スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


西尾維新 『掟上今日子の備忘録』 の感想

掟上今日子の備忘録
『掟上今日子の備忘録』



西尾維新


講談社BOXピース
2014年10月14日 第1刷発行/¥1250+税




掟上今日子。
彼女の標語は――『忘却』である。



<感想>
掟上今日子――またの名を、忘却探偵。 すべてを一日で忘れる彼女は、事件を(ほぼ)即日解決! あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介は今日も叫ぶ。 「探偵を呼ばせてください――!!」
スピーディーな展開と、忘却の儚さ。 果たして今日子さんは、事件の概要を忘れる前に解決できるのか? (初版版帯より)


というわけで、西尾維新は久々に読みました。 何度もいいますが、りるさんは『新本格魔法少女りすか』の続きを熱望してますので!(一応アピールw) でもたぶん文芸誌『ファウスト』の最終巻までおあずけなんだろうなぁ・・・。

それはともかく。 新シリーズは『忘却探偵』掟上今日子(おきてがみ・きょうこ)さんと、最強の巻き込まれ脇役キャラ・隠館厄介(かくしだて・やくすけ)との連作短編集でした。 西尾維新初となる電子書籍版同時発売だったり、講談社さんが専用サイトを作ったり(MOVIEや厄介くんのビジュアルが観れたりしちゃいますよ!)と、何かと気合を感じさせてくれます。 表紙イラストは『物語シリーズ』でもタッグを組んだVOFANさん。 表紙の今日子さんからは、一度目が合ったら視線を外せないような可愛らしさと不安定さが感じられてドキっとしました。 やばい、これは買っちゃう(笑)。  でも可愛いから良いのです!

続きを読む

スポンサーサイト


『新本格魔法少女りすか・1~3』の感想

『新本格魔法少女りすか・1~3』

西尾維新(著)/西村キヌ(挿画)
講談社ノベルス

  新本格魔法少女りすか (講談社ノベルズ)  新本格魔法少女 りすか2 (講談社ノベルス)  新本格魔法少女りすか3 (講談社ノベルス)

「キズタカ……」
「どうした」
「何か言ってよ」
「……ああ」
ぼくは、ベッドの脇まで近付いて行って、りすかの額の辺りをわしづかみにし、そのまま、ぐいぐいと、ベッドに押し付けるようにした。
「よくやった。 貴様はぼくの誇りだ」
言葉を飾らず、そのままの心境を口にする。
「褒めて遣わす。 これからも――同じようにしろ」
「勿論……そうさせてもらうの」
りすかは――にっこりとした笑顔を見せて、疲労を滲ませながらも、それでも気丈に、ぼくに言った。
「キズタカの全てを許せるのなんて…世界に、わたしくらいなんだから……だから、これからも――」

「わたしに許される、キズタカでいてもらうの」



<感想>
「りすか」の感想を書くのは、自分でもものすっごく「今更!」感があるのですが、うっかり読み返しちゃったら相変わらずものすっごく面白かったので、「気持ちに 今更!は ないっ!!」 と思い直しました。 うん、やっぱりイイです、このシリーズ。 西尾氏は多作だし、今でも『戯言』シリーズが一番ファンが多いと思うんだけど、私は断然『新本格魔法少女りすか』が一番ですね。 いーちゃんは、ちょっと馴染めなかったのです(でもちゃんとリアルタイム読者!!)。 


魔法王国・長崎県から「城門」を越えて佐賀県にやってきた、「魔法使い」の少女・水倉りすか(みずくら・りすか)と。
傲慢で狡猾で意味がないほど前向きな「「魔法使い」使い」の小学生・供犠創貴(くぎ・きずたか)。
それぞれの目的のためにりすかの父・水倉神檎を捜すふたりは、神檎の情報を得るために、無法な行いをする「魔法使い」狩りに励んでいた。 様々な「魔法使い」との接触と戦いを経て絆を深めていくふたりだが、その接触こそが、神檎の「箱舟計画」に不可欠なりすかの魔法力を鍛えるための戦いだった。 掌の上で転がされていることを実感しつつも、目的を諦めないふたりは、更なる高みを目指して邁進する!!



