スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さき 『男装騎士の憂鬱な任務』 の感想

男装騎士の憂鬱な任務
『男装騎士の憂鬱な任務』



さき
(イラスト:松本テマリ)

角川ビーンズ文庫
平静28年2月1日 初版発行/¥580+税





「……オディール」
ありがとう、とクルドアが微笑む。その表情の愛らしさと輝かしさと言ったらなく、直視したオデットは思わずクラリと眩暈を覚えた。「もはや天使っ……!」と感嘆の言葉が漏れ出るのは、それほどまでにクルドアが麗しいからである。
そんな彼に信頼されこの地に来たのだ、オデットにとってこれ以上のものはない。
だからこそ、何としても正体を知られるわけにはいかない……。そう改めて決意し、強く拳を握りしめた。
「クルドア様にお仕えし続けるためにも、フィスターを欺き続けます。ご安心ください、私ならばやれます!それにいざとなったら相打ちになってでも奴を仕留めます!」
死なばもろとも、この秘密ごと奴と共に墓場にダイブいたします!そう瞳に闘志を燃やすオデットに、クルドアが頬を引きつらせつつ「穏便に頑張ってね」と応援の言葉を口にした。


<感想>
前作 『アルバート家の令嬢は没落をご所望です』が面白かったさきさんの新作は、カッコ可愛い男装騎士をめぐる(?)ラブコメディです。 さきさん、ラブコメ、イラストが松本テマリさん、という3つの要素で迷いなく購入したわけですが、これがまた相変わらず私好みな展開で楽しく読ませていただきました。 まぁラブコメというよりはコメディでしたが、そういう展開になることは前作までの文章で分かってたので問題ないです(笑)。 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


松本テマリ/芝村裕吏 『キュビズム・ラブ・4(完)』の感想

キュビズム・ラブ・4
『キュビズム・ラブ 4(完)』

松本テマリ
(原作・芝村裕吏)

KADOKAWA (エンターブレイン)
ビーズログコミックス
2011年6月13日 初版発行/¥620+税




『 私は……黒くて嫌な箱です 』
『 違うわ 生きているもの 』


<ご紹介>
『B's-LOG COMIC』に掲載された20話~最終話を収録した完結巻。 「箱」になった少女 と青年主治医とのラブストーリーの行方は・・・!? カラーピンナップ付。
交通事故で体を失い「脳」だけの黒い箱として生きることになったノリコ。 黒い箱の技術を狙う組織に彼女が狙われたことで、主治医である誠志郎は彼女への想いを確信するが、二人の純粋な想いとはかけ離れたところで「箱」をめぐる様々な思惑と陰謀が深まっていく。 そして遂に、篠田の目の前でノリコの通信が途切れてしまい――!?


<感想>
……もうね、表紙イラスト見た瞬間から泣いちゃいました。 だって初めて! シリーズ通じて初めて、「箱」の姿じゃないノリコちゃんなんですものーーーー!(涙) しかも笑ってる・・・か、可愛い・・・((*゚Д゚*))。 しかも何か誠志郎先生が彼女の所有をアピールするみたいに抱きしめてる・・・っ!!(笑)  コラ、とちょっとだけ思ったけど思い直して、散々たいへんだったんだから思いっきりラブラブしてくれていいよ、許す!と、誠志郎くんには脳内で許可をあげました (何様だ・笑)。 いやでも彼は冒頭のカラーピンナップでもめっちゃ幸せそうに箱を抱きしめてるので、箱だろうと人の形だろうと、「ノリコ」に捧げる愛情に変化はないわけで、そんなところが愛しいんですけどね。 まぁでも可愛い女の子の姿の方がいろいろと良いですよね、い・ろ・い・ろ・と!(コラ・笑)。 


思い起こせば、本当に幸せな日々でした・・・。 1巻読了後、「このピュアな箱ちゃんと残念で憎めないお医者さんが、絶対に幸せになる未来が欲しい!」と本気で願い、でもこの設定で本当に幸せになれるのかな?との不安も襲い、でもでもあとがきで原作者さんが太鼓判押してるんだからどんな形であろうと幸せになるはず!・・・と信じ続けた3年間でした。 前述しましたが、箱だろうと人間だろうと、その相手が存在すること自体に感謝するようなふたりの愛情が、本当に眩しかったんです。 見てるこちらの心が洗われるくらい、憧れたんです。 だからやっと掴めたこのハッピーエンドに、全力で感謝とお祝いを。 本当に、おめでとうですーーー!(感涙っ)


