『ファウスト vol.6 sideA』の感想

『ファウスト vol.6 sideA』img20051201.jpg 講談社MOOK :2005.11


<ご紹介>
ノベルスサイズの文芸誌。 風変わりな編集長さんが頑張ってます(笑)。
文芸誌、だけどいろいろ変わっていて、コンセプトは「闘うイラストーリー」。

まずは「ストーリー」。
登場する作家は西尾維新を初めとした若手や、今まで文芸誌で執筆する機会のなかった作家ばかり。
さらには1980年代以降生まれの人しか投稿できないファウスト賞を設置したりと、
とにかく若い力を徹底的に邁進させる。

それから「イラスト」。
元々は「挿絵」でしかなかったイラストも、この雑誌ではメイン。
こちらも実力ある若手を発掘してきたり、普通なら叶わなさそうな大御所を起用したりして、
ストーリーとの融和ではなく核融合を狙っている。 だから「闘う」イラストーリー。

あと珍しいのは「フォント」。
一般的な小説では出版社が一定のフォントを使って終わりだけど、ココでは作家や作品ごとにイメージに沿ったフォントを起用して、小説の表現の幅を広げようとしている。
そんなことを紙面でやってるのは、本当に『ファウスト』くらい。

今回、日本の文芸誌としては初めて台湾での翻訳出版が確定したようで、いろんな面で先駆的な存在となってきている気がします。
常に挑戦し続けるもんだからどんどん分厚くなっちゃって、ついにvol.6ではsideA・Bの2分冊になっちゃいましたが。

ちなみに、この雑誌の兄弟誌が、森博嗣などを輩出したミステリ文芸誌『メフィスト』。



<感想>
どーでもいいけど、やっぱりマニアックですよねぇ(笑)。

まだ全然読めてないので大して書けませんが。
この雑誌は紹介することに意味がある、と思うので載せました。
さすがに若手作家さんの作品なので正直「ついていけない…」と思うものもあります。
私の感性が鈍いんでしょうけど。相性もあるだろうし。
でも、そういうのははっきり言って、二の次。
古臭く言うと、「その心意気、買ったぜ!!」みたいな。雑誌のコンセプトに惚れたと言うか。
応援の気持ちも込めて、ずっと初版で買ってます。

とりあえず常にイチバン好きなのは、佐藤友哉『人生・相談』。
雑誌にはよく、読者が悩みを打ち明ける人生相談コーナーがありますが、これは逆。真逆。
これは、 「作家・佐藤友哉が読者の皆さんに相談を持ちかける」企画であります(笑)。
どこまで本気なのか、そもそも本気じゃないのかもよく分からないような佐藤友哉ののらりくらりとした文章が、またとても良いのです。
しかも今回はsideBへ続く!!とかになっちゃってて、相談先延ばしにしてどーすんのよ、と思わず本にツっこんでしまいました。笑えます。
店頭で雑誌を見かけたら、ここだけでも見てもらいたいです!! 短いのでさらっと。
…。店頭に、雑誌、ありますよね? あまり見かけませんが(爆)。

イラスト面では、やはり小畑健が圧倒的にスゴイ!!
小説のシーンをフィルムを送る形式でイラストにしてるのですが、これって表情を上手く描けない人には無理、っていうか無意味なんだけど、そこはさすが小畑健。微妙な心理描写まで再現してます。
絵の綺麗さ・潔癖さが、乙一の小説とマッチしていてよい空間を創ってます。
巧みだな。

 主な執筆陣。
  西尾維新・上遠野浩平・奈須きのこ・佐藤友哉
 主なイラストレータ。
  小畑健・西村キヌ・竹・ウエダハジメ



<こんな方にオススメ>
とりあえず、
・この雑誌のクリエイティブな面をかってくれる方。
あとは
・佐藤友哉のファンの方(笑)。彼の新たな面が見れます。
関連記事


『鉄壱智・2』の感想

『鉄壱智(2)』img20051128.jpg
 なるしまゆり
 一迅社ZERO-SUMコミックス :2005.12.15初版発行



<ご紹介>
月刊コミックZERO-SUMにて連載中の作品。
相変わらず難解なストーリー展開にも関わらず、それこそ魅力!!と感じさせてしまうのが、稀代のストリーテラーと(勝手に)呼ぶにふさわしい、なるしまゆり
誰も思いつかない世界観とキャラクタ設定・豊富な謎が、どの作品でも展開されてて凄い。
でも、その独特さとじっくりゆっくり進む展開が、ファンでさえ内容と作者の意図を正確に掴むことを困難にしたり。

