青月まどか 『熱愛プリンス お兄ちゃんはキミが好き』 の感想

熱愛プリンス お兄ちゃんはキミが好き 
『熱愛プリンス お兄ちゃんはキミが好き』



青月まどか


宙出版NextcomicsF
2016年発行(電子書籍)




『 変わりたい 自信を持って ”王子様” の傍にいられる自分に―― 』

<感想>
唐突に電子書籍の話から始めますと、いろんな電子書籍リーダーやアプリがある中で、私は 『書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】』 さんのものが好きです。 書棚が使いやすいし、電子書籍サイトも見やすくて本を探すのも楽。 あと、電書購入でポイント30倍キャンペーンやら30%引きキャンペーンやらを大々的に展開してくれるのもありがたい。 ただKindleの方が、というよりAmazonの方が断然すぐれている点があって、それは 「こちらが思わず読みたくなるような本を的確に薦めてくること」。  これはホントすごい。  「あなたにお勧めの本があります」 って紹介してくる本が実に的を射ていて、うわこの本読んでみたい!ってなる率はhontoさんよりダンゼン多いです。 

――で、この作品も、そうやってAmazonさんが熱烈に薦めてきた作品のうちの一つでした。 お仕事に疲れ果ててしまい、 「良い意味で無駄にキラキラした少女マンガが読みたい・・・。 もううっざいくらいにヒロインが愛されまくる可愛くてキラキラした作品が読みたい・・・・・・。 むしろこんな展開絶対にありえないだろ!ってくらいファンタジーにまみれたキラキラなラブコメが読みたい・・・っ!!」 っていう気分になっていたとき (*病んでますw) に、Amazonさんが的確に薦めてきやがりました(笑)。 どこで私の精神状態を見ていたんだ!?と怖いくらいです。

続きを読む



塩島れい 『ぶっこん ~明治不可視議モノ語り 』 の感想

ぶっこん~明治不可視議モノ語り
『ぶっこん ~明治不可視議モノ語り』



塩島れい


白泉社花とゆめコミックス
2016年6月10日 第1刷発行/¥429+税




『 今まで大切にしてくれたこと 感謝します 』


<ご紹介>
『LaLaDX』に掲載された全4話を収録した塩島れいさんのデビューコミックスです。
時は明治。 名門の剣術道場の一人娘・あやりは、急死した父に代わりやってきた叔父に命を狙われ、父の形見の刀をもって逃げ出したところを、天助という青年に救われる。 「修繕屋」を名乗り、ガラクタばかりの部屋の中で壊れた仏像に話しかけながら修理するあやしげな天助を信用しきれないあやりに、天助はふるびた眼鏡をかけさせる――と、ガラクタの周りにまるで幽霊のようなたくさんの「物魂(ぶっこん)」がいるのが見えるように。 物魂と会話し、その魂を修繕することでモノを直すという天助の特殊な能力により、あやりは自分だけでなく、形見の刀も道場を守りたいと思っていることを知る。 そして天助と物魂たちとふれあうなかで、自分の本当に大切なものは何なのかを考えるようになって・・・。


<感想>
『LaLaDX』 で読んだ時から 「ほんのり温かくて白泉社っぽい作品だなぁ」 とお気に入りだった 『ぶっこん』、4話で完結と知った時に私がいちばん危惧したことが 「コ、コミックス出ますよね・・・!?」 でした。 余計なお世話なんですけど(笑)。 でも白泉社では新人さんの読み切りから不定期連載になった作品ってコミックス化されにくい過去がありましたので、これも大丈夫かなって。 どうか単行本になりますようにって。 別に私の祈りが通じたわけではないと思うけど、何にしろコミックスデビューおめでとうございます!!\(^o^)/ これでこの愛すべき可愛い作品をずっと手元に持っていられるのかと思うと、私も嬉しいのです。

続きを読む



小林ユミヲ 『にがくてあまい・12(完)』 の感想

にがくてあまい・12(完結)
『にがくてあまい・12 (完)』



小林ユミヲ


マッグガーデン ブレイドコミックス
2016年5月29日初版発行/¥648+税




『 江田は 俺にとって奇跡なんだよ 』


<感想>
家事力ゼロの美女・マキさんと、女に興味のないイケメン・渚との、食ライフラブコメディ、12巻で寂しいことにめでたく完結となりました。 ずっと好きだ好きだと言い続けてきた作品なので 「もう続刊は出ないのか・・・」 と前述したとおり寂しい気持ちでいっぱいですが、それでもやっぱり、おめでとうございます! そして、ありがとうございます!! この作品からは、何だかたくさんのことを教えてもらった気がします。 下世話なネタへの耐性が強くなったのもこの作品のおかげな気がする(笑)。 今回も陰●が欲しいとか、相変わらず酷かったです(褒め言葉♪)。  あ、ちなみに 「どんな作品なの?」 っていう人は、私が6年前に書いた1巻感想が今読み返してもなかなかの出来栄えだったので(自分で言うな・笑)、ご参照くださいませ。
 ⇒小林ユミヲ『にがくてあまい・1』の感想

続きを読む



もぐす 『恋と呼ぶには気持ち悪い・1』 の感想

恋と呼ぶには気持ち悪い・1
『恋と呼ぶには気持ち悪い・1』



もぐす


一迅社
2016年2月2日/¥648(電子版で購入)




『 でも あの日私があの人に言った言葉は 後悔している』


<感想>
読んだきっかけは、毎度参考にさせていただいてますありがとうございます!な 『マンガ一巻読破』様 のレビューを読んだから(⇒マンガ一巻読破 【オススメ】もぐす/恋と呼ぶには気持ち悪い)。 レビューを読んで「これはきっと私好みに違いない、読まねば!」と確信していたのですが、3/10の日記で書いた通りタブレットの購入を迷っていたので、読むのが今月になってしまいました。 発売月である先月中に読んでおけば『このマンガがすごい!WEB』に投票できたのに・・・と悔やむくらい、好みだったし面白かったです。 ちなみに、書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】さんの電子書籍での購入。 紙媒体だと880円、電書だと648円(どちらも2016年3月13日現在)、そして私はタブレットを買ったばっかりでアプリ使いたくて仕方ない盛り!(笑)となれば、必然的に電書でした。 電車で読んでてニヤニヤしちゃって大変でした♪

続きを読む



『LaLa DX 3月号 (2016年)』 の感想(後編)

LaLaDX3月号(2016年)
『LaLa DX 3月号 (2016年)』




白泉社

2016年月10日
¥639+税






<感想>
というわけで、LaLaDX雑誌感想の後編です。 私がオビについての愛を無駄にたくさん語っている(笑)前編はこちら ⇒『LaLa DX 3月号 (2016年)』 の感想(前編) ですので、よろしくお願いしますー。 

ちなみに、DX次号は、最終回となる『恋だの愛だの』が表紙+巻頭カラー。 弓きいろさんの新作読み切りと、TVドラマ化決定田中メカ『お迎えです。』の特別編、天乃忍『ラストゲーム』特別編が掲載予定とのこと。 それでは、トップ画面をご覧の方は「続きを読む」からどーぞ。

続きを読む



tags: LaLa

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


☆オススメ