都戸利津 『嘘解きレトリック・4』 の感想

嘘解きレトリック・4
『嘘解きレトリック・4』


都戸利津


白泉社花とゆめコミックス
2015年1月25日 第1刷発行/¥429+税




『 私 先生好きです 九十九夜町が好きです 』


<感想>
「嘘」 を聞き分ける力を持つ鹿乃子 (かのこ) ちゃんと、頭は切れるけれど超貧乏な探偵・祝左右馬 (いわい・そうま) 先生が織り成す、レトロモダン路地裏探偵活劇 (裏表紙あらすじを要約しました・笑) の第4巻です。 実は私はずっとずっとこのお話が大好きで堪らなくて、ありがたいことに(何故か)参加させていただいている 『このマンガがすごい!』 でも選ばせていただいてるんですけど、だからこそなかなか感想が書けなくて困ってました。 だって考えてもみてください。 あなたの大好きなアノ人にいざ告白しようとしたら、相当な勇気が要りますよね? 顔を真っ赤にして目をうるうるさせて 「す、すすすすす好きです・・・!」 みたいにしか出来ないですよね!? たぶんそれと同じなんだと思うんだ・・・!!(←いやたぶん違う・笑) 


閑話休題。 さてこのお話は、人の会話に潜む 「嘘」 を聞き分けることが出来てしまうがゆえに人と交わることができなかった鹿乃子ちゃんが、九十九夜町で風変わりな貧乏探偵に出会ったことで、探偵助手としてあーんな事件やこーんな事件を解決していくお話です! ……と書けたらどんなに簡単だったでしょう。 いやもちろん、探偵事務所を舞台とするわけですから、謎はあります。 誘拐事件や殺人事件といった事件性のあるものから、人の心の行き違いから生じる、ささやかで、でも切ない事件まで、いろいろあります。 そういった謎を解く糸口を鹿乃子ちゃんの能力が担うことは間違いないんですけど、でもどちらかといえばそういう分かりやすい現象はこの作品の主眼ではないのです。 このお話は、鹿乃子ちゃんが自分の能力との付き合い方と、人との向き合い方を経験してゆく物語なのです。 そして祝先生が、事件の謎よりも人の心の謎を紐解いていくお話なのです。


私もそうだけど、人は多かれ少なかれ嘘をつきます。 いらぬ見栄を張っての嘘だったり、都合の悪いことをごまかした嘘だったり、もしかしたら相手の気持ちを慮ったゆえの嘘かもしれない。 それが良いとか悪いとかの話ではなく、ただ事実として 「嘘」 はそこらに転がっているものなのです。 そしてその 「嘘」 を聞き分けてしまう鹿乃子ちゃんがつい 「それ嘘ですよね」 と言ってしまうと・・・・・・言われた方は怯みます。 脅えます。 そして嘘をついたわけではない、むしろ真実を述べたはずの鹿乃子の方が悪者になってしまう。 彼女はそうやって、社会から疎外されて生きてきた女の子なのですね。 ――で、「よし、自分のことを知らない土地で能力のことを秘密にして暮らしていこう!」 と一念発起して九十九夜町に辿り着いたわけです。


作者の都戸利津さんのすごいところは、今私がダラダラとかいた前段落の内容を第1話(1巻収録) の中ですっきりと、でもちょっと切なく、そして前向きに表現しているところです。 人によってはもしかしたら、鹿乃子ちゃんは逃げたんだと思うかもしれない。 でも私は、この作品からそんな印象は受けなかった。 ひたすら、ここがリスタートなんだと思いました。 それは結局、鹿乃子ちゃんがどれだけ能力を厭おうとしても、 「人を悪者にするような嘘をついてはいけない」 という自分の心を曲げなかったからだし、それを受け入れた祝先生がいてくれたからだと思うのです。


