スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画 『虐殺器官』 の感想




『 地獄は、頭の中にある 』


<感想>
テロ対策として、個人情報や自由と引き換えに徹底的なセキュリティ管理社会へと移行した先進国。 その中核、アメリカ情報軍のクラヴィス・シェパード大尉は、世界各地の紛争首謀者を暗殺するミッションをこなしている――その頭脳に「感情適応調整」という技術を施した、究極の精鋭として。 そんな彼に舞い込んだ、ジョン・ポールという言語学者の暗殺司令。 ジョンが訪れた後進国では100%の確率で内戦が始まり、大量虐殺が生まれていく。 徹底したはずのセキュリティにも引っかからず姿をくらますジョン・ポールは、どのように虐殺を生み出しコントロールしているのか? クラヴィスは仲間と共にプラハに渡り、ジョン・ポールと接触したルツィアという女性に出会うのだが……。


映画『虐殺器官』、初日のレイトショーで観てまいりました! これで『Project Itoh』と銘打たれた劇場アニメ三部作、『屍者の帝国』『ハーモニー』『虐殺器官』はぜんぶ見れたことになります。 はるばる遠距離通勤しているメリットが生かされたのホント嬉しい!(田舎の映画館では上映していない・笑) 三部作はどれも金曜日が公開初日だったので、疲れがちな金曜日でも「映画見るんだから頑張れる!」と仕事に望めたのもありがたいです。 私はつくづくアニメが元気の源なんだなーと思わされました。 ありがとう二次元!(笑)。


さて『虐殺器官』。 原作も未読だし、パンフレットも買ってませんし、映画もさらっと1回見ただけなのでいろいろ間違いもあるかもしれないけれど、感想をメモ的に残しておきたいと思います。 
総括的な感想を言えば、面白かった! 哲学的・思想的要素が強い物語と、それを裏付けるに十分な作動画、そしてキャスト陣の演技。 どれも見応えがありました。 ただ、「ちゃんと理解してる?」となると、「いや、たぶん分かってないな!(断言w)」となります(笑)。 なかなかに難しい作品だな、という印象ですが、小難しくて興醒めだよ、とはならななかったんだから、やっぱり面白かったと思います。 これは仕上げるの大変だっただろうなー。

ところでインターネットの力は絶大で、公開初日だったにもかかわらず、私が見る時点ですでに「原作のある重要なエピソードが省かれているのでストーリー的に物足りない」みたいな話が出ていました。 そもそも原作を未読だったので省略そのものには問題ないのですが、そんな重要な話が入らないのは二時間という尺に収めるため以外に理由が思いつかなかったので、頭にはいれておこうという気持ちで望みました。 


のですが。 見ながら感じていたのは、「なんだこの情報量の多さは!!」ということでした。 ちょっと誰よ物足りないとか言ってたの、十分だよ!(笑)。 いやもちろん、薄味だと表現されたのは情報量の問題ではなくて感情移入的な盛り上がりのことなのでしょうが、個人的には、徹底的にフラットに設定されていたはずのクラヴィスたち同様、作品そのものにも「感情適応調整」を施したようなフラット感を持たせたかったのかな?という印象も受けました。 基本的に物事が淡々と進んでいきます。 目の前で人が死のうと。 戦友を打ち殺そうと。 アレックスの射殺に対しても周囲からの評価はおおむね「よくやった」的な感じにフラットで、人間の合理主義って残酷なのだということがさらっと描かれているような気がしました。 

情報過多になった原因は、たぶん前述したエピソードの削除にあるのでしょう。 今回省いたエピソードの代替足り得る何かを補完する必要が生じ、それを視覚ではなく文章、つまり「セリフ」で補おうとしたために、ものすごいセリフ量になったんじゃないかなって。 これは見る側に膨大なセリフを頭の中で処理することを強いるわけで、なかなかにハードル高いです。 もうちょっと作画の力に頼る形で整理した方が良かったのでは?とは思うけど、素晴らしかったのは主役の中村さんとラスボス(笑)の櫻井さんの渾身の演技。 お二人がすさまじいほどの「説得力」を乗せて喋ってくださるので、一歩間違うとただの言葉の羅列になってしまいそうなセリフが、きちんと「情報」「感情」として伝わってくる。 これがクラヴィスたちが感じ、考え、ぶつけ合った思想の話なのだとよく伝わってくる。 私としては、この演技を聴くだけでも価値があると思いました。 


