スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『スパイラル~推理の絆~・15』の感想

『スパイラル~推理の絆~・15(完結)』 img20060205.jpg
 城平 京・作
 水野英多・画
 スクウェア・エニックス ガンガンコミックス 2006.2.22 ?429


<ご紹介>
月刊コミックガンガン誌上で6年半連載されてて、2005年にめでたく完結。
全15巻+原作者による小説4冊、アナザストーリー『スパイラル・アライヴ』が1冊発行済み。
う~ん、惜しい作品をなくした(笑)。

原作者はプロのミステリ作家として著書も出ている城平京。
何がどーしてマンガの原作を担当することになったのかは不明ながらも、コレが大ハマリ!!
一方の水野英多は当時まだ新人さんだったはずで、 『アクトレイザー』でも書いたけれど
新人さんに原作付き作品を担当させることでヒットを生むエニックスマジックは、本当にお見事。

ストーリーは、タイトルからそこはかとなく漂ってくる通り、推理もの。

鳴海歩はどーにも無気力な高校生。 天才と謳われた兄の陰で生きてきたが、その兄は「ブレードチルドレンの謎を追う」という言葉を残して失踪してしまった。 ある日学園の屋上から生徒が転落、歩はその容疑者扱いされてしまう。 面倒がりつつも、何故か付きまとう(学園長さえ恐れるという噂の)情報通・結崎ひよのと刑事の義姉・まどかの助力を得て犯人を探し出した。 だがその事件には「ブレードチルドレン」が関わっているらしい。 連続して起こる事件の裏に兄の存在が見え隠れする・・・。 ブレードチルドレンとは何なのか、兄は無事なのか、そして歩はこれからどうなっていくのか―――。


という感じで始まったのだけど、最終的には歩の成長記録。
例えば「金田一」などとは全くの別物で、描かれるのは思考における論理性。
仕掛けてくる相手の思考をいかに読み、先を行くか。 知恵と勇気は幸福をもたらすのか。
なかなかにカッコいいテーマではあるのです。

途中から、「ん?これはもしかしてファンタジーなのか!?」という設定も出てきて焦ったけれど、
そもそも当作品の世界観は、一般的なミステリ作品よりも基本はファンタジーだと思い直した。
例えばコナンや金田一が毎回毎回殺人事件に遭遇するのはやっぱり有り得ないけど、
普通の恋愛や学園生活の枠を外すことはない。
けれど『スパイラル』は、「兄に全てを奪われてきた」という鳴海兄弟の設定も、
「肋骨が一本無い」ブレードチルドレンの存在も、そして登場人物のアイデンティティさえもが、
作られた状況の中で繰り広げられているファンタジーだ。
読み手はいつの間にかその空間に招待されてしまっているので、たまに学園生活が出てくると、
正直に「うわ、嘘っぽい!!」と感じてしまう。
そして「嘘っぽい」といのは、歩もその通りと感じている「正しい」感覚なのだ。
この作品にはきちんと狙いを持って作られた世界観があり、その中で推理し結論を導き、
辛い未来に希望を見出し進んでいく歩の姿を描く、ファンタジーであり青春ストーリーであり、
そしてやっぱりミステリなのだ。

何たる贅沢!!

そんなファンタジーな世界観の中で、この最終巻で向かえた歩と「彼女」の別離というのは、
最大級の現実感でした。
彼女がそういう存在だというトリック?には随分前に気づいてましたが、
こういう形になるとは想像もしなかった。
私は根が少女マンガ読みなので、ヒーローとヒロインにはやっぱりちょっとだけ、
何となく「そういう二人なんだ」っていう明るい未来を想像させるシーンがあると嬉しい。
でも、そんな期待は今回は完全に外されました。良い意味で。
巻末で城平氏が「二人を対等な存在にしたかった」と書いている通り、
確かにあのままの二人では、対等ではなかったと私も思う。
こんなにもファンタジーな世界観の中で、二人を対等な存在にしたいというのは、
もっとも純粋で現実的な願いのように受け取れました。

