スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


城平京 『雨の日も神様と相撲を』 の感想

雨の日も神様と相撲を
『雨の日も神様と相撲を』



城平 京


講談社タイガ
2016年1月18日 第1刷発行/¥720+税





ただその裏庭には、たくさんのカエルがいた。
あまつさえ、カエルは相撲を取っていた。


<ご紹介>
「あなたは相撲に愛されている」――口癖のようにそう言っていた両親が亡くなり、叔父の住む田舎村に転校することになった逢沢文季。 小さな身長に細身の体という不利な体型で10年続けた相撲と、これでやっと縁が切れる――と、安堵とも諦めともつかない複雑な気持ちをいだきつつ村に向かった文季は、列車の窓越しに ”オートバイを片手に抱えた” 少女と目が合ってしまう。 驚く文季に叔父は、村の要である遠泉家の女性は神様によって剛力を授けられており、将来 「カエル様の花嫁」 になるのだと説明する。 剛力?神様??カエル様??? ――そう、文季が移り住むことになった久々留木村は、相撲が大好きなカエルの神様(達)が実在する村だったのです。 隣村ではトランクに詰められた死体と、村にはいないはずの外来種カエルが発見されて、どこまでもカエル尽くしの謎になぜか文季は巻き込まれてしまい・・・!?


<感想>
小説家としてもマンガ原作者としても大ファンである城平京さんの最新作は、去年創刊されたばかりの 『講談社タイガ』 から出版された、作者いわく ”少年少女青春伝奇” 小説とのこと。 話の設定が相変わらず突拍子もないので、紹介文書くのも一苦労ダヨ。 なんだ、カエルの神様って。 しかもカエルが二本足で相撲を取るって!(笑)  まぁもっとも 「よくこれ考えましたね・・・」 と呆然とするような設定を読みたくて城平作品に手を出しているので、予定通りというか想像以上というか、むしろ大歓迎っ!って感じなんですけどね。 楽しかったです! 以下感想となりますが、ネタバレがあるのでご注意を。 一応、文字色を黄色 黄色 にして読みづらくしてあるので、気になる方だけ反転させてください。 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


森博嗣 『サイタ×サイタ』 の感想

サイタ×サイタ
『サイタ×サイタ』


森博嗣


講談社ノベルス
2014年11月5日 第1刷発行/¥1000+税





『 考えないというのは、あるときは、考えることよりも難しいんだよね 』


<ご紹介>
TVドラマ放送中『すべてがFになる』の森博嗣によるXシリーズ第5弾。
「キレイニサイタ」「アカクサイタ」 謎めいた犯行声明をマスコミに送りつける連続爆弾事件の犯人、通称・チューリップ爆弾魔。 その犯行が報道される中、SYアート&リサーチに持ち込まれた奇妙な素行調査。 対象者――佐曾利隆夫に以前の同棲相手へのストーキング疑惑が浮上する。 張り込みに加わったバイトの永田絵里子は、佐曾利を尾行中、爆弾事件に遭遇する。 そして第一の殺人事件が! (裏表紙あらすじより)


<感想>
Xシリーズを読むと毎回同じこと思うんですけど、私、小川・真鍋のコンビが大好きすぎる・・・っ!(笑) この二人の組み合わせシーンが多々あって初めて成立するシリーズだと勝手に思ってるんですけど、そういう意味で今作も大満足でした!! 面白かったー(特に掛け合い漫才が・笑)。

続きを読む

関連記事


森博嗣 『ムカシ×ムカシ』 の感想

ムカシ×ムカシ
『ムカシ×ムカシ』



森博嗣


講談社ノベルス
2014年6月4日 第1刷発行/¥1000+税





「河童じゃないよ」真鍋は言った。
「どうして?」
「河童は、この世に存在しないから」
「うん、でも、被害者がどう思っているかは、別問題でしょう?」


<ご紹介>
Xシリーズ第4弾。 
「やっぱり、河童の祟りですか?」 大正期、女流作家の百目一葉を世に出した旧家・百目鬼家。 当主の悦造・多喜夫妻が、広大な敷地に建つ屋敷で刺殺された。 残された美術品の鑑定と所蔵品リストの作成依頼がSYアート&リサーチに持ち込まれる。 河童が出ると言う言い伝えがある井戸から、新たな死体が発見され、事件は、異様な連続殺人の様相を呈し始めるのだった。 百目鬼一族を襲う悲劇の辿りつく先は? (ノベルス裏表紙あらすじより)