というのが私が抱いている当シリーズのあらすじ。 長崎は魔法王国だとか、「魔法使い」と「魔法」使いとは違う存在だとか、細かい設定が盛りだくさんだけど、根本的にはめっちゃ正統派の魔法冒険譚であり、少年少女の成長録であり、最高のラブコメ(笑)だと思ってます。


一見、強敵と戦い自らを鍛えていく、というような少年マンガっぽいノリでありながら、実は、強敵と戦い自らを「鍛えさせられている」という、不条理で凶暴なまでの現実感が漂うところとか、もうめちゃくちゃカッコイイです。 ここまで「現実」を描かずに「現実的」な物語を展開する物語がスゴイ。 そして、その荒波に立ち向かう、キズタカとりすかが、とてもカッコイイ。 キズタカのような本来厭世的な少年が、それでも「みんなを」幸せにしたいと願い、「駒」に過ぎなかったハズの「りすか」という少女と絆を深めていくのを見てるだけで、私の方が燃えてきます!! 私は、語り部にキズタカのような小生意気な少年が選ばれた時点でこのシリーズは「勝ち」だと思うんだけど、どうやら好き嫌いが一番激しいシリーズらしいと知り、びっくりです。 そっかー、残念だなぁ。
  

そういう、物語的のモチベーションも大好きなんだけど、このシリーズは構成的な部分も大好きですw お話の中心が「魔法使い」とキズタカたちの戦闘シーンにあるのは間違いんだけど、魔法力vsキズタカの頭脳戦っていう構図に、タイトルの「新本格」がプラスされるので、深みが出るんですよね。 なぜ「新本格」なのか、なぜ「魔法」なのか、なぜ「少女」なのか――。 一見萌え狙いのタイトルにこんな意味があったのか!!と思うようになるストーリー展開も含めて、その深さに改めて頭がさがる思いです。 


…とか言いつつ一番大好きなのは、当然の如く繰り広げられるラブコメっぷりなんですけどねー(笑)。 キズタカとりすかの暗黙の了解「ではない」ヤキモチが素敵です。 りすかと初めて出逢った時のキズタカの 『あ……』 っていう気持ちは、今でも無自覚の一目惚れだと私は信じてます!!(笑) 決して甘くない、流血に彩られたふたりの、それでもお互いを信頼する気持ちがイイ。 第8話 『部外者以外立入禁止!!』 で、初めてりすかとキズタカが同等の力を出し合えたときとか、嬉しくて泣きながら読んでました(泣くな・笑)。


続きとなる第10話 『由々しき問題集!!』 が収録された文芸誌 『ファウストVol.7』も読みましたが…これまた熱かった!! あと3話で完結らしいけど、どうか、キズタカがみんなを幸せにできるような、りすかがキズタカを幸せにしてあげられるような、キズタカが目覚める時にはいつもりすかの膝枕があるような(笑)、そんな幸せが彼らに訪れることを願ってます。




⇒西尾維新作品 感想一覧


<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・『booklines.net』様 『読丸電視行』様 5/10『本読みの記録』
オンライン書店【ビーケーワン】・・・『新本格魔法少女りすか・3』をbk1でチェック





『不気味で素朴な囲われた世界』の感想

不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス ニJ- 20)

『不気味で素朴な囲われた世界』


西尾維新
講談社ノベルス/2007.10.4/\850



『ぼく達とあなた達は――何が違うんです?』


<感想>
『きみとぼくの壊れた世界』の続編でした。 そーいえば、『きみぼく』の感想を書いてない気がします。 西尾維新は全部読んでるのに!! そーいえば、『化物語』も感想書いてない気がします。 めっちゃ好きなのに!! そんなこんなしているうちに、『化物語』の重版分講談社BOXに、「アニメ化決定」というシールも貼ってあったりして、出遅れた感があります(笑)。 感想書いておかないと!!

