スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画 『虐殺器官』 の感想




『 地獄は、頭の中にある 』


<感想>
テロ対策として、個人情報や自由と引き換えに徹底的なセキュリティ管理社会へと移行した先進国。 その中核、アメリカ情報軍のクラヴィス・シェパード大尉は、世界各地の紛争首謀者を暗殺するミッションをこなしている――その頭脳に「感情適応調整」という技術を施した、究極の精鋭として。 そんな彼に舞い込んだ、ジョン・ポールという言語学者の暗殺司令。 ジョンが訪れた後進国では100%の確率で内戦が始まり、大量虐殺が生まれていく。 徹底したはずのセキュリティにも引っかからず姿をくらますジョン・ポールは、どのように虐殺を生み出しコントロールしているのか? クラヴィスは仲間と共にプラハに渡り、ジョン・ポールと接触したルツィアという女性に出会うのだが……。


映画『虐殺器官』、初日のレイトショーで観てまいりました! これで『Project Itoh』と銘打たれた劇場アニメ三部作、『屍者の帝国』『ハーモニー』『虐殺器官』はぜんぶ見れたことになります。 はるばる遠距離通勤しているメリットが生かされたのホント嬉しい!(田舎の映画館では上映していない・笑) 三部作はどれも金曜日が公開初日だったので、疲れがちな金曜日でも「映画見るんだから頑張れる!」と仕事に望めたのもありがたいです。 私はつくづくアニメが元気の源なんだなーと思わされました。 ありがとう二次元!(笑)。


さて『虐殺器官』。 原作も未読だし、パンフレットも買ってませんし、映画もさらっと1回見ただけなのでいろいろ間違いもあるかもしれないけれど、感想をメモ的に残しておきたいと思います。 
総括的な感想を言えば、面白かった! 哲学的・思想的要素が強い物語と、それを裏付けるに十分な作動画、そしてキャスト陣の演技。 どれも見応えがありました。 ただ、「ちゃんと理解してる?」となると、「いや、たぶん分かってないな!(断言w)」となります(笑)。 なかなかに難しい作品だな、という印象ですが、小難しくて興醒めだよ、とはならななかったんだから、やっぱり面白かったと思います。 これは仕上げるの大変だっただろうなー。

ところでインターネットの力は絶大で、公開初日だったにもかかわらず、私が見る時点ですでに「原作のある重要なエピソードが省かれているのでストーリー的に物足りない」みたいな話が出ていました。 そもそも原作を未読だったので省略そのものには問題ないのですが、そんな重要な話が入らないのは二時間という尺に収めるため以外に理由が思いつかなかったので、頭にはいれておこうという気持ちで望みました。 


のですが。 見ながら感じていたのは、「なんだこの情報量の多さは!!」ということでした。 ちょっと誰よ物足りないとか言ってたの、十分だよ!(笑)。 いやもちろん、薄味だと表現されたのは情報量の問題ではなくて感情移入的な盛り上がりのことなのでしょうが、個人的には、徹底的にフラットに設定されていたはずのクラヴィスたち同様、作品そのものにも「感情適応調整」を施したようなフラット感を持たせたかったのかな?という印象も受けました。 基本的に物事が淡々と進んでいきます。 目の前で人が死のうと。 戦友を打ち殺そうと。 アレックスの射殺に対しても周囲からの評価はおおむね「よくやった」的な感じにフラットで、人間の合理主義って残酷なのだということがさらっと描かれているような気がしました。 

