スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『コッペリア』の感想

img20060806.jpg

『コッペリア』
加納朋子 講談社文庫 2006.7.14(初出:2003.7) \629


 

<ご紹介>
日常に潜む小さな謎を扱うミステリを書かせたら天下一品!!
と私が勝手に思っている加納朋子さんの、初めての長編作品。
普段は専ら、短編連作を重ねて1作品、というパターンなので、
ファン待望の作品になるのではないでしょうか。
(お金がなくてハードカバーで買えなかったので、私はやっと今デスヨ)

が心奪われたのは、人形だった。 
作者の名前から「まゆらドール」と呼ばれているものの一つ。
だがその人形は無残にも、僕の目の前で、まゆらの手によって破壊された。
再びまゆらの家を訪れた僕は、窓辺に置かれた「彼女」を見つけてしまう。
今までのどんな人形とも違う「彼女」に、僕は恋に落ちた。
それなのに、「彼女」にそっくりな女優・が現れる。
この酷似は、偶然? 必然? それとも・・・?



<感想>
『人形館の殺人』に続いて、またもや人形モノになってしまったのは、怖い偶然です。
人形、苦手・・・。
だって、ヒトガタですよ? ウツシロですよ? 怖いじゃん!!(落ち着けや…)


物語は一人称で綴られていて、語り部は聖と了を中心に、章ごとに変えられている。
今までの連作短編で、1作ごとに視点を変えながらも大筋を描いていた作者にとっては、
長編の節ごとに視点を変えるのも、難しくはなかったのかもしれない。
そう思わせるほど見事なまでに軸がぶれず、
散りばめられた小さなヒントが謎に向って収束していく様子は素晴らしかった。
再読してみると、「あぁこんなところにも露骨にヒントが!!」と発見しつつも、
初読の間はまったく気づかなかったのだから、簡単なわけないと思うのだけど…。


読者を混乱させるメイントリックは、3章だてのうちの第2章の途中であっさり明かされる。
その潔さに、作者が本当に書きたかったのはトリックそのものではなく、
その後の聖や了の行動や生き方なんだ、
と見当をつけるのは誤りではないと思う。
トリックは本当に鮮やかで、どんなに素晴らしいかめちゃくちゃ書きたいけど、
さすがに書けないのが悲しいところ(笑)。
是非本で体験していただきたいな。


基本的に自分大好き!!な聖が、3体の人形を持ち主に返すために奮闘するのは、
夏休みの宿題のように強制されたものではなく、
自分が進んでいくために過去を清算する、とても自発的で綺麗な行為だと思う。
読者がそれまで読んでいた聖の小悪魔的なしぐさや行いが、
全て彼女が彼女を騙すための演技だったことに気づかされる。
そこに至るまでの「人形」の廻りあわせはとても運命的で、
もしかしたら有り得ないくらいの配置なのかもしれないけれど、
人間と人形、双方の意思が呼び込んだ結果なんだな、と妙に納得してしまった。
その後で「人形の意思?」と自らのコワイ感想に突っ込んだけど・・・、
何となく、そう考えるのが一番しっくり来た。


全てが絡み合うような仕掛けを用いて描かれているため、ミステリとして面白いけど、
多分これは、恋愛小説なのだと思う。
作中で描かれる悲恋が起こす悲劇。 対照的に、爽やかな想いが呼ぶ結末。
その対比を際立たせつつも柔らかい読後感が、とても素敵なお話でした。
っていうか、もうね、私が聖にメロメロですよ(笑)。

個人的には、★★★★★星五つ!!



<関連サイトさま>

『bk1』にTBさせていただきました。

『読書とジャンプ』
『トミーのエンタメ日記』
 
関連記事
スポンサーサイト


『無限のリヴァイアス』の感想

『無限のリヴァイアス』 ・・・アニメーション img20060824.jpg
 監督:谷口悟朗
 製作:TV TOKYO/読売広告社/サンライズ/1999



<ご紹介>
谷口悟朗氏をご存知でしょうか?
NHKアニメ『プラネテス』(感想はこちら) の監督を務めた方で、
原作の持ち味を生かしながらも独自の視点を用いて
更に良化されたアニメを作り上げる名監督、といのが個人的意見。

05年深夜アニメ『ガンXソード』を見ていたんだけど、
ところどころ『プラネテス』を髣髴とさせるシーンがあったので、
「もしや!?」と思いクレジットを見たら谷口作品だった、というくらい、
個性的な作品を構築している。
谷口氏の最初のTVシリーズ監督作品が、これ。 『無限のリヴァイアス』。