ノリコにとって 「箱」 は棺であり、生きるための家であり……生まれるための子宮でもあったのかもしれない。 人の生死を司る象徴として描かれていたのであれば、実際、これほど秀逸な設定はないと思うのです。 1話で語られた 「人間は泣きながら生まれてくる」 という一般論が 最終話でまた繰り返されたときに、一般論とはほど遠いまったく別の説得力として伝わってきました。 一度生きた人間は、強い願いをどうやっても捨てられないんだなって。 誠志郎が欲しいと願って泣いた涙が……「箱」のときには流せなかったノリコの涙が、生まれたときに初めて零れ落ちる神秘。 この涙を信じて、彼女はこれから生きていくのでしょう。 だって最後のコマのノリコちゃん、ホント幸せそうだったもの。 欲しかったものに手が届いて、良かったね!(涙)


あとはなんていうか、ノリコが生前 (篠田の理論では 「死んでない」 ですが、「生まれた」 わけですから敢えてこの言葉で) と同じ姿で産まれなかったっていうのも、意味深い気がします。 ……いや別に、残念イケメンな誠志郎さんなら幼いノリコでも恋愛守備範囲オッケーだから大丈夫!って意味ではなく (当たり前だ!・笑)(←いやでもそれも絶対ある思う!!・爆笑)、何ていうか、不完全さが愛しいなって。 単純に培養期間が短かったから、というだけなのかもしれないけれど、人間ってやっぱり不完全な存在として生まれてくるんだなーと思ったので。 だからこそ愛しいというか、だってハヤテは完璧だと義智先生は言うけれど、悩みをかかえる姿はどうみても完全ではなく、だからこそ「人間」っぽい。 それで良いと思うのです。 あとは……もしかしたらノリコちゃんが幼かったのは、キサさんの女心がもたらしたのかもしれない。 予定よりちょっと早く目覚めさせて誠志郎さんを困らせたかった女心、分からないでもないですよね。 


誠志郎といえば……私は本当にテマリさんの絵が好きなので、残念なところも可愛いと思っちゃうし、困り顔だってカッコイイって思っちゃうのです。 つまり、ベタぼれです(笑)。 でもさ! 23話のデートシーンは誠志郎がかつてない余裕っぷりを発揮してて、見てて何ていうかこう・・・イラっと(笑)。 いやだって普段は残念さ全開なのに、恋心自覚した途端のその余裕って、反則ですよぅ。 何ですかその「ぷー」って! ノリコちゃんじゃないけど、何その顔可愛いなって思っちゃうじゃないですか!(…え?) 「恋人のほうがいいか?」って訊くのも、ノリコちゃんにちゃんと告白もしてないくせに偉そうだな!って思いつつも、でも恋人のほうでお願いします、みたいなね(・・・ええっ?)。 個人的には、リハビリだと思い込んでたノリコちゃんに 「気づけ」 と流し目を送るコマが ベストショットです。 あれはダメです。 その視線だけで萌え死ねます(笑)。  っていうかあの甘々なデート会話が本人の知らぬところで通信されてた(つまり記録に残るw)っていう事実に、ニヤニヤが止まりません!(笑) ぜったい後でヲタポンに死ぬほどからかわれるに違いありませんww 安定の残念さに感動でした(笑)。


という感じで本編語ったので、以下、各話語り。 長いので 「続きを読む」に収録します。 本編感想を総括すると、SF設定のなかでピュアな恋物語をありがとうっ、ずっと大好きです!!・・・でした☆



続きを読む

関連記事


芝村裕吏 『キュビズム・ラブ 悩める博士と恋する小箱』 の感想

キュビズム・ラブ・小説版
『キュビズム・ラブ 悩める博士と恋する小箱』


芝村裕吏
松本テマリ(イラスト)

