青月まどか 『熱愛プリンス お兄ちゃんはキミが好き』 の感想

熱愛プリンス お兄ちゃんはキミが好き 
『熱愛プリンス お兄ちゃんはキミが好き』



青月まどか


宙出版NextcomicsF
2016年発行(電子書籍)




『 変わりたい 自信を持って ”王子様” の傍にいられる自分に―― 』

<感想>
唐突に電子書籍の話から始めますと、いろんな電子書籍リーダーやアプリがある中で、私は 『書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】』 さんのものが好きです。 書棚が使いやすいし、電子書籍サイトも見やすくて本を探すのも楽。 あと、電書購入でポイント30倍キャンペーンやら30%引きキャンペーンやらを大々的に展開してくれるのもありがたい。 ただKindleの方が、というよりAmazonの方が断然すぐれている点があって、それは 「こちらが思わず読みたくなるような本を的確に薦めてくること」。  これはホントすごい。  「あなたにお勧めの本があります」 って紹介してくる本が実に的を射ていて、うわこの本読んでみたい!ってなる率はhontoさんよりダンゼン多いです。 

――で、この作品も、そうやってAmazonさんが熱烈に薦めてきた作品のうちの一つでした。 お仕事に疲れ果ててしまい、 「良い意味で無駄にキラキラした少女マンガが読みたい・・・。 もううっざいくらいにヒロインが愛されまくる可愛くてキラキラした作品が読みたい・・・・・・。 むしろこんな展開絶対にありえないだろ!ってくらいファンタジーにまみれたキラキラなラブコメが読みたい・・・っ!!」 っていう気分になっていたとき (*病んでますw) に、Amazonさんが的確に薦めてきやがりました(笑)。 どこで私の精神状態を見ていたんだ!?と怖いくらいです。

続きを読む



小林ユミヲ 『にがくてあまい・12(完)』 の感想

にがくてあまい・12(完結)
『にがくてあまい・12 (完)』



小林ユミヲ


マッグガーデン ブレイドコミックス
2016年5月29日初版発行/¥648+税




『 江田は 俺にとって奇跡なんだよ 』


<感想>
家事力ゼロの美女・マキさんと、女に興味のないイケメン・渚との、食ライフラブコメディ、12巻で寂しいことにめでたく完結となりました。 ずっと好きだ好きだと言い続けてきた作品なので 「もう続刊は出ないのか・・・」 と前述したとおり寂しい気持ちでいっぱいですが、それでもやっぱり、おめでとうございます! そして、ありがとうございます!! この作品からは、何だかたくさんのことを教えてもらった気がします。 下世話なネタへの耐性が強くなったのもこの作品のおかげな気がする(笑)。 今回も陰●が欲しいとか、相変わらず酷かったです(褒め言葉♪)。  あ、ちなみに 「どんな作品なの?」 っていう人は、私が6年前に書いた1巻感想が今読み返してもなかなかの出来栄えだったので(自分で言うな・笑)、ご参照くださいませ。
 ⇒小林ユミヲ『にがくてあまい・1』の感想

続きを読む



もぐす 『恋と呼ぶには気持ち悪い・1』 の感想

恋と呼ぶには気持ち悪い・1
『恋と呼ぶには気持ち悪い・1』



もぐす


一迅社
2016年2月2日/¥648(電子版で購入)




『 でも あの日私があの人に言った言葉は 後悔している』


<感想>
読んだきっかけは、毎度参考にさせていただいてますありがとうございます!な 『マンガ一巻読破』様 のレビューを読んだから(⇒マンガ一巻読破 【オススメ】もぐす/恋と呼ぶには気持ち悪い)。 レビューを読んで「これはきっと私好みに違いない、読まねば!」と確信していたのですが、3/10の日記で書いた通りタブレットの購入を迷っていたので、読むのが今月になってしまいました。 発売月である先月中に読んでおけば『このマンガがすごい!WEB』に投票できたのに・・・と悔やむくらい、好みだったし面白かったです。 ちなみに、書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】さんの電子書籍での購入。 紙媒体だと880円、電書だと648円(どちらも2016年3月13日現在)、そして私はタブレットを買ったばっかりでアプリ使いたくて仕方ない盛り!(笑)となれば、必然的に電書でした。 電車で読んでてニヤニヤしちゃって大変でした♪