太陽フレアが異常噴出した23世紀。
相葉昴治の乗る航宙士養成所・リーべデルタは、突然の襲撃を受け、
ゲドゥルトの海へ沈んでしまう。
リーベ・デルタ内に隠されていた『リヴァイアス』で脱出する際、教官は全員殉職。
謎の多い機体の中で子供だけで生き延びねばならない事態に、昴治らは翻弄されていく。
何故攻撃されるのか? リヴァイアスとは何なのか。 自分達は、生き延びられるのか・・・?
限られた空間で繰り広げられる、人間社会を圧縮したような、少年少女の青春葛藤劇。

ストーリー展開上明るさは皆無。 けれど見応えは充分。


<感想>
TSUTAYAのDVD宅配サービスを利用しました。
7月入会だと1ヵ月無料だったの(ぉぃ)。 1ヶ月かけて見てたんか私…。

最初の印象は、とにかくキャラ多い!!ってこと(笑)。
OPで予想は出来たけど…30人近くいるのでは??
きちんと声優さんの数を確保してはいるけど、対応しきれないらしく、
1人の役者さんがサブキャラの声辺りまで兼任してるので、もう耳が混乱状態。
「さっきも檜山さん声のキャラいたヨ!!」みたいなね(どんだけマニアなんだ…)。
エアーズ・ブルーには、もっと活躍して欲しかったなぁ…(檜山さん…♪)。

正直、最初の5話くらいまではよく意味を捉えられないまま見ていただけだったと思う。
視聴者も、登場人物さえも、置かれている現状を理解できないまま話が進んでいく。
なぜならば、30人近くいる主要キャラの誰かをクローズアップすることなく、
俯瞰的な目線で物語が進行するからだ。

その目線を確保している要因が、主人公・相葉昴治のキャラ設定にあるハズ。
ずば抜けた能力もなく、人間関係を築くのも下手な彼の持つ最大の才能が、
俯瞰的ともいえるほど全体を見ようとする、目線、なのだと思う。
誰かに傾くわけではなく。 権力に傾くわけでもなく。
状況が掴めず、一方的に死にさらされている場面でも、彼の考えることはいつも一つ。
「今、何をすれば一番生き伸びる可能性があるのか」
自分が出来る最善を考えるため、時にAさん寄り、時にBさん寄りになるポジションは
見ていて歯痒いくらい捉えどころがないけれど、それを貫く困難も当然あって…。

どうにも重たい設定とテーマを、
敢えて少年少女のみの空間に絞った展開がとにかく秀逸でした。
艦内の権力図が変化していく様とかがかなりリアル。
逃げのない作品だ、と思いました。
ハッピーエンド的な最終話の内容がが賛否両論だった、と聞いてはいたけれど、
私の中ではオッケーな結末。
極限状態にさらされた人間が、その道を選ぶのはあり得ると思うんだけどな。

結論。
個人的には、★★★★★!!
アニメ絵過ぎてイヤ、というのでなければ、見てみる価値はある気がします。
しかし、とにかく明るさはない作品なので、落ち込んでるとき見ちゃダメです(笑)。
知らなかったけど、キャラデザは後に『ガンダムシード』とかも担当した方なんですね。
まぁ私、ガンダム見たことないんですけども!!(マジ)


<関連サイトさま>
・感想拝読しました・・・『平常心是道』
・関連記事・・・『スクライド』 『コードギアス 反逆のルルーシュ』 『プラネテス』
・製作サイド・・・『無限のリヴァイアス公式HP(サンライズ)』  『テレビ東京』(番組サイトは閉鎖)   




関連記事


『xxxHOLiC・9』の感想

『xxxHOLiC・9』img20060717.jpg
 CLAMP 講談社ヤングマガジンKCDX 2006.7.13 ?533

 

<ご紹介>
ヤンマガ誌上で好評連載中の、不思議感覚アヤカシ譚。
(詳しくは8巻レビューをご参照ください)
ちなみに今回のコミックス裁断面は、深紅紫のカラーリングでした♪
(何故こだわる)

初夢の話で盛り上がる(?)四月一日君尋(ワタヌキキミヒロ)ひまわり、そして百目鬼
その後二人に手作りのお菓子をご馳走した四月一日は、
何故かひまわりや百目鬼の初夢の内容をそのまま『正夢』として体験してしまう。
それは『夢買い』が行われたからだと侑子は説明し、『夢カイ』に会おうと言い出すが…?
9巻は、初夢の話と、四月一日と小羽との出会いの話を収録。