こういう風にすることで二人が対等な存在として向き合えるのならば。
ブレードチルドレン達の唯一の存在である歩にも、「唯一」対等な立場の者がいるのならば。
やっぱり未来は明るくて希望があるのだ、と、更に強く思える気がする。
歩は、まどかとずっと一緒にいても、その思いが叶うことはなかった。
ならば、その逆だってあっておかしくない。
人の心の距離は、肉体の距離とは全然違うのだから。

さて。
時に暗くなりがちな(主に主人公の責任/笑)ストーリーを支えるのが、水野さんの絵の力。
硬派な展開と可愛い絵柄・・・このギャップが、唯一のピースであるかのようにぴったりと
ハマったことが、この作品を最高に導いたのだと思う。
ただ、「楽しんで描いてる感」は初期のほうがあったように思えるけれど。
お疲れ様、そして『スパイラル・アライヴ』も待ってますので宜しく(笑)。


<こんな方にオススメ>
・推理もの、にちょっとでも興味ある人には俄然オススメ。少なくても5巻までは絶対面白い(笑)。
何故5巻?と思った方は手にとって見てくだされば、何となく分かって貰える気が・・・。
個人的には★★★★★!!


『スパイラル・アライヴ』 『小説スパイラル』もあったり。
img20060205_1.jpg

img20060205_2.jpg
関連記事
スポンサーサイト


『上高地の切り裂きジャック』の感想

『上高地の切り裂きジャック』 img20060130.jpg
 島田荘司
 講談社ノベルス 2005.11.7 ?880


<ご紹介>
ミステリ界の巨匠というか何と言うか、独特の存在感のある島田荘司。
彼には、エキセントリックな名探偵『御手洗潔』ものと、地道な警察官『吉敷竹史』ものの二つの代表シリーズがあり、
こちらは前者・御手洗シリーズの中の一作。
探偵役の御手洗潔(みたらい・きよし)と、情けないの代名詞(笑)石岡和己が
ワトスン役で繰り広げられる、本格ミステリです。

今作は、原書房から刊行された同名書籍の、講談社ノベルスへの再録+加筆修正版。
講談社のベルスの島田作品は、再録と書き下ろしとでノベルスの表紙の色を変えてあるので
(再録=黒地に金、書き下ろし=白地に黒) 
並べると一目瞭然。 分かりやすい上に、キレイなんだ♪(背表紙マニア…)。

同時収録 :中篇 『山手の幽霊』


<あらすじ>
石岡の元に届いた依頼は、腹を一文字に切り裂かれた女性の殺害事件の捜査。 遺体の発見は上高地だけど、殺されたのは横浜かもしれない? 警察側も物証から容疑者を逮捕するが、動機もアリバイもない挙句に大切なことは何も喋らない。 切り裂きジャックを彷彿とさせる陰惨な事件にに尻込みする石岡だが、御手洗のヒントは更に思いもしないものだった。「死体についていた○○は、捕まえたのか!?」


<感想>
扱っている題材こそ「切り裂きジャック」のような陰惨な事件だけど、ストーリーの展開としては
サスペンスドラマっぽいノリで、今までの御手洗ものの中ではある意味異色な仕上がり。
この手の展開は、もう一方の『吉敷』シリーズに近いかも。
御手洗だと、初期作品の持つ怖いような幻想的なような何とも言えない雰囲気の方が好き。
まぁでも、御手洗メインじゃなく石岡くんが頑張るようになってしまっている以上、
こういう展開にするしかないのでしょう。 彼が一人で事件を解決出来れば話は別だけど。

ストーリー後半で御手洗が(声だけで)登場するようになった途端、
「私が読んでるのはやっぱり御手洗シリーズだ!!」と実感できるようになるからスゴイ。
よくサッカーなどで「流れを変えるプレイヤー」がいらっしゃるけど、
御手洗の場合は「流れを全て攫っていくプレイヤー」に間違いない(笑)。 
この存在感は、まさに圧巻。 
天才を描ける作家さんって意外と少ないけれど、島田荘司と森博嗣はさすがだなぁ…。
(ご自分達が天才だからか)