……えーと、とりあえず今は『不素囲世』(そんな略し方なのっ?)の感想を書かないとですね。 ちなみに、本作を楽しむのに前作を読んでいるかどうかは関係ないです。 むしろ、単独で読んだ方が楽しめる気がする…と私が感じた理由については、後述します。


ルーティンワークな日常を打破したい。 串中弔士の中にそんな欲求が芽生えた、中学二年生の二学期。 弔士の姉とその友達との奇妙な関係や、女友達・ふや子さんとの歪な距離感がピークに達した時、学校の時計塔を舞台に、悲劇的な殺人事件が起きてしまう。 弔士は、男装の麗人であり超絶無口な病院坂迷路先輩と一緒に、事件の犯人を捜すゲームを始めるのだが…。


相変わらずの西尾節で、言葉遊びは神業級。 『きみでそぼくなかこわれたせかい』というタイトルが、前作とリンクしている時点で、既に秀逸です。 会話のテンポも内容も、読んでるだけで笑ってしまうような楽しさがある。 キャラクターの造形も豊かで、ふや子さんの人間ダウト(ほぼ100%の確率で嘘を見抜く)とか最高ですw しかも、ダウトを見抜ける人間が自分のダウトを見透かされる、という展開が凄い。 ちょっと鳥肌がたちました。
設定に関しては、病院坂迷路との、全く喋らないのに視線だけで長い会話を交わすというあり得なさ(笑)に、もう脱帽!! 何だその面白設定っ!! 西尾氏は絶対的に、天才だと思うんだ!!(超本気!)


ただですね。 『もんだい編』『大もんだい編』『みかいけつ編』『えんでぃんぐ』と4章からなるこの作品。 実は、『もんだい編』の途中まで読んで、しばらく先を読み進める気を失くしてしまったんです。 こんな事態、西尾作品では初めて。 理由が全然分からないまましばらく放置してあって、やっと今回最後まで読んだのだけど・・・理由は分かった。 それは問題の帰結となるべき哲学が、「この作品が『きみぼく』の続編である意味を考えるとこれしかない!!」っていう予想通りのものだったからです。 

トリックとかそういう話ではなく、233ページの、

『自覚しよう。 きみはこの僕と哲学を戦わせて負けたのだ』

が、全て。 そう、この「哲学」が前作を踏襲しているがゆえに、作者が描こうとしている思想と世界が、読んでて伝わってきちゃうのですね。 明確すぎたのだと思います。 それで私は、結末がその「予想通り」になることが怖くて、先を読めなかったようです。 

西尾氏自身が、「TAGRO先生のイラスト見たさに書かれたような小説」と解説するように、最初は単発だった作品に続編が生まれ、おそらく3部作になる。 つまり、進化している。 増殖している。 そう考えると、この思想なり世界と人物の壊れ方なりが、2作目の中に浸透してしまうくらい大きな要素になるのは間違いないのだ。 そういう意味では、成功なんですよね。 だから当然そうなるのは仕方ないんだけど…西尾維新なら、もう一つひっくり返ってくれるかも!!という身勝手な願いは、今回は届きませんでしたー。 それがちょっと残念で、物理的なトリックの内容までは敢えて考えませんでした(笑)。 けど、思想が最終トリックに繋がる作品ゆえに、これはこれでやっぱり大成功なんだなと思いました。

つまり結局は・・・面白かった、ということですね(笑)。
    ⇒西尾維新作品の感想一覧はこちら


<関連サイト様>
オンライン書店ビーケーワン




 


『刀語 第十二話 炎刀・銃』の感想

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)


『わたしはそなたに、惚れてもいいか?』



<ご紹介>
世界初・12ヶ月連続刊行企画『大河ノベル』も、いよいよ最終回。 全てにお疲れ様!!

幕府への復讐のために、稀代の名鍛冶師・四季崎記紀が作りし12本の変体刀を求めて旅を続けた、鑢七花(やすり・しちか)と、奇策士・とがめ。 だが、11本の収拾を終えた時、右左田右衛門左衛門が放った『炎刀・銃』の弾丸が、とがめを襲う!! とがめと七花の運命の選択とは!? 二人の旅を綴った歴史絵巻、ここに完結。

    →関連記事『刀語 第一話 絶刀・鉋』    →関連記事『刀語 第七話 悪刀・鐚』 
    →関連記事『刀語 第二話 斬刀・鈍』    →関連記事『刀語 第八話 微刀・釵』
    →関連記事『刀語 第三話 千刀・ツルギ』   →関連記事『刀語 第九話 王刀・鋸』
    →関連記事『刀語 第四話 薄刀・針』    →関連記事『刀語 第十話 誠刀・銓』    
    →関連記事『刀語 第五話 賊刀・鎧』    →関連記事『刀語 第十一話 毒刀・鍍』
    →関連記事『刀語 第六話 双刀・鎚』    