エンターブレイン ビーズログ文庫
2012年7月26日 初版発行/¥560+税




「大丈夫、いいことありますよ」
典子は元気に言った。黒い箱だけの姿になっても。
誠志郎は黒い箱を見た。黒い箱をなでたい気持ちになるが、がまんする。だいたい箱をなでたいってなんだと思う。
「まあ、がんばって成長する。今日は帰る」
「はい。あの」
席を立つ誠志郎に、典子は声をかけた。
すこしもじもじする。考える。誠志郎はじっと待っている。
「なんだ?」
「お大事に」
誠志郎は何かを言おうと思ったが、とりあえず微笑んだ。筋肉が萎えてないといいと思いつつ。
「……ありがとう」


<感想>
コミックス『キュビズム・ラブ』を原作者がノベライズするという、逆輸入的な(笑)小説だったりします。 ちなみに読んだのは文庫版。 発売当時に買おうか買わないか迷ったんだけど、マンガ版だけでも充分楽しめてるし、読む時間を確保しづらい時期だったので買わなかったんですけど、こんなに面白いなら最初から読んでおけば良かった!!ってくらい楽しめました。 マンガでも、小説でも、典子ちゃんと篠田先生の関係はとても優しくて温かみがあって、思わず心がほっこりしちゃいますね。 
なお、コミックス版の感想は↓こちら↓です。
 ⇒松本テマリ/芝村裕吏『キュビズム・ラブ・1』の感想
 ⇒松本テマリ/芝村裕吏『キュビズム・ラブ・3』の感想

続きを読む

関連記事


松本テマリ ・ 芝村裕吏 『キュビズム・ラブ・3』 の感想

キュビズム・ラブ・3
『キュビズム・ラブ・3』

松本テマリ
芝村裕吏(原作)


エンターブレイン ビーズログコミック
2013年6月13日 初版発行/¥620+税





『 もしも あの部屋で居眠りしたら 彼女は許してくれるだろうか 』


<ご紹介>
『コミックビーズログ キュン!』『B's-LOG COMIC』 に掲載されたCHAPTER.15~19と外伝小説を収録した第3巻。 「箱」になった少女と青年医師との純愛ストーリーです。 カラーピンナップ付。
交通事故で脳だけの存在になり、黒い箱の姿で生きる中学生の典子。 手術をしてくれた医師・篠田の子供っぽくも優しい性格に惹かれ、恋心を募らせていくものの、自分が「箱」だという現実が彼女を苦しめる。 それでも典子は篠田と過ごす優しい時間が大好きで、篠田もまた、権謀術数がうずまく病院のなかで唯一素直な典子の心に癒されていった。 そんなある日、篠田が怪我をしたという報せに舞い込んだ! 心配した典子はいてもたってもいられず、弟分のHAYATEの助力を得て篠田を探しに行くことに。 けれど、とある行き違いから酸素ボンベが外れてしまい――生存時間は30分。 篠田は典子を見つけることが出来るのか・・・!?


続きを読む

関連記事


宮沢賢治 『銀河鉄道の夜 (朗読CD付)』 の感想

銀河鉄道の夜
『銀河鉄道の夜 (朗読CD付)』

宮沢賢治

(表紙装画・松本テマリ)
(朗読・櫻井孝宏)

海王社
2012年12月10日 初版第一刷発行/¥952+税





僕もうあんな大きな闇の中だってこわくない。
きっとみんなのほんとうのさいわいをさがしに行く。
どこまでもどこまでも僕たち一緒に進んで行こう。


<ご紹介>
松本テマリさんの装画と、櫻井孝宏さんの朗読に彩られた、宮沢賢治の童話集(表題作ほか3編)。 
母親と二人暮らしのジョバンニは、父の逮捕を疑われ、学校でも浮いてしまっている少年。 だが、父同士が友達であるカムパネルラだけはジョバンニに冷たくすることはなく、不器用な優しさを見せてくれていた。 ある日草むらで寝転がっていたジョバンニは、「銀河ステーション」という不思議に響く声を耳にする。 気付くと彼は、列車に揺られていた。 しかもすぐ前の席には濡れたように真っ黒な上着を着て黒曜石の地図を持つカムパネルラが乗っていたのだ。 どこか具合の悪そうなカムパネルラを心配しながらも、何かに誘われるように列車は進み……ジョバンニとカムパネルラが迎える終着駅とは?


