スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『コードギアス 反逆のルルーシュ』の感想part6

コードギアス 反逆のルルーシュ 最終巻


TBSでは7月30日深夜28時から1時間のスペシャル放送が行われた、
『コードギアス 反逆のルルーシュ』stage24・25。

内容的には待ちに待った甲斐があったのですが、多少残念な面があったのも確か。

以下、内容に触れつつ感想を書きますので、まだ観てない方は申し訳ない、
回れ右して↓過去記事↓とか見てくださると嬉しいです(笑)。 読み返してみると、結構マジメに良いこと書いてます、私(笑。アホか)。


<『コードギアス 反逆のルルーシュ』感想 過去記事>
 → 1~9話までの感想はこちら
 →10~15話までの感想はこちら
 →16~18話までの感想はこちら
 →19~22話までの感想はこちら
 →23話の感想はこちら




<stage24 崩落 の ステージ>
ゼロの指示の下、トーキョー租界へ攻め込んだ黒の騎士団。 迎え撃つコーネリア軍だが、足元に広がる租界の基盤構造を破壊され、大打撃を受ける。 援軍が来るまで凌ごうと画策するブリタニア側、一気に攻め込もうとする黒の騎士団、そしてゼロへの私怨から戦いに参戦したスザク。 それぞれの想いが向けられる中、ブリタニア政庁でコーネリアと邂逅したルルーシュは、母が殺害された事件のことを問い詰めるのだが…。



OP、最初のルルーシュの度アップ具合がカッコ良かったです。 表情一つで勝負できるアニメなので、複雑な色を湛えた彼の目の力がやはりスゴイ。 ただ、他のカットはイラストの使いまわしだったので、ちょっと残念だった気が。

さて、内容。
24話で一番強く感じたのは、スザクの変化。 ユフィを失ったのだから当然でしょ?という意味ではなくて、存在力そのものが変わったように思えました。
出撃を止めるロイドさんに対して、「邪魔はさせない、オレがやるんだ!!」と殴りかかるスザクは、組織の中で自分を殺してきたそれまでの彼とは明らかに違う。
後から分かることだけど、この時点でスザクはV.V.から、「ギアス」という能力の存在を聞かされている訳です。 自分やユフィの突然の変貌が、外から強制的にもたらされた力であると知っている。 だからこそ、この発言に重みがあるような気がします。 力に踊らされたくない、自分の手で決着を付けたいという強い意志。
今までのスザクに一番足りなかったものを、皮肉な形で得た瞬間なのだと思いました。


ただまぁ、スザクがもう少し落ち着いて考えてくれれば、ユフィはともかく、自分にギアスをかけた時のルルの心情が分かるはずだと思ってたんだけど…それ以上に負の感情に支配されてしまってるようで、ちょっと哀しいですね。
後でルル自身も、「君(スザク)に対する執着が私の甘さだった」と過去の行動を否定しちゃってるから、余計に伝わらないんだろうな。

想いあっていたはずなのに、何故ここまですれ違ってしまったのか…。

逆に、すれ違っていると想っていた絆が、不思議な強さで繋がっている人もいました。
シャーリー。 物語中盤で、記憶を封じられながらも、ずっとルルーシュを気にしてきた彼女が見せた「ゼロ」への信頼。 彼女の中にどんな感情が眠っているのかはまだ全容が見えないけど、不安や嫉妬に駆られながらもルルを忘れなかったシャーリーの今後に、ちょっとした希望を感じました。 頑張れ、女の子!!


さて、感情面以外の感想。
ついにC.C.が、ルルーシュの過去との関わりを本人にちらつかせましたね。 アリエスの離宮を知っているということは、ルル本人ではないかもしれないけど、何らかの関わりがある。 「いずれ、その時が来たら」話してやると彼女はいってましたが…もっと突っ込めよ、ルルーシュ(笑)。

ブリタニアの第一皇子は、オデュッセウスっていうのですね。 ダメ皇子っぽいけどこのネーミングはもしかして意味深?? オデュッセウスといえばギリシア神話の英雄。 奸智に長けるというその性質を受け継いでいるのかいないのか…。
シュナイゼルもシュナイゼルで、天然なんだが策士なんだか…。 「哀しいじゃないですか、人が殺しあうのは」と言うセリフを、平然と言える人を、全く信用できないんですけど…!!

