、同居ラブコメ第2巻。 わりと普通に下ネタ満載(笑)なので、私の好みの傾向と外れてるはずなのに、相も変わらずめっちゃ面白いです。 笑いあり涙あり恋愛あり家族愛あり下ネタあり。 それぞれの要素が正反対のベクトルをもっていて、一見好き勝手に展開していくんだけど、その中心には必ず 「食」 がある。 どんなにはちゃめちゃに話が展開しても、大切な部分が絶対にぶれないからバランスが良いんですね。 電車の中で読みながらニヤニヤしたりホロリとしたり……落ち着かないくらいにドキドキしました。 特に、抜粋した台詞をマキが言うシーンでは結構本気で泣けちゃって、涙を隠すのも一苦労。 う~ん、ホント面白かった!!

続きを読む

関連記事


小林ユミヲ 『にがくてあまい・1』の感想

にがくてあまい・1

『にがくてあまい・1』

小林ユミヲ
マッグガーデン BLADE COMICS EDEN
2010年8月27日初版発行/¥533+税






『なんで あたしなんかと住むことOKしたの?』
『そりゃ あんたがうまそうに食うからさ 見ててうれしくなるんだよ』


<ご紹介>
Yahoo!コミック無料マガジンEDENにて配信された1~7話 (表記は「レシピ1~7」 )を収録した第1巻。
仕事は出来るが家事は出来ない、おまけに大の野菜嫌いのOL・マキは、ある日一人のイケメン・片山渚と出会う。 マキの生活の酷さを見かねて作ってくれた渚の料理はとても美味しくて、厳しい言動にも何故か心が安らぐ。 しかもルックスまで最高な渚を手放すものか!と、マキは渚の 「秘密」 を盾にとり、無理矢理同居に持ち込むことに。 そう、渚は真性のゲイだったのです…!!  女子力ゼロの独身女とイケメン男色家。 まったく相容れないはずの二人が織り成す、食ライフ・ラブコメディです。


<感想>
男に恵まれない女 と 女に興味のない男 のドタバタ同居生活に、 「野菜」 という食をプラスして構成されているお話。 放っておくとお互いの需要が絡まない存在なのに、食生活一本で話を展開させるのはなかなか潔いです。 しかも、とにかく野菜が食べたくなるから不思議なの! 雑穀! きび! どれも美味そうだなぁ…w  我が家の献立は 「食卓は大黒柱への感謝の場」 という母の方針で、白米至上主義な父の好みが反映されてます。 父のことは尊敬してるし、母の方針にも賛成だけど、それゆえに私は雑穀を食べたい欲求をずっと抑えてきたのですよ!(笑) なのにこんな美味そうに描かれたらもぅっ…… 高きびのハンバーグ、食べてみたい!


正確に言うと、 「美味しそうに描かれている」 のは料理の絵ではなくて、マキちゃんの表情です。 作者さんの絵柄的な特徴だと思うけど、 『たんと食え!』 と自信満々で渚が仕上げた雑穀スープも、絵だけで見てると実はそれほど美味そうなじゃい…(笑)。 けれど、 (トラウマ的に) 野菜嫌いなマキちゃんが、それでも食べた瞬間にすっごくイイ顔をするのを見てるうちに、こっちまで 「う、美味そうやん…っ!」 と思ってしまうんですね。 もちろん、渚の野菜愛も伝わってくるから充分美味しいはず。 でも、そういう料理の美味しさも、 「美味しく食べてくれる人」 がいないと意味がないわけで、何だかんだ言いつつも渚がマキちゃんに絆されてしまうあたりに、料理と人間関係の繋がりを感じたりします。 その押し付けがましくない説得力が、この作品の魅力でしょうか。


前述したとおりマキと渚は相容れないはずなんだけど、唯一の共通点は 「野菜」。  マキには嫌悪の対象であり、渚は食依存の対象として描かれています。 我が家のこともそうだけど、家族と食生活って実に密接な関係ですよね。 だからこそ出来る力業で、いつの間にか話題が 「二人が家族とどう向き合うか」 に及んでいるのが上手です。 力技すぎてたまに展開が唐突過ぎる部分も感じますけどね(笑)。 マキの野菜嫌いと実家とのいざこざがあっさり解消するあたりもそう感じるけど、重々しく引きずらないのは好みです。 あとは渚の方に話がシフトしていく当然の流れで新キャラも登場し、ますますお下品に騒々しくなったけど(褒めてます・笑)、渚の表情は暗いまま。 江田家の団欒を反芻する様子を見ると、家族の在り方が関係してるのは片山家も同じみたいなので、野菜の力とマキちゃんの愛で乗り越える展開になる… のでしょうかw 


そうなるとやっぱり気になるのが、絶対に恋にならなそうなのに居心地良さそうな二人の関係。 ゲイを承知で惚れちゃったマキちゃん的には恋の進展が欲しいだろうし、私のラブコメ脳もそう叫んでるけど(笑)、ボーントゥゲイと称された渚が恋愛の鍵を握ってるからなぁ…難しいかなぁ…。 それでも二人の同居生活は、マキの爛漫さが渚を癒しているから成立している訳です。 恋愛的にはすれ違ってても、人間としては依存状態になりつつあるという複雑さ。  『にがくてあまい』 人間関係、その出口がどこに用意されるのか…今後の展開が楽しみです。
(渚がゲイの設定なのでところどころにBL発想が描かれてますが、ライトなものだし本編に影響はないので、BL苦手な人も大丈夫だと思います。)
関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。