『鉄壱智』もまさにそれ。
神域である御山で、山の神・夜長彦と過ごしてきた鉄壱智(体長約60センチ!!)。
夜長彦に告げられた事実をきっかけに外界へと踏み出した小さな神・鉄壱智が知る人間の世界とは…?
というような、神と人とのディープで壮大なお話。
いつものパターンなので、ストーリーが進めば話の面白さと深さが際立ってくるはずです。
今はまだ正直不明ですが…。

ところで、月刊コミックZERO-SUMって…知らないんですけど…(そんなんばっかだね)。



<あらすじ>
1巻…御山で苦手なこと克服のために挑戦の毎日を送る鉄壱智。 だが夜長彦に「君は造りものだよ、生命がない」と告げられてしまい、自らと広い世界を知るために、出ることは叶わないと言われていた御山の神域から外界へと足を踏み出す。 そこで初めて会った人間と言葉を交わした鉄壱智は、自分の中で何かが変化していくのを感じる。 一方人間界では、夜長彦を狩ろうとする者や都で盗みを働いた者たちが、御山の麓に集い始めていた…。

2巻…初めて出会った人間を目の前で死なせてしまった鉄壱智だが、次の恒河シャは守りぬくことが出来た。 河シャから、夜長彦が「神簿帳」に載っていない神を殺める者に狙われている、と知った鉄壱智は御山へと道を急ぐ。 その途中で少女のような外見の朔ら彦と出会い、不思議な印象を受ける。一方夜長彦は、「昔」のことを思い出していた。 昔、彼の「」が健在だった頃のことを…。




<感想>
あらすじ読んで下さっても多分、内容分からないと思います…(爆)。
いや、90%は私の書き方の問題なんですけど、あらすじ書くのに向かない作品であることもちょこっと言い訳させてください。
だって、どこもかしこも伏線なんだもん…!! 
ある程度ストーリーが進まないとさっぱり不明なんだもん…!!

まぁ、コミックのどこかにある隠しあとがき(いつもの所♪)で、作者自身も「やっと2巻…」「さくさく出したい」と仰ってますので、まさにお願い!!是非頑張って続きを…続きを!!

なるしま作品を読みなれた人には入れる世界観作り。
一方、初めての人は、辛い…かも?
でも、やっぱり良いところは良いのです。
生きているってどういうこと?が、多分テーマ。
というより他のなるしま作品でも重要なテーマになってて、要はそれをどういう物語で魅せるのか、っていうのが作品ごとに違うだけ。
複雑な設定や多くの伏線などが印象強くて隠れがちですが、テーマは結構硬派なものだと思います。

だからかな、なるしま作品では、人がよく死にます。 
『鉄壱智』でも、よく死にます。
鉄が初めて会った人間の学者も、彼の目の前で孫を思いながら死んでいきます。
バトルマンガではどんなに凄い闘いしても生きているパターンは多いけど、そういうことはなく、正面から生きることと死んでしまうことを描いてると思う。
鉄は確かに、学者の家族への想いを受け止めた。
死者の想いはそうやって生者へと受け継がれ、生者は死者の想いと自分の意思を持ちながら進んでいく。
そういう姿が、描きたいのではないかと。思うのですが。

2巻では夜長彦が過去を思い返してて、どうやら鉄壱智の出生の秘密にも絡みそうな予感。
夜長彦との関係を聞かれた鉄壱智が、「口では説明できないことってあるんだなって感じだよ」と答えてますが。
さて、どんなことがあったのやら。 俄然わくわくしてきましたよ!!
伏線が明らかになる瞬間ほど楽しみなことはございません♪



