スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2017年4月の購入予定


・・・・・・4月の人事異動で自宅近くの部署に転勤になることをずーっと待ち望んでいたんですけど、異動出ませんでした。 私の切実な願いだったんですけどね。 でもまだ諦めない! 数%くらいの確率で発生する10月の人事異動に賭ける!!(笑)。

というわけで4月の購入予定です。 去年・一昨年とたしか4月に発売していた気がして3月から楽しみにしていた本が今回は4月発売ではないと知り、ちょっと絶望的なりるさんです。 『魔女の下僕と魔王のツノ』、楽しみにしてたんですよー! 4月になれば魔女ツノ読めると思ってお仕事頑張ったのにー!!って意気消沈です。 もうこれは、6月(発売だと予想している)を楽しみにするしかないな!!(って、意外とポジティブだった・笑)。


<コミック購入決定分>
4/01 青月まどか 『熱愛プリンス お兄ちゃんはキミが好き・6』 宙出版
4/01 CLAMP 『カードキャプターさくら クリアカード編・2』 講談社
4/07 小嶋ララ子 『犬鷲百桃はゆるがない・1』 講談社
4/14 もとなおこ 『アンと教授の歴史時計・2』 秋田書店
4/17 永椎晃平 『星野、目をつぶって。・5』 講談社
4/23 草凪みずほ 『暁のヨナ・23』 白泉社
4/20 赤瓦もどむ 『兄友・5』 白泉社
4/20 三咲ユウ 『一条要とは関わらない・2』 白泉社
4/21 幸村誠 『ヴィンランド・サガ・19』 講談社
4/25 岩原裕二 『ディメンションW・12』 スクエア・エニックス


<コミック気になる分>
4/04 出水ぽすか/白井カイウ 『約束のネバーランド・3』 集英社
4/06 ハロルド作石 『7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT・1』 講談社
4/18 藤田和日郎 『双亡亭壊すべし・4』 小学館
4/19 蒼木雅彦/柴田ヨクサル 『プリマックス・9』 集英社


<小説購入決定分>
4/15 仲村つばき 『杖と林檎の秘密結婚 新婚夫婦のおいしい一皿』 ビーズログ文庫
4/21 西尾維新 『人類最強のときめき』 講談社ノベルス


<小説気になる分>
3/31 ひずき優 『腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか?』 集英社コバルト文庫
4/20 佐槻奏多 『鳥かごの大神官さまと侯爵令嬢』 一迅社文庫アイリス


熱愛プリンス お兄ちゃんはキミが好き6(ミッシィコミックス NextcomicsF) (ミッシィコミックス/NextcomicsF) カードキャプターさくら クリアカード編(2) (KCデラックス なかよし) アンと教授の歴史時計(2)(プリンセス・コミックス) 兄友 5 (花とゆめコミックス)
約束のネバーランド 3 (ジャンプコミックス) 7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT(1) (ヤンマガKCスペシャル) 杖と林檎の秘密結婚 新婚夫婦のおいしい一皿 (ビーズログ文庫) 腹へり姫の受難 王子様、食べていいですか? (コバルト文庫 ひ 9-16) 



スポンサーサイト


2017年2月の購入予定


2017年2月の購入予定です! うわぁ久しぶり(笑)。 この一覧がないと自分でも不便なんですよね。 じゃあ作れよって感じなので、やっと作れて満足です。 

そういえばこの間はじめて親しらずを抜いたのですが(唐突)、歯医者さんって予約してても呼ばれるまでに時間がかかる経験しかなかったので、待ち時間に読む本をすっごく吟味して持っていたんですが、これがまた予約時間通りに呼ばれてしまい、あっという間に歯を抜かれ、あっという間に次回の予約もお薬も会計も済んでしまうという貴重な経験をしました。 よって、一度として開く時間がなかったのです。

