スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『ぼくのメジャースプーン』の感想

『ぼくのメジャースプーン』 img20060428.jpg
辻村 深月 講談社ノベルス 2006.4.6 ?970
 



<ご紹介>
講談社のメフィスト賞作家・辻村深月の第4作目。
ちなみに、今作は、『子どもたちは夜と遊ぶ』からの派生作品でもあります。
彼が、あの時あのセリフをどういう気持ちで言ったのか。
気になる人は読んでみるのも良いかもしれません。
  前作『凍りのくじら』についてはこちらからどうぞ



<あらすじ>
ずっと知らなかったけど、小学4年生の「ぼく」の声には「力」がある。 
大好きなふみちゃんにピアノを頑張って欲しくて言った言葉には、その「力」が宿っていた。 
だからふみちゃんはぼくの言う通りに動いたんだ。 
それが、ぼくの「力」に気づくきっかけだった。 
その後、学校で飼っていたうさぎが殺される事件が起きる。 
ふみちゃんの感情も殺されてしまった。 
動かないふみちゃんを見てぼくは誓う。 7日後、犯人に、この「力」を使うことを・・・。



<感想>
辻村深月の文章は、今日もやっぱり物悲しい。
正直、第1章を読んでいる辺りでは、ちょっとほっとしていた。
「今回の作品は、今までよりは明るいかも」 と。
それが誤っていることはすぐに気づかされたけど、でも何というか読み手である私が
「どうか幸せに」と願ってしまうほど、彼女の描く登場人物たちはみんな、
優しくて不器用で生きることが苦手で。 どこか悲しい。
月の光のように不安定なその文章を、儚くて綺麗だと思う一方で、
「今度こそ明るい話を」と願ったんだけど・・・やはり、どこまでも辻村深月の世界でした。

この作品に「殺人」はない。 
でも、人は死ななくても、心が死んでしまった人はいる。 
命の失われたうさぎはいる。
それを許せず、罰したいと思う心もある。
殺人がないから軽いノリで読めるのかといえば、まったくそんなことはない。
むしろ生と死、罪と罰などをまざまさと見せ付けられる羽目になる。
しかもそれが、小学4年生の目線で綴られていると、痛ましささえ感じてしまうかもしれない。

ミステリでは当たり前のように、トリックを検証する文章がでてくる。
密室ならそれを打破するアイディアを。 
フーダニット(誰がやったか)ならアリバイ崩しを。
あぁでもない、こぅでもないと論じ合う姿が、実は私はあまり好きではない
(ミステリ好きなのにね)。
今作では、そういう検証に当てはめるべき文章に取って代わって挿入されているのが、
「ぼく」が犯人に対して使おうとしている言葉の検証。
つまりこの作品にでは、「ぼく」が最後に使う言葉こそがトリックになっている、ということだ。

ぼくと同じ力を持つ大学教授が、丁寧な言葉であっさりと論じ合っている。
例えば、「殺したり肉体を苦しめたりする以外の酷い罰には、どんなものがあるでしょうか」。
これは、教授が力の先輩として「ぼく」に諭しながら話す形態を取っているので見逃しがちだけど、
喋っていること自体は、かなり怖い。
淡々とさまざまな事例をあげて、どういう言葉(呪い)が一番相手に有効なのか、
そもそも復讐とはどういったものなのか、どういう方法で犯人に反省が促せるのかを
考えては消え、さらに論じては消えていってしまう。
結局、正しい解決や方法なんてない。 
その事実を積み重ねていく一連の流れが、とても怖い、と思った。

その過程を経て「ぼく」が選んだ言葉とは。
それまでの淡々とした雰囲気を一蹴するほどの熱い言葉と想いが交錯するラストは、
まさにミステリの骨頂。
メジャースプーンで量りたかったのは、何だったのか。
そして、何が量れたのか。
それは目安になったのか。
微々たるものしか掬えないはずのメジャースプーンで、それでも掬いたい何かがあって。
これは、そんな微々たる希望を掴むために必死であがく、とても切ないお話でした。


<こんな方にオススメ>
とりあえず、次何読もうかな?と思案中の方に、辻村深月はオススメです。
個人的には★★★★☆。


bk1にTBしました。
BP『Let's講談社』にTBしました。
img20060612.gif
 
『フォーチュンな日々(仮)』にTBさせて頂きました。
関連記事
スポンサーサイト


3月の本棚『ガッチャガチャ・6』『姫君の条件・7』『キーリ』の感想

特別レビューは書きませんが、「こんなの読みました」ってことで。


『ガッチャガチャ・6』 img20060410.jpg
  橘 裕
  白泉社花とゆめコミックス 2006.2.5 \390
あっちからこっちへ、全てが一方通行の片想いラブコメ。
タイトル通りガチャガチャと混戦模様です。
だんだん、面白いのかどうか分からなくなってきました(笑)。






『花の名前・2』
  斎藤 けん
  白泉社花とゆめコミックス 2006.2.5 \390
大正文士?な作家・京と心を閉ざし続けてきた蝶子さんの、センシティヴラブ。
だったハズが、なんだか昼ドラちっくのドロドロ方向へ?
このままだともう読めないかも・・・。




『姫君の条件・7』 img20060410_1.jpg
  朔野 安子
  白泉社花とゆめコミックス 2006.2.5 \390
割と普通にある、姫君と側近の恋愛ファンタジー。
普通だけど、姫君の暴れっぷりが気に入って買ってました。
が、そろそろ佳境ですね。






