スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと湖の王子様』 の感想 (Cobalt11月号)

Cobalt11月号(2011年)

『Cobalt11月号(2011年)』


集英社
2011年10月1日発売/¥676+税





<感想>
『Cobalt11月号(2011年)』 は、完結直前の 『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』 を大特集! 青木祐子先生による書き下ろし80ページの小説はもちろん、ふろくはシリーズの挿絵を務める あき さんによる別冊マンガ! ミニサイズだけど表紙はカラー、そして36ページの描き下ろしですw こーれーは贅沢!! 

というわけで、この記事はその別冊ふろくマンガ 『恋のドレスと湖の王子様』 だけの感想になります。 シリーズの感想を書くのがめっちゃ久しぶりなので自分でも緊張してますが (なぜだ!←好きすぎるからだ!・笑)、とにかくすてきなお話なうえに紙質も良いので、単行本派の人にもオススメですよw  

それにしても、36ページのマンガでこれだけ長い感想書けるって・・・それほどこのシリーズが好きってことで許してください(笑)。 それでもイイヨって方だけ 「続きを詠む」 からどーぞ!

続きを読む

スポンサーサイト


青木祐子先生のサイン会に行ってきました!

10/1は、大好きな少女小説 『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』 シリーズの作家・青木祐子先生のサイン会に行ってきました ――名古屋まで!!

以下は、サイン会レポート+りるの名古屋滞在記です。 青木先生にお会いできた興奮がいまださめやらないので多少テンションが異常ですが(笑)、どうかご寛恕ください。 ついでに、めっちゃ長いです(笑)。 それくらい素敵な思い出なので、どうかお許しくださる方だけご覧くださいませw

恋のドレスと花ひらく淑女 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ) Cobalt (コバルト) 2011年 11月号 [雑誌]







続きを読む



『恋のドレスと聖夜の求婚 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』の感想

青木祐子『恋のドレスと聖夜の求婚』
『恋のドレスと聖夜の求婚 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』

青木祐子
(イラスト:あき)

集英社コバルト文庫
2010年3月10日 第1刷発行/¥522+税




シャーリー ―― シャーリー、あなたと一緒にいられたら、あとは何も要らないのに!
シャーリーからは、手紙が届いた。 とても、苦しんでいた。 読むだけで、クリスの胸の中も焼かれるような気がした。
それなのに、わたしはほっとしているのだ。 彼が苦しんでいなかったら、と思うと辛いのだ。
いつか、あの人はわたしを忘れる。 心のやわらかい部分が、堅い殻でおおわれて。
いつか ―― それは、わたしの死ではないのか?
わたしはそれに、耐えられるのだろうか?



<ご紹介>
「恋のドレス」 を仕立てるクリスと、青年貴族・シャーロックが、 「闇のドレス」 の謎と二人の恋心に向き合う物語。 シリーズの19冊目、本編としては16作目です。 ⇒シリーズ感想一覧
ようやくクリスと再会できたシャーロック。 彼は改めてクリスに愛を告げるのだけど、シャーロックの父・アルフレイドから「命令」を受けたクリスはそれに応える事が出来ない。 一方的に傷つける言葉を口にしてシャーロックを拒絶して ―― 彼が立ち去った後、クリスに残されたのは、変わらない彼への想いとサイズの合わない安物の指輪だけだった。 それでもクリスは、やらなければならない事を為すためにオルソープ家へ向かう。 「闇のドレス」 を作る母を止めために…。 一方、失意の日々を送るシャーロックの元にもアルフレイドが現れて、今すぐの婚約を迫る。 クリスへの愛を貫きたいシャーロックは、やはり彼との婚約を望まないコーネリア嬢と共謀し、ある計画を立てるのだけど…。


<感想>
いつもそうなのですが、このシリーズはいとも簡単に私の心を掴むのです。 今作も、冒頭のクライマックス展開からもう大変でした。 クリスの嘘、シャーロックの絶望に、私、ぜんぜん冷静になれない。 そのくらい、はまり込んでのめり込んで、彼らと一緒に心をボロボロにしては大泣きし、恋や友情が実を結ぶと途轍もなく幸せになれます。 信じられないくらい手に汗を握って読んでるので、せっかくの美麗な文庫カバーが可哀想なくらい(笑)。 でも、だってドキドキしちゃうんだもん!! ハラハラしちゃうんだもん!! 叫びたくなるくらい愛しいんだもんっ!! シャーロック、今回本当に頑張ったねーーー!!!! (大泣っ!)  ―― という訳で (落ち着きましょう・笑)、 まもなく 『恋のドレスと月の降る城』 という美しいタイトルの続編が発売されちゃうので、復習を兼ねた今更感想です。