<こんな人にオススメ>
そりゃやっぱり
なるしまゆりファンの方、もしくは読み慣れてる方。
あとは…
今まで読んだことのない世界観を味わいたい、っていう素敵な方。
基本的に、フツーにマンガ読みたいだけの人にはちょっと向かないかもです。
個人的には、★★★★☆。
関連記事


『ヴィンランド・サガ・2』の感想

『ヴィンランド・サガ(2巻)』img20051120.jpg
 幸村 誠
 講談社週刊少年マガジンKC :2005.11



<ご紹介>
幸村 誠といえば、私が延々と感想書いているアニメ版『プラネテス』の、原作者。
『プラネテス』原作(モーニングKC)もイイですよ~。
とても精度が高い作品だと思います。
『ヴィンランド・サガ』は、『プラネテス』終了後に発表の場を週刊少年マガジンに移してスタートした新作です。
1000年前。 寒い北方から海を制した最強の民族・ヴァイキング。
その中でも最強と謳われたトールズの息子・トルファンが主人公。
トールズを殺したアシェラッドと何故か行動を共にする彼が、何を考えながら生きているのか。
多分、『プラネテス』同様、「生きる」ことを描く作品なのだと思います…。
(まだ2巻なんで何とも言えないけど)



<あらすじ>
イングランドに襲撃されたデンマーク国王は仇戦を始めるという。 デンマークの誇る「ヨーム戦士団」のフローキはその戦に借り出すという名目で、15年前に脱走したトールズを探してやってきた。 村人をたてにとられ、トールズは渋々敵陣へ向うことに。 だがその船には、置いてきたはずのトルフィンも乗船していたのだ。 しかも、約束の地で待ち構えていたのはフローキではなく、彼にトールズを殺すために雇われたアシェラッドの海賊一味だった。 トールズは仲間を守るために、一人戦いを始める…。


<感想>
幸村 誠には期待大!!なんですが、どーもこの週刊少年マガジンという雑誌って彼の方向性とは違うんじゃないの?とちょっと心配…。
なんていうか、月刊誌とかでじっくりゆっくり描くタイプの作家さんだと思うので。
マガジンが悪いとかじゃなく、むしろ福本伸行やCLAMPを連れてきたりするアクティブな雑誌だと思うのですが。
ってことは、このキャスティングも挑戦か!?

とりあえず2巻のストーリーの流れとしては、冗長感が否めません。
面白いのに勿体無い!!
1冊まるごと過去話ですからね。もちょっと動きが欲しかったです。
う~ん、やっぱり週刊連載がネック?(まだ言うか) 

でも、ラストは圧巻。
「この決闘はおまえの勝ちだ」って言いながら、トールズへの射矢を命じるアシェラッドと、トルフィンを守るためにそれを受けるトールズ。
「こんな剣に頼らざるを得ないのはオレが未熟だからだ。本当の戦士には剣などいらぬ
その大人のやりとりに涙しましたよ…。
これが勝ちだなんて絶対認めたくないけど、それでも人には、守りたいものがあるんだね。
そんな二人の心の交流が、まだ子供のトルフィンには全く通じてないあたりがまた…!!
少年誌でよくある「闘う闘う」の流れとは一味違った仕上がりがイイです。

あれ?
・・・。

・・・。

えぇぇ!!?

ここまで書いて、コミックスの裏表紙側にかかってる帯に気づきました。

「『ヴィンランド・サガ』はアフタヌーン(月刊誌)へ移籍します!!

マジですかっ!?

…あぁそう、やっぱり。 みんな考えることは一緒だってことですね。
私も、その方が良いと思います。
では、新天地で展開される『ヴィンランド・サガ』にも注目しましょう。
きっともっと良くなるハズです。
ところで、「アフタヌーン」ってどんな雑誌? 青年誌?(無知!!)


