スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『LaLa DX 3月号 (2016年)』 の感想(後編)

LaLaDX3月号(2016年)
『LaLa DX 3月号 (2016年)』




白泉社

2016年月10日
¥639+税






<感想>
というわけで、LaLaDX雑誌感想の後編です。 私がオビについての愛を無駄にたくさん語っている(笑)前編はこちら ⇒『LaLa DX 3月号 (2016年)』 の感想(前編) ですので、よろしくお願いしますー。 

ちなみに、DX次号は、最終回となる『恋だの愛だの』が表紙+巻頭カラー。 弓きいろさんの新作読み切りと、TVドラマ化決定田中メカ『お迎えです。』の特別編、天乃忍『ラストゲーム』特別編が掲載予定とのこと。 それでは、トップ画面をご覧の方は「続きを読む」からどーぞ。

続きを読む

スポンサーサイト


tags: LaLa

『LaLa DX 3月号 (2016年)』 の感想(前編)

LaLaDX3月号(2016年)

『LaLa DX 3月号(2016年)』



白泉社

2016年2月10日
¥639+税





<感想>
数年ぶりの『LaLaDX』感想です。 だって、だって、、、

表紙がオビなんですもの!!

しかも、オビが、単独で、表紙なんですものーーー!!
・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・


いやこれ書店で見つけたとき、本気で一瞬息が止まりましたからね? 「まさかっ!?」ってなって売り場で駆け足で雑誌に駆け寄って、両手で顔の前まで掲げて、両腕ぷるぷるさせながら、「オ、オビが(主役二人を差し置いて・笑)ひとりで表紙だなんて・・・っ!!」と感動しすぎて半分泣きそうになってたんですけど、皆さんの中でもし書店でそんな不審人物を見かけた人がいらっしゃいましたら、それたぶん私ですから(笑)。

だって私にとってオビさんは特別なのですよ・・・。 キャラクターは好きだけど特別に好きになりすぎることがない私にとって、オビと怪盗キッドだけは特別なのですよ!(なんだそのラインナップ・笑) オビに至っては、彼の表情ひとつでいつでも泣けるくらいに大好きです。 これはりるさん書かねばなるまい。 こんなにオビが頑張った雑誌で感想を書かなければりるさんではないっ!(意味不明) ・・・というわけで、感想頑張ることにしました。 雑誌感想は久々すぎますが、どうぞよろしくお願いします!

あ、言い訳しますと、普段もちゃんと買ってますからね?読んでますからね?? ただ、前みたいに時間が取れないだけです・・・LaLaDXは最高に素晴らしい雑誌です。 たとえ今回の表紙でオビホイホイを仕掛けてこうようと(笑)、素敵な雑誌に違いはないのです。 どちらかといえば簡単にホイホイされてる私が自業自得なのです!(えっへん!)

ちなみにふろくも表紙のオビのポストカード+ゼンとオビのメモ用紙。 意外にも本気でオビさん尽くしなので、オビなしには生きられない体質の方はぜひご購入をお勧めします(笑)。 巻頭カラーは呉由姫『金色のコルダ4』が新連載、そしてもう一つの新連載が初登場の種村有菜さん。 以下は各作品の感想です。 たぶん前後編だと思うんですけど、中編が入っちゃったらゴメンなさい(笑)。

続きを読む



tags: LaLa

『LaLa DX 11月号(2014年)』 の感想

LaLa DX 201411

『LaLa DX 11月号(2014年)』



白泉社


2014年10月10日/¥657+税





表紙と巻頭カラーは、待望の新作・草川為『世界で一番悪い魔女』、本誌LaLaからのスピンオフは林みかせ『ウソカノ~それでも恋と呼ぶのなら~』、ふろくは『夏目友人帳・ニャンコ先生クリアブックマーカー』 でした。

さてさて、発売と祝日のタイミングが良かったので、めちゃくちゃ久々に『LaLaDX』の感想いきますっっ! 書いてないだけでずっと読んでました的な言い訳だけさせてもらっても良いですか・・・ちゃんと買ってたから!!(大泣) ただ、本当に久しぶりすぎてDX感想書くときのテンプレ(↑の一行目のあたり)覚えてなくて、自分の過去記事見ながら書くという体たらく!(笑) 全作品は無理だけど、良かったらどーぞ。

続きを読む



tags: LaLa

『LaLa DX 1月号(2013年)』 の感想(前編)

LaLaDX_201301.jpg

『LaLa DX 1月号(2013年)』


白泉社

2012年12月10日/¥657+税





<ご紹介>
表紙は葉鳥ビスコ『千年の雪』、巻頭カラーは『WILD WING』、ふろくは『恋だの愛だの』格言ポストカードBOOK、でした。

さて、皆さまお久しぶりです! 本来LaLa2月号感想を書くべき日にちに、今頃感満載なDXの感想ですみませんっ(>Д< ;)。 実はまだLaLa買ってないんだ・・・っていうか、本来発売日の12月24日が振り替え休日だから、てっきり22日発売だと思い込んで本屋に行って、全く気付かず先月も買ったはずの1月号買ってきちゃったんだ・・・(笑)。 なので本誌はこれから買いに行きます。 

そんなわけで、こちらは12/10に発売された『LaLa DX 1月号』感想の前編記事です。 ここにない作品の感想は、後編記事に掲載される・・・はず(笑)。 では以下、宜しかったらどうぞ!


続きを読む



『LaLa DX 11月号(2012年)』 の感想(後編)

LaLaDX11月号(2012年)
『LaLa DX 11月号(2012年)』


白泉社

2012年10月10日/¥657+税





<総括>
まずはじめに、こちらは 『LaLaDX11月号(2012年)』の感想の後編記事です。 こちらにない作品感想は 『LaLaDX11月号』の感想(前編) 記事にありますので、良かったらご覧くださいませ。

で、全体の総括をしますと、今号は連載陣の強さが目立った気がします。 DXは大体、連載半分読みきり半分な雑誌ですが、新人さんを含めて読みきりの質が高いのはいつものこと。 今号ももちろん楽しかったけど、でもいつもより印象が薄いのは事実なんですよね~。 その分、最終回を迎えた2作品や他の連載がしっかりたっぷり面白くて満足でした!

とにかく一番ときめいたのは、 『サクラの秘事』 と 『八潮と三雲』。 この2つのラブコメ的破壊力はハンパないです! 雑誌読みながら 「くふふ…っ♪」 とニヤニヤしちゃう私を、母が不気味そうに眺めていたのが忘れられません(笑)。 ストーリー的に面白かったのは 『プレゼントは真珠』 と 『恋だの愛だの』。 凄いな、と思わされたのは 『カラクリズム』、 悲しかったのは 『アクマニア』 の掲載が無かったことですね…(涙)。 あと、個人的なツボを刺激するのは『らびっとアリス』に間違いありません(笑)。

では以下、残りの作品の感想です。 遅くなりましたが、ご覧いただけると嬉しいです。

続きを読む



tags: LaLa

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年03月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。