城平京 『雨の日も神様と相撲を』 の感想

雨の日も神様と相撲を
『雨の日も神様と相撲を』



城平 京


講談社タイガ
2016年1月18日 第1刷発行/¥720+税





ただその裏庭には、たくさんのカエルがいた。
あまつさえ、カエルは相撲を取っていた。


<ご紹介>
「あなたは相撲に愛されている」――口癖のようにそう言っていた両親が亡くなり、叔父の住む田舎村に転校することになった逢沢文季。 小さな身長に細身の体という不利な体型で10年続けた相撲と、これでやっと縁が切れる――と、安堵とも諦めともつかない複雑な気持ちをいだきつつ村に向かった文季は、列車の窓越しに ”オートバイを片手に抱えた” 少女と目が合ってしまう。 驚く文季に叔父は、村の要である遠泉家の女性は神様によって剛力を授けられており、将来 「カエル様の花嫁」 になるのだと説明する。 剛力?神様??カエル様??? ――そう、文季が移り住むことになった久々留木村は、相撲が大好きなカエルの神様(達)が実在する村だったのです。 隣村ではトランクに詰められた死体と、村にはいないはずの外来種カエルが発見されて、どこまでもカエル尽くしの謎になぜか文季は巻き込まれてしまい・・・!?


<感想>
小説家としてもマンガ原作者としても大ファンである城平京さんの最新作は、去年創刊されたばかりの 『講談社タイガ』 から出版された、作者いわく ”少年少女青春伝奇” 小説とのこと。 話の設定が相変わらず突拍子もないので、紹介文書くのも一苦労ダヨ。 なんだ、カエルの神様って。 しかもカエルが二本足で相撲を取るって!(笑)  まぁもっとも 「よくこれ考えましたね・・・」 と呆然とするような設定を読みたくて城平作品に手を出しているので、予定通りというか想像以上というか、むしろ大歓迎っ!って感じなんですけどね。 楽しかったです! 以下感想となりますが、ネタバレがあるのでご注意を。 一応、文字色を黄色 黄色 にして読みづらくしてあるので、気になる方だけ反転させてください。 

続きを読む



森博嗣 『サイタ×サイタ』 の感想

サイタ×サイタ
『サイタ×サイタ』


森博嗣


講談社ノベルス
2014年11月5日 第1刷発行/¥1000+税





『 考えないというのは、あるときは、考えることよりも難しいんだよね 』


<ご紹介>
TVドラマ放送中『すべてがFになる』の森博嗣によるXシリーズ第5弾。
「キレイニサイタ」「アカクサイタ」 謎めいた犯行声明をマスコミに送りつける連続爆弾事件の犯人、通称・チューリップ爆弾魔。 その犯行が報道される中、SYアート&リサーチに持ち込まれた奇妙な素行調査。 対象者――佐曾利隆夫に以前の同棲相手へのストーキング疑惑が浮上する。 張り込みに加わったバイトの永田絵里子は、佐曾利を尾行中、爆弾事件に遭遇する。 そして第一の殺人事件が! (裏表紙あらすじより)


<感想>
Xシリーズを読むと毎回同じこと思うんですけど、私、小川・真鍋のコンビが大好きすぎる・・・っ!(笑) この二人の組み合わせシーンが多々あって初めて成立するシリーズだと勝手に思ってるんですけど、そういう意味で今作も大満足でした!! 面白かったー(特に掛け合い漫才が・笑)。

続きを読む



森博嗣 『ムカシ×ムカシ』 の感想

ムカシ×ムカシ
『ムカシ×ムカシ』



森博嗣


講談社ノベルス
2014年6月4日 第1刷発行/¥1000+税





「河童じゃないよ」真鍋は言った。
「どうして?」
「河童は、この世に存在しないから」
「うん、でも、被害者がどう思っているかは、別問題でしょう?」


<ご紹介>
Xシリーズ第4弾。 
「やっぱり、河童の祟りですか?」 大正期、女流作家の百目一葉を世に出した旧家・百目鬼家。 当主の悦造・多喜夫妻が、広大な敷地に建つ屋敷で刺殺された。 残された美術品の鑑定と所蔵品リストの作成依頼がSYアート&リサーチに持ち込まれる。 河童が出ると言う言い伝えがある井戸から、新たな死体が発見され、事件は、異様な連続殺人の様相を呈し始めるのだった。 百目鬼一族を襲う悲劇の辿りつく先は? (ノベルス裏表紙あらすじより)