情報過多になった原因は、たぶん前述したエピソードの削除にあるのでしょう。 今回省いたエピソードの代替足り得る何かを補完する必要が生じ、それを視覚ではなく文章、つまり「セリフ」で補おうとしたために、ものすごいセリフ量になったんじゃないかなって。 これは見る側に膨大なセリフを頭の中で処理することを強いるわけで、なかなかにハードル高いです。 もうちょっと作画の力に頼る形で整理した方が良かったのでは?とは思うけど、素晴らしかったのは主役の中村さんとラスボス(笑)の櫻井さんの渾身の演技。 お二人がすさまじいほどの「説得力」を乗せて喋ってくださるので、一歩間違うとただの言葉の羅列になってしまいそうなセリフが、きちんと「情報」「感情」として伝わってくる。 これがクラヴィスたちが感じ、考え、ぶつけ合った思想の話なのだとよく伝わってくる。 私としては、この演技を聴くだけでも価値があると思いました。 


ただ、物語が合理的に物事が進んでいく中で、クラヴィスがルツィアに示す愛情だけがちょっと唐突だったような。 いや、ルツィアさん超美人だし知的だしどことなく薄幸な雰囲気だし(ここ重要)、惚れるのに文句はまったくないのですが、いつの間に?という疑問もぬぐえない。 で、ちょっと思い出したのが、クラヴィスがジョンに捉えられた時に、何らかの文法を使われていたっていうこと。 まったくもってうろ覚えなんですけど、虐殺器官を刺激されたのかと怖れるクラヴィスに対して、感情だか本能だかに作用するだけの生ぬるい文法だよ(超意訳)、的なことを言っていたので、もしやその文法がスイッチだったのかなーとか勝手に想像してました。 もしそうだとしたら、恋ってそんな風にあっけなく生まれてしまう、ごく生得的な感情だということです。 虐殺器官と同じように。 人間には、いろんな可能性が秘められているわけです。


ところで私は「ファム・ファタル」という言葉の意味を「運命の女(ひと)」という認識でいたのですが、ウィリアムズがルツィアをさして言った「ファム・ファタル」は何か意味が違いそう、と思ってたら――「男を破滅させる魔性の女」。 こっちか! 一目で見抜くとかウィリアムズさん恋愛経験どれだけあるの!?とちょっと楽しくなりましたが(笑)、結果的にこの評価は正しかったわけですよね。 クラヴィスもジョンも、結局は彼女の「言葉」を大切にしたからあの選択に至ったわけで。 もっといえば、妻子を失った直後のジョンをルツィアが救った一言がなければ、世界の現状はもっと違ったかもしれなくて。 そういう意味では、二人にとってのルツィアは「男を破滅させる魔性の女」なのではなく、やはり「運命の女(ひと)」だったのだろうと思うのです。 たとえ、世界を狂乱にひきずりこむのだとしても……。 そんな訳で、クラヴィスとジョンの共闘ともいえるあのラストは私の中ではとても自然な流れでした。 たぶんあの瞬間、世界中で二人にしか理解できないロジックがあったんじゃないかなって。 


人間には虐殺をつかさどる器官が存在する。 そして、その器官を刺激する文法も存在する。 文法は頭の中で生まれ、生まれた文法により虐殺器官が活性化され、現実世界は悪夢と化す――まるで地獄のように。 ラストで暗示される狂乱の世界は「頭の中で」作られると言い換えることも出来るわけで、私にはアレックスの「地獄は、頭の中にある」という言葉がある種の予言のように思えてなりませんでした。 アレックスについてはもっと象徴的に描いても良かったんじゃないかと思うのですが、それでも彼のあの言葉に世界が集約されていく構図は、なんとも言えず凄かった。 ジョンに「戦闘に物足りなさを感じている」と指摘されたクラヴィスにとってはこれからこそが本領を発揮する舞台になるはずで……ある意味、誰よりもつよく「虐殺器官」を刺激されたのはクラヴィス自身ということになるんだろうな。 私はその物語を選択する彼を見守ってしまったけれど、願えるのであれば、せめて「子供を殺せますか?」という質問に対して盛大にノーを言える彼になって欲しいと思うのです。