人はどんなに頑張っても一人では頑張りきれないときがある。 でも、そういうときに助けてくれる人がいるとは限らないじゃないですか。 助けてくれる人、一緒に考えてくれる人・・・そういう人に出会えた土地に来たことが、逃げなわけがない。 この感想を書くにあたり1巻を再読して強くそう思ったので、4巻で鹿乃子ちゃんが 「九十九夜町が好き」 と言ってくれたときに、なんか無性に泣きたくなっちゃっいました。 傷つきながら育ってきたはずなのに、その傷でさえ彼女の生真面目な明るさを損なうことはできなかった。 むしろ、九十九夜町で傷を癒しながらもっともっと前向きな人になってる。 そのことがすごく眩しくて、感動した場面でした。 16話は、そんな鹿乃子ちゃんに対して頬染めちゃう祝先生の珍しい姿も見ることができるので、ホント大好きなお話だったりします。


さてその先生ですが、嘘を聞き分ける能力なんてなくても犯人の言葉の綾や仕草などから謎を解明することが出来てしまいます。 嘘が聞こえるからこそ見えることがあるように、嘘が聞こえないからこそ見えることもある。 同じ事象に遭遇しても鹿乃子ちゃんと先生が見える世界は全然違うのに、違うからこそ補い合える。 これはいろんな意味で敏すぎる先生の観察力があるからこそだけど、間違いなく鹿乃子ちゃんにとっては支えだろうし、先生にとってもそれは同じなんだと思うのです。 20話で貫二さんの 「見てない」 発言を鹿乃子ちゃんが聞いていなかったら、先生一人でも貫二さんを待つことが出来たのかな?と考えると、人を信じることが出来る先生だからきっと待てたはず。 でもたぶん、鹿乃子ちゃんがいてくれたからこそ、より貫二さんの気持ちに近づくことが出来たんだと思うのです。 貫二さんから再調査を依頼されたとき、鹿乃子ちゃんと先生の 「もちろん」 って言う表情が本当に嬉しそうで、私まで嬉しくなりました。 何ていうか、お互いの顔を見て笑い合えることの積み重ねが 「幸せ」 なのかなぁって思ったのです。 いろんな人と出会って、触れ合って、傷ついても、でも最後に笑い合えたらいいなって。 この作品の主題が事件の凄惨な謎と動機を描くのではなく人の心を解くことだからこそ、私はこんなにもこのお話が好きなんだって、改めて思わされました。


と、いろいろ書いてきましたが、4巻での一番のお気に入りは18話だったりします。 いやだってもう、正直この作品では珍しいラブコメ回だと個人的には思っているのですがいかがでしょうっ!?(りるさんが途端に元気になりました・笑) ある雨の日の一コマ的なショートストーリーだけど、鹿乃子ちゃんの可愛らしさや先生に抱く感謝の気持ちが詰まってて可愛すぎます! そして鹿乃子ちゃんのために全力疾走するっていう普段あまり描かれることのない先生の影の努力(笑)を味わえる一級品です!!(力説っ)  「お迎えに来ましたー」 って笑う鹿乃子ちゃんに向ける先生の笑顔が、いつもよりちょっとだけ甘いような気がして読んでて妙にドキドキしました。 愛情篭っちゃってるって思ってもいいですか・・・!?(ドキドキ)
 

それと同時に気付いたのは、先生が鹿乃子ちゃんをおもいやって隠し事をしているにもかかわらず、まったく「嘘」をつかずに会話をしているということです。  「雨の中がんばったかいがありました」 の 「がんばった」 は、鹿乃子ちゃんには「掃除をがんばった」に聞こえている。 でも先生(と読者) にとってのそれは、全力疾走リターンを指しているわけです。 もちろん隠し事=嘘ではないけれど、別の言葉で誤魔化すのではなく、 「語らない」 という引き算の会話を自然にしていることが印象的でした。 だってこれって先生の思いやりですよね? 嘘に敏感な鹿乃子ちゃんの耳に、少しでも変な言葉として響かないように思いやって話しているんですよね? たぶん今回に限らず先生はいつもそうしていて、だからこそこんな風にスマートに出来ているわけで・・・・・・あぁやっぱり、愛情篭っちゃってるって思いたいです!(笑) 

あとひとつ。 不思議なんですけど、九十九夜町の町並みや紫陽花のみずみずしさなどの背景がすごく綺麗に見えたんです。 都戸作品はいつも背景まで綺麗だから不思議じゃないといえばそうなんだけど、でもいつも以上に素敵に見えたんです。 これってもしかしたら、鹿乃子ちゃんと先生の視界をちょっとだけ味わわせてもらったのかなって。 ふたりが一緒に過ごしてる時の空気感みたいなものまで、都戸さんが描ききってくれたのかなって。 だからきっと、こんなにも綺麗なのかなって思ったんです。 錯覚かもしれないけどそう見えちゃった仕方ないのです(開き直った!・笑)。 そんな訳で、私にとって18話はいろんな意味でキラキラしていた回です。 大好き。 ホントすごく良かったです!!


