塩島れい 『ぶっこん ~明治不可視議モノ語り 』 の感想

ぶっこん~明治不可視議モノ語り
『ぶっこん ~明治不可視議モノ語り』



塩島れい


白泉社花とゆめコミックス
2016年6月10日 第1刷発行/¥429+税




『 今まで大切にしてくれたこと 感謝します 』


<ご紹介>
『LaLaDX』に掲載された全4話を収録した塩島れいさんのデビューコミックスです。
時は明治。 名門の剣術道場の一人娘・あやりは、急死した父に代わりやってきた叔父に命を狙われ、父の形見の刀をもって逃げ出したところを、天助という青年に救われる。 「修繕屋」を名乗り、ガラクタばかりの部屋の中で壊れた仏像に話しかけながら修理するあやしげな天助を信用しきれないあやりに、天助はふるびた眼鏡をかけさせる――と、ガラクタの周りにまるで幽霊のようなたくさんの「物魂(ぶっこん)」がいるのが見えるように。 物魂と会話し、その魂を修繕することでモノを直すという天助の特殊な能力により、あやりは自分だけでなく、形見の刀も道場を守りたいと思っていることを知る。 そして天助と物魂たちとふれあうなかで、自分の本当に大切なものは何なのかを考えるようになって・・・。


<感想>
『LaLaDX』 で読んだ時から 「ほんのり温かくて白泉社っぽい作品だなぁ」 とお気に入りだった 『ぶっこん』、4話で完結と知った時に私がいちばん危惧したことが 「コ、コミックス出ますよね・・・!?」 でした。 余計なお世話なんですけど(笑)。 でも白泉社では新人さんの読み切りから不定期連載になった作品ってコミックス化されにくい過去がありましたので、これも大丈夫かなって。 どうか単行本になりますようにって。 別に私の祈りが通じたわけではないと思うけど、何にしろコミックスデビューおめでとうございます!!\(^o^)/ これでこの愛すべき可愛い作品をずっと手元に持っていられるのかと思うと、私も嬉しいのです。

続きを読む



森生まさみ 『オトナの小林くん・1』 の感想

オトナの小林くん・1
『オトナの小林くん・1』



森生まさみ


白泉社花とゆめコミックス
2016年1月10日 第1刷発行/¥420+税




『 罠 だよ♪ 』


<ご紹介>
『AneLaLa』に掲載された1話~4話を収録した第1巻。 10年前に完結した前作『おまけの小林クン』のスピンオフです。
幼いころ好きだった絵本を読んで、「自分は主役にはなれないな」と悟った小林藍(18歳)。 それからは恙なく(?)脇役人生まっしぐらに生きてきた彼女は、結婚式場でのアルバイトで、ひそかに憧れていた絵本の王子様のような青年と出会う(*もちろん小林千尋のことです・笑)。 青年はなぜか気が付けば藍の傍にいて、からかってみたり助けてくれたり、ちょっと厳しいアドバイスを言ってくれたり・・・と、何かと気にかけてくれる様子。 こんな王子がなぜ自分を!?と不思議でならない藍だけど、名前すら教えてくれない彼のことが、とてつもなく気になってしまって――!?


<感想>
森生まさみ作品は、私のラブコメ大好き人生のバイブルです。 っていうか何度か書いてますけど、私がこんなにラブコメ体質になってしまったのは、ぜんぶ森生さんのせいですから!!(ありがとうっ!・笑)。 まだ私が少女マンガといえば『りぼん』しか知らなかった頃にぐうぜん読んだ森生作品。 そこからは、まるで坂道を転がり落ちる・・・というかむしろ坂道を転がり登るくらいの勢いで白泉社の少女マンガにハマっていったのでした(遠い目・・・)。 今は右手の親指をいためてしまったのでペンを握るのが辛いのですが、学生のころは森生作品が雑誌に掲載されるたびにファンレターを書いていました。 その替わりがこのブログなわけで、そう考えるとすべてのきっかけが森生さんってことになるじゃないですか! ・・・自覚して驚いたぜ(笑)。

続きを読む



田中メカ 『朝まで待てません!・1』 の感想

朝まで待てません!・1
『朝まで待てません!・1』



田中メカ


白泉社花とゆめコミックス
2015年12月10日 第1刷発行/¥429+税





『 ふたつの原稿が今夜中に仕上がる可能性は50%
どちらを優先してもらえるかの勝負が始まっているのですよ! 』


<ご紹介>
『AneLaLa』に掲載されたepisode.1~4を収録した第1巻。 青年漫画誌の編集者さんのお仕事ラブコメディです。
マンガが大好きな青年マンガ編集者・大友順平には、憧れの編集さんがいる。 ライバル会社の「水落さん」――順平も担当している猪苗代メグミ先生が絶賛する仕事ぶりや、順平が見い出せなかった新人作家の長所を伸ばしては引き抜いていく手腕に、へこたれつつも尊敬してしまうのだ。 どんな出来る男性なんだろうなー?と想像を膨らませていたある日、猪苗代先生の仕事場で「水落さん」と念願の初対面! でもそこにいたのは小柄でめちゃくちゃ綺麗な女の人。 この人が「水落さん」!?と驚く間もなく、2雑誌の締め切りが同じ日(=修羅場)であることが発覚して――!?