そしてもちろん、オレンジ卿ことジェレミア・ゴットバルト氏の復活に万歳!!。 ここでしつこく「オレンジかっ!」と言い切ったルルーシュにも万歳!!(笑)。 成田剣さんのナイスヴォイスと狂気をにじませた演技力に心酔して魅入ってしまいました。 絶対、成田さんってジェレミア好きでしょう? いや、私も大好きでですっ(笑)。




<stage25 ゼ ロ>
コーネリアを捕らえ、彼女を捕虜にしてブリタニアへの侵攻を考えていたルルーシュ。 だが、C.C.の口からナナリーの危機を知らされる。 交戦中の黒の騎士団・藤堂に全指揮権を委譲し、自らは神根島へ向ったが、ゼロというカリスマを失った黒の騎士団の戦力は簡単に崩壊してしまう。 人々に失望が広がる中辿りついた神根島で、C.C.は重大な決意を持ってジェレミアに挑み、ルルーシュは因縁の対決を向かえる…。



C.C.の切なさに大感涙!!な25話でした…!!

『私、一人…』
『一人、じゃない』
『えっ』
『お前が魔女なら、俺が魔王になればいい』


何だかんだと、いつも「ルルーシュ」の側にいたのは、C.C.だったんだよね。 彼に契約を持ちかけ、共犯関係になり、「ゼロ」が生まれる引き金となったのに、それでもルルーシュ個人をしっかり支えてきたのは、C.C.なんだ。

でも、逆もまた然り、だと思う。
つまり、魔女だコードRだお母さんだと様々な扱いを受けてきたC.C.を、肩書き関係なく接し続けてきたのも、やっぱりルルーシュなんだろうな。
今まで以上にC.C.の表情とセリフがいちいち切なくて綺麗で、結果としてC.C.の正体は明かされないまま一端フェードアウトになってしまったけど(交信相手は誰っ!?とか名前はっ!!??とか)、23話でルルーシュと交わした会話「私だけは、おまえの側にいると…」を信じて、見守っていきたいです。 え、帰って来るよね!?


さて、いろいろな人間関係が一気に動いて一気に壊れていった第25話。
黒の騎士団の脆さは、最初から露呈されていたわけです。 元のメンバーとラクシャータ、ディートハルト、神楽耶。 彼らの接点は「ゼロ」という存在のみ。 ここが欠けるだけで黒の騎士団は崩壊するわけだけど、このことをルルーシュが考慮にいれていなかったのでしょうか。

答えは、多分、イエス、なんだと思う。 もちろん頭で理解はしていたはずだけど、根本的には信用してしまっていたんだと思う。 ナナリーの為に世界を壊している最中に、戦いを放棄する気はなかったはず。 そうなると彼はどこかで「信用して」藤堂に全権を委譲し、ディートハルトを遣いにやったと考える方が妥当。 でも、彼の予想以上に、彼らはゼロを信頼も理解もしていなかった…というオチだったんだと思う。
ルルはいつも、このパターンだよね。 自分で言うほど、人に言われるほど、卑怯でも卑劣でもない。 そして、スザクに糾弾される以上に、ルルーシュ自身も手酷い裏切りを受けて続けている訳です。


「期待」というのは、期待する側が期待を受ける側に一方的に抱く感情で、そういう意味で「ゼロ」への期待は非常に強かった。 でも期待する側は何故か、その気持ちに必ず応えられる訳でないことを理解していない。 期待に応えることは、ゼロにとって義務だったのか。 ゼロの願いは、ルルーシュの個人的な願いにすぎなかったのに。 その期待を利用した以上、ルルーシュにも罪があるのは分かった上で、そう考えてしまいました。

そういう意味でも、ルルーシュ個人の望みを支え続けたC.C.の存在というのは、本当に大きなものだったんだなと、見せ付けられた感じです。


ルルーシュとスザクも、そう。 「お前の存在が間違っている」「君は最後の最後に世界を裏切り、世界に裏切られたんだ!!」 …このセリフは、スザクには絶対に言って欲しくなかったです。 多分、ルルーシュが本当に守りたいものって、ナナリーとスザクだけだったから。 スザクはここで、今までのルルーシュの行動を全否定するわけです。


これらをまるで予期していたかのような、C.C.のひと言。
「勝てよ、ルルーシュ。 自らの過去に、そして、行動の結果に」 
どこまでも、重く、貴重な響きでした。


さて、それ以外ではですね!!
セシルさんのバトルスーツ姿がめっちゃカッコ良かったです~!!(笑)。 アーサーもカッコ良かったですね。 何か、男の友情って感じで微笑ましかったのですが、スザク、人間にもお友達作ろうね…という気も(笑)。 「次のデヴァイサーを探さなきゃ」というロイドさんが意味深。 今のところ、身体能力が優れていそうなのは、水泳部に所属するシャーリーなんですけどね…。



