スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『ファウスト vol.6 side-B』の感想

『ファウスト vol.6 side-B』img20051229.jpg
 講談社MOOK 2005.12.22 ?1700


<ご紹介>
こちらは、先月発売の『ファウスト vol.6 side-A』の、2冊組の下巻。
2ヶ月に分冊したら2冊組というより続巻扱い(vol.7とか)なのではと、かなり思うのですが、それでも強硬に2冊組だと編集長さんが言い張ってます(笑)。
まぁいいけど。
その主張通り、普段の読み切り中心のラインナップとは違い、
今回はsideAとBでの前後編がほとんど。
『side-B』だけ買ってもあまり楽しめないかもしれません。
とりあえず、文芸誌の常識外である1002ページの厚さと重みを是非感じていただきたい。

その他の詳しいご紹介はこちらをご参考下さい。


<感想>
まだあまり読めてない・・・というのは、 『キングダムハーツ2』プレイ中だからです(笑)。
そもそも同じ発売日なのが個人的に痛かった・・・。 こちらもかなり楽しみだったので。

『sideA』でもご紹介した、佐藤友哉『人生・相談』。
これはすごく待ち望んでたので最初に読んだのだけど、結果は・・・う~ん、イマイチ!!(笑)。
全体的な流れはまぁ良かった。
特に「っていうかそろそろ隠居ブームが絶対くるよ」が良かった(笑)。 根拠は何だ。
でも結論が・・・このコーナー、そっちに行っちゃうの? 行かないことに意義があると思ってた。
でも、「読者に相談を持ちかける」っていうのは、そろそろ手詰まりなのかなぁ。
絶対相談を募った方がコラム作りやすいもん。
だからこそ、佐藤友哉に頑張って欲しいんだけど。
次回でのどんでん返しを望みます。

あとは、奈須きのこ『DDDHandS』。
奈須きのこ、といえば『空の境界』が素晴らしかったです。
どうやら『月姫』というゲームの作家さんらしいのですが(さすがに私もギャルゲーしたことないです。乙女ですから♪)、そのゲーム発売当時にHPで公開したまま未完になっていた幻(?)の『空の境界』を、講談社ノベルスから発売させたのも、この『ファウスト』の編集長さん。 
責任を持って、その後も『ファウスト』で作品を発表させているようです。
『DDDHandS』は、(『空の境界』もそうだったけど)海外の幻想文学を読んでいるような雰囲気を醸しだす、不思議な作品。
とにかく視点が定まらないので、誰の思考なのか、今どこなのかが掴みづらいのですが、
それは作者が意図的にやっていることなのでしかたない。
あーだこーだと論わないで、上手く騙されたいものです。

ただ、今回の『side-B』で一番良かったのは、実は小説ではないかもしれない。
滝本竜彦や三浦しをんをマネージメントする「著作権エージェント」村上達朗氏と、『ファウスト』編集長との対談『Editor×Editor』が、とても熱くて感動すら覚えるほどでした。
こういう頼れる大人がいるから若い才能が伸びるのか、と改めて心強い。
この対談に比べれば、三浦しをんの寄稿は負けてるのではないでしょうか。
普段、対談とかインタヴュー記事を読まない人(私だ)にも読んで欲しいです。

★主な執筆陣
・奈須きのこvsこやまひろかず
・西尾維新vs竹(vs西村キヌ)
・浦賀和宏vs高河ゆん
・北山猛邦vs副島成記
・舞城王太郎vs舞城王太郎
などなど。


<こんな方にオススメ>
普通に、
・『ファウスト vol.6 side-A』を購入された方。 表紙も上下でそろえたほうが可愛いですよ。
 


『Let's 講談社トラックバックピープル』に参加させていただきました。
img20060101.gif
関連記事
スポンサーサイト


『キングダムハーツ』の感想

『KINGDOM HEARTS  キングダム ハーツ 2』KH2.jpg
 SQUARE ENIX
 Disney Enterprises
 2005.12.22発売 \7770



<ご紹介>
プレイステーション2(PS2)用ゲームソフト、でございます。
こちらでも書きましたが、スクウェア・エニックスとディズニーが共同で作り上げたRPGソフト。
ドナルドとグーフィーと一緒に旅ができちゃうという夢のようなゲームです(笑)。
『キングダム ハーツ』と同様、テーマソングは宇多田ヒカル。 新曲『passion』でCMも流れてますね。