そんな歯医者さんがあるんだ!とうれしく思ったと同時に、その本を読みたかった気持ちを抑えきれず、まだ血が止まらないドロドロした状態のまま帰宅してすぐ読んでしまったということがありました。 あれですね、本に熱中すると血がでてても気付かないみたいで、ふと顔をあげたら唇に血がついてて何のスプラッタだろうって思いました。 あれは怖かった・・・という相変わらずオチのない話です(笑)。 あ、親しらず抜くはそんなに痛くなかったです。 上の歯ならそんなに痛くないんですって(症状や個人差はあると思うけど)。


<コミック購入決定分>
2/01 小田原みづえ『大正ロマンチカ・14』 宙出版
2/03 仲野えみこ『劉備徳子は静かに暮らしたい・1』 白泉社
2/07 小田すずか/西尾維新『美少年探偵団・2』 講談社
2/13 リカチ『明治メランコリア・10』 講談社
2/17 加藤元浩『Q.E.D.証明終了iff・6』 講談社
2/17 加藤元浩『C.M.B.森羅博物館の事件目録・34』 講談社
2/20 ミユキ蜜蜂『なまいきざかり。・9』 白泉社
2/20 伊沢玲/津山冬『執事様のお気に入りEncore!』 白泉社
2/20 伊沢玲『百花万華鏡・1』 白泉社
2/28 椎名軽穂『君に届け・28』 集英社


<コミック気になる分>
2/03 尾田栄一郎『ONE PIECE・84』 集英社
2/03 出水ぽすか/白井カイウ『約束のネバーランド・2』 集英社
2/03 小畑健/大場つぐみ『プラチナエンド・5』 集英社
2/07 びっけ『ヤギくんとメイさん・2』 講談社
2/14 石黒正数『それでも町は廻っている・16(完)』 少年画報社
2/17 永椎晃平『星野、目をつぶって。・4』 講談社
2/17 藤崎竜/田中芳樹『銀河英雄伝説・5』 集英社


<小説購入決定分>
2/01 岐川新『巫女華伝 恋の舞とまほろばの君』 角川ビーンズ文庫
2/14 綾辻行人『人間じゃない 綾辻行人未収録作品集』 講談社ノベルス
2/15 夕鷺かのう『(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~未来へ続く協奏曲(コンチェルト)~』 ビーズログ文庫


<小説気になる分>
2/01 かたやま和華『猫伯爵の憂鬱~紅茶係はもふもふがお好き』 集英社コバルト文庫
2/20 黒湖クロコ『お守り屋なのに、私の運が悪すぎて騎士に護衛されてます。』 一迅社文庫アイリス




大正ロマンチカ 14 (ミッシィコミックス/Next comics F) 劉備徳子は静かに暮らしたい 1 (花とゆめコミックス) 執事様のお気に入りEncore! (花とゆめコミックス) 百花万華鏡 1 (花とゆめコミックス) 
巫女華伝 恋の舞とまほろばの君 (角川ビーンズ文庫) (仮)花嫁のやんごとなき事情 ~未来へ続く協奏曲~ (ビーズログ文庫) 猫伯爵の憂鬱 ~紅茶係はもふもふがお好き~ (コバルト文庫) 


今年もよろしくお願いします!というご挨拶と雑記です。


11周年のご挨拶をして以来、まったく更新できていませんでしたが、生きていますこんにちは・・・。

何ていうかもう、「ケンカ中の恋人に顔を合わせる勇気がないの!」とか言ってる友人に対して、「いいから早く謝ってきなよ!」と発破かけてた過去の私を叱りつけたいくらい、今、「合わせる顔がないわぁぁぁぁぁぁ」と思っているりるさんです。 そんな軽々しく謝れないですよね・・・。 謝りたくないんじゃなくて、だって11周年お祝いコメントとかいただいておきながら放置!とかしていた自分が酷すぎて痛すぎて、どうしたらいいのやら・・・という感じです。 本当にすみませんでした。 ということを後でコメント欄に返信しておきます。

というわけで、新年もあけましてだいぶ経過してしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします、というご挨拶です。 こんな不甲斐ない私ですが、本当によろしくお願いいたします!!

