スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『DDD・1』の感想

DDD 1 (講談社BOX)

DDD 1 (講談社BOX)
posted with amazlet at 10.02.12
奈須 きのこ
講談社
売り上げランキング: 10544



『DDD・1』奈須きのこ/こやまひろかず/講談社BOX/2007.1.1/?1300

<ご紹介>

同じ講談社から先駆けて発売された『空の境界』が、映画化も予定されるヒット作となり、
その後を受けて文芸誌『ファウスト』に掲載された作品を加筆修正したものが本作。
ミステリ+伝奇+青春小説が化学変化したような文章が、読者を選んでしまうかも。
BOXの中身は青表紙、フォントも独特なタイプを使用して書かれています。

精神だけではなく肉体にまで異常な変貌をきたし、「悪魔憑き」と呼ばれるほど人間離れ
した存在になるアゴニスト異常症患者。 その悪魔憑きに左腕を獲られた石杖所在
(アリカ)は、義手を求めて迦遼海江と知り合う。 四肢に漆黒の義手義足を纏うカイエと
アリカが出会う、悪魔憑き絡みの奇妙な事件とは…。

    →過去記事『ファウスト vol.6 sideA』
    →過去記事『ファウスト vol.6 sideB』

<感想>
褒め言葉として一言でいうと。 「こんなに読み辛いのに、こんなに面白いの詐欺!!」(笑)
難産でした…。 産みの苦しみならぬ、読みの苦しみ…。 文章が下手じゃないのに、
何でこんなに読みづらいのだ…。 いや、しかも私、雑誌で既に読んでるハズなんだよ、
なのにこんなに訳分かってなかったんだよ、って私がアホなだけじゃん!! …みたいな
感じでエンドレス。 んんん、何か感想書くのも難産ですね(泣)。

独特なフォントも、この迷宮に放り込まれたような作品の持つ世界観に深みを増す要因
となっているので、批判も目にしますが、私は好き。 演出用のフォントだもん。
そんな中、この一文に出会えただけで良し!!と思わせるグッドな文章がありまして、
『講談社BOOK倶楽部』にも引用されてるから良いと思うんだけど(↓反転)、
それは骨の軋む幽(しず)かな夜。花開くような、美しい命の音。
…好きだなぁ、この文。 こんなに綺麗なのに、これが何を表現した文なのかを考える
だけでおぞましいというアンバランスさ。
「新伝綺」に相応しい一文だと思います。


●第1話『J the E.』
そもそもこの作品に入り辛い一番の原因は、第1話にあるのです。 一人称の文体で
一切の説明をしないまま(例えばアリカの後遺症のこと)、状況にそって描かれて
いってしまうので(しかもその状況が普通じゃない)、読者はすっかりさっぱりきっぱりと
置いていかれます。 分かってる、それが作戦なのは分かってるの!! 実際惹き込まれ
ちゃえば問題ないんだけど、そこに行き着くまでがどーにもならない。

なので、これがミステリとして上手なミスリードを仕掛けていることにさえ、読了して
からも気付きにくい。 だって、考えなきゃいけないこと、多すぎて。 アリカとかカイエに
気を取られてたら、ユキオのこと見落としてました。 あぁ、そこに繋がるの…。
普段恐ろしいほど淡々としたアリカが、義手を付けた時に見せる姿は、悪魔?本性?
人に巣食う病(悪魔憑き)を払うのが本物の悪魔側だ、という構図が意味深ですね。
つまり、カイエの目的って何さ…??(木崎を殺して欲しそうだったしなぁ…)

●第2話『H and S.(R)』『H and S.(L)』
上手く嵌められました。 なるほど、上手いんだなコレが…。
どーでも良いんですが、この作品、巻末の年表がかなりのヒントになっててスゴイ。
実は、文章中に細かい章名が書かれていることがあり、それがどの位置に当たるのか
を年表で対応させられるので、読みづらい中にも現在地の確認方法は確保されてる。

気になったのは、マキナが見た団地のお化けが何なのかってこと。 あと、カイエの元
へ導いた山田さん(偽名らしい)だけど、年表を見ると全焼事件のあったお家と同名
だったりして、ホントに偽名なのか、偽名ならなぜ山田なのか、なども気になるところ。