<感想>
何だかどちらの話にも、大筋に関わるいろんな伏線が張られているので、
何をどう捉えれば良いのかイマイチ分からないまま話が進んでいる感じ。
これはダメですか? 私、理解できてないアホですか? (アホだけども!!)
何かに追いかけられる夢なら、私もよく見ますヨ。 恐竜とかさ(笑)。

話が突然「何かの力」によって遮られて、肝心のことが聞けないままになり、
主人公と読者が困惑してしまうのは、CLAMPさんの得意のパターン。
あとは、あえて語られないけど明らかに含みがある、とかね。
こういうのは結構大筋の謎に直接関わってくることが多いのだけど、
9巻、多いっすよね、このパターン。

まず、ひまわりちゃんが見た夢の内容のオチ。
めっちゃ怖いんですけど、あの一つ目アヤカシ…。
それだけ怖いものを話さずスルーできるひまわりちゃんは、やはり只者ではない…。
じゃぁ何者なの?ってことで、気になる…。
そして、侑子さんがひまわりちゃんを語る時が二つめ。
今までも、四月一日の運命の相手はひまわりちゃんではない、と断言してきてるけど、
今回、いつもより踏み込んでいる。
けれど結局は「自分で気づかないとね」とスルー。
やっぱり気になる…。
もう一つは、四月一日と小羽と出逢ったことを知った時の、侑子と百目鬼の反応。
侑子さんは明らかに含みがあるし、百目鬼の沈黙も気になる。

謎ばかり増えてて、収拾がつかないままお話が進んでいくパターンは健在。
だけど、謎が解けてからの結末がスピーディーなのもCLAMPさんの特徴なので、
これは仕方の無い展開として諦めるしかないようです(笑)。

あとは、別枠で進行している作品『ツバサ』絡みが久々に登場。
ここここれは!? 
『ツバサ』も読まないと、大きく展開しそうな勢いっすね!!
って、この反応がめっちゃ製作サイドの思惑通りなんだろうけど…(笑)。
じゃなきゃ、週刊連載同時進行なんて、大変なだけで意味が無いものね。

NHKの『ツバサ』アニメは、ちゃんと『xxxHOLiC』との世界観を関連させてるけど、
TBSの『xxxHOLiC』アニメは、『ツバサ』はスルーしてるのが悔やまれるところ。
しかもイマイチ面白くないんですよね、アニメ『xxxHOLiC』。
アニメ版『ツバサ』が良作品なだけに思わず比較しちゃって申し訳ないけど、
あの絵は何とかならないのでしょうか。


個人的には、★★★★☆星四つ。


『bk1』にTBさせていただきました。
『コミックレビュートラックバックセンター』にTBさせていただきました
関連記事


tags: CLAMP

『デスノート・12』の感想

『デスノート・12(完結)』 img20060715.jpg
 大場つぐみ・原作/小畑健・漫画
 集英社 週刊少年ジャンプコミックス 2006.7.4

 

<ご紹介>
映画化もされた、いわずと知れた超メジャーコミックの完結編。
週刊少年ジャンプの連載ながら、
「これ少年誌で良いの!?」と最初は誰もが思ったに違いない、
難しくてキワドイ展開で読者を一気に惹き付けた傑作も、
2年半でめでたく?完結。

死神が落とした1冊のノート。 そのノートに名前を書かれたものは、40秒後に死ぬ・・・。
そんないわく付きのノートを偶然拾った高校生・夜神月(ライト)は、
躊躇うことなく犯罪者に死を与え、この世の『神』を志す。
名探偵『L』を完膚なきまでに叩きのめした後、立ちはだかるのは、少年ニア
『神』への礎を築いた月と、選ばれし『L』を継ぐニア。
選ばれた天才たちの頂上決戦、勝つのは果たして―――。


<感想>
面白かった。 
本当にいろいろな意味で面白かった作品です。
この作品の骨頂が、最終巻ではなく竜崎編であることは、誰の目にも明確だと思うけど、
「あそこまで凄かった竜崎編よりもっと凄いものが見られるのではないか」
という期待感だけでここまでひっぱって来た力は、やはり普通ではない。


bonoさんも書かれているけど、
魅力の原動力が、原作よりも画力にあることは、まず間違いないと思う。
実写映像化にも耐えうる人間キャラの綺麗な作画レベルは言うまでもないし、
一方、死神の描写はどこまでもファンタジー。
アレが間近にいたら、確かに怖いと思う。 それは想像できる。
でも絵を見る限りでは、それ程怖くはないし、愛嬌や微妙な気持ち悪さもある。
いわゆるお化けとか、妖怪・怪獣・幽霊といった、
従来の「ありえないもの」の造作には、どうにも当てはまらない絶妙なデザイン。
凄い。