『キングダム ハーツ』でマレフィセントやアンセム達を倒したハズのソラ・ドナルド・グーフィー。
『チェインオブメモリーズ』で??機関と闘(ったらし)い、記憶を封じられた(らしい。知らないよCoM未プレイだもん)3人が、『?』でどんなドラマを見せてくれるのか。

まだ始めたばかりですが、初作よりも王様の出番多いですね。
初作ではラストで1コマ、しかも逆光、とかだったのに(笑)。
何だろう、ゲームがちゃんと人気になったから、ディズニーの許可も甘くなったのかしら??
慣れもあるのかもしれないけれど、初作より、画面酔いはしないです。
「トラヴァースタウン」がスゴイ酔ったんですよね。 多分、おもちゃ箱みたいな可愛い街の色彩が鮮やか過ぎたんだと思うんですけど。

相変わらずFFからゲスト出演多数です。
イメージ壊されたくない、って方もいるかもだけど、個人的にこれは良い試みだと思います。
人気作に手を加えるって、それだけで製作側はリスクを負うんですが、挑戦する価値はあるかと。
ディズニーと組んだり、宇多田を起用したりと、スタッフ側の気合が見える良い作品だと思います。



<こんな方にオススメ>
・『キングダム ハーツ』プレイ済みの方。
・ディズニーキャラが好きな方。 ドナルド・グーフィーから絶大な信頼を寄せられる快感ってすごくイイです(笑)。


☆いんふぉめーしょん☆
プレイ記録を付け始めました。
激しくネタバレですが、覗いてくださるという素敵な方は、こちらからどうぞ


『キングダム ハーツ2』公式HPはこちら。
『KH2トラックバック・ピープル』に参加させていただきました。
KH2TB.gif
関連記事


tags: KH

『キングダムハーツ アルティマニアα』の感想

『キングダムハーツ シリーズ アルティマニアα ~イントロダクション オブ キングダムハーツ?』KH2.jpg
 スタジオベントスタッフ 編
 スクウェア・エニックス 監修 
 2005年12月30日初版発行 ¥1.238


<ご紹介>
長いタイトルですが、要するに、12月22日発売のプレイステーション2(PS2)用ゲームソフト『キングダムハーツ?』の予習用ガイドブックでございます。
ゲームしない人には全く関係のない本ですね…。

『キングダムハーツ』とは、『ファイナルファンタジー』などで有名なスクウェア・エニックスと、
世界のディズニーが手を組んで作り上げたRPGゲームソフト。
ミッ○ーとかド○ルドとかが出演してます。
宇多田ヒカルがテーマソングを担当したりして、ちょっと話題になった作品。

『キングダムハーツ』は、初作『1』と今作『2』の間にもう1作 『チェインオブメモリーズ』という
作品があるのに、PS2では遊べないソフト(ゲームボーイアドバンス用)であるため、
『チェイン~』がどんな内容のお話なのか知らない人も結構いる(と思う)のです。
ちなみに、私も知らない。
そのためだけにゲーム機買えないもん。PSPならともかく。
その一方で、それを知らないまま『2』をプレイして話が分からなかったらどうしよう!!
とも思うんですよ。 思いません? だって、7000円も出してソフト買うんだから不安でしょ。

というわけで、そんな人のためのガイドブックは、結構待たれていたのではないでしょうか。
この(長いので)『アルティマニア α』が、まさにそれ。
初作と『チェイン~』のシナリオや攻略法を図説してくれてるので、すっごく助かる!!
ちなみに『アルティマニア』というのは、数あるガイドブックの中でもわりと高い信用を得ている解読本。

ちなみに私はガイドブックと攻略サイトがないとまったくゲームが進みませんから…。


<感想>
正直、買って良かった…!!
『チェイン~』は『1』と『2』を繋ぐストーリーだ、とは聞いてたけど、
繋ぐどころかめちゃくちゃメインストーリーじゃないですかぁ!!
これ読まなかったら、「アクセルって誰? ナミネって誰よ!?」と混乱してただろーな…。
元々がよく作り込まれた深いストーリーなので、その分情報の欠落は痛い。
う~ん、1.238円は安いかも。
PS2の後にGBAの粗い画像でプレイする気にはなかなかなれないし。
『チェインオブメモリーズ』のラストはちょこっとぼかして書いてあったので、未プレイの私は痒いところに手が微妙に届かなくて残念ですが、まぁこんなものでしょう。
シナリオを追えただけで、結構満足です。