お話としては、タイトルも表紙構図も 「対」 になっている前作 『恋のドレスと聖夜の迷宮』(⇒感想) と二つで一つな構成。 前作では平行して描かれたモアティエ公爵家の恋愛騒動と、シャーロックとクリスの恋愛騒動が、今作ではどんどん絡み合っていく感じ。 恋をしている本人達を差し置いて、家の事情と貴族のプライドが事を進めていくので、最初は小さかった不協和音がどんどん大きくなる様子に、ハラハラしっぱなしでした。 恋は盲目、つまり、 「心」 で感じるものなのに、これでは信じられる物が何で、信じたい人が誰なのかも分からなくなってしまう。 他人の言葉と自分の心の間で揺れる、コーネリアとシャーロックの恋心が痛いくらいに響いてきて、私まで辛かったです。 コーネリアが母を想うのと同じくらい自分も想って欲しいと願っているなんて気付かなかったくせに、彼女の恋をかき回さないで。 シャーロックに至っては、 『クリスのことが、まだ好きなの?』 って訊かれただけで照れたり(笑)、振られた途端ビアードに 『影が薄い』 扱いされる (爆笑!) くらいクリスに惚れてることを知らないくせに、彼女の存在を奪おうとしないで。 …そう思いながら読んでました。 でも、二人とも頑張ってたね。 必死で答えを見極めようと足掻く姿はとても素敵でした。


だってやっぱり、心はとても正直です。 クリスがどんなに悩もうと、シャーロックの笑顔を見ただけで彼の愛を実感したように (15頁)。 シャーロックが全身全霊で恋をしたのも、アディルの美しさにではなく、あの黄昏に見たクリス自身だったように (282頁)。 どれだけ迷っても、間違った選択をしても、周囲が反対しても、想う心は相手に届いてしまうんだ。 冒頭とラストでクリスとシャーロックが同じことを思い知るシーンは、とても好きです。 もちろん、アディルの恋心のように、シャーロックに届いても実らないことはある。 そしてそれは、絶対的に美しいダイヤモンドのような少女が、ガラスの指輪を胸に抱くクリスに敵わないのでは、貴族とか義務といった言葉でシャーロックの心を折ることは出来ないという証明でもある。 言葉に頼らず、身ひとつでシャーロックの前に立ちふさがったアディルは偉かったなぁ…!! 心は、正直です。 正直にぶつけて玉砕してしまったけど、アディルの心も姿も本当に素敵でしたw そして、現実的なシャーロックが唯一選んだ不確かなものが愛だっていうのも、すごくカッコ良かった!!  


それから。 コーネリアも、めちゃくちゃ可愛かった!! ゴシップ好きで気が強くて人を振り回すのが得意な彼女が、恋する男の前でこんなにも素直に愛を口にするなんて!! 彼女はきっと、誰よりも 「誰か」 を信じたくて仕方がなかったんだろうな。 信じてみたいから人を振り回して、これでもついてくる?これでも私を好き? ――って試すような、繊細な人なんだ。 その裏で、家の事情や寂しさを一人で抱えてしまうような強がりに、ビアードだけが気付いてたんだね。 強がらなくて良いんだった分かった瞬間、こぼれおちた愛の言葉に、私まで嬉しくなってしまいました。 今までいっぱい我慢したんだね、コーネリア。 これからは毎日愛を囁きあえる対等な二人として、幸せになって欲しいですw 


あとはクリスですね…。 目の前でドロシア様が傷ついて、 「闇のドレス」 を止めたいという気持ちはますます大きくなっているはず。 それに、アイリスの様子も気になる。 彼女はあんなに覇気のない顔でクリスを見つめたりしなかった。 いつだって憎らしさを隠そうとせず、かと思うと、まるで殺されるのを待つかのようにクリスの前に立ちはだかった。 何で変わってしまったの? 今まで見え隠れしていたリンダが本格的に闇に堕ちていることも分かったし、 「闇のドレス」 側は彼女を取り込む気満々だし、正直どうなるのか本気で心配です!!  