(余談だけど、三部作の中では「屍者の帝国」が好みだったなー。 映像がとにかく綺麗で、世界観としてよくまとまっていたと思うのです。 ちょっとBLな雰囲気もあったけど私は気にならなかった…。 そういえば「ハーモニー」はちょっと百合っぽくて「虐殺器官」はふつうに男女愛? 三部作すごいな… ←ラブコメ脳患者の発想)




屍者の帝国 [Blu-ray]

屍者の帝国 [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.02.07
アニプレックス (2016-02-03)

ハーモニー [Blu-ray]

ハーモニー [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.02.07
アニプレックス (2016-03-09)



スポンサーサイト


劇場版 『コードギアス 亡国のアキト 最終章 愛シキモノタチヘ』 の感想

コードギアス 亡国のアキト 最終章 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2016-04-22)
売り上げランキング: 45


『仲間のためなら 世界を愛せるよ』


<感想>
観たよ・・・見てきましたよ、 『コードギアス 亡国のアキト』 の最終章。 終わらないで続いてくれても良かったんだけどなーと思いつつ、それでも楽しみに映画館に足を運びました。 上映解禁から1週間経過しているからか、席は半分くらいが空いている状態。 私の前列は10代っぽい少年3人が 「C.C.とアヤノとレイラだったら誰の胸がイイ!?オレはアヤノ!」 「オレも!」 「いやそれアヤノが前肌蹴てること多いからだろ。おれはレイラみたいなかっちりした服の下に隠れた乳を見たいんだよ!」 みたいな話題で盛り上がってて (ちなみに私もレイラ派です・笑)、 逆に左側には50代くらいのご夫婦がいらしてまして、だいぶ幅広く愛されてるなーという印象でした。 しかも左側のオジサマは途中で号泣しちゃって、いや先に泣かれると泣けないじゃん!!みたいな(笑)。 Amazonレビューではまだ発売してもいない最終章のBDに酷評がついているようですが、えー面白かったのになー、と思ってしまいます。 ハッピーエンドで何が悪い、私はこれが見たかったんだー!! ・・・と叫んだところで感想です(笑)。 ネタバレには考慮しておりません。

続きを読む



映画 『屍者の帝国』 の感想

屍者の帝国



『 求めたのは 21グラムの魂と 君の言葉 』


<感想>
人間は、死ぬと体重が21グラム減ることが確認されている。 失われたその重さこそ、人を人たらしめる「魂」の重さなのではないか――。 19世紀末、死者を肉体的に蘇生する技術が発達し、主たる労働力の担い手として「屍者」を活用することが広まっていたロンドンで、医学生・ワトソンは親友であるフライデーの死体を違法に屍者として蘇生させた。 だが当然のごとく、フライデーは意思を表す「言葉」をもっていなかった。 魂の蘇生へ強い意志をみせるワトソンを見込んだ諜報機関ヴォルシンガムは、彼に屍者技術を生み出したヴィクター・フランケンシュタイン博士の手記の捜索を命じる。 肉体だけではなく、生者同様の意思と言葉を持つといわれる第一の屍者「ザ・ワン」を生み出した技術こそ、魂の証明につながるのではないか。 ――すべてはフライデーが唱えていた「21グラムの魂」を証明するため。 そして、フライデーと再会するため・・・。 ワトソンは手記を求めて、世界をめぐる危険な旅に出る。 そこで彼が得るものは、果たして・・・?


というわけで、劇場版オリジナルアニメーション作品 『屍者の帝国』 を観てきました。 10月2日(金)の公開初日だったからか、レイトショー時間でも田舎にしてはけっこうな集客。 私は「どうしても初日に観たい!」と意気込んで行ったわけではなく、先に公開されていた『心が叫びたがってるんだ。』の上映館行きのバスを仕事で逃してしまったのでこちらになった・・・という消去法だったんですが、こちらも観たかったことに変わりはなかったので、結果として初日に観れたのは嬉しかったです。 ちなみに私は原作は未読。 この作品が夭逝した作家・伊藤計劃の作品の劇場アニメ化プロジェクト(Project Itoh)第1弾であることしか知りませんでした。 でもって映画を見終えた後に、そのプロジェクトの第2弾の制作会社が倒産してまさかの企画延期の危機にあることを知ったので・・・・・まぁいろんな意味で初日に観れたのはタイムリーだったかも。