犯人が何故「切り裂きジャック」のようなことをしたか、という謎の方は、過去のミステリの中でも
王道的な理由ではあるのだけど、そこに気づかせないような話の運び方は、やっぱり巧い。 
っていうか、石岡くんの存在自体が一種の叙述トリックですからね。
彼の口を通ると分かる話も分からなくなるので、ある意味御手洗以上の破壊力です(笑)。
それが悪いとかじゃそういう話ではなく、要するに、島田作品大好き、ってことだ♪

ただ、書き下ろしの前作・『ネジ式ザゼツキー』があまりに素晴らしかっただけに
今回はちょっと物足りない感じがするのも否めない、かな。
前編御手洗視点で進んだ『ネジ式』は、インパクトだけではなく感動もあった。
今作の読了後は「ふ~ん、なるほど」で気持ちが終わってしまう面がある。
勿体無いけど、「御手洗潔の事件簿」的に流れの一環として読む方が無難かもしれない。


<こんな方にオススメ>
たくさん出ているシリーズの一作ということもあり、オススメし辛い…(笑)。
ミステリ読んでみたいな、という人には、島田作品はオススメ。
名探偵が好きなら御手洗シリーズを、刑事ものなら吉敷シリーズを是非お試しください。

って言うかそもそも「ミステリ好きです!!」っていうと、引かれる確率高いんですよね・・・。

個人的には★★★☆☆。


・感想拝読♪・・・『フォーチュンな日々(仮)』
TBP『Let’s 講談社』に参加させていただきました。
img20060130.gif
関連記事


『フルーツバスケット・19』の感想

『フルーツバスケット・19』 img20060126.jpg
 高屋奈月
 白泉社 花とゆめコミックス ?390 2006.1.19



<ご紹介>
いきなり19巻かよ、って感じですけど、私が長々とファンやってる作品です。
月2回発行の雑誌『花とゆめ』で、多分一番人気で連載しているのではないでしょうか。
物語の前半だけテレビ東京系でアニメになったので、DVDコーナーでレンタルできますな。

総天然色の優しい女の子・本田透(とおる)と、異性に抱きつくと十二支の物の怪の姿
(牛とか寅とか)に変身してしまう
呪いを受け継いでいる草摩家の面々を中心にした、
ほのぼのだったり切なかったり微笑ましかったり号泣したり愛しかったりするストーリー。
うん。 『人を愛しく思う』っていうことを考えさせられる作品、です。
笑えるところはめっちゃ笑えて切ないところでは本気で泣けて、なかなかスゴイですよ。コレは。
登場人物が多く、物語に伏線が多いのも特徴。 読み逃すと後で悔やむことになります(笑)。
第1巻の冒頭10ページがこちらで立ち読み可能。 現在とは絵がかなり違うんですけども。



<19巻のあらすじ>
「呪いはいずれ、必ず解ける」 ・・・紫呉(しぐれ)の言葉に、「いずれでは駄目だ」と強く思う。 次の春までに方法を見つけないと、(きょう)の未来がないのだ。 夾は夾で、透の話し方に秘められた悲しい過去を知り、ますます透を想うようになる。 二人はお互いを想い合うながらも、先へ進むことができない。 一方由希は、今まで何かと透を気にしていたから、透と翔の彼女との「かなしい繋がり」を聞かされることに。 



<感想>
泣きながら読んでました(笑)。 フルバ読んでると、たいていいつも泣くけど。
たとえば。
17歳の女の子が好きな相手を指摘された時、そんなに悲しい顔をしなきゃならないなんて嘘だ。
そんなの、悲しすぎる。
頑ななまでに亡くなった母親を想っていたはずなのに、
いつの間にかそれよりも好きな人が出来ていたことを、自分で自分が許せない。 
そんな透ちゃんが、悲しいほど愛しくて、泣きました。
白いシーツ越しに相手に触れるささやかさが、透ちゃんと夾くんっぽくて幸せで泣きました。
紅葉くんの、綾女さんの、翔くんの、小牧ちゃんの想いが優しくて、いちいち心に刺さってくるのです。
こんなの読まされて、冷静でなんかいられないですよ。 ホントにもう。すっごく好きだ!!

