スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


辻村七子 『宝石商リチャード氏の謎鑑定』 の感想


宝石商リチャード氏の謎鑑定
『宝石商リチャード氏の謎鑑定』



辻村七子



集英社オレンジ文庫




「……お前、よく俺のロイヤルミルクティー飲んでくれるよな」
「はあ?」
「だって本家本元の方が断然うまいよ。何でこんなにうまいんだろうな?」
「誰かにいれてもらうお茶は、それだけでおいしく感じるものですよ」
俺が目を見開くと、リチャードはすいと目を逸らした。
「あのさ、意外と照れ屋?」
「やかましい」
午後六時に店を出て、おつかれさまでしたとお互い一礼をしたあと、リチャードは黒いキャリーケースを引いて、銀座の町に消えていった。
*本文より引用*


<ご紹介>
美貌の宝石商と「正義の味方」な大学生の、宝石にまつわる謎をめぐる短編連作。
困っている人を助けたい――そんな想いを胸に抱いていた大学生の中田正義は、ある深夜、酔っ払いに絡まれていた外国人男性を救出したことで人生の転機を迎えることになる。 リチャードと名乗ったその男性は、真夏の太陽さえも恥じ入るような美貌を誇り、たいていの日本人よりも美しい日本語を操った。 そして宝石商だと言う。 ずっと心に澱を残していた指輪の存在を思い出した正義は、リチャードに祖母の形見の真贋について鑑別を依頼する。 たった一つの秘密のために、小さな嘘をついて。 リチャードが導き出した正義の宝石の秘密とは……?


<感想>
ずっと気になっていて、でも読んだらハマりそうで怖くて手が出せないでいたのですが、その予感は正しかったようで、私はここ2週間くらいずっとこのシリーズしか読んでおりません(笑)。 2018年8月時点でシリーズ7作目まで発表されているのですが、とりあえず一度7作目まで通して読んで、また1作目(当記事の作品です)から読み返して、3度目の読みに入りながら、今これを書いております。 どんだけだ(笑)。

というわけで、宝石と人情と、その狭間に揺れる謎を描いた物語です。 1巻の時点では短編連作のような流れになっていて、各話で1つの宝石をモチーフにしながら、人間関係の軸が深まる方へ流れていく感じで進みます。 最初のお話は前述したとおりでして、その後の連作も含めて、リチャードさんの元でアルバイトをすることになった正義くんの一人称で物語は進みます。 つまり、彼の目を通して世界を、人を、宝石を、そしてリチャードさんを見ることになるのですね。 これがなかなか、贅沢なのです。

正義くんの目線で見る世界は、いつもちょっと朗らかです。 前向きで明るくて、勉強も武術もできるのに気取ったところが皆無なので、素敵なことも嫌なことも、素直に感じ取る気持ちの良い語り口が私は好きです。 もちろん暗くなることも落ち込むこともあるので、そういう時は普段の反動で私まで辛くなる。 つまり、とても共感したくなる人なのです。 「つらさにはグラデーションがある」と人を思いやり、パパラチア・サファイアの色を「夕焼けの茜雲を溶かし込んだような」と伝えてくれる。 上記あらすじでもリチャードさんの美について「太陽も恥じ入る」と書いたけど、あれは7作目で使われた比喩ですね。 正義くんが何かを表現するときに使う比喩表現はとても幅広くて、感受性の豊かさにも表現力にも、ひたすら感動するばかりです。 いずれも自分の中から探し出せない言葉だし、正義くんの見ている世界は深遠で、綺麗で、新しい価値観を授けてくれる。 とても贅沢な視界を分けてもらっているなぁって思うのです。 この作品の読み心地がよいのは、彼のおかげだと言っても過言ではないな、と思いながら読み進めていました。


それからもう一つ大好きなのが、正義くんとリチャードさんのニヤニヤが止まらなくなる会話劇です。 もうこれは断言するけれど、みんなお好きなのではないでしょうか!?(笑) 冒頭でも引用しましたあれとか、それとか、これとか、何かもういちいち面白い。 どこまでも美しい敬語を操って、時に優しく、時に気障ったらしく、時に照れを滲ませながらも流暢に話すリチャードさんと、基本直情型で表現力に優れていてでも壊滅的に自己評価の出来ていない正義くんの会話は、噛みあっていても噛みあっていなくても面白いです。