そんなこんなの4巻は、ひたすら先生を尊敬してきただけの鹿乃子ちゃんが、初めて彼の明敏さへ疑問を抱くところで終わります。 それはけっして不快なものではなく、どちらかといえば 「気付き」 です。 もしかしたら先生もわたしと同じなのかな?というささやかな思いは、相手のことをより知ることができたからこそ抱けたものだという意味でニヤニヤしちゃいますが(笑)、自分に自信がなかった鹿乃子ちゃんが、自分自身のことを尊敬している先生に近づけて捉えることが出来るようになったという意味では、成長なのかなって。 先生や九十九夜町のことを好きになったように、少しずつでもいいから自分のことを好きになれると良いなって。 そんなふうに思いました。 5巻ではもっともっといろんなことに気付く鹿乃子ちゃんに出会えるといいなって思います。 次巻もどうしようもなく、楽しみです!
*止まらないので以下各話語り(笑)。

続きを読む

関連記事


『環状白馬線 車掌の英さん』の感想

img20090121.gif

『環状白馬線 車掌の英(はなぶさ)さん』

都戸利津
白泉社 花とゆめCOMICSスペシャル
2009.1.25/¥524







『 よかった 車掌さんと会えて 』


<ご紹介>
『別冊花とゆめ』誌上に掲載された読みきり3編+後日談的な描き下ろしが収録された、著者初のオリジナルコミックス(前回は『心霊探偵八雲』のコミカライズでした)。 

「乗り合わせると幸せになれる」 ――円を描いて市内(シティ)を循環する環状白馬線には、そんな噂の車掌・英(はなぶさ)さんが乗っています。 電車には今日もたくさんのお客様が乗り、英さんと少しだけ触れ合って、降りてゆきます。 そんな風にすれ違うだけで終わるはずの人と時間が、小さな奇跡で結ばれた時にうまれる、小さな幸せ。 これは、英さんと一緒に循環する電車と絆を描いた物語です。


<感想>
絵も物語も人の気持ちも、すべてが丁寧に描かれた、とても素敵な1冊。 何度も何度も読み返したくなる作品でした。 そして、何度も読み返すことこそが、この物語の正しい読み方なのだと思います。 第3話まで静かに物語を辿ったら、また最初に戻ってみてください。 あの時英さんが言った台詞の意味、あの人の行動の訳…。 全てのことが、「あぁ、そう繋がっているのか」とますます深く胸に響いてくるようになります。 まるで環状白馬線のように、人の絆はつながり、廻り、その度に強さを増していく。 そんな物語です。


まずですね、表紙が好きです。 何となく懐かしい雰囲気の、強く太いタイトルフォント。 対照的に、しっかり描き込まれた西洋風の電車の背景。 このコントラストにまず惹きこまれました。 でもって、ちょっと内容が分かりづらいタイトルが、何ともそそります(笑)。


お話としては、車掌の英さんとお客様との出逢いを描いた群像劇。 出逢ったこともないはずの「お客様同士」が、英さんの存在を軸に実は深く関わりあっていて、それがまた別の絆を紡いでいくんですね。 生まれた小さな絆は、ちょっと温かく、ちょっと切なく、ちょっと懐かしく描かれていて、最後はきっかりと1枚絵のようにはまっていく。 でもそのことに、英さんもお客様も気づくことはないし、「お客様とは他人のままがいい」 という英さんのスタイルのために、これだけしっかり描かれているお客様でも、名前は一切分からないっていう演出がまたニクイです。 それでも成り立つ構成がとても巧みだし、綿密に描きこまれた背景や美術がイメージを補ってくれるので、目でも頭でも心でも楽しめる1作だと思いました。 オススメです。