続きを読む



劇場版 『コードギアス 亡国のアキト 第4章 憎しみの記憶から』 の感想


4章も観てきたのでやっと感想書いております。 観終わった後、一緒に見に行った人から「4章、どうだった?」と訊かれたので、「うん!お姫様抱っこが素晴らしかったね!!」と力説して帰ってきたりるです(笑)。 変わらず素晴らしいラブコメ具合で私は大満足なのでした☆(←満足ポイントはそこなの!?・笑) 

コードギアス 亡国のアキト 第4章 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2015-10-28)
売り上げランキング: 70

ユーロピア共和国連合(E.U.)を恐怖に突き落としたテロリスト「方舟の船団」の所業が、実はユーロ・ブリタニアの謀略だと見抜いたレイラ。 アキトたちワイヴァン隊は方舟を落とすためアポロンの馬車で出陣するが、そこで彼らを待ち構えていたのは多数のドローンと、復讐の念に囚われたアシュレイだけだった。 大型ガトリング砲を装備したナイトメアフレーム・アフラマズダの圧倒的火力をまえに苦戦しつつも、アキトは確実にアシュレイを追い詰めていく。 一方、ワイヴァン隊が不在のヴァイスボルフ城の防衛システムが、凄まじい勢いで突撃してくる機体――シン・ヒュウガ・シャイングのヴェルキンゲトリクスを捉えた。 戦力のないレイラたちは必死に防衛するが、そんなレイラに対してウォリック副長は降伏を進言してきて・・・・・・!?

というような内容だったと思います。 感想は「続きを読む」からどーぞ。 あ、その前に、第3章の感想もご参照いただければ幸いです☆
 ⇒劇場版 『コードギアス 亡国のアキト 第3章 輝くもの天より堕つ』 の感想

続きを読む



劇場版 『コードギアス 亡国のアキト 第3章 輝くもの天より堕つ』 の感想


というわけで先週やっと映画を観てきました。 『コードギアス 亡国のアキト』。 GWの唯一の予定だったのにそれすら流れてしまい結局GWに市内から一歩も出なかった私にとって、県庁所在地まで映画を観に行くことはある意味悲願でした(笑)。 なので、ちゃんと観ることが出来て良かったです。 思い返せば、1章の感想は書いてるのに2章は書いてないですね・・・しまった・・・。 そして第1章の感想は ⇒劇場版 『コードギアス 亡国のアキト 第1章 翼竜は舞い降りた』 の感想 をご覧ください。



作戦を終え、ワルシャワ駐屯地に合流したレイラ達。 だが少し駐屯地を離れた隙にレイラのIDが抹消され、戻れなくなってしまう。 偶然出会った旅の老婆たちに拾われて、家事や力仕事をする代わりに寝場所を確保するが、やかましくも温かく接してくれる老婆たちとの生活は平和そのもので、頑なだったレイラやアキトたちの心を少しずつ解していくのだった。 一方、ユーロ・ブリタニアには謎の軍師、ジュリアス・キングスレイと柩木スザクが着任していた。 皇帝の名代であることを宣言して不遜な態度をとるキングスレイは、偽の情報を駆使してユーロピア連合を恐怖と混沌に導いていく。 その様子を冷静に見つめるシンは、戦略性の類似から謎とされる彼の正体に気付いて罠をしかけるのだった。

・・・というような流れだったと思います。 ちなみに今日からdアニメストアなどで、DVD発売に先駆けての配信もはじまってますので気になる方はどーぞ。 では以下は感想。 ネタバレには考慮しておりません。

続きを読む



☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。