ラストのシャーロックはとても頼もしく立ち直ってたけど (久々に不遜なシャーロックを見た気がする・笑)、 彼を勇気付けたのがクリスからの愛ゆえなら、逆もまた然りだと思うので、彼の諦めの悪さでクリスを奪い返してきてくれると信じてます。 そういえば、向かう先の血の城は、結婚に親の承諾がいらないスコットランドに在るみたい。 ど、どうしようっ、シャーロックが暴走しちゃったらどうしよう!?(笑) 彼にはクリスの釦を外した前科があるから、そういう意味でもクリスの身がちょっと心配っ (爆笑)。  …というのは半分冗談だけど (半分本気なのか!?)、 いずれにしろクリスには、自分とシャーロックの未来を大切にする選択をして欲しいです。 母親から逃げた過去を悔いているなら、今も、シャーロックから逃げないで。  お願いだよ!?


以下は恒例の(笑)ツッコミとミニ考察。 無駄に長くなってビックリー( ̄□ ̄;)!!

続きを読む



『恋のドレスと聖夜の迷宮 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』の感想

聖夜の迷宮
『恋のドレスと聖夜の迷宮 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』

青木祐子
(イラスト・あき)
集英社コバルト文庫
2009年12月10日 第1刷発行/¥533+税





誰もかれも、クリスのことをわかろうとしない。 クリスは心やさしいだけの少女でも、翡翠の目を持つ佳人でもない。 恋のドレスの仕立屋でも、闇の心を持つ人間でもない。 すべて、そうであってそうでない。
クリスは、クリスだ。
俺が貴族だろうが、クリスが労働者だろうが天才だろうが、ふたりきりでいるときは、まるで関係なかった。 奇跡みたいにかわいい俺の恋人だ。 それだけだ。



<ご紹介>
「恋のドレス」 を仕立てるクリスと、青年貴族・シャーロックが、 「闇のドレス」 の謎と二人の恋心に向き合う物語。 シリーズの18冊目、本編としては15作目です。
シャーロックが構えた銃口から、命を賭けてユベールを守ったクリス。 けれどそれは、二人に決定的な溝を生んでしまった。 絶望したクリスを見ていられなくなったパメラは、暫く店を休んで旅に出ようと誘う。 一方のシャーロックは、貴族としての義務や周囲からの結婚への圧力に耐えながらクリスを探し続けていた。 彼がやっとクリスを見つけて決意を固めたその頃、クリスはシャーロックの父からある 「命令」 をつきつけてしまい――!? 


<感想>
初読時に 「ここで終わるのかー!!」 と日記で絶叫した(笑)、 『恋のドレスと聖夜の迷宮』 の今更感想です。 初読時の私は、何だかずっと泣いていたような気がします。 今回は表紙絵のように微妙な二人の関係が、シャーロックの視点で綴られているために、彼のクリスへの想いが溢れ返っているですよ。 でも周囲はいやおうなく彼からクリスを奪おうとするし、彼自身も貴族の義務やプライドとは対極の位置にある恋愛感情に、ずっしりと悩むし。 けれどその度に、クリスの存在を肯定しようとするシャーロックの愛情が綺麗で尊くて、私の心をぎゅーっと掴んで放さないのです。 泣いたなぁ…久々にシャーロック恰好いい、とか思っちゃうくらい素敵だった(笑)。 「長いラブレター」 というあとがき、まさにその通りですね(笑)。 だからこそ、切ないんだけど…。  


お話としては、絶縁状態にあるクリスとシャーロックの関係とモアティエ公爵家の事情が平行して描かれています。 最初は正直、公爵家のことなんて今はどーでも良いのにー!!って思ってました。 それよりも、クリスとシャーロックを逢わせてあげて。 そればかり願ってた。 でも今読むと、この冷却期間はシャーロックにこそ必要な時間だったんだなって分かる。 彼は、公爵家の負の遺産ときっぱり決別しなければいけなかったんですね。 どこかで、クリスと結婚しなくても二人の幸せはあるんじゃないか?と考えてしまうのを捨てる必要があったんだ。 


ラストでクリスへ愛を告げようと思えたのは、公爵家のゆがんだ家族像を目の当たりにして、ヘンリーの選んだ道にシャーロックが望む幸せはないんだと思い知ったことが大きいんだと思う。  それから、店の店主の言葉。 ビアードもジャレッドも他の誰もがシャーロックからクリスを取り上げようとする中で、彼が願う 「しあわせ」 を肯定してもらえたことは、きっと本当に嬉しかったんだろうな。 186頁ヘンリーの 「絶望的なしぐさ」 で、シャーロックが二度と自分の申し出を受けないことを彼も理解したはずなので、ちょっと周囲が落ち着けばいいなと願ってます。 サイズの合わない指輪は、彼とクリスの 「形」 がまだ出来上がっていないことの象徴みたい。 これから、二人だけにぴったりとくる形を探っていけば良い。 カッコつけるのではなく、ありのままの二人でねw