全然どうでも良いんですけど、幸村 誠って、絵的にはゆうきまさみ氏・描き文字とツッコミの感じは加藤元浩氏を彷彿とさせるのは私だけかな。



<こんな人にオススメ> 
とりあえず確実なのは、
・『プラネテス』を気に入ってた人!!
あとは
・ヴァイキングに興味のある方?
2巻に限れば★★★☆☆

関連記事


tags: 幸村誠

『凍りのくじら』の感想

img20051118.jpg『凍りのくじら』

辻村 深月
講談社ノベルス:2005.11発行





<紹介>
辻村深月のデビュー3作目は、初めての1冊読みきり型。
上中下の3分冊しかも3ヶ月連続発行という異例のデビューはまさにメフィスト賞っぽい邪道っぷりで(笑)、そこが気に入って以来ずっと買ってます。
一応ミステリ路線なんだけど、謎というより、この先にある悲しい出来事を
ちらちらと見せることで臨場感を出すような書き方をする気がします。
「何かある? 隠されてる? 何かあるんだ!? …やっぱりあった!!」
…みたいな感じで、明確な謎はなし
でもこの「何かある」という段階の描き方が、刹那的というか痛々しいというか…、
回りくどいところもあるのですが、女性作家苦手な私も惹きこまれてしまう何かがあるのです。



<あらすじ>
芦沢理帆子は新進気鋭のカメラマン。 「光」のある作品を撮ることで名を知らしめるようになったが、理帆子が「光」を描くには理由があった。 病気をかかえる母と不器用な関係を続けていた、友人の中で自らの不在感をぬぐえずにいた、恋人と別れた、そして、別所あきらと名乗る青年に出合った、高校2年のあの夏。 そこから始まったいくつもの悲劇の中で、理帆子が体験した「光」の瞬間とは…?


<感想>
辻村深月は、波のよう。
凪いだり荒れたり、不安定な高低さをくりかえしながら、ゆらゆらと揺らめく。
その感情の波は、迷いながらも寄せては返す動作を続け、最終的には私たちの待つ浜辺へと辿りつく。
そのたどたどしさを、私は決して嫌うことはできない。

例えば、冒頭のくじらの件だけで泣けてしまった私はアホですか(そうかも)。
流氷に挟まれてしまったくじらが身動きがとれず、順々に死んでしまう。
下手すればこの一文で表せてしまう悲しい出来事が、辻村深月の手にかかると本当に痛々しいまでに身に迫ってくるのだ。
なんでいつもこの人の文章はこんなに痛々しいのかな。
若尾が壊れていく過程とかは、絶妙なまでにリアルです。 怖。

理帆子が現実に対して感情移入できない自分を、
「大切な感情は創作の世界から教わった。自分が経験する前に本であらかじめ知っていた
と分析しているのですが。
これって私にも、共感度大、なんですよね…。
ホント、客観的に見ても、めちゃくちゃ嫌なヤツですよね(笑)。
同じ読書好きの女性像でも、北村薫の描く『私』のような爽やかさはここには皆無。
でも理帆子はそんな自分に「不在」感を持っていて、息苦しく思っている。
結局ストーリーとしては、そこからどう変わっていくか、ということになります。

そのキーマンとなるのが、別所あきらと、松永郁也の存在。
確かに理帆子はあきらと出会って癒されて、変わっていく。
のだけど、どうにも薄いんですよね、あきらの存在感が。
そこをもっと描かないとせっかくの『謎』が引立たないのでは、と思います。
実際、彼の『謎』は早い段階から分かってしまうし、分かってしまうからこそ濃く描いて欲しかったかな。
そうしないと、理帆子が郁也に感情移入していく様子がちょっと唐突に思えてしまうのです。
そこだけ残念でした。

でも理帆子が見た「光」は、多分本当に尊いもので。
眩しすぎると何も見えないといいますが、理帆子にとって彼はそういう存在だったのかも。
(ん? もしかすると表記が薄いのはそのせいか? でもやっぱり、薄いと尊さは違うか)
藤子ワールドへのオマージュになりすぎず、辻村深月らしい世界観になっていてイイですね。



<こんな人にオススメ>
個人的に★★★★☆。
・裏表紙に「物語」と書いて「ミステリ」とルビが。そのイメージを共感できる方(抽象的…)。
ドラえもん大好き!!な方
分類的にはミステリですが、二時間ドラマ的なミステリーや本格ミステリじゃなきゃ駄目!!という方には、向かないかも。