デスノートの特徴はこまかな頭脳戦のやりとりだけど、
そうでない大筋の部分では、普通の少年誌っぽいノリが多々ある。
月が、「神になる!」と言い切るところとかが特にそう。
その台詞を、普通の少年誌系の絵でやられたと仮定したらどうだろう。
案外「ふーん、またこの展開か」くらいにしか、読者は思わないんじゃないかな?
まぁ違うのは、普通その台詞を吐くのがたいてい悪側だということくらい。
違うのは、主人公=完全に悪、という図式を築いた点に集約されるけど、
この漫画から「小畑健の絵」を取ると、
案外どこかにありそうなところがちらほら見えてくるのでは?
もっとも、「小畑健の絵」をこの作品から外すことは考えられないし、
それ故に、魅力の根源がこの才能にあることの証明にもなるのではないでしょうか。

ところで、結局「大場つぐみ」ってどなたですか?
っていうのが、この作品のイチバンの謎なのかも・・・(笑)。
いろいろ書きたいことは尽きないけど、この辺で。
個人的には、★★★★★!!


『bk1』にTBさせていただきました。
関連記事


『鉄腕バーディー・13』の感想

『鉄腕バーディー・13』 img20060709.jpg
 ゆうきまさみ
 小学館ヤングサンデーコミックス 2006.7.5 \505


<ご紹介>
廃墟好きの高校生・千川つとむと、彼と体を共有することになった、
豪腕鉄腕ガチンコ体質な宇宙人(!!)バーディーが繰り広げる、
二心同体SFアクションコミック。

詳しく?は、11巻のレビューをご参考ください♪(詳しく書いてはいないんじゃ・・・)

13巻は、12巻から続くバーディーの幼少期編。
一般のアルタ人とは違い、作られた存在である調整アルタ人のバーディーは、
偏見と差別という社会の中で、養育係の人形・ヴァイオリンと元気に過ごしていた。
けれど、様々な思惑と陰謀の中、戦闘用の人形がバーディーを襲う。
ヴァイオリンは体を張って彼女を助け、そして…!?


<感想>
宇宙人にも、いろいろあるのね・・・。
と言うのが、正直な感想(笑)。
いや、それくらいよく描けているのです。
「虫人間!!」「トカゲ男!!」とお互いに言い合うくらい姿形さえ違う宇宙の人種。
その割りに、私たちと同様の嫉妬心やプライドがあったり、逆に常識が通じなかったり…。
なかなか興味深いです。
でも、普通に世界史を学んでいても入り組んでいて難しいけど、
この漫画の世界観(宇宙観?)も、相当入り組んでいる。
「このテロって何が原因だったんだっけ??」などと前巻から読み返して
やっと理解したりそれでも分からなかったり。

でも、不思議なのは、それでも面白いってこと。
小さい頃に同作者の『機動警察パトレイバー』を読んだ時も
「OSって何? 韜晦ってどういう意味!?」と分からないながらも、充分面白かった。
今、全く同じことをまた繰り返してる感じ。
当時よりは、私もさすがにレベルアップしてるハズだけど、
作者もさらにアップしてるから、この差はなかなか縮まらないようです(笑)。
長く読んでいて楽しい。 それがゆうきまさみの魅力かも。

13巻はなんていうか、ヴァイオリンとちびバーディーの家族愛物語がメインなので、
私のイチバン弱いところをくすぐられてしまい、切なくて泣きそうでした。
そのうえ、子供同士の友情もしっかりあって。
アルタ人だという理由で、バーディーとケンカばかりだったクレドが、バーディーのことを
「そうだよ化け物だよ!! 化け物だけど、友達だ!!」と叫ぶシーンとか。
バーディーが「創られた存在」だと初めて知ったつとむが、彼女を想って怒るシーンとか。
そういうのを見ていると、
宇宙とか地球とか人種とか姿とか、大切なのは全然そんなんじゃなくって、
相手を思いやる基本は変わらないんじゃないか、
と思いましたよ。

ところで、回想シーンで2巻分消費してますが。
レビの目的って、結局何なんだろう・・・?(笑)
次巻から新章ということなので、そろそろメインストーリーが動くのかな?
と楽しみにしつつ。
個人的には、★★★★☆。

ある程度巻数が溜まってからまとめ読みした方が、絶対面白いタイプの作品。
関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2006年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。