ただ、物語が合理的に物事が進んでいく中で、クラヴィスがルツィアに示す愛情だけがちょっと唐突だったような。 いや、ルツィアさん超美人だし知的だしどことなく薄幸な雰囲気だし(ここ重要)、惚れるのに文句はまったくないのですが、いつの間に?という疑問もぬぐえない。 で、ちょっと思い出したのが、クラヴィスがジョンに捉えられた時に、何らかの文法を使われていたっていうこと。 まったくもってうろ覚えなんですけど、虐殺器官を刺激されたのかと怖れるクラヴィスに対して、感情だか本能だかに作用するだけの生ぬるい文法だよ(超意訳)、的なことを言っていたので、もしやその文法がスイッチだったのかなーとか勝手に想像してました。 もしそうだとしたら、恋ってそんな風にあっけなく生まれてしまう、ごく生得的な感情だということです。 虐殺器官と同じように。 人間には、いろんな可能性が秘められているわけです。


ところで私は「ファム・ファタル」という言葉の意味を「運命の女(ひと)」という認識でいたのですが、ウィリアムズがルツィアをさして言った「ファム・ファタル」は何か意味が違いそう、と思ってたら――「男を破滅させる魔性の女」。 こっちか! 一目で見抜くとかウィリアムズさん恋愛経験どれだけあるの!?とちょっと楽しくなりましたが(笑)、結果的にこの評価は正しかったわけですよね。 クラヴィスもジョンも、結局は彼女の「言葉」を大切にしたからあの選択に至ったわけで。 もっといえば、妻子を失った直後のジョンをルツィアが救った一言がなければ、世界の現状はもっと違ったかもしれなくて。 そういう意味では、二人にとってのルツィアは「男を破滅させる魔性の女」なのではなく、やはり「運命の女(ひと)」だったのだろうと思うのです。 たとえ、世界を狂乱にひきずりこむのだとしても……。 そんな訳で、クラヴィスとジョンの共闘ともいえるあのラストは私の中ではとても自然な流れでした。 たぶんあの瞬間、世界中で二人にしか理解できないロジックがあったんじゃないかなって。 


人間には虐殺をつかさどる器官が存在する。 そして、その器官を刺激する文法も存在する。 文法は頭の中で生まれ、生まれた文法により虐殺器官が活性化され、現実世界は悪夢と化す――まるで地獄のように。 ラストで暗示される狂乱の世界は「頭の中で」作られると言い換えることも出来るわけで、私にはアレックスの「地獄は、頭の中にある」という言葉がある種の予言のように思えてなりませんでした。 アレックスについてはもっと象徴的に描いても良かったんじゃないかと思うのですが、それでも彼のあの言葉に世界が集約されていく構図は、なんとも言えず凄かった。 ジョンに「戦闘に物足りなさを感じている」と指摘されたクラヴィスにとってはこれからこそが本領を発揮する舞台になるはずで……ある意味、誰よりもつよく「虐殺器官」を刺激されたのはクラヴィス自身ということになるんだろうな。 私はその物語を選択する彼を見守ってしまったけれど、願えるのであれば、せめて「子供を殺せますか?」という質問に対して盛大にノーを言える彼になって欲しいと思うのです。


(余談だけど、三部作の中では「屍者の帝国」が好みだったなー。 映像がとにかく綺麗で、世界観としてよくまとまっていたと思うのです。 ちょっとBLな雰囲気もあったけど私は気にならなかった…。 そういえば「ハーモニー」はちょっと百合っぽくて「虐殺器官」はふつうに男女愛? 三部作すごいな… ←ラブコメ脳患者の発想)




屍者の帝国 [Blu-ray]

屍者の帝国 [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.02.07
アニプレックス (2016-02-03)

ハーモニー [Blu-ray]

ハーモニー [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.02.07
アニプレックス (2016-03-09)



スポンサーサイト


映画 『屍者の帝国』 の感想

屍者の帝国



『 求めたのは 21グラムの魂と 君の言葉 』


<感想>
人間は、死ぬと体重が21グラム減ることが確認されている。 失われたその重さこそ、人を人たらしめる「魂」の重さなのではないか――。 19世紀末、死者を肉体的に蘇生する技術が発達し、主たる労働力の担い手として「屍者」を活用することが広まっていたロンドンで、医学生・ワトソンは親友であるフライデーの死体を違法に屍者として蘇生させた。 だが当然のごとく、フライデーは意思を表す「言葉」をもっていなかった。 魂の蘇生へ強い意志をみせるワトソンを見込んだ諜報機関ヴォルシンガムは、彼に屍者技術を生み出したヴィクター・フランケンシュタイン博士の手記の捜索を命じる。 肉体だけではなく、生者同様の意思と言葉を持つといわれる第一の屍者「ザ・ワン」を生み出した技術こそ、魂の証明につながるのではないか。 ――すべてはフライデーが唱えていた「21グラムの魂」を証明するため。 そして、フライデーと再会するため・・・。 ワトソンは手記を求めて、世界をめぐる危険な旅に出る。 そこで彼が得るものは、果たして・・・?