続きを読む



野切耀子 『私のオオカミくん・2』 の感想

私のオオカミくん・2
『私のオオカミくん・2』



野切耀子


講談社 KC×ARIA
2015年6月5日 第1刷発行/¥627+税





『 おまえって 本当にバカだな 』


<ご紹介>
『ARIA』に掲載された5~8話を収録した第2巻。 カラーピンナップ付です。
母親の転勤をきっかけに、北海道の高校に転校することになった楠木こむぎ。 良さそうな転校先でひとまず安心したけれど、隣の席の大神くんは 「なんかいい匂いするね」 と無邪気に近づいてくるから、前の学校で人間関係につまずいたこむぎは戦々恐々。 なぜなら大神くんは学校屈指の人気者。 親しくして下手な妬みを買いたくない・・・と思うのに、妙にご縁があって二人の距離は縮まるばかり。 そんなある日、こむぎは、校庭でくつろぐ大神に、まるで犬のような 「耳」 と 「しっぽ」 が生えているのを見てしまう。 ――そう、大神くんはなんとオオカミだったのです――!! さらに、狐・狸・猫の人外とも仲良く(?)なったこむぎは、いつも笑顔の大神がたまに見せる孤独が気になって、思わず 「好き」 と告白してしまい・・・!?


<感想>
というわけで、第2巻です。 1巻の感想書いてないけど、第2巻なのです(笑)。 いやちゃんと1巻も買ってましたよ? 初回限定描き下ろしクリア栞付き第1巻持ってますから!! 感想も書きたかったけど何ていうか・・・・・・・・・いやだってずっと白泉社 『LaLaDX』 で野切さんの作品を読んできた身としては・・・・・・・・・講談社移籍も分かるし、白泉社さん勿体ないコトしたなぁって思うし、講談社さんも大好きなんだけど、ただちょっとだけ拗ねたかったというか何というか・・・(笑)。 というわけで遅くなりましたが、初コミックスおめでとうございました! 

続きを読む



チカ 『浅見先生の秘密・1』 の感想

浅見先生の秘密・1
『浅見先生の秘密・1』



チカ


講談社 KC×ARIA
2015年5月7日 第1刷発行/¥627+税





『 うるせえなあ ヤレる女としかヤッたことないやつは黙ってろ 』


<ご紹介>
『ARIA』に掲載された1話~4話を収録した第1巻。 教師×JK×DKの恋愛スキャンダルです。
憧れの小林くんと同じ高校に入学できた皆上 幸。 夢にまで見ていた幸せなスクールライフは、けれど、入学式の日に教師が告白してきた女性とをフる場面を目撃してしまったことであっさりと終わりを告げることになる。 生徒の名前もろくに覚えていないようなその教師・浅見は、なぜか幸にだけ異様に絡んできて、それに焦った幸が階段から落ちたのをかばい、骨折。 必死で謝る幸に対して浅見は笑顔で「今日からお前は俺の奴隷」と言い放ち、挙句の果てにファーストキスまで奪われてしまう。 しかも大好きな小林くんには彼女がいることが発覚して・・・・・・!?


<感想>
『これは恋のはなし』で少なくとも2014年7月のりるさんの涙を総ざらいしたチカさんの最新作です。 本を読んでわりと泣く方ではあると思うんですけど、それにしてもあの時の涙は異常なくらいだったので、今でもあの作品が私の心に刻んだ痛みと喜びを実感しているくらいです。 ・・・というようなことを書いている チカ『これは恋のはなし・11(完)』の感想 もご覧いただければ幸いです(宣伝・笑)。

続きを読む



☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