でもって、クリス。 辛かったー!!  『別れてください』 で既に泣きそうだったんだけど、その後に見せた土壇場の強さで、もう涙腺は決壊。 やっと、やっと私が(というか皆が)望んだクリスの姿があったと思います!! シャーロックを思い出しながら苦手な 「言葉」 で気持ちを伝えようとするクリスの勇気。 未来から目をそむけてきた彼女が 『やりかた』 の模索を提案した愛情。  シャーロックの心の泉は枯れない、とクリスは感じているけど、私にはクリスにこそ当てはまるように思える。 迷宮のように複雑に入り組んだ心の奥に、湖のように豊かで大きな感情を湛えているような気がします。  クリスの美しさはその湖にこそあるんだと思う。 だから人はなかなか彼女の美しさに気づけない、隠されているから。 けれど、一度気づけばどうしようもなくその奥を覗きたくなる…そんな感じ。 感情の扉を開けることにまだ慣れていなくて今回はアルフに負けちゃったけど、アルフ自身も彼女の魅力には気づいているんだよね。 クリスが湖を枯らさなければ、次の機会はまたある…よね!? 『それから、もうひとつ』 シャーロックの求婚の決意だと思うんだけど、無駄にならないよう祈るばかりです!! どうかこんなところでシャーロックがヘタレ度を発揮しませんように!!(コラ・笑)


以前 『約束の手紙』 感想で、クリスもコーネリアも 「母に従う娘」 という意味で同じと書いたけど、今回コーネリアがビアードのおかげでその呪縛から逃れられたことは嬉しかったw  お互いの強がりを認め合うような彼らの恋愛はとても好ましいし、それに 「負のモデル」 である公爵家の人が幸せになるのは、クリスとシャーロックにとっての明るい未来を連想させる気がする。 ビアードに出来てシャーロックに出来ないはずないよね!?と凄みを利かせつつ、次巻を待ちたいと思います。 まもなく発売ですが(笑)。 あと、私は今回の表紙は次巻の表紙と 「対の構図」 になるはずだと予想してたんだけど、どうやらその通りみたいでちょっと鼻高々(笑)。 教えてくださったfallcloverさん、ありがとうございましたw

続きを読む



『恋のドレスと追憶の糸 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』の感想

img20090804.jpg
『恋のドレスと追憶の糸 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』

青木祐子 (挿画・あき)
集英社コバルト文庫
2009年8月10日 第1刷発行/¥495+税





どうしてイヴリンはユベールでなくてはならないのだろう。
まるで緩慢な自殺のようだ。 恋に溺れて、自分からすすんで堕ちていっているようだ。
シャーロックはふいにぎくりとし、違う――と、自分の気持ちを打ち消す。 闇のドレスや、恋のドレスなど関係ない。
人を好きになるのに、条件など関係ないということは自分がいちばんよく知っている。
ふいに、胸がしめつけられた。 イヴリンの気持ちが理解できた。 シャーロックはそのとき、ユベールとイヴリンを、うらやましく思ったのだった。



<ご紹介>
「恋のドレス」を仕立てるクリスと、青年貴族・シャーロックが、「闇のドレス」の謎と二人の恋心に向き合う物語。 シリーズの17冊目、本編としては14作目です。
順調に深まりつつあるシャーロックとの恋のおかげで、クリスの日常は至って穏やか。 けれど、シャーロックはクリスともう一歩関係を進めるために、パメラにある提案を持ちかける。 動揺するパメラの心中を知らないクリスの元に、闇のドレスと関わりのあるユベールが現れた。 ユベールは、クリスと初めて出逢った頃を思い出し、共に逃げようと告げてから最後の「仕事」に向かうのだが…。 物語は急展開!! 闇のドレスとクリスの過去とは…!?


