スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『エマ・7』の感想

『エマ・7』 img20060604.jpg
 森 薫 エンタープレイン 2006.05.27 ?680

 

<ご紹介>
編集部で「メイドの人」と呼ばれている(らしい)森薫が
『月刊コミックビーム』にて連載していた人気作の本編完結編。
今後はサブキャラによる番外編が雑誌掲載予定みたい。

ちなみに、アニメにもなったようです。 見てないけど(ぉぃ)。
(上記の↑『あらすじ』が素晴らしいので、詳細を知りたい人はご覧下さい)
19世紀末のイギリスを舞台とし、急勢力で地位を得たジェントリ層の坊ちゃんと、
彼の元家庭教師の家で働くメイドの、身分違いの恋物語。
なんだけど、それだけじゃない不思議な感じのする作品。



<感想>
本編完結とのことなので、全体的な感想を少し♪

とにかく、絵が上手い!!
キャラクタの体を上手に描ける人って、やっぱり全体的に絵が上手いですよね。
もちろん、背景も相当描き込まれている。 
逆に台詞は最小限に絞られていて、中には台詞抜きで2頁くらいコマが進んだり。
この作品のテーマである『上流階級』と『庶民』の差が、
キャラとか背景などの『絵』で一目瞭然に表現されてるところがホントに凄い。

これは多分、難しく作り込まれた設定の物語や世界観には使えない技だとは思う。
『エマ』は、物語も世界観もごくシンプル。
むしろ、ヴィクトリア王朝時代とか、メイドと貴族の身分違いの恋だなんて、
「どっかで聞いたような設定だよね」っていうくらいベタ。
でも、そのベタさを逆手に取って、厳選された台詞と豊富な描き込みで
長所に仕上げてしまっている
腕前が、めちゃくちゃプロフェッショナルです。
私も読む前は「う~ん、展開読めちゃうもんなぁ…」と消極的だったんだけど、
読み始めたら止まらなかった。
とにかく、絵で魅せる作品です。

なので、確かにストーリーは弱いことは弱い。
エマとウィリアムの出会いや、ケリー先生とのやり取りで進められる序盤、
身分違いから無理矢理引き裂かれ、紆余曲折の後再会へ向う終盤などは
劇的に動くから良いんだけど、元々難しくない話なので、どうしても中弛みしてしまう。
エマとウィリアムが会えない間の出来事に、コミックス約3冊分も費やす必要は
無かったのでは…??とは思ってしまうかな。

で、7巻。
どーでもいいけど、めちゃくちゃ厚いです、この巻(笑)。
値段見ないでレジへいって「714円です」と言われた時はかなりビックリ。
でもそれだけの内容はある。 
6巻を読んだ時に、あと1冊で本編が終わるとはとは思えなかったんだけど、
すっごく凝縮された濃い内容で、満足満足。
なんだか映画を見てるみたいでした。 前述した中弛み感はどこへ!?ってくらい。
キャラクタも多いのだけど、それぞれの特徴がしっかり出てるし。
ストーリーが凝縮されてるのにキャラの特徴まで表現されてるのって、
一体どんな技なんだろう…?? 
恐るべし、プロの力!!(笑)

ただ。 ただね。 
背表紙マニアの私の戯言なんだけど。
6巻だけ色を変える(=黒)のはやめて欲しかった。 並べた時に悲しいから(笑)。
いや、分かる!! ストーリー展開に応じた色なんだとは分かる!!
でも、じゃぁ7巻は薔薇色とか虹色にするとかさぁ…(何だソレ?)


<こんな方にオススメ>
・「ベタな恋愛話なんでしょ?」と引き気味のアナタへ!!
読まず嫌いは良くないんだなぁと、私が身を持って体験したので。
個人的に7巻は、★★★★★!!



『bk1』にTBさせていただきました。
TBP『コミック感想♪』にTBさせていただきました。
img20060611.gif
関連記事
スポンサーサイト


tags: 森薫

『びっくり館の殺人』の感想

『びっくり館の殺人』img20060514.jpg
 綾辻 行人
 講談社 ミステリーランド 2006.03


<ご紹介>
講談社が「かつて子供だったあなたと少年少女のための」作品として
刊行しているのがこの「ミステリーランド」 (詳しくはこちら)。
『びっくり館の殺人』はこの第9回配本分で、かつ、
綾辻行人の代表『館』シリーズの最新作、という形態
をとってます。
今までの館シリーズが、講談社ノベルスからの刊行だったので、
今作は異例中の異例なだけに、作者の気合を感じるのは確か♪

ちなみに同じく第9回配本が、法月綸太郎『怪盗グリフィン 絶体絶命』、
次回配本(今月!!)が、乙一『銃とチョコレート』だったりします。
超豪華!! 


<あらすじ>
今から約10年前、永沢三知也の住む街には『びっくり館』と呼ばれる不思議な屋敷があった。
「とにかく家中がびっくり」というその屋敷には、風変わりな老主人と、寂しげな少年・トシオ
そして大きな人形の「リリカ」が住んでいた。
トシオと仲良くなった三知也だが、『びっくり館』への奇妙な印象はぬぐえない。
そしてクリスマスの夜、三知也は屋敷で起きた密室殺人の発見者となってしまったのだった。
長年事件を忘れていたが、書店で見かけた『中村青司』の名が三知也の記憶を呼び覚ます。
犯人は、まだ捕まっていないのだった・・・。


<感想>
まず何よりも、表紙の絵が怖いです!!(笑) 
怖すぎだろー、この絵・・・。
うっかり読みっぱなしにしておくと、思いもかけない時に目が合ってしまう(笑)。

でも思うんだけど、まずこの時点で、読者は綾辻ワールドに引き込まれてるわけですよ。
綾辻行人のミステリは、この「何かちょっと怖い」っていう雰囲気がとても大切にされている。
しかも、その感情を踏まえないと真相に至らないという・・・。
この独特の世界観を印象づける役割をしっかり果たしている表紙だと思う。

ミステリーランドという幅広い年齢層を意識してか、普段より文章が読みやすいのは◎!!
視点を固定しているのって、もしかして比較的珍しいのでは?
ただ視点の制限がある分だけ、トリックとしてはアンフェアライン上になってしまってるかも。
あちこち気をつけて表記されているけど、「それって有り?」って初読では思ってしまったり。
でも。
ここで効いてくるのがあの表紙。
よく考えたら、表紙にトリックが描かれているようなもんじゃん!!(笑)
充分にフェア!! だと改めて思いました。 むしろ爽快です。

真相が分かってから読み返すと、三知也がクリスマスの夜に目撃したのは、
人の心が壊れていく、人の心を壊していく様子を見せ付けられたおぞましい場面だと思う。
そんな体験をしつつもトシオを守るため三知也が取った行動は、
良いとも悪いとも言えないけど、実は三知也の心を守るためにも必要だったのかもしれない。
そんなことを後から考えました。

『人形館の殺人』とか今回のような雰囲気を書かせると、やはり綾辻行人は巧い。
物理的に立証できるトリックしか認めない、っていう人には向かないかもしれないけど、
本当にミステリーなのは、何よりも人間の心なのだから。



<こんな方にオススメ>
ミステリーランドは子供向け全集のような体裁ですが、是非大人に読んで欲しいです。
個人的には★★★★☆。

bk1にTBしました。
BP『Let'講談社』にTBしました。
img20060612.gif
関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2006年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。