スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


白洲梓 『最後の王妃』 の感想

最後の王妃
『最後の王妃』


白洲 梓
(イラスト:池上紗京)


集英社コバルト文庫
2015年11月10日 第1刷発行/¥560+税





「誰かが傍にいるというのは、とてつもなくありがたいことなんだ・・・」


<感想>
ルクレツィアは、15歳でアウガルテン王国の皇太子妃となった。 しかし皇太子シメオンは一度も彼女の部屋を訪れることはなく、後日、シメオンがマリーという下働きの娘を愛していると判明。 ほどなく国王が崩御し、ルクレツィアは王妃となった。 そして側室となったマリーが懐妊。 それでも王妃としての務めを果たそうと懸命なルクレツィアだったが、隣国に攻め込まれた王国は敢えなく陥落し・・・? (裏表紙あらすじより)

完全に表紙に一目惚れでした。 表紙の彼女が「最後の王妃」なんだろう。 では黒い衣裳は喪服――失った 「国」 への喪服なのだろう、と思いました。 不思議なことに裏表紙のあらすじを見る前から、彼女の喪服が 「王」 に向けたものではないような気がしていました。 王冠を頭上にいただくことすらできず、身一つで少しだけ不安げで、でも大きな目を曇らせることのないこの女性が喪に服すのであれば 「国」 に対してなのだろう・・・何故か、そう感じたんですね。 そんな彼女の周りに、囁くように、守るように、慈しむように寄ってくる白い鳥たちが、私には 「希望」 のように見えました。 ――そういうお話だといいな。 そう思って、手に取ったんです。 不安げではあるものの儚さはなく、むしろ凛とした美しさのあるルクレツィアに、私は一目惚れをしたのです。 実はこのお話のヒーロー役は、上記の公式のあらすじには名前すら出てこない(笑)メルヴィンという敵国の皇太子なのですが、彼もあの落城の日に同じような気持ちを抱いたのではないかと、読了した今なら思うのです。 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。