<感想>
うわぁ気付いたら第5弾の『サイタ×サイタ』が発売しちゃったじゃないですか!!・・・と、慌てて読み始めた『ムカシ×ムカシ』です。 というわけで久々のミステリ感想です。 副題の「Reminiscence」は、回想・追憶・・・などの意味。 なるほどなるほど。 そして読了してから表紙を見ると、もうホント結局そこですよね!?と意味深さ。 毎度素晴らしいですよね! そして以下はネタバレ注意ですー。

続きを読む

関連記事


西尾維新 『掟上今日子の備忘録』 の感想

掟上今日子の備忘録
『掟上今日子の備忘録』



西尾維新


講談社BOXピース
2014年10月14日 第1刷発行/¥1250+税




掟上今日子。
彼女の標語は――『忘却』である。



<感想>
掟上今日子――またの名を、忘却探偵。 すべてを一日で忘れる彼女は、事件を(ほぼ)即日解決! あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介は今日も叫ぶ。 「探偵を呼ばせてください――!!」
スピーディーな展開と、忘却の儚さ。 果たして今日子さんは、事件の概要を忘れる前に解決できるのか? (初版版帯より)


というわけで、西尾維新は久々に読みました。 何度もいいますが、りるさんは『新本格魔法少女りすか』の続きを熱望してますので!(一応アピールw) でもたぶん文芸誌『ファウスト』の最終巻までおあずけなんだろうなぁ・・・。

それはともかく。 新シリーズは『忘却探偵』掟上今日子(おきてがみ・きょうこ)さんと、最強の巻き込まれ脇役キャラ・隠館厄介(かくしだて・やくすけ)との連作短編集でした。 西尾維新初となる電子書籍版同時発売だったり、講談社さんが専用サイトを作ったり(MOVIEや厄介くんのビジュアルが観れたりしちゃいますよ!)と、何かと気合を感じさせてくれます。 表紙イラストは『物語シリーズ』でもタッグを組んだVOFANさん。 表紙の今日子さんからは、一度目が合ったら視線を外せないような可愛らしさと不安定さが感じられてドキっとしました。 やばい、これは買っちゃう(笑)。  でも可愛いから良いのです!

続きを読む

関連記事


北夏輝 『恋都の狐さん』 の感想

恋都の狐さん
『恋都の狐さん』


北夏輝

講談社
第一刷発行 2012年2月15日/¥1400+税





<ご紹介>
“掟破り?”の第46回メフィスト賞受賞作。 「で、なぜ“掟破り?”のメフィスト賞受賞作かというと、第45回受賞作よりも先に刊行されること。そして、もう一つの理由は、ぜひとも読んで確かめていただけたらと思います。(講談社BOOK倶楽部より)」
20年という人生の長さと同じ分だけ彼氏のいない「私」は、恋愛成就にご利益があるという奈良・東大寺二月堂の節分の豆まきに参加することに。 無事に戦利品である豆や鈴を拾ったものの、可愛らしい鈴が掌から落ちて転がってしまう。 慌てて追いかけるが、鈴はすでに拾われたあと、しかも拾ったのは、濃紺の着流しに白くて立派な狐の仮面を被った、奇妙な青年だったのだ。 それが「狐さん」と「私」との、生涯忘れられない出会いだった……。