●第3話『formal hunt.』
一番のトリックには、さすがに引っかかりませんでした。 第1話で堂々と妹さんに
関する記載があるので、「タイミング的にオカシイぞ?」と気付きました。 嬉しい(笑)。
名前がヘンとか美人だってことを即答しないとか(読めば分かる)。
マトさんと妹ちゃんのチェイスは、最早想像の限界でした(笑)。 えーと、ちゃんと
人間の戦いになってた? 桁外れ過ぎて、よく分からん…。

気になるのは、日守秋星という悪魔憑きが全く登場していないこと。 これはどうやら
2巻へ続くパターンではないかと。 あと、アリカの言った「あいつ、成長してね?」。
妹さんの表記として、二年前の様子を表す言葉として「花のような少女」ってのがあり。
ロリコンだの何だの言われてしまう医者がいるってことは、妹さんは可愛い系の方
だったと思うのだけど、他を見ると年齢より上にしか見えない超美人、みたいな表現で
どーもイメージが違うんだよね。 妹さんについては完全に続く!!って勢いなんで、
ウェディングドレスの謎とかその他の詳細を楽しみにしたいと思います。

<まとめ>
峠を越せれば、独特の世界観に嵌れると思います。 入門書?には不向き。
いずれにしろ、いろんなことが次へ繰越しなんで気になる気になる!!!
個人的には、★★★☆☆。

<関連サイト様>
・感想拝読♪・・・『今日もだらだら、読書日記』 『愛があるから辛口批評!』 『booklines.net』
・出版社・・・『講談社BOOK倶楽部』



関連記事
スポンサーサイト


『君に届け・3』の感想



『君に届け・3』椎名軽穂/集英社別冊マーガレットコミックス/2007.1.30/\390


<ご紹介>
   →最新刊『君に届け・4』の感想
月刊誌『別冊マーガレット』で大好評!!(いやマジで♪)連載中の作品。
総合文芸紹介誌『ダ・ヴィンチ』12月号の特集「次に来る少女マンガはこれだ!」で
紹介されたので、目にした方は増えたかも、です。
これでもか!!という少女漫画だけど、男性にも多いですよ、読んでる人♪

実はポジティブで健気!! なのに見た目の陰気さでぷちイジメ状態だった主人公・爽子。
風早のおかげで自分に自身が持て、吉田・矢野という友達との絆も深められて幸せな
毎日。 けれど、風早の仕草・言動にいちいち緊張してしまう自分に戸惑いも感じ始める。
そんな時、とびきり可愛い女の子・くるみが、爽子の友達を宣言!! どうやら風早に好意を
抱いているようだけど…。

    →過去記事『君に届け・1』の感想
            『君に届け・2』の感想
            『ダ・ヴィンチ12月号』の感想


    
<感想>
今回も、丁寧に描かれた素直な感情が、ストレートに私の胸に届いてきました。

相変わらず上手い作りだなぁ、と感心しきり。
表紙も良いですね。 3冊まとめて背景色が爽やかなので、並べても印象が明るいの。
表紙の雰囲気を裏切らない作品は好きです。 タイトルとか表紙は、作品の柱でしょうっ!!

さて、今回のヒロイン・爽子ちゃんはと言いますと…相変わらず可愛いんだーもぅ!!(笑)。
友達からかかってくる初めての電話、初めての外出、初めての体育祭。
それらのことがとても大切なことなんだって、表情が言ってる。 ホント幸せそうなのです。
サッカーが下手だから自主練しようとか、くるみちゃんが可愛いから見習ってみようとか、
彼女の発想はちいさなろうそくの灯火のように素直で温かで繊細。 そこが良い。
段々と風早少年のことを「男の子」として意識してくる過程も可愛らしい。 まだまだ一番は
吉田さんと矢野さんみたいだけど、愛とか恋とか言う前に友情で周囲を固めてあるので、
爽子の風早への気持ちが憧れとか単純に好きとかではなく、人間的な部分もきちんと含ん
だ「好き」の気持ちとして育っているのが、読者に伝わりやすくて描き方的にグッドです!!