<感想>
うわぁ気付いたら第5弾の『サイタ×サイタ』が発売しちゃったじゃないですか!!・・・と、慌てて読み始めた『ムカシ×ムカシ』です。 というわけで久々のミステリ感想です。 副題の「Reminiscence」は、回想・追憶・・・などの意味。 なるほどなるほど。 そして読了してから表紙を見ると、もうホント結局そこですよね!?と意味深さ。 毎度素晴らしいですよね! そして以下はネタバレ注意ですー。

続きを読む



宮沢賢治 『銀河鉄道の夜 (朗読CD付)』 の感想

銀河鉄道の夜
『銀河鉄道の夜 (朗読CD付)』

宮沢賢治

(表紙装画・松本テマリ)
(朗読・櫻井孝宏)

海王社
2012年12月10日 初版第一刷発行/¥952+税





僕もうあんな大きな闇の中だってこわくない。
きっとみんなのほんとうのさいわいをさがしに行く。
どこまでもどこまでも僕たち一緒に進んで行こう。


<ご紹介>
松本テマリさんの装画と、櫻井孝宏さんの朗読に彩られた、宮沢賢治の童話集(表題作ほか3編)。 
母親と二人暮らしのジョバンニは、父の逮捕を疑われ、学校でも浮いてしまっている少年。 だが、父同士が友達であるカムパネルラだけはジョバンニに冷たくすることはなく、不器用な優しさを見せてくれていた。 ある日草むらで寝転がっていたジョバンニは、「銀河ステーション」という不思議に響く声を耳にする。 気付くと彼は、列車に揺られていた。 しかもすぐ前の席には濡れたように真っ黒な上着を着て黒曜石の地図を持つカムパネルラが乗っていたのだ。 どこか具合の悪そうなカムパネルラを心配しながらも、何かに誘われるように列車は進み……ジョバンニとカムパネルラが迎える終着駅とは?


<感想/前段>
実は私、小学生のころに図書館で借りた『銀河鉄道の夜』をどうしても読みきることが出来なくて、それ以降ちょっとした苦手意識がありました。 ザネリの悪意みたいなものがまるで自分に向けられているかのように受け止めてしまったこと、それから、正直文章に意味が分からない部分が多かったことが辛くて、序盤までしか読めなかったんです。 しかも当時の学校の先生に「あんな名作が分からないなんて!」みたいに言われたことが軽くトラウマっぽくなりまして、大人になってからも読んでみたい気持ち半分、触れたくない気持ち半分を抱えながら悶々としてました。 

そんなある日!(←突然元気になったな!) あの『銀河鉄道の夜』が、私の大好きな松本テマリさんの装画と、私の大大大好きな(笑)櫻井孝宏さんの朗読CD付き文庫本として発売されると聞きまして!! こーれーはー私のために海王社さんが企画したに違いない!!!と思う勢いで (いや違うから・笑)、発売を心待ちにしてました。 手帳に「CD文庫発売日!」って記入しましたからね(笑)。

で、手元に届いた本ですが。 まず、テマリさんの表紙画が美しいです…っ!! 顔は瓜二つなのに、身なりも表情もまるで違う二人の少年。 幻想的な雰囲気と色使いの中、どこか静に佇む様子が印象的で、しばし見惚れました。 表紙鑑賞が済むと、何でこの二人そっくりなの?という疑問が。 私の拙い知識だと、主要登場人物は「ジョバンニ」と「カムパネルラ」のはずで、特に兄弟って設定じゃなかった気がするけど……と思わず首をひねったけれど、ある意味この時点で物語に惹き込まれているわけです。 長年感じていたトラウマ的なものも気にすることなく、気付けば作品への興味でいっぱいになっていました。

