スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


藍川竜樹 『死にかけ花嫁と革命の鐘』 の感想

死にかけ花嫁と革命の鐘
『死にかけ花嫁と革命の鐘』



藍川竜樹


集英社コバルト文庫
2016年5月10日 第1刷発行





 ヘルミナはあわてて言い訳しようと口を開けた。 だがうまい言葉が出てこない。
 「わ、私は別に寂しかったわけではありません。 今まで世話役としてのあなたの注目を独占していたのになどと心細く思ったわけでもありません。 急に広い外の世界に出てとまどっているだけです、料理やお酒が喉を通らなかったのは一人ぼっちで間がもたなかったからでっ」
 あせって顔が赤くなるのが自分でもわかった。 そんなヘルミナのうろたえぶりがおかしいのか、カエサルが手で口を押えながら肩をふるわせている。 笑いをこらえているのか。
 そして彼はぞくりとする甘い低音で言った。
 「……あなたは本当に不意打ちばっかりしてくれますね、そこのシトロンのジェリーより甘くて新鮮な刺激がある。 私をどうしたいのですか。 うぬぼれてしまいますよ」


<感想>
―――自惚れてしまえばいいじゃないかっ!(笑)
と盛大にツッコミ入れながら(笑)楽しく読ませていただいた 『死にかけ花嫁と革命の鐘』 でございます。 カエサルさんはわりと最初からラブコメ素養が見受けられたのですが、自分の想いを自覚してからはすっかり正統派の激甘ラブコメ男子に豹変してくれまして、キザったらしいのに育ちの良さが伺えていやみにならないという最強ぶりに、私はどうしたら良いのか分からないほどでした。 そもそも何だよ 「シトロンのジェリーより甘くて新鮮な刺激」 って!(笑) キーボード打ってても恥ずかしいレベルですが、後半のカエサルくんの言動にはそのレベルの恥ずかしさは標準装備だったので、私もいちいちツッコミ入れながら読まないと撃沈する勢いでした。  いやぁ楽しかった・・・!!(笑) あれですね、終盤で登場されるおじいちゃんの孫溺愛ナイスミドルっぷりも凄まじかったので、オルトランド侯爵家って愛情深い家系なのかもしれません。 

続きを読む

スポンサーサイト


白洲梓 『最後の王妃』 の感想

最後の王妃
『最後の王妃』


白洲 梓
(イラスト:池上紗京)


集英社コバルト文庫
2015年11月10日 第1刷発行/¥560+税





「誰かが傍にいるというのは、とてつもなくありがたいことなんだ・・・」


<感想>
ルクレツィアは、15歳でアウガルテン王国の皇太子妃となった。 しかし皇太子シメオンは一度も彼女の部屋を訪れることはなく、後日、シメオンがマリーという下働きの娘を愛していると判明。 ほどなく国王が崩御し、ルクレツィアは王妃となった。 そして側室となったマリーが懐妊。 それでも王妃としての務めを果たそうと懸命なルクレツィアだったが、隣国に攻め込まれた王国は敢えなく陥落し・・・? (裏表紙あらすじより)

完全に表紙に一目惚れでした。 表紙の彼女が「最後の王妃」なんだろう。 では黒い衣裳は喪服――失った 「国」 への喪服なのだろう、と思いました。 不思議なことに裏表紙のあらすじを見る前から、彼女の喪服が 「王」 に向けたものではないような気がしていました。 王冠を頭上にいただくことすらできず、身一つで少しだけ不安げで、でも大きな目を曇らせることのないこの女性が喪に服すのであれば 「国」 に対してなのだろう・・・何故か、そう感じたんですね。 そんな彼女の周りに、囁くように、守るように、慈しむように寄ってくる白い鳥たちが、私には 「希望」 のように見えました。 ――そういうお話だといいな。 そう思って、手に取ったんです。 不安げではあるものの儚さはなく、むしろ凛とした美しさのあるルクレツィアに、私は一目惚れをしたのです。 実はこのお話のヒーロー役は、上記の公式のあらすじには名前すら出てこない(笑)メルヴィンという敵国の皇太子なのですが、彼もあの落城の日に同じような気持ちを抱いたのではないかと、読了した今なら思うのです。 

続きを読む



宮野美嘉 『王宮呪い師の最悪な求婚』 の感想

王宮呪い師の最悪な求婚
『王宮呪い師の最悪な求婚』



宮野美嘉
(イラスト:くまの柚子)


小学館ルルル文庫
2015年2月1日 初版第1刷発行/¥580+税





「ずっと言おうと思っていたことがある。エレイン……うちの子にならないか?」
その途端エレインは眉を寄せ、周囲の班員達はざわっとした。
うちの子……? とは、どういう意味だろうか……?
「二年間会えない間、ずっと考えてた。僕はエレインのわがままを叶える人間になりたいんだ。ほしいものなら何だって手に入れてあげるし、お願い事があるなら何だって聞いてあげるよ。だから、うちの子にならないか?」
丁寧に言葉を重ねられ、エレインは愕然とする。それってまさか――。
「私が貧しくて可哀想だから、情けをかけてやろうというんですか!?」
キッと目をつり上げたエレインに、ラキスヴァデリは小首をかしげる。
「いいや、僕はエレインの抜けてるところがすごく好きだ――と言ってるんだよ」
「……悪かったですね、馬鹿で。私は先輩のそういうところが世界一嫌いです」


<感想>
最初にタイトルを見たときに「呪い師」を「の、のろい師・・・?」と読んじゃったのですが、「まじない師」です。 いえ「呪い」は「のろい」とも読むので間違いじゃないけど、私もできれば少女小説のタイトルは「のろい師」じゃない方がいいです(笑)。 藁人形と五寸釘とかじゃない方がいいに決まってる! というわけで「まじない師」です。 ・・・と分かってても「のろい師」って読みそうになっちゃうから思い込みって怖いです(笑)。