どちらかと言えば、風早少年(何故かこの呼び方がお気に入り♪)の方が、爽子への
想いを抑えきれてないくらい。 そこが可愛い(笑)。 女の子相手にやきもち焼いたり、
爽子をホント優しい目で見たり。 そう、私、風早の爽子を見る表情がとても好きなのだ!!
人を好きになるって、こんなに素敵なことなんだってことを再認識させてくれる表情
なんだもん。 相手が笑ってくれると自分も嬉しい、ってことを忘れずにいる気持ち、
私も見習わないとな~、と思ったりしちゃったりね…(ほ~?。

今回一番のお気に入りは、サッカーボールのシーンでしょうか。 この二人、会えば
緊張ばかりしてるくせに深層レベルから気が合うらしく(笑)、サッカーボールが相手に
届くことで、気持ちまで届いたかのように(実際それは間違えていない)「届いた!!」と喜ぶ
風早が初々しくて好き。 こういう一つ一つの心情の描き方がとても丁寧な作品です、ホント。

さて、いよいよメインに上がってきたライバル役・くるみちゃんですが。
私、こーゆー子、嫌いじゃないなぁ(笑)。 いろいろ分かりやすくて可愛いっすよね?
こんなにしたたかに計算高いなのに爽子の天然に敵わない辺り、不憫で可愛い(笑)。
ただまぁ、好きなら何をしてもいいかというとそーでもないので、爽子に教えて貰って
くださいませ。 他人を陥れるようなマネをしなくても、アナタ可愛いんだよ、って♪


<まとめ>
ラストシーンがとても好き。
勿体無くて書けませんが、爽子の素直さはぜひ見習いたい!!
個人的には、★★★★★の五つ星!!


<関連サイト様>
・TBさせていただきました・・・『或る書店員の戯言』 『コミックレビュー トラックバックセンター』
・出版社・・・『集英社』  『別冊マーガレット』


関連記事


『LaLa3月号』の感想

 lala.jpg

『LaLa3月号』白泉社/2007.1.24/?400


<ご紹介>
白泉社刊行の月刊誌。 今月の表紙+巻頭は
『ヴァンパイア騎士団』ですね。
付録は、同作品のモチーフアクセサリ(いるの?)。
   →過去記事『LaLa2月号』
           『LaLa1月号』
           『LaLa12月号』

<感想>
いろいろな作品が案外面白い展開だった気がします。
中でも、『キスよりも早く』と『あぁ愛しの番長さま』がダントツにグッド!!
前者は切なくて、後者は大笑いで、大満足♪
では、掲載順に気になったものだけ感想をば!!

●葉鳥ビスコ『桜蘭高校ホスト部』
引き続き庶民体育祭ネタ。 鏡夜先輩があそこまで怒った理由は、やっぱり環先輩への
友情ゆえなのね!!と感動するのが初心者。「あぁ、稼ぎ時だったんだ」と読むのが通なの
でしょう(笑)。 馨がどーにも浮上してこないですね。 そこにときめくのですが(笑)。

●呉由紀『金色のコルダ』
普通の少女漫画のダブルデート話でしたね。 音楽が絡んだお話のほうが面白いのに。
人間関係に変化が生じるきっかけとなるんだろうけど…次回に期待(土浦ビイキなんで)。

●藤原ヒロ『会長はメイド様!』 →1巻レビューはこちら
会長が無理してピンチ→碓氷が助ける、というパターンから久々に脱却し、碓氷目線の
お話でした。 この感じはとても面白い。どーやら過去に何か秘めてそうですね、碓氷。
しかしこの二人、カップルになったらホント最強(最凶)だわ。。。

●津田雅美『eensy-weensyモンスター』
今回の葉月の「これだけかみ合わないと、勉強になる」からこそ友達になりたいと申し
出る態度にハッとさせられました。 相手を尊重するのは人間関係を築く基本。 ちょっと
驕ってたのは私も一緒だ、としみじみ。作品の持つ力を見直しました。 良いです。

●藤方まゆ『あぁ愛しの番長さま』 →1巻レビューはこちら
大笑いとニヤニヤ笑いが止まらず!! 面白かったです。21世紀の忍者の恩返し、という
何だソレ!?的エピソードで笑いを取って、更にそこにそうかちゃんと加藤くんのどきどき
イベント満載で、全く読み厭きませんでした♪ 今回加藤くんが総動員した理性は一体
どれくらいでしょうか。 っていうか、むしろどんどんやって(笑)。

