スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


城平京 『雨の日も神様と相撲を』 の感想

雨の日も神様と相撲を
『雨の日も神様と相撲を』



城平 京


講談社タイガ
2016年1月18日 第1刷発行/¥720+税





ただその裏庭には、たくさんのカエルがいた。
あまつさえ、カエルは相撲を取っていた。


<ご紹介>
「あなたは相撲に愛されている」――口癖のようにそう言っていた両親が亡くなり、叔父の住む田舎村に転校することになった逢沢文季。 小さな身長に細身の体という不利な体型で10年続けた相撲と、これでやっと縁が切れる――と、安堵とも諦めともつかない複雑な気持ちをいだきつつ村に向かった文季は、列車の窓越しに ”オートバイを片手に抱えた” 少女と目が合ってしまう。 驚く文季に叔父は、村の要である遠泉家の女性は神様によって剛力を授けられており、将来 「カエル様の花嫁」 になるのだと説明する。 剛力?神様??カエル様??? ――そう、文季が移り住むことになった久々留木村は、相撲が大好きなカエルの神様(達)が実在する村だったのです。 隣村ではトランクに詰められた死体と、村にはいないはずの外来種カエルが発見されて、どこまでもカエル尽くしの謎になぜか文季は巻き込まれてしまい・・・!?


<感想>
小説家としてもマンガ原作者としても大ファンである城平京さんの最新作は、去年創刊されたばかりの 『講談社タイガ』 から出版された、作者いわく ”少年少女青春伝奇” 小説とのこと。 話の設定が相変わらず突拍子もないので、紹介文書くのも一苦労ダヨ。 なんだ、カエルの神様って。 しかもカエルが二本足で相撲を取るって!(笑)  まぁもっとも 「よくこれ考えましたね・・・」 と呆然とするような設定を読みたくて城平作品に手を出しているので、予定通りというか想像以上というか、むしろ大歓迎っ!って感じなんですけどね。 楽しかったです! 以下感想となりますが、ネタバレがあるのでご注意を。 一応、文字色を黄色 黄色 にして読みづらくしてあるので、気になる方だけ反転させてください。 

続きを読む

スポンサーサイト


森博嗣 『サイタ×サイタ』 の感想

サイタ×サイタ
『サイタ×サイタ』


森博嗣


講談社ノベルス
2014年11月5日 第1刷発行/¥1000+税





『 考えないというのは、あるときは、考えることよりも難しいんだよね 』


<ご紹介>
TVドラマ放送中『すべてがFになる』の森博嗣によるXシリーズ第5弾。
「キレイニサイタ」「アカクサイタ」 謎めいた犯行声明をマスコミに送りつける連続爆弾事件の犯人、通称・チューリップ爆弾魔。 その犯行が報道される中、SYアート&リサーチに持ち込まれた奇妙な素行調査。 対象者――佐曾利隆夫に以前の同棲相手へのストーキング疑惑が浮上する。 張り込みに加わったバイトの永田絵里子は、佐曾利を尾行中、爆弾事件に遭遇する。 そして第一の殺人事件が! (裏表紙あらすじより)


<感想>
Xシリーズを読むと毎回同じこと思うんですけど、私、小川・真鍋のコンビが大好きすぎる・・・っ!(笑) この二人の組み合わせシーンが多々あって初めて成立するシリーズだと勝手に思ってるんですけど、そういう意味で今作も大満足でした!! 面白かったー(特に掛け合い漫才が・笑)。

続きを読む



森博嗣 『ムカシ×ムカシ』 の感想

ムカシ×ムカシ
『ムカシ×ムカシ』



森博嗣


講談社ノベルス
2014年6月4日 第1刷発行/¥1000+税





「河童じゃないよ」真鍋は言った。
「どうして?」
「河童は、この世に存在しないから」
「うん、でも、被害者がどう思っているかは、別問題でしょう?」


<ご紹介>
Xシリーズ第4弾。 
「やっぱり、河童の祟りですか?」 大正期、女流作家の百目一葉を世に出した旧家・百目鬼家。 当主の悦造・多喜夫妻が、広大な敷地に建つ屋敷で刺殺された。 残された美術品の鑑定と所蔵品リストの作成依頼がSYアート&リサーチに持ち込まれる。 河童が出ると言う言い伝えがある井戸から、新たな死体が発見され、事件は、異様な連続殺人の様相を呈し始めるのだった。 百目鬼一族を襲う悲劇の辿りつく先は? (ノベルス裏表紙あらすじより)