<感想>
そもそも私は講談社ノベルスとメフィスト賞が大好物なので、以前はメフィスト賞受賞作といえば無条件で手に取っていました。 何時の頃からか選ぶようになっちゃったけど、それでも第●●回メフィスト賞受賞作!と聞けば「へぇぇ!」と手に取ってしまう程度には真面目な講談社ミステリファンなのです。 なので今作も無条件で「へぇぇ!」と思ってたところに、可愛らしいタイトルと表紙が講談社のメールマガジンで送られてきて(笑)、私のラブコメ脳をくすぐるんですよ。 あっさりと誘惑に負けてました(笑)。 まぁ、発売日に買っていたのに、結局読めたのは先日だったんですけどね。

で。
読了した今の気持ちを率直に表現すると、「…………え?」 って感じだったりします。
何だろう。 何だろうこれ。 もの凄くもやもやする! 

あのですね、面白くなかったわけじゃないんです。 二月の節分、三月のお水取り・・・など、奈良の伝統文化の魅力がたっぷり描かれてるし、祭礼行事に目を輝かせながら参加するヒロインにも好感持てます。 豆まきに対する熱気ある描写が楽しくて、私もヒロインと一緒に参加しるみたいな気持ちになりました。 何より、「狐さん」との恋の行方にはドキドキさせられたし、私、本当にずっと楽しく読んでいたんですよ。 ただ同時に、ずっと「??」という気持ちもありました。 そして最後に、「…………え?」ってなっちゃったんですね。 ――その理由は、この作品が“掟破り”のメフィスト賞受賞作だからでした。 読み終えて分かる、この破壊力。 以下、激しくネタバレします。 

続きを読む

関連記事


桜庭一樹 『GOSICK-ゴシック-』 の感想

GOSICK・1
『GOSICK -ゴシック-』

桜庭一樹
(武田日向・イラスト)

角川ビーンズ文庫
平成23年4月1日 初版発行/¥590+税





一弥がヴィクトリカの前に立ちふざがった。
銃口の真正面だった。 冷汗が出てきて、知らないあいだに足ががくがく震え始めていた。 一弥が歯を食いしばって立ちふさがっていると……。
後ろからヴィクトリカが、緊張感のない感じでつんつん背中をつついてきた。
「九城、君……なにをしているのかね?」
「ななな、なにって、ヴィヴィヴィクトリカを、じゃ、邪悪な弾丸から、まままもってる!」
「君が、死ぬが?」
「かかかもね。 でもこうすれば、ヴィヴィヴィクトリカは、しし死なない」
「まぁそうだが……?」
「ぼっ、ぼくが誘ったんだから。 君を生きて帰さないと。 帝国軍人の三男として、責任がある」
 

<ご紹介>
アニメ化もされた桜庭一樹の人気シリーズ、角川ビーンズ文庫新装版の第1弾。 天才美少女と正義感溢れる東洋人留学生との、ミステリファンタジーです。
時は1924年。 ソヴュール王国が誇る名門・聖マルグリット学園の図書館の最上階には、当時の国王が秘密裏に作らせたといわれる植物園が広がっている。 不思議な空間に溶け込むのは、最上級の陶人形のように美しい少女・ヴィクトリカ。 そして留学生の九城一弥だけ。 優秀すぎる頭脳と退屈を持て余すヴィクトリカに一弥が有名な占い師の殺害事件を話し聞かせると、彼女はあっさりと謎を解き、その対価として警察から小旅行が与えられた。 旅先で何かに誘われるように豪華客船に乗り込んだ二人は、未曾有の連続殺人事件を目の当たりにすることに。 次々と命を落とす乗客、不可解に提示される謎・・・。 誰が味方かも分からない状況下で、信じられるのはお互いだけ。 ヴィクトリカが紡ぎだす、驚愕の事実とは――!? 