というわけで、劇場版オリジナルアニメーション作品 『屍者の帝国』 を観てきました。 10月2日(金)の公開初日だったからか、レイトショー時間でも田舎にしてはけっこうな集客。 私は「どうしても初日に観たい!」と意気込んで行ったわけではなく、先に公開されていた『心が叫びたがってるんだ。』の上映館行きのバスを仕事で逃してしまったのでこちらになった・・・という消去法だったんですが、こちらも観たかったことに変わりはなかったので、結果として初日に観れたのは嬉しかったです。 ちなみに私は原作は未読。 この作品が夭逝した作家・伊藤計劃の作品の劇場アニメ化プロジェクト(Project Itoh)第1弾であることしか知りませんでした。 でもって映画を見終えた後に、そのプロジェクトの第2弾の制作会社が倒産してまさかの企画延期の危機にあることを知ったので・・・・・まぁいろんな意味で初日に観れたのはタイムリーだったかも。

続きを読む



アニメ 『それでも世界は美しい』 の感想/第2話 『雨の公女』


それでも世界は美しい 1 (花とゆめコミックス)


*書影はコミックス


『 届けておくれ、渇える王に――それでも世界は美しい 』


<あらすじ>
アメフラシの能力を買われて辺境の公国から世界の大国へ嫁いで来たニケ姫。 やっとの思い(?)で出会えた『太陽王』リヴィウス1世はまさかの13歳の少年! 驚いたニケだけど、それ以上に彼の瞳に宿る子供らしくない暗い影が気になって仕方ない。 人を信じず近づけず、世界を手にしているくせに世界に興味がなくて・・・そんな太陽王のことが何故か放っておけないニケは、命を狙われたリヴィウスを体を張って庇ってしまい――!?


<感想>

やばい、2話も面白かったです!!
(註・いや別に何もやばくないですから・笑)

アニメ化しようがしまいが原作が好きなんでこの作品を愛せる自信はあったんですけど、それにしても楽しいです! 大好きなキャラクター達をスタッフさんたちが同じように愛して作ってくれてるんだなぁと伝わってくるので、それがホントに嬉しい☆ 

今回特に、楽しみにしてたアメフラシのシーンが見れたし、ずーっと聞きたかったニケの『アメフラシの歌』も聞くことが出来たしで、それはもう本当に良かったです! ニケの魔法でバーンと雲が広がり、土地と人を潤していく演出はアニメの見所といっても過言ではないわけで、案の定見応えありましたー。 まぁあの量と時間で火事が収まるのか?という疑問は原作のときからずっと抱いていますが(笑)それは邪推!無粋!ということで気にしちゃダメです(ダメダメw)。 

だって私、音楽流れた瞬間に泣きましたもん。 いえ、歌が始まる前、ニケが雨を請う台詞を耳にしたときから泣いてたかもしれない。 大切なのは、ニケの中にちゃんと届けたい想いと景色があって、それが相手に伝わることを願い信じているっていう事実だけです。 リビに、世界に、愛しさを伝えようとするニケの心だけなんです。 それを表す曲が本当に素敵すぎて、私さっきっからあのシーンをずっとリピートなんですけど、ずっと扱いに困っていたPS3の120倍速機能がめちゃくちゃ役立ってます(どうでも良いだろ・笑)。 いやマジであっという間に巻き戻してくれるんですけど、気を抜くと戻しすぎてニールとニケの馬車でのいちゃいちゃ(←違w)を何度も見るハメになるというw まぁそれも楽しいですけどw(何かいろいろ違う!・笑)


冒頭からニケが何度かリビのことを「子供らしくない目だ」と評してるんですけど、シーラ様と一緒にいるときの幼いリビは本当に安心しきった瞳をしていて、あの光がどうやって失われたのかを考えると、いろいろ切なくなりました。 幼いリビは、世界の美しさに対する「実感」をきちんと持っていた。 シーラ様と一緒に、世界の不思議(=雨)を見てみたいと思える子だった。 ――それなのに、その「実感」を奪ったのは、権利に目がくらんだ「大人」なんだっていう現実が切ない。 王様だろうと何だろうと、世界の美しさは平等にあるはずなのに。 