<感想/前段>
実は私、小学生のころに図書館で借りた『銀河鉄道の夜』をどうしても読みきることが出来なくて、それ以降ちょっとした苦手意識がありました。 ザネリの悪意みたいなものがまるで自分に向けられているかのように受け止めてしまったこと、それから、正直文章に意味が分からない部分が多かったことが辛くて、序盤までしか読めなかったんです。 しかも当時の学校の先生に「あんな名作が分からないなんて!」みたいに言われたことが軽くトラウマっぽくなりまして、大人になってからも読んでみたい気持ち半分、触れたくない気持ち半分を抱えながら悶々としてました。 

そんなある日!(←突然元気になったな!) あの『銀河鉄道の夜』が、私の大好きな松本テマリさんの装画と、私の大大大好きな(笑)櫻井孝宏さんの朗読CD付き文庫本として発売されると聞きまして!! こーれーはー私のために海王社さんが企画したに違いない!!!と思う勢いで (いや違うから・笑)、発売を心待ちにしてました。 手帳に「CD文庫発売日!」って記入しましたからね(笑)。

で、手元に届いた本ですが。 まず、テマリさんの表紙画が美しいです…っ!! 顔は瓜二つなのに、身なりも表情もまるで違う二人の少年。 幻想的な雰囲気と色使いの中、どこか静に佇む様子が印象的で、しばし見惚れました。 表紙鑑賞が済むと、何でこの二人そっくりなの?という疑問が。 私の拙い知識だと、主要登場人物は「ジョバンニ」と「カムパネルラ」のはずで、特に兄弟って設定じゃなかった気がするけど……と思わず首をひねったけれど、ある意味この時点で物語に惹き込まれているわけです。 長年感じていたトラウマ的なものも気にすることなく、気付けば作品への興味でいっぱいになっていました。

本自体は思っていたよりも薄めで、文字も大きめだし造語や古語には脚注もついているので、誰にでも読みやすいんじゃないかな? ただ個人的に残念だったのは、櫻井さんの朗読って物語全編じゃなかったんだ!?…ってこと。 実は文章を読む前にCD聞いたんだけど、途中から始まってる!?と一瞬パニックに(笑)。 聞いてみるとラスト部分を中心に20分間収録されているので、一応の聞き応えはあります。 ただ、その20分間に想像力を凄まじく掻き立てられたので、やっぱり全部聞いてみたかった!という気持ちがあるあるあるある…。 まぁ、あのページ数で20分なんだから全部読んだらCD1枚に収まらないんだろうなぁ……と今は満足してます。 抑揚を抑えた話し方の中にわずかに感情が滲んでいて、その話し方に本気で聞き惚れました。 


<感想/本文>

続きを読む

関連記事


松本テマリ/芝村裕吏 『キュビズム・ラブ・1』の感想

キュビズム・ラブ・1
『キュビズム・ラブ・1』

松本テマリ
(原作・芝村裕吏)

エンターブレイン ビーズログコミックス
2011年6月13日 初版発行/¥620+税




『 だって私は―― 箱 だから 』


<ご紹介>
『コミックビーズログ キュン!』 に掲載されたCHAPTER.01~08と外伝を収録した第1巻。 「箱」 と青年医師とのラブコメディ(?)です。 カラーピンナップ付。
中学生の典子は、陸上部の試合に向かう途中で事故に遭い、父親を亡くした。 目を覚ましたのは病院で、一人の青年医師がとまどいながらも話しかけてくれる。 医師・篠田の笑顔は子供っぽくて、すぐに典子は好感を持ったのだけど、自分の声は何か変だし、視界も歪んで気持ちが悪い。 それを篠田に告げると、彼はやっぱりとまどいながら丁寧に説明してくれた。 典子が失ったのは父親だけでなく、 「脳」 以外のすべての部分もなのだと・・・。 典子は今、脳が収められた 「箱」 の姿で生きているのだと・・・!!


<感想>
テマリさんの絵が好きです。 それはもう無条件で大好きでです。 どのくらい好きかというと、苦手なはずのBLもテマリ作品なら読めちゃうくらい好きなのです!(笑) 『ウワサの二人』 も 『王子様のお勉強』 もどうせ読んださ!(笑) 愛って偉大ですよねw (えー!) 