『イリヤッド・10』・・・ レビュー有ります。
  魚戸 おさむ・画
  東周斎 雅楽・作
  小学館ビックコミックス 2006.2.30




『Q.E.D.~証明終了~・23』 QED.jpg
  加藤 元浩
  講談社月刊少年マガジンKC 2006.3.16
MIT帰りの天才少年と元気印の女子高生がメインの理数系ミステリ。 
殺人のおきない日常ミステリ、は作家・北村薫が確立したけど、
コミックで数学を扱ったミステリを確立したのはまさに加藤元浩。
独自の世界で頑張ってます!!
未読の方にはオススメしてます。




『C.M.B.~森羅博物館の事件目録~・1』・・・ レビュー有ります。
  加藤 元浩
  講談社月刊少年マガジンKC 2006.3.16




『キーリ・8 死者たちは荒野に永眠る・上』 img20060410_2.jpg
  壁井 ユカコ
  メディアワークス電撃文庫 2006.2.10 \550
3月唯一の小説。 といってもライトノベルですが…。
霊を見る女の子と、死なない青年、ラジオの憑依霊が織りなす、
冒険あり切なさありコメディありの連作短編。
最終章上巻ですが、やっとここまで来た!!って感じ。
第1巻はホントに佳作でオススメ





『アラクレ・2』・・・ レビュー有ります。 
  藤原 規代
  白泉社花とゆめコミックス 2006.3.16 \390

 
 

FF12やってたから少なめですね(しかしゲームは挫折中・・・むーん)。
関連記事


『C.M.B. 森羅博物館の事件目録~・1』の感想

『C.M.B.~森羅博物館の事件目録~・1』C.M.B.jpg
 加藤元浩 講談社 月刊少年マガジンKC 2006.3.17 ?390

 


<ご紹介>
『Q.E.D.~証明終了~』で月刊少年マガジン増刊号等で人気のある
作家・加藤元浩の新作で、本誌で平行連載していた『ロケットマン』
終了したので始まった、『Q.E.D.』の姉妹作品。
古びたマンションで叡智を集めた博物館を営む少年・榊 森羅と、
何故か関わりをもってしまった元気少女・七瀬 立樹をメインに繰り広げられる、
1話読みきりの知的ミステリです。



<あらすじ>
訳あって名門私立高校に通う七瀬 立樹は、ある日生物室で教師・田崎が焼死?している場面に出くわしてしまう。 腕だけが燃え残る状況が、世界の不思議『人体発火現象』と酷似していた。 訳の分からないまま窓の外の怪しい人影を追っていくと、そこは様々な物が並ぶ『森羅博物館』だった。 館長と名乗る榊 森羅は、どう見てもただの子供にしか見えない。 だが、不思議な3つの指輪を持っていて・・・。 人体発火現象の謎に、森羅の推理が挑む。 犯人は、誰?


<感想>
ざ、残念・・・!!(笑)
博物館は大好きだし、加藤元浩も本格ミステリも大好きだ。 
面白くなくはない。 好き。 
でも、これでは『Q.E.D.』を超えてはいないよね。 よく言えば姉妹品だし、悪く言えば付け直し。
1話完結ミステリなのも、登場人物の配置も、よく似ている。
背の低い天才少年×長髪の元気少女、というパターンくらいは変えた方が良かったのでは?
まぁ、加藤元浩の描く女性には芯の強い人が多いので、これが魅力といえばそうなんですが。
私にとって『Q.E.D.』と『ロケットマン』があまりにも愛すべき作品であるが故の苦言です。
勿体無いよぉ~!!

お話の流れとしては、とても好きです。
加藤元浩が描くミステリは、本格的な知的ミステリであるのに、
マンガでしか表現できない運びのコミカルさないと成立しない面白さがある。
それなのに少年誌の軽いノリにはならない上品さがあって・・・つまり大好きなんですけど(笑)。
毎回、ミステリとしてとてもよく出来ています。
そりゃ、『Q.E.D.』の帯に法月倫太郎が推薦文書いちゃうくらいに、よく出来てるのだ。
コ○ンとかのように、特別なブレーンがいるわけじゃないところが、本当にスゴイ!!
「掲示板に劇団の広告貼らせてよ」が後から役立つなんて・・・ホント上手いです。


ただ、ツッコミどころが結構あったりするもの事実。
「良家のご子息ご令嬢が通う私立高校」の設定なのに、どう見ても普通の公立高校(笑)。
制服も教室の様子も、私が通ってた県立高校とよく似てる~。

それはとにかく、森羅くんが古代の遺物を見るときの表情の輝きに、思わず大共感!!
博物館、大好き。 良いですよね、ロマンです!!
自然に形成された物や人が造りあげた物、全てに歴史が刻まれてると思うと…もうダメ。
もしかして、こういうマニアックな人種を対象にしてるのかな。
でも少ないよ、こういう人(笑)。
「フリントロックソード」という剣の仕組みを読んで「FF8…」と呟いてしまったことは内緒ですが。

タイトルにもなっている『C.M.B.』の設定がフィクションであるため、
これ以上のふくらみは作れないでしょう。
あとは、なぜ森羅が博物館の館長をしているのか、という彼の生い立ちが柱になるのかな?
それよりも、各回ごとのエピソードが中心になるだろうから、まぁ気楽には読めるのかも。

でも個人的に、加藤元浩には、『ロケットマン』のようなストーリー漫画を描いて欲しいです。
『アクトレイザー』も『ロケットマン』も、ストーリーテリングとしては最上級の作品です。
どちらかといえば、これ読むよりも『ロケットマン』を強固にオススメします(笑)。



<こんな方にオススメ>
・ミステリ漫画が好きな方。
個人的には、ごめんなさい★★☆☆☆。
嫌いじゃない、ホントに嫌いじゃないんですが・・・!!
関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2006年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。