でも、だからこそ、空に架かった虹を呆然と見つめるリビの姿に嬉しくなりました。 彼の中にはまだ、「実感」が残っていたんだなって。 だいぶ疲れて磨り減っていたけれど、ニケの歌を聞いて思い出せる分だけは、ちゃんと残っていたんだなって。 ラスト、思わずつぶやいた「眩しい…」に込められていたのは、ニケが美しいと見せてくれた「世界」そのものへの賛辞だけではなく、母との思い出と、そこで微笑んでいた幼い自分に対する郷愁だったんだと思います。 リビはふたつの瞳を腕で覆って私達に見せてはくれなかったけれど、あれは涙を隠すためだけではなくて、シーラ様と微笑みあったときの光が少し戻っていることを知られたくなかったから、でもあると思うのです。 そして、その事実にいちばん動揺したのもまた、リビ本人なんだろうな。 ニケのアメフラシが潤すのは世界そのものだけではなく、世界を構成する人の心でもある。 そしてリビ本人が流した涙も、彼自身の心を潤すのだと思います。


それにしても。 原作はニケとリビの二人がメインで、そこにニールさんとか各話のメインゲストが絡んでくる感じで進んでますが、アニメは周囲の人にもちゃんとアイデンティティが与えられてて面白いです。 原作はニケとリビという「世界の中心」を描き、アニメは「中心をとりまく世界」を描こうとしている、って表現すれば良いのかな? ニケに仕える三人官女や料理人さんがちゃんといて、なんだか役割がわかんないけど三賢者っぽい人たちがいて(幼いリビの後見人ってことかな?)、物語を厚く彩ってくれてる気がします。
 

ただその分、ニケとリビのいちゃいちゃ成分が足りないー! 敢えて省いてあるんだろうなっていうのは2話の構成で理解しましたけどね。 原作だと、リビの優しさに触れたニケが馬車の中でデレたり、虹の後にエピローグ的なラブラブっぷりがあるんですけど、確かにアニメだと前述したとおり二人だけに視点をフォーカスしてないない分、その展開はまだ早いんですよね。 ・・・まさか、エンディングでリビの全身裸体をさらすようなスタッフさんが、単なる倫理観からニケとリビの同衾(w)を許さなかったわけじゃないと私は信じてますから!!(笑) あ、でもでも、それ以外の台詞は原作に忠実に作られてて原作ファンも安心ですよ。 

あと、先週予想したとおりオープニングにはちゃんとリビ(とニール ←おまけw)がいたー!! 歌詞の「やっと見つけた」に合わせてニケがリビを見つけ出すタイミングの良さとか、ニケのやわらかい視線を受けて微笑みを返すリビとか、ラブコメ脳を刺激して止みません! 世界は在るだけで美しいけど、「誰と」見るかによってまったく違う世界になってしまう。 どうせなら、好きな人と一緒に見つけたほうがより美しいに決まっています。 ニケとリビがどんな風に世界と関わって見つめていくのか、次回も楽しみです。

追伸。
次回は第3話「関白宣言」ですから。 13歳に関白宣言とかある意味されてみたいですからっ!(笑)





アニメ 『それでも世界は美しい』 の感想/第1話 『晴れの大国』


それでも世界は美しい 1 (花とゆめコミックス)


*書影はコミックス



『この国の空気と、仲良くなれたかも』


<あらすじ>
即位からたった3年で世界を治めた「太陽王」リヴィウス1世。 彼は民に篤い治世を行うがその冷酷で強引な手法は国内外問わず政敵を増やし、民からも畏怖されていた。 そんな彼が辺境の小さな「雨の公国」に自治権を認めたからさあ大変。 自治権と引き換えに要求されたのは、公女との結婚! めでたく(?)ジャンケンで負けてしまった第4公女・ニケは、悪名高き謎めく「太陽王」の「お嫁さん」になるために渋々晴れの大国へ赴くことに。 初めて訪れた国の空気はピリピリと乾いていて、まるでニケを拒むように突き刺さる。 しかも、やっとの思いでたどり着いた王宮でニケを待っていた「太陽王」は、彼女の想像とはまるで違っていて――!?


<感想>
感想を一言で言うとアレですよね。

「これ、私が知ってる『それせか』と違う・・・!!」 (←笑)

いや、良い意味で裏切られました! 1話目面白かったよー!!

白泉社少女マンガのしがない一ファンとして語っちゃいますと、花とゆめレーベルの特徴って、1話目の冒頭数ページで物語に引き込んじゃう圧倒的な吸引力にあると思うんです。 ただ、だからこそ出落ちにもなりやすくて読みきり向き、ではあるんですよね。 私はその特徴こそが魅力だと思っているんですけど、誰もがそう感じるわけじゃないし、このノリには向き不向きがあるのも確かだと思う。 なので、1話目を「そう」しなかった椎名さん(*原作者。アニメ用にネームをきりなおしたらしいです)とアニメスタッフさんの選択は正しいと思います。 実際、楽しかったし!! 