続きを読む



あすか 『悪魔が契る姫と騎士 花嫁を奪還せよ』 の感想

悪魔が契る姫と騎士
『悪魔が契る姫と騎士 花嫁を奪還せよ』


あすか
(挿絵:雲屋ゆきお)


一迅社文庫アイリス
2013年12月1日 初版発行/¥590+税





「よかった、元気そう……」
エミーメが胸元で手を組み合わせて安堵していると、ラシッドが何か言葉を伝えようと、口をゆっくりと動かし始めた。
声は聞こえなかったがエミーメにはすぐにその言葉が分かった。

か・な・ら・ず・た・す・け・ま・す――。

エミーメは微笑んだまま、水鏡にそっと手を伸ばした。するとラシッドも同じように手を伸ばしてきて、水鏡を境にふたりは手のひらを合わせた。
そこからは冷たい水の感触しか伝わってこなかったが、エミーメは確かにラシッドのぬくもりを感じた。
胸がただいっぱいになる。
誰が反対しようと、エミーメの心はラシッドへの想いで満ちあふれていた。彼もまたそうであることを、触れ合う手から伝わってくる。
「愛してるわ……ラシッド……」
エミーメがそう呟くと同時に、水鏡は消えた。



<ご紹介>
 一途に騎士を愛する姫君と、悪魔憑きの騎士との、ラブファンタジー。カラーピンナップ付。
エミーメはバラメール王国の末姫。 とあるハプニングを騎士であるラシッドに助けてもらってからずっと彼だけを見つめ続けて口説き続けたエミーメは、身分の差を気にするラシッドとようやく想いを通じ合わせて幸せの絶頂だった。 やっと迎えた結婚の儀式で、穏やかな彼から伝わってくる温かい愛情をかみ締めていた……はずなのに、突如現れた魔導師によって誘拐されてしまった! 目の前でエミーメを奪われたラシッドは、自らを呪縛するある存在の力を借りてでも絶対にエミーメを救うと決意して、単身戦いに身を投じていく。 国王から与えられた期限は、結婚の儀式の最終日である7日後。 それまでに無事にエミーメを助けることができるのか――!?


<感想>
世の中には確かに一目惚れという現象がありまして、その対象が異性へのときめきだったり動物の愛らしさだったりするわけですが(ちなみに犬派です!←どーでもいい・笑)、私はたまに、本屋さんで一目惚れをします。 あたりまえだけど、対象は本(いや、店員さんっていう選択肢にもときめくけど、未経験なので・笑)。 というわけで、実はこの本も一目惚れだったりします。

続きを読む



『私情により捕まえます!』続きのこと

せっかくの土曜日だというのに二日酔いでイマイチ使いものにならないりるです……こんにちは……(生きてはいます・笑)。


<『私情により捕まえます!』の続きのこと>

私情により捕まえます!10月16日に当ブログで感想を書かせていただいた、風羽洸海さんの少女小説『私情により捕まえます!』(⇒感想記事はこちらです)。
賞金稼ぎの少女と賞金クビの少年が織り成す捕り物帳なのですが、私、この設定がとてもお気に入りで「ぜひ続きを読みたい!!」と願っていたところ、どうやら出版物としては続かないということを教えていただきまして。
ガーン…!!とこれが昔のマンガだったら金たらいが落ちてくるような(笑)ベタなショックの受け方をしたのですが、どうやら作者さんの公式サイトの中で、期間限定で続編が公開されていることも教えていただきました。
何それ素敵っ!! ということで、先日お邪魔してきましたのでご案内です。

風羽洸海さん公式サイト『Windy Hill-』 WindyHillバナー

その名も、『私情により捕まえます!~ 魔法使いの弟子 ~』。 2014年12月13日現在、トップページから直接小説を読みにいくことが可能です。 本編の小説を知らない人のために人物紹介もついています。 あらすじを知りたい方は、良かったら私の感想記事をご参照ください(図々しい・笑)。 さすがに本編を読まないと分からない部分が大きいですけど、文章の流れとか作品の雰囲気とかは未読の方でも味わえるはず。 公開期限が年内もしくは2015年1月末とのことなので、気になった方は今すぐチェックですよ!

私は4章3話目までを読みましたが、もう・・・もう・・・マジでウェズに萌えまくりです(笑)。 いや、わりとシリアスなんですよ? 結構本気で命を狙われてますし、結構本気で好きな女の子を別の男に狙われてますし、結構本気で好きな女の子の親友から疎まれてますし(もう散々じゃないですか・笑)。 最初の注意書きで、数々のお約束展開はすっ飛ばしてます、とあってそれはそれで悲しいし勿体無いけれど、続きが読めないよりは我慢できます。 それに、「影猫」と「ウェズ」とのギャップに自分で凹みまくるウェズの姿は健在だったので、めっちゃツボりながら読ませていただきましたw それに遂に、もうホント遂に! 捕り物帳としては最大の山場である「怪盗のマスクが外れて素顔が!そして正体がーーーっ!!」な場面で赤面するアイシャが超絶に可愛かったので、本当に満足です! 「影猫と話せて嬉しい」と微笑むアイシャちゃんに、私まで一緒に嬉しくなりました。 憧れの人というアドバンテージを今のところまったく生かせていない(笑)ウェズの不器用さも相変わらず愛しいです。 お忙しい中で執筆と公開をしてくださった作者さんには感謝感謝です。 ありがとうございます。 あと1章も頑張ってください!!





☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。