物の怪の呪いで異性に抱きつくと十二支の動物に変身してしまう、という設定は、
普通に描けばただのドタバタコメディになりかねない派手さと奇抜さがある。
マンガとしていろいろ展開できるおいしい要素では、確かにあると思う。
でもフルバはとても真摯にその設定を扱っていて、いたずらに娯楽性だけを求めることはしない。
実際、「呪い」というだけあってかなり暗い濁りのように物語の根底に溜まっているのだけど、
・・・ギャグもうまく入ってるんだよなぁ・・・。
作者のこのバランス感覚は素晴らしい限りです。

登場人物が多いのに、ちゃんと一人一人が際立っているのも見事。
透ちゃんの話し方(常に丁寧語)にはもうすっかり慣れきってしまい深く考えなかったんだけど
そんな理由があったとは…。 大人の暴言が子供に与える影響って、良くも悪くもデカイな。
紅葉くんも、確かにずっと「トールは可愛い!」って言ってた。 好きって言ってた。
でもあの外見に隠れてしまったのか、もっと無邪気な「好き」だと、私は勝手に思ってた。
「キョーより大きくなって・・・そしたらもしかして、トールはボクのプロポーズを受けてくれるかな」
結構ショックだったのです。 私が思ってるよりもずっと、もみっちは男の子だったんだ。
何か、全然私って分かって無いじゃん!! と翔くんみたいな落ち込み方をしてしまった(笑)。
ごめんもみっち。 私は完全に夾くん応援派だけど(笑)、紅葉くんのことはホントに尊敬してる。
もみっちについてはこちらもどーぞ(笑)。
そういう、キャラの成長ひとつひとつがとても丁寧に描かれているので、
世界にぐんぐん惹き込まれるのだ。

個人的には、連載ものより1話完結のシリーズ作品の方が起承転結がある分構成として面白い、と思っています。
連載ものは次回への「引き」に向ってお話を作るパターンが多いので、途中でダレることがある。
でも、フルバは連載しているにも関わらず、1話ごとにちゃんと起承転結っぽいものがある。
しっかりした構成力があっての魅力が大きいのではないかと思います。



<こんな方にオススメ>
・少女マンガにチャレンジ!!っていう男性とか。 案外多いみたいですよ、読んでる男性。
個人的には★★★★★!!



「bono」様のブログで、さらに高尚なレビューを書いていただきました!! 大感謝!!
『花とゆめ』TBPに参加させていただきました。
『フルーツバスケット』TBPに参加させていただきました。
TB_People.gif




関連記事


『アクトレイザー・1』の感想

『アクトレイザー・1』
 加藤元浩
 エニックス ガンガンファンタジーコミックス 1994.6.27 初版発行 


<ご紹介>
最初にごめんなさい。 こちらの本は、現在絶版状態です(笑)。
私は、存在すら知りませんでした。 でも、運命的に出あっちゃったんですよ、古本屋さんで。
加藤元浩ファンとしては、嬉しい限りです。 105円だったし(笑)。
全3巻なんだけど、これ以上の入手は難しそう。
一応amazonなどでも手に入るようだけど、何よりも『復刊ドットコム』さん、応援してます!!(笑)。

1990年に発売されたスーパーファミコン用ソフト『アクトレイザー』のコミック化作品(らしい)。
もう、ものすごく正統派なファンタジーです。
人気ゲームのコミックス化はエニックスの得意分野で、新人さんに割り振られる大仕事。
今でこそ『Q.E.D~証明終了~』『ロケットマン』で、「知的ミステリコミック作家」の地位を
築いている加藤元浩も、こういうの描いてたなんて、驚きつつも面白い。


<感想>
ゲームの世界観を借りてはいるものの、まんがのストーリーはオリジナルだそうで。
と言われても、どの辺までが「ゲームの世界観」なのか、元作品を知らない私には判断でいないけれど、とにかく王道のストーリー展開。
神と魔王、神剣にドラゴン。そしてやっぱり、お姫様と義賊の、身分違いの恋・・・。
そこに、「加藤元浩」というスパイスを加えるだけで、なんでこんなに面白いのかな!?