そんな訳で、ネットや書店でこの作品を見かけるたびに、表紙イラストに胸がきゅーんとなって仕方ありませんでした。 ずっとずっと気になってて、どうにも我慢出来なくなってから購入したので、テマリさん欠乏症がピークに達した時に読めたのは、ある意味幸せだったかもしれません(笑)。 脳内麻薬が分泌されているせいか、何をどうやっても篠田がカッコ良く見えちゃう。 あとがきでテマリさんが 「篠田はへたれ美形として語られてて…」 と仰ってましたが、もうどの辺りがへたれなのか分からないくらいでした。 ・・・落ち着いてから再読したら、愛すべきヘタレだったけどね(笑)。 


お話としては、脳以外の体を失い 「箱」 の状態で生きることになった典子ちゃんと、彼女を事故から救った医師・篠田との、ちょっと不思議なラブコメです。 芝村作品は初めて読んだけど、とにかく奇抜な設定にびっくり。 でも、1話できちんと状況説明をやりきり、2話までにキャラクターに愛着を持たせた構成がホント上手い。 典子ちゃんなんて 「箱」 なのに、篠田が近付くたびにときめく様子はとにかく可愛いし、寒さに映える白い吐息が好きだっていう感性には、愛情さえ湧いてしまう。 篠田が改良を加えるために 「箱」 を抱きかかえた時も、彼女がやたら恥ずかしがるものだから、まるでいかがわしいことをしてるかのように感じられちゃうという(笑)。  「箱」 が可愛いなんて、読んでても不思議な感覚でした。 


一歩間違えばオカルトな設定だけど (『魍魎の匣』みたいに)、 意外や意外、まっとうで純粋なラブコメに仕上がってるのも見事。 これは典子ちゃんの性格が基本素直でポジティブなことと、篠田が彼女のことを 「箱」 だと思ってないことが、大きな要因だと思う。 特に後者かな。 第3話で篠田は、脳波を見られるのが恥ずかしい (=篠田の一挙一動に動揺してるのがバレるから) という 「箱」 に対して、恥ずかしがる理由を理解できなくて 「女は難しい」 って結論付けるんですね。 篠田は典子ちゃんのことを 「箱」 ではなくて 「女性」 としてきちんと認識してるんです。 むしろ典子ちゃんの方が、自分は箱だから恋なんて出来ない、と思ってるくらいで、実はポジティブなのは篠田の方なのかもしれない。 いずれにしろ、プラスとプラスの要素が弾けて微笑ましい雰囲気を合成してるのは間違いなく、基本二人しかいない空間を表現しきったテマリさんが凄いなぁとしみじみ感じました。 


ただ、このお話どこへ向かっているんだろう?という疑問が大いにあるのも事実。 途中から登場するヲタポンの会話は、精神論のようであり禅問答のようでもあり、物語の核心でもあるような気がする。 同原作者の 『公僕の警部』 との関連性もあるみたいだし、篠田が養子に入った経緯やヲタポンの背景にある存在など、病室を一歩出ると大人の思惑がうごめいているようで、それが病室内のほのぼのした雰囲気とのギャップになり、物語の深みになっているのは確か。 外伝で仄めかされる他作品との関連性に関しては、他を知らない私には読みにくい部分があるんだけど、この奇抜で愛すべき設定をどこに落とすのかだけは、是非見極めたい。 続きも楽しみです。

以下各話語り。 簡単なものだけど、普段よりは考察寄りな内容かも。

続きを読む

関連記事


『後はマのつく石の壁!』の感想

後はマのつく石の壁! (角川ビーンズ文庫)
喬林 知
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 1613

「ひとつだけ、コツがある」
「信用させるコツ?」
「そう、自分も信じさせることさ」
信じさせるのは相手であって、自分自身ではないだろうに。
「そうじゃない、相手を説得する前に、自分自身が説得されていなければ駄目だ。 自分の心に迷いがあったら失敗する。 だから必ず射抜けると信じることだ」