●第1話
・『それだけ好きになってたのね、わたし。 この街のこと。』 一瞬驚いて、次の瞬間、泣きそうになりました。 てっきり『あなたのこと』って続くと思ってたんです。 いや、絶対にそういう気持ちはあったと思う。 プライドとか困らせたくない気持ちとかも、絶対あったと思う。 でもそれ以上に、英さんに優しくして貰えて大好きな彼と出逢うことが出来た『この街』が大切で、他人のように接されることが『街』に受け入れて貰えないような気がして寂しかったと言えるお嬢さんが、とても素敵。 素敵な街なんですね、市内(シティ)はw

・犬ネタはズルい……絶対泣くもんそんな展開っ!!(←泣いたらしい・笑) ワンちゃんが「車掌見習い」になったらどんなお仕事をするのかも見てみたかった気がします。 


●第2話
・新人(?)車掌の女の子がめっちゃめちゃ可愛くてツボでした(笑)。 そして、『人としてうれしかったわ』と言い切った楽団員さんにも拍手!!

・車掌さんを探す、という、全く違う2つのストーリーを築き上げてる構成の妙が素敵。 同じ人探しという行為が実は違う人を求めてたことが、同じものを見ても違う感想を抱く英さんと仲良し車掌さんの関係とも対比してあって、とことん巧いなと。 駅舎や市内の描写が半端なく丁寧で美しかったです。


●第3話
扉絵が、第2話の最終ページと対応してるところからして素晴らしいです。 「あぁ、過去も未来も全部繋がってるんだ」と力強く伝わってくる感じ。 チビ英さんの言葉遣いが可愛く、今のぶっきらぼうな喋り方は「親父っさん」の背中を追ううちに身に付いたんだなって思うと、とても微笑ましい。 旅少年くんが見抜いた『照れてる』もそうだけど、一気に英さんが身近になりました。

・世界の「みんな」に逢うことができないように、「世界の全部」を旅することは出来ない。 けれども、想うのは自由。 想うことで自分を強くすることも自由。 旅少年と英さんは、違うようで同じ、なんですよね。 離れてても友達って、カッコイイです。 

・そして物語は、第1話へ。 この作品は、「物語」自体が「環状線」なのです。


●描き下ろし
・とにもかくにも、「Scene:3 見分け方」という小話が、愛しくて愛しくてなりません!! 何度読んでも、微笑ましいですw



⇒都戸利津 『心霊探偵八雲~赤い瞳は知っている・1』の感想
⇒都戸利津 『心霊探偵八雲~赤い瞳は知っている・2(完)』の感想


<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・『マンガ一巻読破』様  1/31『ある休日のティータイム』様 『狭間の広場』様 『漫画読みの憂鬱』
オンライン書店【ビーケーワン】・・・『環状白馬線 車掌の英さん』をbk1でチェック!!


心霊探偵八雲 1―赤い瞳は知っている (1) (花とゆめCOMICSスペシャル)  心霊探偵八雲 2―赤い瞳は知っている (2) (花とゆめCOMICSスペシャル)



関連記事


『心霊探偵八雲~赤い瞳は知っている・2(完結)』の感想

img20080320.gif
『心霊探偵八雲~赤い瞳は知っている・2(完結)』
都戸利津(漫画)/神永学(原作)
白泉社花とゆめコミックススペシャル/2008.3.25/\552




   『八雲君がいて良かったと
思うのはこれで何度目だろう』



<ご紹介>
『別冊花とゆめ』に掲載された5話分(FILE2 『トンネルの闇』の第2・3話、FILE3 『死者からの伝言』の全3話)を収録した、完結編です。 カラーピンナップ付き。 良かったよ!!