神の力が衰え、魔王が力を取り戻し、民が不安を抱えているようなとある世界が舞台。 そんな中、一人敢然と強いものに立ち向かう義賊・ダーツと一国の姫・アリシアは、お互いを気にしつつも、過去に約束を反故にされた経緯から微妙な関係。 そこへ侵入してきた魔族。 ダーツは何故か神から神剣を託されるが、魔族との戦いの中、身も神剣も投げ出してアリシアを救い、行方不明になってしまう。 ダーツは無事なのか、そして神剣を託された意味は何なのか。 

というようなお話。 ベタです。 ただ、このベタは作者の意図ですが。
ちなみに1巻には5話入っていて、一応ここで完結してます。2・3巻はまた別のストーリーらしいので。
でもとにかく、このスピード感は見事!! 
『ロケットマン』で顕著なように、元々ストーリーにネタの投入を惜しまない展開をする方なので、
短い中にいくつもいくつも「ベタ」が入ってきて、どんどん読める。 
ダーツの不敵なキャラ設定はよくストーリーに絡んでいるし、絵も結構描き込まれてる。
現在の作品のコマ割や構図より優秀なくらいだ(笑)。

そんな中にも、加藤元浩らしさが見て取れて、例えば神がダーツに神剣を渡す時のセリフ。
「ワシは敵の強さを教えた。おまえは戦うと応えた・・・これは、その証だ」
この辺りには、『ロケットマン』でさんざん描かれた、情報と対価の関係が窺える。気がする。
情報を得るには対価が必要で、それを最大限に使う方法を自分で考える、というもの。
この場合、神はダーツに戦う意思を望んでいたがあえて不利な情報を与えてみて、
幸い?ダーツが応えてくれた報酬として、神剣を手渡したわけです。
ただポンっと「勇者だからあげる」みたいな理由では、元浩キャラは動かないのだ。
では一方、ダーツはその神剣をいかに生かして使っていくべきなのか、というのがまた見所。
普通に展開していくので普通に読めますが、『ロケットマン』などを知る人が読むと
「おっ」というシーンもちょろっとあります。
つまり、ゲームのコミック化という狭い枠の中にありながらも、結構独自の色を打ち出せている作品だと言えるのではないでしょうか。
あとはアレ。
2コマしか出番のない高利貸しに与えた名前が「サラーキン」だとかは『Q.E.D』っぽい(笑)。

とはいえ、元のゲームの世界観がそうなのかは知らないが、
使い古された設定であることは否めない。
ラストも、そーなるしかない、というような展開になってしまっているし。
ありきたりで終わってしまうか、ベタな中になにかを見つけて楽しむかは、もう人それぞれ。
私は、楽しかったな。


<こんな方にオススメ>
・現在進行形で、加藤元浩ファンの方。 『Q.E.D』より『ロケットマン』の方が気に入ってた方かな。ゲーム体験済みの人よりは知らないくらいの方が、純粋に楽しめるのかも。
個人的には、希少性を買って★★★★☆。
関連記事


『今日からマのつく自由業!・1』の感想

『今日からマのつく自由業!・1』img20060112.jpg
 松本テマリ・画
 喬林 知・作
 角川ASUKAデラックスコミックス 2005.12.26 ?546


<ご紹介>
マのつく自由業って何!? と角川ビーンズ文庫から刊行されている
大人気小説のコミック化。
通称『○マ』シリーズと呼ばれる本編12作+外伝3作が刊行済みで、
CDドラマやNHKBSでのアニメ化・ゲーム化など、様々な展開を見せています。
今回のマンガ化は、小説のイラストを書いている松本テマリさんが担当。