そして何よりも、正義くん目線で見るリチャードさんの美しさが半端ないです! 世界の造形の在り方を凌駕するほど美しさは、私の脳内ではどうやっても補完できないレベルなので、いつも表紙の雪広うたこさんが描かれるリチャードさんを思い描きながら読んでいました。 美しすぎるだろ……!!(目の保養・笑)  きっと正義くん目線で見なくてもリチャードさんはお美しいのだと思うのだけど、世界で一番彼を美しいと思っている男の視界を借りるわけだから、想像力の限界を軽く超えてしまうのです。 っていうか、彼がどれだけリチャードさんを美しいと思っているのかが、語りの“端々”どころか“あちこち”から伝わってくるのも大好き。 だって何度も、本当に何度もリチャードさんの美について語っているのに、都度都度表現が違うんですよ?すごくない!?(興奮・笑) むしろ語りの半分はリチャードさんを褒め称えてるよね!?とツッコミ入れながら読んで楽しんでおります(笑)。 どうやら恋愛的な想いではないとのことですが、何故か褒め言葉がプロポーズのようになってしまう愛情表現がまた楽しい。 「ただのいちゃいちゃなのかな?」と勘ぐりたくなる私の腐った部分(笑)をグッと抑えつつ、いずれにしろ微笑ましくてニヤニヤが止まらなくなるやり取りが大好きです。


えーと、物語の部分のお話をしましょう。 謎物語としては、ライトです。 謎があってトリックがあって……というテイストのお話は少なくて、宝石と共にある人の想いを解きほぐし、もう一度織り上げるような物語ばかりです。 読んでいるとしみじみ思うのですが、宝石も人も、少しでも接し方を誤ると傷ついてしまうような繊細な存在です。 でも基本的には、どちらも強く輝く光を秘めているし、傷ついてももう一度磨くきっかけさえあればより美しくなる。 人それぞれに異なるその「きっかけ」となるを、謎という海の中からリチャードさんが掬いあげて、そんなリチャードさんを正義くんが癒して――そうやって紡がれるのは、結局は「縁」なのかなぁと。 作中でもたびたび登場する人がいたり、思わぬところで繋がりがあったりして、そういう「縁」こそなかなかに「謎」だと思うのです。 出来事にしろ人間関係にしろ心のなかの想いにしろ、見えない繋がりのことを謎と呼ぶのではないだろうか。 この作品を読んでいると、そんなことを感じてしまうのでした。


あとはやはり、宝石の存在感ですよね。 私はもともと石を見るのは好きでしたが(詳しくはない)、「宝石」になってしまうと途端に手が届かない感が強くなってしまってあまりちゃんと見たことはありませんでした。 でも作中には様々な由来と輝きを持つ宝石がたくさん出てくるのですっごく興味深い。 再読中はスマホの画像検索を駆使して、そこにその宝石があるかのように感じながら読んだりしてました。 美しいことが宝石の定義だという認識、宝石の歴史に隠れた麻薬取引の影、価値を創造するということ。 作中で語られる宝石についての小話はどれも興味深くて、正義くんよろしく図書館でがっつり調べ物をするようになるくらいにはハマりました(笑)。 今欲しいのは宝石図鑑です(笑)。 宝石は……今はまだ、買えないけれど、いつか「これ!」っていう物に出会えたらぜひ買ってみたいなと思いました。 実物を見てみたい度ナンバー1は、やっぱりパパラチア・サファイアです。 正義くんとリチャードさんの出会い、そしてそこから連なる物語のきっかけとなった美しく稀少な石を、いつかこの目で愛でてみたいなぁと思う今日この頃なのでした。


さて。 ここまででも十分長くなりましたが(ちなみに書こうと思えばまだ書けます。自重した結果がこれ)、以下からは各話語りが始まります。 これがまた長い(笑)。 興味のある方は覚悟してどーぞ。