<ご紹介>
水洗トイレから流されて、気づけば眞魔国の魔王様!? な渋谷有利の不思議な運命を描く○マシリーズ。 本編第17弾は刑務所編(笑)の後編でした。 
眞魔国から遠く離れた人間の国・ダルコで、何故か刑務所に入れられてしまったユーリ達。 ユーリはそこで 「鷹目」 と呼ばれる魔族と出会い、ダルコに迫っている水没の脅威には、 「箱」 が関わっていることを知らされる。 地球で沈んだはずの 『鏡の水底』 が何故こちらにあるのか? しかもユーリは 『鏡の水底』 と深い関係があって…!! 眞魔国で順調に 「箱」 を取り込みにかかる眞王の動きとともに、 「箱」 と 「鍵」 をめぐる物語は一気に加速する――。


<感想>
表紙のコンラッドが好きすぎて大変なんですが(笑)、そんな欲目を置いといても、今回は凄く面白かった!! 前編と併せて読んだ甲斐があったってもんですw  冒頭から眞王が暗躍してるけど、その威圧にまったく怯まないアニシナさんがカッコ良くて素敵。 テマリさんのイラストにもあった、鬼太郎のごときアンテナまでもが可愛いです(笑)。 ずば抜けて魔力と洞察力の高い彼女が、どうやら眞王に 「不快感」 を覚えているのも興味深いところ。  「箱」 と 「鍵」 のことも推察済みだったようだし、変な話、彼女が眞王に提供した魔道具に何か仕掛けがあってもおかしくない気がするっ。 グウェンダルとユーリが帰国した後、彼女がどう動くのかが楽しみだなw  …それにしても、グウェンが不憫になるほどの彼女の秘密って、一体何?(笑)。 


一方のユーリ達。 懲罰房に入れられた時のユーリの反応には胸が痛くなったけど、鷹目が語る 「信じさせるコツ」 がユーリの心に響いて、彼の言葉に深みが増したことはとても喜ばしかった!! だって今後は、あの人を食ったような性格の眞王と、 「箱」 を巡って対峙しなければならないだろうから。 信念のこもったユーリの言葉で、彼の温かさをより多くの人に伝えることは、大きな力になると思う。 実際、グウェンや鷹目の心を動かしたわけだし。 そうなると、眞王との 「秘密」 のせいで自分を信じられていないヴォルフラムが、自分を信じるユーリを騙すことは出来ない…という伏線にも思えます。 亭主元気で留守がいい、とは日本の一部に当て嵌まる格言らしいけど、この夫婦は一緒にいた方良さそうです。 っていうか、夫婦(婚約)設定って今も健在なの?(笑)
 

で、 「箱」 。 ホントのところ、眞王の狙いは何なのかなぁ? 村田には手元に集めたいだけだとか言ってたけど、今回 『鏡の水底』 に近づいたユーリが 『これはおれの一部だ』 『操れる』 などと話しているのは、眞王の意思だよね? 使う気満々じゃんか!! おかげでユーリもグウェンダルもいらん怪我したし…。  『凍土の劫火』 も 「鍵」 であるヴォルフラムをも引き込んで…何がしたいのかな。 むー、どんどん気になってきた!! ユーリたちは 『鏡の水底』 を沈めたのかな、それとも眞魔国に持ち帰ったのかな?  『あと二つ』 という台詞が妙に不吉に響くのが恐ろしいです。


さて。 個人的な一番の注目どころは、やっぱりどーしたって、ユーリとコンラッドの再会です。 もうね、これに尽きると言っても過言ではない!! だっていつから? ユーリの傍らから、守護者であり名付け親であり…ただの親友であるコンラッドの姿が消えてから、もうどれくらい経つ? 多分、その期間の長さを誰よりも実感していたのが本人達で、だからこそ、 『殴られても斬られても、殺されても構わない。 今すぐ戻れるなら』 というコンラッドの言葉に泣いてしまった。  『今すぐ』 という性急さが、帰りたいという願いの強さに思えたから。 グウェンダルの台詞もまた良いんだよね。 何かもう、これをずっと待ってた!!というくらい完璧なラストシーンでした。 ホント良かった!! この絆を見た後だったから、 『兄弟の傷が癒えるまで』 の禁固刑という計らいも、さらに嬉しく感じました。 傷を癒して、眞魔国に戻る日が来るのでしょうか。 死体でも故郷に戻してやりたいと願ったキーナンだもの、受刑の身だと分かっていても、故郷に帰るんじゃないか…。 そんな気がしました。






関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。