正義感が強い以外はごく普通の高校生・渋谷有利は、ある日突然、異世界 『眞魔国』 へ!!
しかもオレが魔王? 倒すべき敵は、人間!? ドラゴンが絶滅危惧種でガイコツが空を飛ぶ!!??
と、とにかくハイテンション・とにかくコメディな原作を、テンポ良く美しく再現してくれています。

角川あたりは人気小説やアニメのマンガ化を頻繁にやるのだけど、同じイラストレータを起用するとは限らなくて、元作品のファンとしては結構キツイ想いをしたりしなかったり。
が、今回はさすがに、このパートナーは崩せなかったようで。 大正解!!


<あらすじ>
ごく普通の野球少年だった渋谷有利15歳。 カツアゲされていた元同級生を助けた挙句に逃げられて、逆にトイレでヤンキーに御用。 そのまま便器に顔を突っ込まれてしまい……気が付いたらあら不思議、言葉も景色も日本とは違いすぎる異世界『眞魔国』だった!! 助けてくれてた美形コンビによると、どうやら自分はこの地に生まれるはずだった魂を持っており、しかも彼らの主君・魔王陛下なのだという!! 現実を受け入れられないまま、なんだかいろんなことに巻き込まれていくユーリの運命は・・・?


<感想>
個人的に、待ってましたよテマリさんっ!!ブラボ!! っていう感じなんですけど(笑)。
元々私はNHKアニメ→小説、と辿ってきたので、最初は小説のテンションに付いていけないくらいだったのですが、慣れたら面白くて超特急で最新作まで読んでいました。

主人公が異世界へ飛ばされてしまうというネタはファンタジー作品ではわりと多いのですが、
(しかも、ネット公開系の小説で多い気がするのは私だけですか
一般的には主人公は物語の正義側にたどり着いて偉業をなす、というパターンだったりします。

が、『○マ』にはそういう正義的な設定がないことが、一番の特徴。
主人公は意に反して魔族の王だし、携えるのは魔剣に魔笛。
日本の常識は通用しなくて、人を叩けば同性相手でもプロポーズだし、猫はメェメェ鳴く(笑)!!
しかも、黒が高貴な色のため、黒髪黒瞳黒い学生服姿のユーリは、魔王中の魔王なのだ。
そんなコメディな部分と、ユーリの熱い正義感が魔族と人間の気持ちを変えていくシリアスな面がうまく絡み合って出来上がっているあたりが、とても上手い。

その原作を、ドラマCDでは忠実に再現しており、一方NHKアニメではユーリの王として人間としての成長物語に仕上げている。
そして今回のまんが化。
これは、原作とアニメ版のちょうど中間というか上手いトコ取りというか、○マの世界観を一番分かりやすくまとめていると思います。
テマリさんが、ファンの期待に応えようとあれこれ頑張って描いてくれているのも見所。
私はBL系はきっぱり苦手派なんですけど、ユーリの紐パン姿には素直にやられました(笑)。
あれを描いちゃうんだからスゴイわぁ。 (紐パンが『萌え』ポイントらしいのがよく分からないけど)
いずれにしろ、今回のまんが化には松本テマリなくしては始まらなかった気がします。

とか何とか偉そうに書いてますが、すみません、私はただのコンラッドファンです…(笑)。好きだ!!


<こんな方にオススメ>
・ウワサには聞いてるけど、小説15冊あると思うと気が滅入って無理!! という方に絶大にオススメ。
・アニメだけ、小説だけ知ってるよ。 という方。損はしません。
男性の方は意外と小説の方が楽しめるかも。 ライ○ンズファンなら特に・・・。
個人的には、すみませんコンラッドがいる限り永遠に★★★★★(笑)。


NHKアニメはBS2で放映中。 公式HPはこちらから。
関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2006年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。