●森生まさみ『ラブ・チョップ』 →1巻レビューはこちら
最終回、なの? オムニバスで香嬢編が完結? それとも作品的に終わり??
まぁ確かに、まめを中心としたヒーリング漫画、という最初の定義は体を為してない。
でも、香嬢が腹黒ではなく在りのままの自分と向き合う感じは好きでした。可愛い♪

●田中メカ『キスよりも早く』
天涯孤独な姉弟が担任教師に拾われ結婚、当然それはヒミツで…、という定番設定を
フルに活用しきる手腕が相変わらずスゴイ!! こういうのが読みたかった!!
幼い弟が、知恵を絞って姉と先生を結び付けようとするためにご褒美のアメを使う
シーンは、絵的にも話的にも綺麗で不覚にも涙ぐんでしまったり。 文句無く良いです!!

<関連サイト様>
・感想拝読♪・・・『土星のわっか』 
関連記事


『おおきく振りかぶって・7』の感想



『おおきく振りかぶって・7』ひぐちアサ/講談社月刊アフタヌーンKC/2007.1.23/?514

<ご紹介>
bonoさんからご紹介いただいた作品です。
6巻から10ヶ月振りの新刊。4月からTBS系でアニメ化も決定している青春野球マンガ。
コミック裏表紙の、「野球を知らなくても絶対楽しめる!」という謳い文句に偽りはなく、
野球そのものの展開の妙はもちろん、心理戦や青春っぷりも奥深く描いた作品。
(私はスポーツマンガを熟知してないけど、従来の作品とは絶対何かが違う。)
ちなみに、カバー裏には、頑張るマネージャー漫画が、こっそり描き下ろし♪

三橋廉は中学時代、贔屓で投手を務めていたという思いから、知人のいない西浦高へ
進学する。投手への思いは深いがトラウマから野球に上手く向き合えない三橋に対し、
捕手の阿部は、決して贔屓だけではない三橋の実力に注目して…。
雨の中、強豪桐青高との試合で、同点の展開を続ける西浦高。無名校の三橋の球を
捉えきれない桐青陣は、その原因が阿部の配球にあるのではないかと気付き始める。
一進一退の試合を、選手・監督・応援団の心理描写を絡めて描く、第14回「逆転!」。

    →過去記事『おおきく振りかぶってアニメ化!?』

<感想>
前巻から引き続きの桐青戦。 よく考えれば「試合長っ!」ってくらいずっと試合中だけど
この作品だと引き込まれてしまうから不思議。 あ、でもこの巻でも試合完結してません
のでご注意(笑)。 びっくりするような魔球(死語?)や派手さは無いけれど、展開を読み
あう思考や心理状態をじっくり追っていくので、つい感情移入してしまうのです。
何ていうか、青春って良いよねっ!!(笑)

何が好きって、捕手・阿部くんの「読み」の中らない部分もちゃんと描くところが好き(笑)。
だって、そんなに上手くいく訳無いんですよ実際は。 そこが逆にリアルだと思うのです。
スポーツ物の少年漫画と違うのは、こういう駆引きに失敗した部分をきちんと描くかどうか
なんだ、と実感しました(少年漫画は、良くも悪くも都合のいい展開だもんね)。

そーだよね、マウンドって隠れるところないんだよね。 そこにあの!三橋が立ち続ける
にはどれだけの精神力が必要なんだろう? ワイルドピッチをして、手の震えも冷えも熱も
隠せない状態になってまでも、「三星は勝ったって!」という一言で心が奮い立つ、その
想いがどこまでも深くて純粋で、あぁ良いなぁ、と。 しどろもどろに田島を励ましたり
阿部の体を心配したりと、複雑で不安定で実は他人に優しく自分にキビシイ主人公に、
魅せられっぱなしでした!! 

私は別にスポーツしませんが、体は一際小さいので、これがスポーツにプラスに働か
ないことはよく分かります。 高校生の男の子なんて、まだまだ体は発展途上であり
(阿部や田島くんも現段階でその限界を抱えている)、当然心も成長の途中なわけで
(ここは主に三橋が担当・笑)、野球という舞台の中でその生き方を模索する彼らに、
監督や応援する側そして読者が魅せられて飲み込まれていく様子が、とても魅力的。
特別なヒーローが凄いんじゃなくて、頑張る姿が尊いんだと実感させてくれる作品です。

「×ゲームになんかさせねぇ!!」
うっし、応援するぜぇ!!(笑)

<まとめ>
というわけで、野球の好き嫌いは関係なく読んで欲しい作品です。
個人的には★★★★★!!