<感想>
私、本当はこの本を読む予定はなかったんですよ・・・(唐突にどうした・笑)。 というか、桜庭作品は敢えて敢えて読まないことに決めてたんですが・・・巡り合わせって不思議なもので、結局は読んで楽しんでしまいましたw 
 
以前、私が尊敬するI様に勧められて、桜庭一樹原作・杉基イクラ漫画の 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』 を読んでですね。 女子の友情や人間としての成長が、杉基さんが描き出す美しく初々しい絵柄と残酷なまでに救われないストーリーの中で、ものすごい緊張感をもって描かれるんですが、私は本当に衝撃を受けすぎてしまってしばらく気力が回復しないほどでした。 これは凄いものを読んだ・・・と心に刻むと同時に、その救いのなさゆえに 「桜庭作品は遠ざけよう」 と決めたのです。 そこまで思わせてくれる作品と出会わせてくれたことに、今でもI様に感謝してるほどです。 
 
でも結局は今作もいろんな人からお薦めをうけ、紆余曲折を経て、最終的には角川ビーンズ文庫版が発売されたのが決め手となって読みました。  『異国迷路のクロワーゼ』 でハマりまくった武田日向さんのイラストが見られるなら・・・という、ここまで迷った割には至極カンタンな理由で読み始めたという(笑)。 人生、そんなものですw(えー!

というわけで感想。 ちょっとネタバレるので 「続きを読む」 に収録します。

続きを読む

関連記事


有川浩 『植物図鑑』の感想

植物図鑑
『植物図鑑』

有川浩

株式会社角川書店
平成21年6月30日 初版発行
平成21年7月30日 三版発行/¥1500+税





『 お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか 』


<ご紹介>
ケイタイ小説サイト 『小説屋sari-sari』 で発表された表題作シリーズとその番外編2編が併録された、連作短編。 身近な植物が季節と気持ちの移り変わりを演出してくれる、素敵なラブストーリーです。 作中で登場するレシピ付。 
酔っ払って帰宅したある冬の日、河野さやかは自宅前で、空腹で行き倒れていた青年と出会う。  『咬みません。躾のできたよい子です』 ・・・犬のような仕草にほだされ、さやかはつい彼を「拾って」しまう。 青年・イツキは想像以上に 「躾のできた」 男で、夜も無事に過ごせたどころか、朝食まで完璧。 久々の温かいご飯にすっかり癒されてしまったさやかは思わず 『行く先ないんなら――ここにいない?』とイツキを引き止めて・・・穏やかな同居生活が始まった。 けれどさやかがイツキについて知っていることは、名前と、野草に詳しいことと、作ってくれる食事が伝える優しさだけ。 そして秋、イツキは静かに姿を消してしまい・・・。 


<感想>
正直に申し上げます。 読んでいる間にずっとニヤニヤしたり身悶えたりしていたためか、途中で顔の筋肉がツりました(笑)。 何ですか、顔の筋肉がツるって! こんな経験、ラブコメ脳におかされたりるさんとしても、さすがに初めてでしたよ。 要するに、そのくらい破壊力のあるラブコメだったってことだと思うんですが、それにしても痛かった(笑)。 


さて。 あとがきで有川さんがラピュタ的な設定を示して 「男の子の前に美少女が落ちてくるなら女の子の前にもイケメンが落ちてきて何が悪い!」 と書かれてましたが、全然悪くないっ! むしろウェルカムです!(笑) 恰好良くて躾が出来てて家事完璧で優しくて恋人には甘々な人が降ってきたら、そんなの大歓迎すぎますよね (力説)。 というわけで、そんなウェルカムな設定がまずツボでした。 


その上で、さやかとイツキがあくまでも 「同居」 だっていう微妙な関係が素敵。 家と経済力をさやかが提供する代わりに家事をイツキが担当するという、いわば雇用関係で同居が始まるのが可愛いです。 だってやっぱり、 「恋」 に成長するまでのドキドキをしっかり描いてくれるのが有川作品の大きな魅力なんだもん、いきなり同棲じゃ、つまらない。 夜にバイトを入れちゃうような節度ある関係のなかで恋が育まれるから魅力的なの! 洗濯物を誰が干すかで真っ赤になったり、イツキの影響でそれまで興味のなかった野草にどんどんはまっていくさやかの様子は、私が見ていてもすっごく可愛かった。 図鑑でこっそり勉強始めたときなんて特にそうで、これじゃイツキも可愛く想っちゃうよなーってすごくよく伝わってきました。 