<感想>
私は雑誌 『AneLaLa』 を電子書籍で購入しているのですが、読み切りで掲載された時から好きで好きで堪らなかったのが、この 『朝まで待てません!』 だったりします。 その後不定期で続編が掲載されるようになったときの嬉しさったらなかったですよ!  「またあの二人(先生いれると三人!)に会えるんだ!!」 ・・・と、ひたすら幸せだったのを覚えています。 ちなみに、この感想記事は12月7日から下書きになっていたんですけど、感想を書くために本を開くとついつい読んじゃって感想が書けない・・・ということを1ヶ月以上繰り返してきた証でもあります(笑)。 ホント、何回読み返したかなー、もう分からないくらいです。 分かっていることは、そのくらいこの作品が大好きだということ。 そして、それがすべてです。

続きを読む



暁 『シスターとヴァンパイア・1』 の感想

シスターとヴァンパイア・1
『シスターとヴァンパイア・1』






白泉社 花とゆめコミックス
2015年10月10日 第1刷発行/¥429+税





<感想>
「獣に”待て”をさせたんだ。もうご褒美の時間だろう?」 純真なシスター・エルナはある日、教会で吸血鬼・リヒターに襲われる。 ――痛いはずなのに・・・!!―― 牙から流れ込む催淫毒の甘い疼きに抗うが、その様を愉しむリヒターに気に入られて!? 聖女と夜の獣、堕ちるのはどちらが先か――。 妖艶なる吸血鬼ロマンス!(裏表紙あらすじより)


あんまり書きたくないなぁ、と思うことをこれから書きますので楽しくない文章です。 読みたくない人は読まないでださい。 と、珍しい註釈をつけてみます。 あ、いや、いつも書いてるのが楽しい文章だぜ!と自信を持ってるって意味ではなくて(当たり前です・笑)、ちょっと批判めいたことなのでつまらないですよ、という意味。 書きたくないことは書かない主義でずーっとブログをやってきたし、白泉社さんじゃなければ書かなかったのですが、まぁたまには、ということで。

続きを読む



ふじつか雪 『トナリはなにを食う人ぞ・1』 の感想

トナリはなにを食う人ぞ・1
『トナリはなにを食う人ぞ・1』



ふじつか雪


2015年9月10日 第1刷発行/¥429+税






『 とりあえず最近 素敵なお隣さんができました 』


<感想>
まじめ一辺倒だった高校生活にさようなら!15キロの減量を経て念願の大学デビューを果たした稲葉すずな。 憧れのひとり暮らしは初めてのことばかりで楽しくて、ついついお金を使い過ぎて・・・気付いたら所持金300円! 実家から送られた野菜はたくさんあるものの、すずなのひとり暮らしスキルではまったく使いこなせない。 空腹で倒れそうになったとき、助けてくれたのはアパートのお隣さんの瀬戸くん。 瀬戸くんが作ってくれたロールキャベツは体に染みいるほど美味しくて、すずなは実家の野菜を対価に、彼に料理を教えてほしいと頼み込んで・・・!?


ふじつか雪さんの新作は、「お隣さんは料理男子でした!」という感じのさわやかお料理コメディです。 いや、個人的にはラブコメだと思ってるんですけど、あとがき曰く「Webで公開された時ジャンルがコメディに分類されてる」とのこと。 いやいや一応(・・・一応?)ラブコメですよ!  ちょっとですけど、ちゃんとラブあります。 多分これからもっと増えます! っていうか、増えてください(笑)。 そんな感じで、基本はすずなちゃんと瀬戸くんが、お料理を中心に人間関係を広げていくお話です。 実は最初は『LaLa』に読み切りとして掲載後、『AneLaLa』に舞台を移して連載が始まった作品(そのため、読み切り=第0話)。 ただ、掲載誌が変わっても、肩の力を抜いてほっこり読めるふじつかさんらしい可愛さは健在なので、従来の読者さんも違和感なく読めると思いますよ。 ちなみに1巻には4話が収録されており、作中に登場する料理のレシピと写真、あとがき付です。

続きを読む



☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


☆オススメ