<感想>
そんな訳で、完結です。 西尾氏、お疲れ様でしたっ!!
などとすっきり言えるようになるまで、1週間かかりました。 1年間『刀語』という物語を読み続けて登場人物に愛着を感じていたので、「この」展開が私には厳しかったのです。


前作『毒刀・鍍』のラストでとがめを襲った悲劇を克服出来るのか出来ないのか、ずっと不安でした。 いざ『炎刀・銃』を手に取り、竹さんの表紙イラストを見た瞬間、思わず「あぁ…!!(絶句)」。 答えは、伝わってきました。 1年間、竹さんのイラストが凄いスゴイと言い続けてきたけど、この瞬間ほどその才能を恨めしく思ったことはないです。 哀しすぎて、本文を読み始める段階で既に私、泣いてました。 で、第一章でさらに号泣。 あぁダメだ、こんなのって…と思いつつ、放心しながら読了。 何でこんな展開なの!?ってずっと考えてました。 


で、実はNHK大河ドラマの最終回を見たことで、自分なりの回答を得ることが出来ました。 どういうことかというと、『刀語』という物語が『大河ノベル』なのだということに改めて気づいたからです。 『山本勘助』を描いた大河ドラマだったけど、勘助の一生に焦点を当てると、どうしても歴史的な流れから見ると中途半端(生き様は立派でしたが)。 でもそれこそが、勘助の物語。 『大河ドラマ』は、主役の物語だからそれで良いのです。 

つまり『刀語』も同じなんだなぁって。 この『刀語』が『大河ノベル』である以上は、「奇策士・とがめ」という人物の「一生」を描かなければならないわけです。 物語の途中から歴史だ史実だという表記が増えたことや、物語絵巻だと明言してることを考えると、つまりかなり忠実に『大河ノベル』という意味を生かした作りになっているんですね。 単なる12ヶ月連続刊行ではなく、敢えて『大河ノベル』と呼ぶ価値を考えるなら…この展開に行き着くのもやむを得ません。 この企画の本質を一番考えたのが西尾維新だったということで、いや、恐るべし(笑)。 


今でも、思い出すだけで結構泣けるのだけど。 
『睦月―とがめと出会った』から始まる1年の回想が、あまりに簡潔すぎることも。 生まれて初めて七花のことだけを考える時間を得たとがめのことも。 それでも好きだったという七花のことも。 かなり愛しくてたまりません。 『惚れてもいいか?』というとがめの祈りが七花に未来をくれて。 『好きに生きてみよう』という七花の覚悟が、とがめに違う生き方を教えているようで。 切ない割りに、どこまでもお互いを想いあう気持ちに溢れてるんだな、と前向きにしてくました。 


七花ととがめに残ったのは、相手を思う気持ちだけ。 そこから先の道は正反対ながら、どちらも再生へ向けた第一歩として描かれているところが、凄く好きです。 伝わったこと、伝えたいことは他にもたくさんあるけど、でも今はひと言。 『どうか、お幸せに』


<まとめ>
とがめの「傷をつけるな」という戒めが、七花という存在の最大トリックだった!!という事実もスゴイ作品。 リアルタイムで読めた幸せは言葉に尽くせません。 うっかり「ちぇりお!」を流行らせようかと思うくらいです(笑)。 
  

<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・『booklines.net』
●この本を買う・・・『bk1』 / 『Amazon』
●出版社・・・『講談社BOOK倶楽部・講談社BOX』
●TB送信先サイト・・・『読書感想トラックバックセンター』

●西尾維新の過去記事→『ネコソギラジカル・下』 『DAETH NOTE ANOTHER NOTE』
                 『xxxHOLiC アナザーホリック ランドルト環 エアロゾル』





『刀語 第十一話 毒刀・鍍』の感想

刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX)
『刀語 第十一話 毒刀・鍍』

西尾維新/竹
講談社BOX/2007.11.1/\1100


『何をしておるか、このたわけが。
腹心とは歩くとき、あるじと手を繋ぐものだ』
悶絶!!(笑)