斉藤八雲の赤い左目は、この世に留まる霊の姿を見、声を聞く能力を持つ。 親友の事件がきっかけで八雲と出会った小沢晴香は、彼の無愛想な対応に腹を立てるものの、その裏に隠された八雲の苦しみと優しさを知ることになる。
トンネルで晴香が目撃した血まみれの女性。 だが友人・達也が見たのは少年の霊だと言う。 食い違う証言が気になった晴香は、八雲とともに調べることに。 だが、晴香の乗った達也の車が制御不能になってしまう。 猛スピードでトンネルに向う晴香たちを、八雲は救うことが出来るのか!? そして少年の霊が見せる怒りの理由とは!? (FILE2 『トンネルの闇』)

    →関連記事 『心霊探偵八雲~赤い瞳は知っている~・1』の感想


<感想>
楽しみにしていた完結編は、やっぱり良かったです。 
1巻同様、表紙の文字と八雲の赤い左目だけが別素材で飛び出すデザインとなっているものの、今回のカラーは緑。 「赤」はこの作品に流れるイメージカラーだと思うので、緑なのはちょっと驚いたけど、これには晴香と出会ったことで八雲自身に少なからず「心の平穏(=緑)」が訪れたことを表しているのかな?と感じました。 違うかもだけど(笑)。 いずれにしろ、並べるとなかなかに綺麗でお気に入りですw


さて本編。 原作の神永学さんが長い時間をかけてやっていらっしゃる「八雲の成長を描くミステリ」を、都戸さんは原作1巻分のコミカライズの中で上手に凝縮し、充分に表現されたと思います。 それくらい、完成度が高かった。 
これは、原作が冗長だとかそういう話ではなく、コミックは2巻で完結するのに、長期にわたる原作と同じ部分までしか八雲(や晴香や後藤刑事)が成長していないのでは、最初のテーマの意味が無い、ということです。 コミック化に際して生じる制約の中で最大限の威力が発揮できたのではないでしょうか。少しずつ晴香という人間や、自分の持つ能力に向き合って行くようになる八雲くんは、とても魅力的でした。


『霊がこの世に留まる原因をなくすことで 霊を解放することが出来る』
これが、八雲が例の絡む事件を調べる大きな理由。 でも基本的に彼は他人に興味がないので、そこにひっぱっていくのが晴香の役割。 彼女はお人よしでお節介ででも素直な強さを持っていて、そんな部分に八雲が触発されて自らの能力を自覚していく様子は、本当にステキ。 だって、都戸さんが本当に八雲をステキに描くんですよ!! 悔し泣きする晴香ちゃんを横目で見遣る表情とか!! 後藤さんに利用されてたわけじゃないと気づき、照れる猫顔とか!!(笑) 『僕にしかできないことがある』という決意の顔つきとか!! 「あぁこんなに立派になってw」と、気分はすっかり親心ですよ(笑)。


そんな中で特にお気に入りなのが、『死者からの伝言?』で死体の身元を知った八雲が、晴香ちゃんを思って「知ったら悲しむだろうな」から始まる一連のシーン。 「もう死んでる」と伝える表情が痛々しいのは、彼女を想い遣ってでしょ? 「しっかりしろ!」と怒鳴ったのは、今まで自分が支えられてきたことへのお返しでしょ? 後藤刑事が感心するくらい、彼は成長してきたんだなって、もの凄く伝わってきました。


晴香ちゃんも、元々の単純な性格が(笑)八雲や悲しい霊と出逢って少しずつ深みを増していくところが、とても可愛いw 『死者からの伝言』で親友の優しさを信じたように、八雲やみんなは、彼女のそんな強さを信じるんでしょうね。 変わる所は変わって、でも「そのままでいい」ところはそのままで、どんどん良い女性になって欲しい。 そして、出来ればその時も横には八雲君がいてくれると、私個人的にもとっても嬉しいんですけどもっ!!(笑。←ラブコメ好きw)。 

私はこの作品の「成長する」部分を評価してるのでミステリ的な部分にはあまり触れないけれど、充分楽しめると思います。 オススメw


<関連サイト様>
オンライン書店ビーケーワン
    →bk1で『心霊探偵八雲~赤い瞳は知っている・2』をチェック!!