続きを読む

スポンサーサイト


芝村裕吏 『キュビズム・ラブ 悩める博士と恋する小箱』 の感想

キュビズム・ラブ・小説版
『キュビズム・ラブ 悩める博士と恋する小箱』


芝村裕吏
松本テマリ(イラスト)

エンターブレイン ビーズログ文庫
2012年7月26日 初版発行/¥560+税




「大丈夫、いいことありますよ」
典子は元気に言った。黒い箱だけの姿になっても。
誠志郎は黒い箱を見た。黒い箱をなでたい気持ちになるが、がまんする。だいたい箱をなでたいってなんだと思う。
「まあ、がんばって成長する。今日は帰る」
「はい。あの」
席を立つ誠志郎に、典子は声をかけた。
すこしもじもじする。考える。誠志郎はじっと待っている。
「なんだ?」
「お大事に」
誠志郎は何かを言おうと思ったが、とりあえず微笑んだ。筋肉が萎えてないといいと思いつつ。
「……ありがとう」


<感想>
コミックス『キュビズム・ラブ』を原作者がノベライズするという、逆輸入的な(笑)小説だったりします。 ちなみに読んだのは文庫版。 発売当時に買おうか買わないか迷ったんだけど、マンガ版だけでも充分楽しめてるし、読む時間を確保しづらい時期だったので買わなかったんですけど、こんなに面白いなら最初から読んでおけば良かった!!ってくらい楽しめました。 マンガでも、小説でも、典子ちゃんと篠田先生の関係はとても優しくて温かみがあって、思わず心がほっこりしちゃいますね。 
なお、コミックス版の感想は↓こちら↓です。
 ⇒松本テマリ/芝村裕吏『キュビズム・ラブ・1』の感想
 ⇒松本テマリ/芝村裕吏『キュビズム・ラブ・3』の感想

続きを読む



『ダ・ヴィンチ5月号(2011年)』の感想

ダ・ヴィンチ5月号

『ダ・ヴィンチ5月号(2011年)』

メディアファクトリー
2011年4月6日/¥467+税





<感想>
『図書館戦争』 シリーズ文庫化を記念して企画された特別対談 『児玉清×有川浩』 のためだけに購入しました! 私はそもそも有川作品のファンですが、それ以上に児玉清さんの大ファンなんですよ! この組み合わせで買わないはずが無いっ!!(笑)  しかし 『ダ・ヴィンチ』 って約2年の間隔で私にツボな企画が来るようで、前回の購入は 『2009年3月号』のCLAMP特集、 その前は 『2006年12月号』の少女マンガ特集 でした。 毎回分かりやすい購入動機だなぁと我ながら感心です(えー。  そして今回も情報をくださったのは、前回までと同様にbonoさんでしたw(4/9に教えてもらって、4/10には買いに行った私。偉い・笑) 師匠、スペシャルサンクスですっ!!  最新号の感想なので、「続きを読む」に収納しますー。

続きを読む



tags: 有川浩

森崎 『短気な男子学生と無関心なクラスメイト』の感想(ネット小説)



「 今までありがとう、お兄ちゃん 」


<感想>
『短気な男子学生と無関心なクラスメイト』 は、大好きな小説サイト 『Tiny garden』様 の最新作、でした。 先日めでたく完結されたので、感想を。 

『Tiny garden』 様は、森崎さんが紡いでらっしゃる恋愛・青春小説のサイトです。  『懸想する殿下の溜息』 がイースト・プレス社から書籍としても発売されてます。 森崎さんが表現される丁寧な心理描写がとても好きで、どこか潔い決断を下す登場人物の造形にも憧れるくらいに惹かれてしまいます。 私は・・・自分で言うのもナンですが、とても短絡的で楽観的で主観的なラブコメ脳患者なので(笑)、森崎さんの思慮深くて繊細な感覚が生み出す文章は、発想することさえ難しいものなのです。 だから余計に愛しいというか・・・ときどき、その純粋さを味わいたくて過去作品も読み返したりしてます。 間違いなく、一番好きな小説サイト様なのです。 