<ご紹介>
講談社BOXが誇る12ヶ月連続刊行『大河ノベル』の第11弾!! 物語は一気に佳境。

とがめと七花の目の前で倒れた真庭人鳥。 彼は体に重症を負いながらも、「鳳凰さまを助けてください」と二人に告げる。 因縁ある右左田右衛門左衛門と対峙した真庭鳳凰は、『毒刀・鍍』に触れて乱心した。 鳳凰にのり移った「誰か」は、右衛門左衛門と人鳥を切り、更に刀の切れ味を試すために真庭忍軍の里へ向かったと言う。 『毒刀・鍍』を取り戻すため、とがめと七花は一路伊賀へと向うのだが…。
    →関連記事『刀語 第一話 絶刀・鉋』    →関連記事『刀語 第七話 悪刀・鐚』 
    →関連記事『刀語 第二話 斬刀・鈍』    →関連記事『刀語 第八話 微刀・釵』
    →関連記事『刀語 第三話 千刀・ツルギ』   →関連記事『刀語 第九話 王刀・鋸』
    →関連記事『刀語 第四話 薄刀・針』    →関連記事『刀語 第十話 誠刀・銓』    
    →関連記事『刀語 第五話 賊刀・鎧』
    →関連記事『刀語 第六話 双刀・鎚』


<感想>
今まで何の疑問も抱かずに真庭人鳥の可愛らしさにやられていたりるですが、今回気づきました。 真庭人鳥のあの姿って、着ぐるみだったんですね…!!(今更!?) 何の疑問も無く、あぁいう生き物だと思ってました(笑。どんな生き物だ)。 そっか、着ぐるみ士(byFF10-2)だったのか…ちょっとショックですが、よく考えれば当然でした(笑)。


まぁそれで人鳥の可愛らしさが失われるわけもなく、今回も竹さんのイラストは絶好調ですね!! あちこちに人鳥さんがいて嬉しかった。 ピンナップで団子食べてるところとか…もうどうしたら良いのか分からない程可愛いっ!! それなのにあの結末…!! 
右衛門左衛門との戦いで彼が口にした台詞は小馬鹿にされたけど、本心なんだろうな。 人鳥は、鳳凰に憧れてただけなのだろうし。 でも、その人鳥が憧れた「鳳凰」さえもが鳳凰のものではなかった、という事実がまたエグイです。 憧れた人格の元の持ち主の手にかかる矛盾に、ちょっと泣きそうでした。


とがめと七花の表紙イラスト、今回もしかしたらマイベストかもしれません。 そのくらい、「今」の二人の密着度がとても自然に描かれていると思う。 あの手を繋ぐシーンのイラストも、本文を読んでいる時に私の脳内で想像した光景そのもの。 お見事過ぎです。 まぁそんな感じで、未来を語る二人の微笑ましさとイラストがあまりに良かったため、結末が…結末の恐ろしさがよけいに凄まじかったです。 そこで終わるんかい!!とちょっと素でツッコミました。


七花が四季崎記紀の言う通り、12本の変体刀の完了体であるのなら、『炎刀・銃』より上を行くんじゃないかと思うんだけど…。 つまり、切り札っぽいく描かれている炎刀だけど、実際はそうじゃない、ということ。 12本の変体刀は「未来の技術」で作られているけれど、七花だけは、虚刀流だけは、何百年という歴史を踏んで完成した刀。 つまり「歴史の技術」ですよね。 そう考えると12巻の対決は、四季崎記紀が改変してきたという歴史そのものとの戦い…なんだろうけど、七花にしてみればとがめのための戦いなわけで、私としては誰かの為に戦う強さを七花に見せて欲しいと思ってます。 


ちょっと気になったこと。 四季崎記紀と鑢一根との回想の台詞。
『てめえの涙ぐましい努力が花実を咲かすよう、取り計らってやろうじゃねえか』
というのがまさに「今」なのですね。 だから七代目は「七花」であり「七実」であったのか。 一が「根」、だったら、二は何だ。 七代かけて咲いた花、ぜひ咲き誇って欲しいな。


<まとめ>
兎にも角にもあと1冊。 1年間良く頑張ったと自分を褒めつつ(笑)、楽しみたいと思います。


<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・
●この本を買う・・・『bk1』 / 『Amazon』
●出版社・・・『講談社BOOK倶楽部・講談社BOX』
●TB送信先サイト・・・『読書感想トラックバックセンター』

●西尾維新の過去記事→『ネコソギラジカル・下』 『DAETH NOTE ANOTHER NOTE』
                 『xxxHOLiC アナザーホリック ランドルト環 エアロゾル』





☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年03月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。