関連記事


『心霊探偵八雲~赤い瞳は知っている~・1』の感想

9784592187752.gif
『心霊探偵八雲~赤い瞳は知っている~・1』
都戸利津・作画/神永学・原作
白泉社花とゆめコミックススペシャル/2007.11.25/?522




『いつ来ても寝起きみたいね』
『君が寝起きにしか来ないからだ』
…もっと来て欲しいならそう言えば良いのに~(笑)


<ご紹介>
白泉社『別冊花とゆめ』で連載の作品ですが通常のHCより大きめの判型で、表紙のタイトル文字と八雲の赤い左目は別素材の浮き出すデザイン。 『FILE1 あかずの間?~?』『FILE2 トンネルの闇?』と、シリーズ外読みきり『メール×トモダチ』を収録。

肝試しの現場で倒れてしまった友人を心配して、小沢晴香は超能力が使えるという噂の人物・斉藤八雲を訪ねる。 だが彼が使えるのは超能力でもお祓いでもなく、友人に憑いている霊を見れるだけだという。 無愛想で皮肉屋の彼を信じきれない晴香だが、幽霊の未練を晴らすことで友人を救えるはずだという八雲と一緒に事件を調べることに。 そんな折、肝試しに参加した一人が自殺したという知らせを聞いて…。


<感想>
りるさんが勝手にラブコメ読みしちゃってますが(笑)、本来はもっと普通に、霊を見てしまう青年と人の為に頑張ってしまう女の子が事件を探っていくお話なのだと思います。 いや、でも無理。 皮肉屋な八雲の言動にめげない晴香ちゃんの対応とか、八雲が気にしている赤い左目をあっさり「普通だしキレイ」と言えちゃう晴香ちゃんの素直さとか、いろいろ可愛くて私の中ではすっかりラブコメでした(褒めてます!!・笑)。 あ、でもちゃんと事件だし結構凄惨だし…何ていうか、幅広い作品だと思います。


お話としては、幽霊を見ることができる八雲に、晴香が事件を持ち込むのがパターン。 事件の陰には霊がいて、何故その霊が成仏できないのかを探ることで事件の解決を図るというもの。 田中メカ『お迎えです。』などだと霊の未練がハートウォーミングな展開をするんだけど、こちらは基本的に「事件」なので、案外シビア。 霊=被害者なわけで、事件を解決するということは、生きている者の罪を暴くということ。 なので霊や人が死を迎えた場所の描写は、容赦なくホラー調です。 無念が伝わってくる作画なので、夜中にそのシーンを開くとかなり失敗した気になったり(笑)。


それでも、都戸さんのクセの無い絵柄は好感が持てるし、お節介でお人よしなヒロイン像をきちんと作り上げているので読みやすい。 実は、原作も気になってたのでこの機会にと読んでみたんだけど、原作の晴香ちゃんはもう少し疑い深く普通に嫌な部分も持っている。 それは八雲も同じで、皮肉で穿ったものの見方は原作の方が数段パワフル。 小説はそれが魅力で、コミック版の魅力は、そんな二人が都戸さんの絵を得て、どこか憎めない愛嬌さが強調されている点だと断言します。 白泉社のマンガらしい好感度じゃないでしょうか。


外見で嫌な思いをしてきた八雲が、それをあっさり乗り越えてきた晴香ちゃんを気遣う様子とか(分かりにくいけど)、幽霊を悪霊だという人に示した優しい目線とかを見てると、だんだん八雲という人物から目を離せなくなるから不思議。 晴香ちゃんと共に成長してく様子を見守りたいと思います。 そして、出来ればもっとラブを…!!(笑。だって、中表紙の眠そうな八雲くんが好みだったんだもん…)


おまけ。
デビュー作である読みきり『メール×トモダチ』は、多分雑誌掲載時に私何気に読んでますね。 失礼ながら作家さんの名前を覚えてなかったので、ここで再会できて嬉しかったですw お話は、現実世界の自分がうっとうしくて、ボタン一つでリセットできる携帯メールの中に違う「自分」を作っている女の子のお話。 メールで意気投合した男性と会う約束をしたのだけど、待ち合わせに来たのは全然イメージの違う少年で…というもの。 少年と触れ合ううちに「現実の自分」を取り戻していくヒロインが可愛かったので覚えてました。 


<まとめ>
『FILE2』の途中で1巻が終わってるので、必然的に続きが気になります。 微妙に怖いの苦手な私が読めたので、幽霊モノが苦手な人も大丈夫だと思います。


<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・『マンガ一巻読破』
●この本を買う・・・『Amazon』
●出版社・・・『白泉社オンライン』
●公式サイト・・・『神永学オフィシャルウェブサイト』


関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


☆オススメ