挨拶だけ詐欺にならないように、今いちおう感想も書いてますので、そのうち・・・そのうちアップします・・・ね・・・。

12月は一日の半分くらい働いて、さらに三時間を通勤に使ってたので、人間生活をするための時間が九時間くらいしかない状態が続いていました。 世の中にはもっと働くひとがいるので「そんなの甘いよ」って言われるかもしれないけれど、私の中では「もうこのまま死ぬんじゃないか・・・」と結構本気でメンタルが弱っていました。

でもそこは、会社のストレスチェックでもびっくりするくらいの低評価(つまりストレスが少ない)をたたき出したりるさんなので(笑)、アニメやゲームにハマりまくることで無事に生き延びることが出来たようです。 12月はね・・・アニメの『マジきゅんルネッサンス』にハマり過ぎてしまい、まんまとPSVita本体を買ってまでゲームを遊び倒し、通勤電車の中で録画を見て、通勤電車の中でDLした主題歌やキャラソンを聴く毎日でした。 本当にありがとうマジきゅん! おかげで生きてるよ!!(誇張でもなんでもない・笑)。 もちろんブルーレイも全巻買いますからね~w

ところで、宝島社さま『このマンガがすごい!WEB』で毎月更新されているアンケートですが、今月は初めて投票を忘れてしまいました。 なんか申し訳ない・・・。 が、投票したとしても『カードキャプターさくら・クリアカード編』しかランクインしなかったな、というくらいのかぶりのなさでした。 昨日更新されていますので、良かったらご覧になってください。

ではでは、また近いうちに!





11周年、ありがとうございます

▼感謝

『空夢ノート+』は2016年9月4日で11周年となりました。
この間ご来訪くださった方々、優しく楽しいお言葉をコメントしてくださったみなさま、
お世話になっているリンク先の方々、
本当にありがとうございます!!

仕事のせいでほぼ更新できていないこのブログですが、
何気に活動を続ける気でおりますので
これからもどうぞよろしくお願いします。

私が勝手に発信している「好き」が少しでもみなさまのお心に届いて、
その作品を「好き」になっていただければ、この上ない幸いです。


▼日記
こんばんは! 私の仕事を減らすために4月に雇ってもらって5か月間教えてきた新人さんが、他の担当に回されることになってしまい、結局仕事が減らないまま新人指導だけしてたんだなー私・・・と遠い目をしたくなったのが近況だったりします(笑)。 上司がさんざん謝ってくれましたが、別に仕事上のことなので謝る必要はないのです。 仕方ない、と割り切って今月からまた一人で処理してるのですがこれが結構大変で、知らず知らずのうちに新人さんが戦力になってくれてたんだなーとちょっと嬉しくはなりました。 が、その戦力ももういない・・・先週毎日11時間働いても終わらないんですけど、これからどうなるんだ・・・(ホントにただの事務職なのに!笑)。

そんな感じで実生活が荒んでいるので、「物語」に触れることが本当に癒しになっています。 本来はミステリとか設定がしっかりした青年誌系のマンガも大好きなのですが、癒しを求めるあまり少女マンガや少女小説が多くなっています。 アニメも、軽い設定で楽しく見られるものが多いですね。 

そんな中、何といっても最近のマイブームは、映画 『君の名は。』 ですよ! 今ちょっと世間でも話題になってますよね。 私は公開初日の朝いちばんの回で観に行って、あまりに良かったので今日また観てきました。 1800円払ってでも観たいです。 もしまだご覧になってなくて、りるの「良かった!」を信じてみてもいいかなっていう人がいらっしゃいましたら、ぜひ全力で後押しさせていただきます。 普段アニメを観ないという人でも、「物語」が好きな人であれば、全方向的にオススメです。 これは本気で感想書きたい・・・頑張らねば!