<関連サイト様>
・感想拝読しました♪・・・『マンガ続刊読破』(いつもお世話になってます) 『読書とジャンプ』
                『地球が245万7781回まわった時』 『コミックとゲームの感想』
                『つれづれ読書日記』
・TBさせていただきました・・・『或る書店員の戯言』 『コミックレビュー トラックバックセンター』
・出版社   ・・・『講談社BOOK倶楽部』 『WEBアフタヌーン』
・アニメ関連・・・『TBS公式サイト』 『おお振りブログ・おお振りへの道』



関連記事


『フルーツバスケット・22』の感想



『フルーツバスケット・22』高屋奈月/白泉社花とゆめコミックス/2007.1.19/?390

<ご紹介>

2006年11月に、『花とゆめ』誌上での7年に渡る連載を終えた人気作です。
総天然色の優しい女の子・本田透(とおる)と、異性に抱きつくと十二支の物の怪の姿
(牛とか寅とか)に変身してしまう呪いを受け継いでいる草摩家の面々を中心にした、
ほのぼのだったり切なかったり微笑ましかったり号泣したり愛しかったりするお話。
も、かなり大詰め。
わりと頑張って(笑)詳しく書いた過去記事『19巻の感想』(→こちら)に詳細有り。
   →過去記事『フルーツバスケット・21』
   →過去記事『フルーツバスケット・19』

<感想>
結末に向けて一気にいろいろなことが解決した巻でした。
「あぁ、もうすぐ終わるんだ…!!」と妙な実感が。

何ていうか、こんな風に明るい未来が来るのなら、夾や紅葉のお母様方には、
やっぱり頑張って欲しかったな、というのを一番強く思いました。
忘れて欲しくなかった、というのは紅葉がずっと言ってる言葉で、理解してるつもり
だったけど、この場面に来るとホントそう思います。
ほら、って。
ほら、信じた未来はこんなに幸せだよ、って笑い合えたらどんなに良かったか。
真っ先にそう思ったけど、良く考えたらこの巻に紅葉は一切登場してないじゃん!!
どれだけもみっち贔屓なんだ(笑)。

今回一番好きなシーンは、夾から全速力で逃げる透ちゃんでしょうか。
逃げる、ってやっぱり、追いかけてきて欲しい気持ちの表れだと思うのです。
いつも他人のことにばかり一生懸命な彼女の、珍しく強い自己主張に感じられて、
何だかお母さん嬉しい、みたいな心境でした(笑)。
でもって、お見舞いに行くとか退院を迎えにいくとかを、いちいち律儀にお母さんず
(=花島+魚谷)に宣言する夾の、進んで地雷を踏みに行く様が、可愛くて仕方ない。
多少手が早くても許す(笑・早いか?)。
この二人はずっとこんな感じで、他人に気を許しながら生きてくんだろうなぁ。
それって一番無防備で傷つく生き方だけど、その分強く慣れる二人にはお似合いです。

絆が呪いになる、なんて、どれだけ悲しいことなんだろう。
人間と仲良くなれない神様だなんて、神にとっても人にとっても、
どれだけ淋しいことなんだろう。
猫だけが異形の姿になってしまう理由が、裏切られたと思う十二支の心の現れなのか、
それとも不変を拒んだ猫自身の抵抗の姿なのか、そこははっきりしませんでしたが、
この悲しい記憶が、幸せな結末を迎えることを、心から良かったと思います。

一つだけ、不満?を言うなら、夾には数珠を引き千切って欲しく無かったです。
彼の全部を知ってる、嫌だろうけど彼を守ってくれてた物だから。
単なる希望だけど、多分透は数珠を拾ってるんじゃないでしょうか??

<まとめ>
そしてやっぱり、最強キャラは咲ちゃんか(笑)。 個人的には★★★★★の五つ星。

<関連サイト様>
・感想拝読しました♪・・・『土星のわっか』
・TBさせていただきました・・・『或る書店員の戯言』
・出版社・・・『白泉社オンライン』




このブログを登録 by BlogPeople
関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2007年01月 | 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。