『短気な男子学生と無関心なクラスメイト』 は去年の秋頃から連載されていたものです。 お話としては、最初はタイトルの通りでした。 短気だけど学校中の有名人である男子学生・新と、彼の挙動に無関心に見える女子学生・春との物語。 二人の関係が実は…… ということが分かった時に (ネーミングがまた上手いんだよね)、なぜ二人がそんな態度を取らなければならないのかが描かれていきます。 率直に言えば、この物語にドラマチックに仰々しく盛り上がるような部分はありません。  ただ、二人が 「二人」 であることについて、何を感じ何を悩み何を選択していくのかが描かれていくだけです。 悩んでいるはずだけど、むしろ淡々と表現されていくので、春と新がお互いをどう思っているのかは、完全に手探りをしながら読んでいくしかありませんでした。 でも、その手探り感そのものが、私はすごく好きだったのです。 だって、実際に誰かと向き合っていく時って、どう頑張っても手探りで進んでいくしかないのだもの。 だから私も、手探りで春と新を知っていく過程が何とも言えず好きだったのです。 


春と新がお互いに抱いていた感情の答えは、最後の行に書かれていました。 私はずっと、そうなんだろうな、と思っていたので、正解だったことは嬉しかったです。 でも、それが実るものではないことも分かっていたので、切なさも倍増でした。 恋の終わりなんて、理由は様々あれども、誰にでも平等に訪れるものです。 だから、春と新の間に生まれた 「終わり」 も、本当は平等なものなんです。 ・・・ただ、当人たちにとっては、なにものにも代え難い 「特別」 なものだったと思います。 何かを選び取るということは、残酷さを併せ持つ行為でもある。 それでも大事なことに変わりはないから・・・最後の新がどこまでも優しかったことも、その優しさを春が全身で受け止めたことも、 「特別」 さを強く感じさせてくれました。 諦めを受け入れて一歩進むなんて、大人でも難しいことをやってのけた二人が、とても素敵でした。


この物語の良さを支えたのは、間違いなく副題にあると思ってます。 連載前に 「携帯電話を握り締めて眠る夜」 とか 「優しい嘘に呑まれないように」 という魅力的なサブタイトルが先に公開されていたんだけど、それらが言葉としてあまりにも素敵だったものだから、見ただけでドキドキしてしまいました。 極めつけは、最終章にもなった 「『好きだよ』、震えた声で紡いだ」 という副題。 一体何が起きるんだろう、ホントどきどきするー!…という感じで(笑)、春と新がどんな物語を紡ぎどんな答えを出すのかが気になって仕方なくて、半年間リアルタイムで読み続ける原動力にもなってました。 お題サイト 「曖昧」 様からの拝借らしいですが、考えた方も選択した方も、どちらもセンス良いなぁと羨ましい限り。 私もお題に沿って小説を書く・・・なんて恰好良いことが出来る人なら良かったのに!と自分を残念にも思ったものです(笑)。 森崎さん、すてきな物語をありがとうございました。 次回作もお待ちしてますw 




懸想する殿下の溜息 (Regalo)
森崎 緩
イースト・プレス

tinygarden01.gif  曖昧バナー



茅田砂胡 『祝もものき事務所』の感想

momonoki.jpg
『祝もものき事務所』

茅田砂胡
(挿画:睦月ムンク)

中央公論新社C★NOVELS FANTASIA
2010年011月25日 初版発行/¥900+税




「百之喜はああ見えて仕事を選ぶ男です。 その男があなたの依頼は断らなかった。 不承不承ながら引き受けたということは、百之喜はわずかでも隆くんが無実である可能性を見出したということなんです」
「わたし……具体的なことは何も話さなかったのに、優秀な探偵さんなんですね」
「とんでもない」
雉名は露骨に顔をしかめた。
「あれは無能と自堕落を絵に描いたような男です。 能力もなければ根性もない。 毎日遊んで暮らすのを理想とするような社会の落伍者なんです。 それでも今は百之喜に期待するしかない」
電話の向こうで江利は絶句した。
仕事上の短いつきあいでも、雉名がこんな冗談を言う人間ではないことはわかっているつもりだが、思わず尋ねていた。
「そんな人に……何を期待するというんです?」
「奴が何かしでかしてくれるのをです」