<感想>
・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・。
シャーロックの、ばか (ボソッ)。  


えーと、久々にハードでした。 クリスとシャーロックの恋が私の心に直撃大ダメージを与え、そして、「闇のドレス」に纏わる膨大な情報量が私の頭に大混乱を招いた1作です (何を書いてもネタバレ回避は不可能なので、未読の方は回れ右してくださいね)。  

ラストの展開は、いつか来ることだと頭で理解してても辛かった。 だって物語冒頭では、クリス達はあんなに穏やかだったのに。 シャーロックは、あんなに面白い人だったのに!!(笑) クリスの為にアイスクリーム製造機を作ったことが微笑ましく、「寝台」 発言に自ら (…………) とツッコミ入れたことに大爆笑してたんですよ!!(←ヒドイ・笑) しかも、前作 『宵の明け星』 ラストで、二人が幸せでいる為の努力が実を結んだばかりだったから、このすれ違いは余計に切ない!! もうホント泣きたい。 イラストのあきさんの正確無比なツッコミがなかったら、泣いてたと思います。 あれでかなり、救われました(笑)。


ばか、とは言ったけど、シャーロックが頑張ってるのはちゃんと伝わってきてるんだよね。 シャーロックの思考は、彼本人も驚くくらいクリスのことで埋め尽くされてる。 それは彼が本当にクリスを好きだからという理由と、もう一つ、クリスが「闇のドレス」のことを彼に伝えられないことが、彼の自信を削っているから。 今まで、理想の自分であるために誇りをかけて培ってきた「シャーロック・ハクニール」という存在が、愛するクリスから全面的な信頼を貰えないことは、私が想像する以上に辛いことなんだろうな。 それでも辛抱強く、一歩ずつ進もうとするシャーロックを、私は尊敬してます。 ドロシアの「結婚観」に揺れたのも、クリスとの未来を真剣に考えてるからだもんね(このくだりは読み応えがありました!!)。


だから、語弊を招くかもしれないけど、多分今回は、クリスが悪いんです。 もっと早くシャーロックを、そして、彼が好きになってくれた「クリスティン・パレス」を信じてあげて欲しかった。 でも勿論そんなことより「闇のドレス」が悪いわけだし、他の何よりも、シャーロックのタイミングが悪かったんだと思いますけどね(笑)。 何ていうかもう、アントニーのタイミングを見習ってくださいよ!!(笑)  


とにかく、ラストのクリスの泣き顔には胸を締め付けられました。 あきさんがまた、素晴らしいイラストを…!!(泣)  この二人、ホントどうなってしまうのかな。 シャーロックは潔癖だから、クリスに銃口をむけた自分とどう折り合いをつけるのか、とても心配。 クリスの気持ちも分かるけど、シャーロックを諦めないクリスでいて欲しい。 それが私の好きなクリスだもん。 変に頑なにならなければいいのだけど……パメラの友情に期待です。 エピローグは…冒頭で話してた「旅行」で良いのかな? 店を閉めたわけじゃ、ないと思うけど…。


それにしても今回は、前述した通り、情報の多いお話でした。 今まであまり語られなかった「闇のドレス」とクリスの過去が、ユベールの視点で語られたことはとても大きい。 それに、アンディやラヴィニア(リンダと友達だったのか)、アイリスなど、今まで別の物語として描かれてきた人たちの事情が、ここにきて上手く収束しつつある展開が凄かったです。 過去が入り組んでる上に私が整理しきれてないので、以下いくつか主な疑問点。

?年齢
リル<エド<クリス=シャロン<イヴリン<アイリス<シャーロック<ユベール …正しい?
?クライン家の小さな娘
アイリスより小さい金髪の娘がいるらしい。 彼女がリコ? ヒューが溺愛してカヴァネスをつけたくらいの娘が、他家でメイドをさせられるとは思えないんだけど…うーん。
?シャロンが着たドレス
『わたくしの家にも10歳の女の子がいますの』 と言って手渡されたドレスは、結局クリスが着ていたものなの? 
?銃声
121頁~『ママは死んだ』、黒い服を着ていたリンダ、そしてユベールの後方で聞こえた銃声…。 あの日、何があったんだろう。


息もつかせぬドラマチックな展開にハラハラドキドキしっぱなしだった今回。 アイリスの瞳が開いた時、将来またクリスと対峙すると確信して哀しくなりました。 以前も書いたけど、この二人は多分、よく似てるんだよね。 母に翻弄された過去も、絶望を知っていることも…。 とにかく、次巻が冬だなんて待ちきれないですっ!! あーもう、青木先生はオニですか…(笑)。 書きたいこともたくさんあるけど、この辺で自重します。 あ、恒例のツッコミタイムは、、「続きを読む」以下に少しだけあるよ(笑)。

続きを読む



☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年03月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。