『キングダムハーツ』についても、ストーリー忘れてたところを思い起こさせてくれたので一安心。
何をどう間違ってたのか、ラストでカイリとソラが別れたあと、ディズニーアイランドに戻ったのはソラの方だと思ってた。全然違った…。そーだよ、ソラはドナルドやグーフィーと、十字路に立ってたじゃんねぇ。とかブツブツ思ってました。
あんなに感動したのに、人は忘れる生き物ですね…。


<こんな方にオススメ>
もちろん、
・『キングダムハーツ?』を買うつもりの方。『チェイン~』プレイ済みの方は、いらないでしょ。
個人的には、ありがとうの★★★★☆。



『キングダムハーツ?』オフィシャルサイトはこちらから。 
KH2トラックバック・ピープルに参加させていただきました。
tbp-kh.gif
関連記事


tags: KH

『Honey・9(完結)』の感想

『Honey 君は輝ける星・9(完結)』 honey.jpg
 橘 裕
 白泉社花とゆめコミックス :2005.12.10初版発行



<ご紹介>
多分1998年くらいから雑誌『LaLaDX』にて隔月刊連載。
今年、めでたく完結いたしました。祝・完結!!

全然メジャーじゃないと思いますが、個人的に『LaLa』を読み始める
きっかけとなった作家さんの一人です。かれこれ…何年だ?
ずーっと昔ですが、ふぁんれたーなるものを送ったこともございます。懐…。
えーと、健全マジメな花ゆめ系コミックスの中で、
わりと色っぽい(というかマニアっぽい・笑)絵を描きます。 そこが好き(笑)。

ストーリーもツボでした。
赴任したばかりの若くて可愛い校医「桜樟のマリア」こと
長谷川千鶴と、県下一の秀才でありながら問題児・久我直樹の、 教師と生徒のどたばたラブコメ。
ヒロイン千鶴は、自分を女として寄ってくる男が苦手。しかも、失踪してしまった恋人を延々と待っている、ちょっと面倒くさ系な、でもめっちゃ可愛い先生である。

一方久我は、世話好きな千鶴を面倒だと思いつつも寂しさが癒されいき、失踪中と聞かされていた恋人が実は・・・でいることを知ってからは、逆に千鶴を支えようと頑張るようになる。

という少女ちっくな設定の中で、妙なエロ可愛さがあるのがこの作品の特徴。 千鶴は酔うと脱ぐ、とか(笑)。ベタです。チラリズム?かな。
全体的には、ピンクのカヴァーに象徴される感じ。可愛いけど、それだけじゃない、みたいな。
何がツボって、そりゃ「年上、だけど若くて可愛い校医さん」でしょ!!(笑)
私は女だけど、可愛い女性は大好きです。

何かとピンチに陥る千鶴を久我が奸智で救い出す、っていうのがストーリーのパターン。 「可愛いって、良いことばかりじゃないよな」と久我が千鶴を慮るセリフがいっそリアルです。 ちやほやされるより嫌がらせ、挙句にはストーカーなんかも出現しちゃう。 実際はそういう子の方が多いハズですもん。
そんな中でもまっすぐに生きてきた千鶴に、ひねくれ者の久我も癒されていくわけです。
可愛いお話じゃないですか。


登場人物の着ている服などは、
ファッション雑誌よりよっぽど可愛いじゃん!!ってくらいセンスが良くて驚きます。 「コレ欲しい…」と何度本気で思ったことか。 そういう意味では勉強になります。マンガばっかり読んでちゃダメよってね。 もっと自分も女を磨かないと!!と思ったり、思っても続かなかったり…(ダメじゃん)。

そんな感じです。
今回最終巻なので<あらすじ>も<感想>もひっくるめちゃいました。
次の作品が、月刊『LaLa』本誌に発表の場を移して連載中です。
『Honey』が好評だった証かも?
完結、おめでとうございます。