本自体は思っていたよりも薄めで、文字も大きめだし造語や古語には脚注もついているので、誰にでも読みやすいんじゃないかな? ただ個人的に残念だったのは、櫻井さんの朗読って物語全編じゃなかったんだ!?…ってこと。 実は文章を読む前にCD聞いたんだけど、途中から始まってる!?と一瞬パニックに(笑)。 聞いてみるとラスト部分を中心に20分間収録されているので、一応の聞き応えはあります。 ただ、その20分間に想像力を凄まじく掻き立てられたので、やっぱり全部聞いてみたかった!という気持ちがあるあるあるある…。 まぁ、あのページ数で20分なんだから全部読んだらCD1枚に収まらないんだろうなぁ……と今は満足してます。 抑揚を抑えた話し方の中にわずかに感情が滲んでいて、その話し方に本気で聞き惚れました。 


<感想/本文>

続きを読む



望月守宮 『無貌伝』 のこと


感想ではなく。 あくまでメモ書きというか。 ただ書かずにはいられないというか。 とにかく、読了後に何か言いたくて今これを書いています。

毎月月末といえば、膨大なネット界のとことん辺境の地で、ささやかに運営されているこのブログのアクセスが、ぐんと伸びる(註:当社比w)辺りでございます。 『LaLa』の感想を楽しみに(?)してくれてる素敵な方も稀にいらっしゃるようで、たいへんありがたいなって思ってます。 まぁ、毎月期待に応えられてなくて申し訳ないんですが・・・。

そして今月は更に申し訳ないことに、まだ『LaLa』読んでません。 いえ、買ってあるんですけど手につかないというか……実は私、今月はLaLaDXの感想が終わった後はずっと『無貌伝』というシリーズを読み返していたのです。

無貌伝 ~双児の子ら~ (講談社ノベルス) 無貌伝 ~夢境ホテルの午睡~ (講談社ノベルス) 無貌伝 ~人形姫の産声~ (講談社ノベルス) 無貌伝 ~綺譚会の惨劇~ (講談社ノベルス) 無貌伝 ~探偵の証~ (講談社ノベルス)

『無貌伝』がどんな物語なのかは各自お調べいただくとして(そしてりるさんは1冊目の感想を書いているので良かったら参考にしていただくとして・笑)、最新刊である5冊目が先月発売になりました。 で、私はこの5冊目を読むにあたってどうしても1冊目から読み直したくなったのです。 このシリーズはたくさんの登場人物の他に「ヒトデナシ」と呼ばれる人外の存在も登場するうえ、それぞれの能力が物語のミステリ要素に深く関わってくるため、もう一度きちんと整理する必要があるな、と感じたことが理由の一つ。 あともう一つは、単純に読みたかったんです、この大好きなシリーズを。 そんな訳で、メモつけながら読み返しては、1冊読了するごとにそれを清書して人物相関図や時系列表を作ったりしてました(笑)。 もうめっちゃのめり込んで読んでましたからね! 再読なのにこの面白さって何!?って思いながら。 

こうして並べてみると、表紙絵もいいなぁ。 昔の『怪人二十面相』のジュブナイル版とかって、ちょっとおどろおどろしい雰囲気をまとっていたんですけど、そんな古き良きジュブナイルの冒険小説を思い出します。 全体的に望の主人公っぷりがハンパないうえに、ストーリーの本質を突いた、実に良い表紙ですね。 文庫版で何で変えちゃったのかと首をひねるくらいですよ。 

読了した今となっては、『無貌伝』というタイトルにも私が当初受け止めていた「無貌というヒトデナシの話」以上の意味を含んでいることに気付かされたし、5冊目のサブタイトルである『探偵の証』という言葉も深いうえにとことん切なく、でも、とことん熱いものに感じられて……あ、やばい、書いてるだけで涙が出てきた(←本当に・笑)。 

結局何のことかというと、たぶん私はまだ5冊目のラストの出来事を整理できていないんだろう、ってことです。 整理できないからぐだぐだ書いてる……。 彼らに後悔はないはず。 いや、後悔なんてあるのはもはや当たり前で、それでも選んだ(選ばされた)現実と向き合っていくであろう彼らのことを、私がまだ直視できないだけです。 あぁどうしよう? こんなに心臓を鷲掴みにされたような気持ちにさせられた物語は久々です。 ラストが気になりすぎて最後は駆け足で読んじゃったので、ちょっと一度落ちついてから、もう一度読み直したい。 味わいつくしたい。 ……私にとっては、そんな気持ちにさせられたお話でした。 しかしよく泣いたなぁボロボロと。 うん。





☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


☆オススメ