<感想>
うわぁ気付いたら第5弾の『サイタ×サイタ』が発売しちゃったじゃないですか!!・・・と、慌てて読み始めた『ムカシ×ムカシ』です。 というわけで久々のミステリ感想です。 副題の「Reminiscence」は、回想・追憶・・・などの意味。 なるほどなるほど。 そして読了してから表紙を見ると、もうホント結局そこですよね!?と意味深さ。 毎度素晴らしいですよね! そして以下はネタバレ注意ですー。

続きを読む



西尾維新 『掟上今日子の備忘録』 の感想

掟上今日子の備忘録
『掟上今日子の備忘録』



西尾維新


講談社BOXピース
2014年10月14日 第1刷発行/¥1250+税




掟上今日子。
彼女の標語は――『忘却』である。



<感想>
掟上今日子――またの名を、忘却探偵。 すべてを一日で忘れる彼女は、事件を(ほぼ)即日解決! あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介は今日も叫ぶ。 「探偵を呼ばせてください――!!」
スピーディーな展開と、忘却の儚さ。 果たして今日子さんは、事件の概要を忘れる前に解決できるのか? (初版版帯より)


というわけで、西尾維新は久々に読みました。 何度もいいますが、りるさんは『新本格魔法少女りすか』の続きを熱望してますので!(一応アピールw) でもたぶん文芸誌『ファウスト』の最終巻までおあずけなんだろうなぁ・・・。

それはともかく。 新シリーズは『忘却探偵』掟上今日子(おきてがみ・きょうこ)さんと、最強の巻き込まれ脇役キャラ・隠館厄介(かくしだて・やくすけ)との連作短編集でした。 西尾維新初となる電子書籍版同時発売だったり、講談社さんが専用サイトを作ったり(MOVIEや厄介くんのビジュアルが観れたりしちゃいますよ!)と、何かと気合を感じさせてくれます。 表紙イラストは『物語シリーズ』でもタッグを組んだVOFANさん。 表紙の今日子さんからは、一度目が合ったら視線を外せないような可愛らしさと不安定さが感じられてドキっとしました。 やばい、これは買っちゃう(笑)。  でも可愛いから良いのです!

続きを読む



芝村裕吏 『キュビズム・ラブ 悩める博士と恋する小箱』 の感想

キュビズム・ラブ・小説版
『キュビズム・ラブ 悩める博士と恋する小箱』


芝村裕吏
松本テマリ(イラスト)

エンターブレイン ビーズログ文庫
2012年7月26日 初版発行/¥560+税




「大丈夫、いいことありますよ」
典子は元気に言った。黒い箱だけの姿になっても。
誠志郎は黒い箱を見た。黒い箱をなでたい気持ちになるが、がまんする。だいたい箱をなでたいってなんだと思う。
「まあ、がんばって成長する。今日は帰る」
「はい。あの」
席を立つ誠志郎に、典子は声をかけた。
すこしもじもじする。考える。誠志郎はじっと待っている。
「なんだ?」
「お大事に」
誠志郎は何かを言おうと思ったが、とりあえず微笑んだ。筋肉が萎えてないといいと思いつつ。
「……ありがとう」


<感想>
コミックス『キュビズム・ラブ』を原作者がノベライズするという、逆輸入的な(笑)小説だったりします。 ちなみに読んだのは文庫版。 発売当時に買おうか買わないか迷ったんだけど、マンガ版だけでも充分楽しめてるし、読む時間を確保しづらい時期だったので買わなかったんですけど、こんなに面白いなら最初から読んでおけば良かった!!ってくらい楽しめました。 マンガでも、小説でも、典子ちゃんと篠田先生の関係はとても優しくて温かみがあって、思わず心がほっこりしちゃいますね。 
なお、コミックス版の感想は↓こちら↓です。
 ⇒松本テマリ/芝村裕吏『キュビズム・ラブ・1』の感想
 ⇒松本テマリ/芝村裕吏『キュビズム・ラブ・3』の感想

続きを読む



☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。