関連記事


『ネコソギラジカル・下』の感想

『ネコソギラジカル・下』 西尾維新/講談社ノベルス
…というか『中』も『上』もひっくるめて
『ネコソギラジカル』で。img20051112.jpg


<ご紹介>
…をするまでもなく、西尾維新のデビューシリーズ完結作(講談社ノベルス)でございます。え? ご存知ない?
では、第23回メフィスト賞受賞作『クビキリサイクル』 からお読みになることを絶大にオススメ
イラストを担当する竹さんと共に、その早熟すぎる才能から「80年代コンビ」と謳われてデビューしたのですよ。
雑誌『メフィスト』の座談会で、西尾維新の投稿作についてあーだこーだと
語られてた(1週間で1作小説が書ける、とかはこの頃には言われてた)頃が懐かしい。

私はとても、この方の小説が好きです。
高みにあるような凄さを見せ付けられるのではなく(いや凄いんだけど)、
「気づかなかったけど隣にずっとあったんだね」っていう世界を感じさせて貰えるので。
そこに至るまでがとてつもなく曖昧で混沌としてるんですけど。ね。
そんなところが、ものすごく、好きです。



<あらすじ>
正直、私ごときに書けるあらすじは無いくらいなんですけども。
っていうかあらすじってあるのか?

『戯言遣い』の主人公『いーちゃん』と、彼の幼馴染? 『蒼色サヴァン』『玖渚 友』
すべてを巻き込みすべてを不幸にするといわれるいーちゃんと、彼を取り巻く本気で奇妙珍妙な面々の物語、です。
『新青春エンタ』のキャッチコピーに勝るものはございません。
そう、結構本気で青春ストーリー、だと思います。
ただ、『戯言遣い』が何なのかとか顔面に刺青してるのってどーゆーことなのとか可愛くて童顔で3つ子のメイドがいたら全日本が萌えちゃうかもとかそーゆーことにはこちらではお答えできません(笑)。 とりあえず、読も。



<感想>
大団円!! と帯に書いてあるものの、前作『ネコソギラジカル・中』での終わり方があまりにショックだったので、ちょっとだけ読むのを躊躇いました。
でもそのショックのおかげで、いーちゃんの中で今までの曖昧にされてきた感情やら何やらが一気に流れ出たのね。
そして迎えたこの結末。
やっと、ずっと見たかったいーちゃんの本当の姿を見れた気がします。
いつも「そこでドライになっちゃったら人間としてダメでしょ!!」というところで確実にドライな対応をしてきた彼ですが(笑)、彼も周りにいる人も、そして私たち読み手も、それがホントのいーちゃんでないことは分かってた。
だっていーちゃんは、踏まれても負けても挫けても死にそうになっても、ずっと進んで来たから。 だからずっと粘り強く、この物語を読んできたのだと思います。

今回、『赤き制裁』と『橙なる種』は戦いを終え、『人類最悪』と『人類最弱』の約束にも引き鉄が引かれ、『いーちゃん』と『蒼色サヴァン』の関係も落ち着き。
一見すると、決着が付いた状態と言えますが。
それでも、潤さんと真心ちゃんはずっとライバルだろうし、西東天といーちゃんの因縁は切れないのだろうし、限りなくゼロに近い生を送っている玖渚の状態は変わらないのだろうし。
つまり。
なにも、終わってなんか、いない。
ずっと、続いていって、生きていって、足掻きつづけるのは変わらないのだと思う。
でもそれがいーちゃんの選んだ結末ならば。
これに勝るものはない、と思います。


Congratulations!!


<おまけ>
下巻の登場人物紹介欄は、今回は名前しか出てこない(出てこれない)キャラも載ってます。
あぁ、こんなにたくさんの人がいたんだぁ、と改めて実感。
でも、
・玖渚 友・・・青色
っていうのは、紹介なのか!?(笑)
まぁ彼女は「蒼」くあることが存在する意味だったので良いのですが、例えば
・闇口 崩子・・・少女
とかは、確実に紹介されてない気が!! だって絶対、ただの少女じゃないヨ!!(笑)

講談社HPにて特集コーナーあるようです。
img20051112_1.jpgimg20051112_2.jpgimg20051112_3.jpg


<関連サイト様>
・感想拝読しました・・・『粋な提案』
西尾維新TPに参加しました。
TB_People.gif
関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2005年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


☆オススメ