<感想>
有隣堂のノベルスコーナーに、表紙が見えるように置いてあった本です。 イラストに目を惹かれて手に取り、その後 「あ、茅田さんだ」 と気付いて面白そうだと思い、最後に裏表紙を見て・・・イラストにある美人秘書・凰華さんの横顔 (正確には口元!) の色っぽさに負けて購入しました(笑)。 あ、あと帯! 帯の文句が、 『やる気も根性も能力もない主人公の なんちゃってミステリー!?』 って書いてあるの。 その無能ぶりは私に似てる!と思ったらいてもたってもいられず…(笑)。 えーと、まさにそんな感じの、ライトなお話でした。


物語としては、その無能な主人公・百之喜 (もものき) が営む事務所に、殺人事件の犯人として逮捕された弟の無実を証明して欲しい、という依頼人が来るところから始まります。 その弟には被害者との間にトラブルがあり、愛車からは凶器も発見されていて、事件当時のアリバイもない…という超不利な状況。 気の進まない百之喜は、しどろもどろになりつつも断ろうとするんだけど、それを秘書の凰華さんが強引に引き受けてしまう。 でもその強引さの裏には、根拠はないけれど実績だけは豊富な、百之喜のとある 「体質」 が関係している。 そしてその 「体質」 は玉転がしのように厄介事を増やしながらも、何故か事件を解決に近づけていって・・・というストーリー。


その 「体質」 が何なのかということに関しては、本当に根拠もなければ説得力もないので、読んでる私としても依頼人と同様に 「この人に任せて大丈夫なのか…?」 という不安を抱えながら読んでました。 で、その不安を何とか支えてくれるのが、百之喜の優秀な秘書・凰華さんと、彼の幼馴染、雉名・鬼光・犬槇・芳猿の4人。 オトコ4人で高級飲食店に入って談笑しちゃうような、ダメ幼馴染っぷりが結構ツボでした(笑)。 百之喜は事件を引っ掻き回す役目なので、彼らが事件を捜査していくんだけど、そのやり口がちょっと違法っぽいというか、特殊技術すぎて都合良すぎる感じはします。 だから本当に 「ミステリー」 の謎解き部分を期待してる人には向かないけれど、その分お馬鹿っぽさが楽しくて気軽に読める仕上がりに満足でした。 


それに、何より伏線の使い方がとっても巧いのがスゴイ! 謎への迫り方はライトだけど、実際には伏線がものすごく何気なく張られているので、謎が判明したときの 「あぁなるほど!」 感はしっかり味わえました。 特にラストで判明した携帯電話のくだりは絶妙で、 「あぁそれ中盤で凰華さんが駆使してたじゃん! あれがここに繋がるのか!」 と気持ちよかったです。 何気ない部分にこそ、文章の巧さが隠れてるんだなぁw  凰華さんの人脈術や対人スキルも参考になるし、ちょっと勉強になりましたよ。


それにしても…ここで描かれた 「旧家」 のしがらみって、切なかったなぁ。 気軽に読めると書いたけど、憲子さんが暴露する実体験の部分は、かなり重々しく私たちに訴えてきます。  だって現代の感覚では完全に犯罪ですよ? 人を男女で差別することも、生まれた順 (長男次男) で区別することも、身体的特徴で不要と切り捨てちゃうことも。 ただ、きっとこういう考えって完全に廃れてはいないんだろうな、とも同時に思わされました。 実際私の知り合いにも、長男にしかお小遣いをあげない家ってあるし…。 ここに描かれたのは極端な例かもしれないけれど、その分、私達の中に潜んでいるかもしれない差別意識を徹底的に抉ってくる。 自分はそういうつまらない人間になっていないか?と、もう一度自問するよい機会かもしれないです。 





☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。