だからやっぱり、二人で 「狩り」 に行くシーンは、どれもこれもお気に入りですw 私自身が田舎暮らしなので野草に縁があるのも共感度が高い理由なのかもしれない。 二人が食べていた野草の中で私が食べたことないのは、イタドリくらいかな。 さやかが経験したツクシのエピソードなんかは、私が小さい頃そのまま体験したことです。 つい採りすぎちゃうんだよね。 あ、でもフキノトウのてんぷらは私、大好きですよ! 二人は苦々しく食べてたけど、味噌汁にも結構入れて 「ほろ苦」 を味わうのも好きだな。 好みが違うのはそれくらいで、イツキの作る他のレシピは、どれも本当に美味しそうっ。 いちばん気になってるのがノビル (私の地域ではノビロと言います) のパスタ! あれ美味しそうっ!! まもなくノビルの季節なので、採れたら作ってみようと決意してるのだw  


二人を見てて思うことは、イツキの料理はきっとどこで食べても美味しいものなんだろうけど、さやかがいるからあそこまで美味しんだろうな、ってことです。 イツキ自身も言ってるけど、手の込んだものを作ってるわけじゃない。 それでもさやかが美味しい美味しいと食べてくれるから、イツキの中にも優しい気持ちが育っていって、料理にもその想いが染み込んでいくだと思うのです。 イツキの気持ちが、料理を育たせる。 それを食べたさやかの中で、また想いが深まる。 ・・・うわぁ、なんて素敵な食物連鎖っ! これだもん、こっちまでニヤニヤしたくなるってもんですw それで顔がツるんだけどさ(笑)。 その痛さも幸せでしたw


・・・あーでも、痛いのは顔だけではなくて、途中、さやかがイツキを失った後は、私の胸まで痛かったです。 別れは冒頭で描かれているので、いつかそんな日が訪れることは読者は分かってるんですが、それでも辛かった。 あとはもう、ひたすら祈りながら読んでいたような気がします。 また出会えるって。 花を咲かせ、実をつけ、一度しおれたような状態で冬を越す植物たちがまた春に花を咲かせるように……一定のサイクルで季節をめぐる植物たちと同じように、二人が長い冬を経て、また同じ季節に出会えることをただただ信じて、読んでいました。 


だって、さやかとイツキが暮らした時間って、そういう時間だと思えたから。 『普通ダンプとかで轢かれたら死ぬよねえ。雑草ってすごい』 と言うシーンがあるんだけど、それって野草と密接に暮らしていた二人にピッタリな言葉だと思うんです。 雑草を食べて想いを深め合ってきたんだもん、ちょっとくらい離れたって傷ついたって何したって、死んでなくなっちゃうような気持ちじゃない。 実際、さやかがイツキが残したレシピを辿る行為は、諦めるためでも忘れるためでもなくて、想いを深めるものだった。 イツキだって、どこに居たってヘクソカズラを見た瞬間に泣いてしまえるくらいに、心に根付いたものだった。 …だから私も、ずっと二人を信じて読んでました。 絶対会えるんだって。 そう思わせてくれる、本当に素敵な物語でしたw



●関連記事 
<『図書館戦争』シリーズ感想一覧>
『図書館戦争』 ⇒『図書館内乱』 ⇒『図書館危機』 ⇒『図書館革命』 
『別冊図書館戦争1』 ⇒『別冊図書館戦争2』 
⇒『アニメ版DVD初回特典小説』1巻 ⇒2巻 ⇒3巻 ⇒4巻 ⇒5巻 
⇒白泉社コミック版『図書館戦争LOVE&WAR』1巻 ⇒2巻 ⇒3巻 ⇒4巻
<他作品感想>  
有川浩作品感想一覧  
「その他アニメ」カテゴリにアニメ版の1話ごと感想もあります
関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。