晴れの大国と雨の公国という舞台の違いを、ニケが「肌も口も、ピリピリする。掴み難い」っていう台詞で端的に表現してるのもいいし、ニケの性格が騙されやすくて絆されやすくてケンカっ早くて人情に篤い田舎者(笑)だっていう魅力も余すところなく描かれてて、原作知ってる私も惚れ直した感じ。 自治権をめぐる権謀術数や、リビの王様としての技量もきちんと描かれたので、今後どうしてニケやリビにゴタゴタが襲いかかるのか?という意味で物語に深みが出たんじゃないかな。 ・・・あれ、私ベタ褒めですね。 何だか1話がすごく楽しかったみたいです(←今気づいたのか!・笑)。 


あ、あと、ちゃんとオープニングがあったのも嬉しかったー!! 今期のアニメ1話をいろいろ見てるんですけど、1話目でOP作らないパターンも多くて残念だったんですよねー。 OPは大事ですよ、作品の顔ですよ!! しかも今回は、1話目のラストで明かされる「太陽王」の正体が伏せられているからかOPがニケの独壇場でまさかのヒロインアピールばっちりで、個人的にはリビの方がヒロインだと思ってるりるさん的には嬉しい誤算でしたw(待てコラ・笑)。 たぶん2話目OPからはリビがちゃんといるんですよね? そしてニケの柔らかい目線の先にはリヴィの姿があるんですよね!?とラブコメ脳が今から止まりません!(笑) 同じ物語を紡ごうとしたときに、マンガにはマンガの、アニメにはアニメの「良さ」が必ずあるはずで、1話はOPも含めてその「良さ」が引き出されていたと思います。 まぁその分、あのエンディングは良いのかっていう別の問題が・・・まさかのリビ裸体・・・(笑)。 これはアレですよね、本編内でもヤツは脱ぎますよっていう明確なフラグですよね? どこ目指してるんだスタッフさんGJじゃないか・・・っ!!(←期待・笑) 


あとはやっぱり、ニケとリビがとにかく可愛い!(*>ω<*) 実は私、原作を読んでるときからリビの声は信長くんだったので、このキャスティングには大興奮だったのです(笑)。 一言だけだったけど(モブ声はありましたよね?)、「私が聞きたかったリヴィがここにちゃんといるーーーーー!」と身悶えがとまりませんww ニケは具体的にイメージはなかったものの、声聞いたらバッチリだったので文句なし! 彼女は「声」と「歌」が魅力になるので難しい部分もあると思うけど、ますます楽しみになりました☆ ニールは何だかデキる執事っぽくて逆にうそ臭いところが杉田さん(笑)。 今後ちゃんと壊れてくれると信じてますww あと声といえばあれですよね、ニケを襲うお馬鹿コンビの片割れが白鳥ボイスだったので、「もうちょいコソコソした悪事がいいなぁ」とか「今のままでも幸せぇ♪」とか、あぁ久々の変態ボイス!(褒め言葉!)と幸せでした(待て待て・笑)。 


というわけで、全体的にとても楽しかったのですが、難を言えば作画ですかね。 もうちょい頑張って貰えたら完璧でしたが、そもそも原作の椎名さんが描き飛ばす作風なのでむしろ合ってるのか?(←違)。 いずれにしろ、私はリビがニケにデレデレのめろめろになる日を楽しみに、ひたすらアニメを楽しもうと思います!(宣言!!・笑) 





新海誠 劇場アニメ 『言の葉の庭』 の感想



『 ――ユキノさん 』


<ご紹介>
新海誠監督のアニメーション映画。 同時上映「だれかのまなざし」。 公式サイトは こちら
梅雨入りをしたある日の朝――靴職人をめざす高校生・タカオは、美しい日本庭園の四阿でひとり缶ビールを飲む女性と出会う。 靴のスケッチに没頭しつつも、どこか謎めいた雰囲気のある女性が気になるタカオ。 ふと、どこかで出会ったことがあると感じたタカオに、女性は一篇の和歌を残して去っていく。 この日から、二人は約束もないままに雨の日だけの逢瀬を重ねるようになる。 優しい新緑と溢れるほどの雨の中で、少しずつ近付く二人の距離・・・タカオは誰にも話したことのなかった靴への情熱を打ち明け、女性も「居場所を失くしてしまった」と告白する。 その姿に、彼女がまた歩き出したくなるような靴を作りたいと願ったタカオの心には、名も知らぬ女性への確かな思慕が生まれていた・・・。 



続きを読む



☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。