ちなみに『君の名は。』は新海誠監督作品なのですが、私の新海作品初体験は 『言の葉の庭』でした。 
新海誠 劇場アニメ 『言の葉の庭』 の感想
さっき読み返してみたらこれがまたよく書けた感想だったので(自画自賛・笑)、興味のある方は、良かったら(笑)。





2016年9月の購入予定

前の投稿で 「あとで9月分も」 と書いた購入予定です。  「あとで」 の定義にもよりますが、だいたいOKな範囲で更新できた気はしています。 自己採点甘いのであれですけどw 9月は購入予定の冊数も少ないし白泉社メインだしで、思ってたよりコンパクトにまとまった印象でしょうか。 その分濃く楽しめたらいいなぁと思います。
*書影は今日時点で反映している分だけ更新してあります*


<コミック購入決定分>
9/05 可歌まと『狼陛下の花嫁・15』 白泉社
9/05 萩尾彬『結婚×レンアイ・2』 白泉社
9/05 小椋アカネ『彼女になる日・3』 白泉社
9/13 有賀リエ『パーフェクトワールド・4』 講談社
9/16 アサダニッキ『青春しょんぼりクラブ・13』 秋田書店
9/20 ミユキ蜜蜂『なまいきざかり。・8』 白泉社
9/20 友藤結『贄姫と獣の王・2』 白泉社
9/20 赤瓦もどむ『兄友・3』 白泉社
9/23 椎名軽穂『君に届け・27』 集英社
9/24 岩原裕二『ディメンションW・11』 スクウェア・エニックス
狼陛下の花嫁 15 (花とゆめコミックス) 贄姫と獣の王 2 (花とゆめコミックス) 兄友 3 (花とゆめコミックス) 

・・・・・・去年、ある意味いちばん興奮した『結婚×レンアイ』の2巻が発売です!! 萩尾さんのそこはかとない禁断臭が大好きなので2巻も楽しみです。 あと、宝島社様の 『このマンガがすごい!WEB 【7月のこのマンガがすごい】』 で堂々1位にランクインした『『贄姫と獣の王』の2巻も発売。 宣伝ですが、上記リンクの記事には私のコメントも採用いただいてますのでよろしければご覧ください。 「人外との恋」という部分がクローズアップされていて、それは確かに戦略なのでしょうが、個人的には王が心を開くまでよりも、一対一の関係が成り立ってからの描かれ方の方が好きです。 


<コミック気になる分>
9/07 小田すずか/西尾維新『美少年探偵団・1』 講談社
9/16 高橋留美子『境界のRINNE・32』 小学館
9/16 蒼木雅彦/柴田ヨクサル『プリマックス・6』 集英社
9/20 幸村アルト『コレットは死ぬことにした・5』 白泉社
9/23 浦沢直樹/長崎尚志『BILLY BAT・20』 講談社
9/23 柴田ヨクサル『妖怪番長・5』 講談社
9/24 里美U『八雲さんは餌づけがしたい・1』 スクウェア・エニックス
コレットは死ぬことにした 5 (花とゆめコミックス)

・・・・・・『妖怪番長』はうちの旦那さんが (*一般的に「旦那」とか「主人」と書くのが礼儀ですが、私の中で「ダンナサン」という呼び方が半分固有名詞になっているのでご了承いただければ幸いです) いちばん楽しみにしている作品でして、今月に入ってから「いつ5巻出るの?」と3回くらい聞かれました。 楽しみにしすぎだし、私に聞かれても・・・と思うのですが、4巻の裏表紙を見ただけでニヤニヤしている様子を見ていると私までニヤニヤしてくるので(笑)、とりあえず5巻発売おめでとう!


<小説購入決定分>
9/01 藍川竜樹『死にかけ聖女と皇帝の帰還』 集英社コバルト文庫
死にかけ聖女と皇帝の帰還 (コバルト文庫)

・・・・・・『死にかけ花嫁と革命の鐘』が面白かったので (感想はこちら⇒『死にかけ花嫁と革命の鐘』の感想)、 タイトルが近いから同じ系統のお話なのかなーと思ってとりあえず買います。 個人的に藍川さんは(こういう言い方は申し訳ないのですが)当たり外れがある作家さんなのですが、その加減も含めて読むのが楽しみな作家さんでもあります。 加々見さんの表紙イラストも素敵ですよねー!





☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。