<こんな方にオススメ>
・マンガを読みながらファッションセンスを磨きたい方(笑)。いや、マジで。
・ちょっと女の子の世界を覗いてみたい男性の方。

個人的には(完結記念だし)★★★★★

TBP『橘裕』にTBしました。
TB_People.gif
関連記事


tags: 橘裕

『鉄腕バーディー・11』の感想

『鉄腕バーディー・11』026201390000.jpg
 ゆうきまさみ
 小学館ヤングサンデーコミックス :2006.1.5初版


<ご紹介>
ヤングサンデーで絶賛連載中、だそうです。
例によって雑誌は読まないので知らないけれど、
コミックスの帯はよしもとばななで、「小学館頑張って推してます!!」
という姿勢が見えるような見えないような。
コミックファンより、一般受けを狙ってるようですね。
10巻の帯は、森博嗣でしたから(素敵)。
まぁ私は、ゆうきまさみってだけで永遠に買いますけどね(笑)。

廃墟好きの冴えない高校生・千川つとむと、豪腕鉄腕ガチンコ体質の宇宙人(!!)バーディー・シフォンが繰り広げる(繰り広げてるのはバーディーだけか)、痛快SFアクションでございます。
イチバン有り得なさそうな二人が、どーゆー巡り会わせか出会ってしまい、主にバーディー側の事情に巻き込まれたつとむが瀕死の重傷を負い、彼の体を維持するために宇宙科学の力が必要となる。
じゃぁ、どうするか。
バーディーがつとむの体に入ればいーんだ!!(笑)
と言うわけで二心同体になってしまった二人(?)が、地球を舞台に宇宙人相手にドンパチ頑張るお話です。


<11巻のあらすじ>
酔魂草の実験体とは知らずに生体バイト中の姉・はづみを救出するために、水没病院へ急ぐつとむバーディー。 だが、友人の千明と関わりのあった宗教団体に捉まったり湖で水妖と闘ったりとなかなか進めない。 一方、その病院内でも別の戦闘が始まっていた。 氷川を信用できない重信参事官が、酔魂草の実験内容を奪うために仕掛けた戦いだったが…。 二つの闘いの行方は?


<感想>
やっとはづみ姉ちゃんのところまで来ましたか!!
ストーリー自体は10巻から、というか9巻辺りからあまり進んでないような…。
まぁでも面白いです。

はづみ姉ちゃんとつとむの、ほんのりさせる姉弟エピソードが良いです。
こう、ちょこっとなんだけど、良いポイントですね。
つとむの普段のヘタレっぷりとは違う、姉思いの一面が見られました。貴重(笑)。
どうやら、酔魂草に多少の適性を持ってしまっていたらしいはづみ姉ちゃんが今後どうなってしまうのか。
さらに、水妖相手にバーディーが見せた躊躇いも、今後の展開に絡んできそうな予感。
ん~、ストーリーが広がるばかりなので、そろそろ少し謎を解くか一段落つけるかして欲しい気もします。

いつも思うんだけど、多分、5巻分くらい溜まってから一気読みした方がダンゼン面白いタイプの作家さんではないかと。
その方が、ストーリーもしっかり追えます。
大きな流れのひとかけらをしっかり描いちゃう人だから、読者は今どの流れを見ているのか、たまに分かりづらいこともあるのです。
1巻だけとりあげて感想書くには適さなかった…(笑)。

とりあえず、『機動警察パトレイバー』ではみんな制服をかっちり着こんでましたが、
バーディーはとってもヌーディーですね。
でも、ゆうきまさみの絵はいやらしっぽさが全くないのが不思議。


<こんな方にオススメ>
というわけで、アクションだしヌーディーだしだけど意外にも
・女性
にオススメ。怖くないし、エロくないです。
男性系コミックの入り口としては良いと思うのですが。
あとはもちろん
・ゆうきまさみ、とか、パトレイバー、とか聞くとウズウズする方。
そんな方はもうとっくに読んでるか(笑)。
個人的には★★★★☆。



ゆうきまさみオフィシャルサイトはこちらの模様。yuuki_bnr200.gif
関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2005年12月 | 01月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。