<まとめ>
ギアスについて。
25話冒頭でコーネリアから引き出す情報が、明らかに多い。 最初の頃は、「明日のテストは?」と聞いてもその答えしか返ってこなかったのに、今じゃぁ矢継ぎ早な質問にどんどん答えていくまでに力が継続している。 24話では、ゼロの「声」そのものにまで反応が出ているような描写がありましたね。 もしかしたら、事前に目を見て「放送が聞こえたら指示通りにしろ」なんてギアスを欠けてたのかもだけど…そんな暇、なかったよね?
つまり、明らかにギアスの力が強まっているわけです。 マオのように、破滅への序曲じゃなければ良いのだけど。


作品について。
非常に深遠で、面白く、個人的には傑作アニメだと思ってます。 群像劇のようなのに、個人にもスポットをあてているし、話の奥が深い。 作画も脚本も良かったし、第二期も絶対に見ます。
という前提で、少しだけ不満を。

一度、全25話という発表をしたのであれば、その裏にどんな事情や駆引きがあっても、25話で何らかの区切りを付けて欲しかったです。 作品は、完結してこそ価値がある。 次回へ続けることは分かっているので、完全な完結をさせろとは言いません。 ただ、物語の流れとしては、何も終わっていない。 むしろ始まったばかりです。 これでは、プロとしてのストーリー構成の腕を疑わざるを得なくなり、ファンの私としては非常に残念。

これは、好きだからこその苦言であり、別に批判ではないことも明記しておきますね。
第二期も楽しみですw


関連記事
スポンサーサイト


『テレキネシス・4(完)』の感想

4091812465.09.jpg
『テレキネシス 山手テレビキネマ室・4(完)』
東洲斎雅楽・芳崎せいむ
小学館ビッグスピリッツコミックス/2007.7.4/?505



『テレキネシスの番人・・・ ま、悪くないか』

<ご紹介>
大手テレビ局が抱えるお荷物プロデューサー・華山と、不幸にも(?)彼の部下になってしまったヒロイン・マキノが、名作映画を通して人の心を和らげる読みきりマンガ。 いつの間にか最終巻だそうです。

不振のドラマ部門へ力を入れる気運が高まる中、崋山の元にヘッドハンティングの話が舞い込む。 崋山の評価は他局の方が高い。 その事実を恐れた山根常務は、崋山のドラマ部門への復帰を決める。 父の遺作フィルムを探すことを諦めきれない気持ちと、ドラマを作りたい気持ちの間で揺れる崋山の背中を押したのは、今まで彼の元で「テレキネシス」の心意気を学んできた部下・マキノのひと言だった…。
    →過去記事『テレキネシス・3』の感想
    →過去記事『テレキネシス・2』の感想
    
<感想>
発売日に購入しておきながら、感想が後回しでした。
正直に言うと、終わると思ってなかったのでかなり驚いた4巻でした。 え、そんな素振りは3巻まではなかった気がするんですけど…。 「国民の手品師」が作品の本筋になるネタだったということに、最後までピンと来なかったのが私の敗因か(笑)。 多少マンネリかなとは思いつつも、1作ずつの完成度は高かったと評価してたんだけど、4巻後半は駆け足しな感が否めません。 映画の絡ませ方も、ちょっと雑だったし。 その辺が少し残念かな。

とはいえ、崋山の父の遺作を前面に出しながらも、それに関わる様々な人間にスポットを当てて描いた作風は、やっぱり嫌いじゃない。 芳崎さんの描く人物絵の表情が豊かなので、説得力があるのは確か。 人間ドラマが、やっぱり一番面白いと思うりるです。

『ワン・ツー・スリー』『ジキル博士とハイド氏』は、崋山がドラマから追い出された経緯を描いたお話。 この手のウィットに富む切り返しセンスは、残念ながら日本人に欠けている部分ですよね。 崋山の佐々部への情熱を見てると、熱心に檜山信明を慕った山根常務の若かりし頃とよく似てるんだな、と思いました。 つまりこの二人、似た者通しで敬遠しあってただけってこと(笑)。 相手の才能の凄さが計れてしまうので、山根常務にしてみればさぞ目の下のたんこぶ(笑)だったことでしょう。

『俺たちは天使じゃない』『スティング』で、檜山監督の突然の死が自殺なのか事故なのかを、様々な人の想いから結論付けるお話。 山中さんと檜山監督の親子論が非常に良い!! 親子ネタに弱い私はもう泣き泣きでした(駄目な大人…)。

『ライトスタッフ』『カサブランカ』『セント・オブ・ウーマン』『オズの魔法使』は、クライマックスの会社話。 崋山より、どんな男たちよりも、とにかくマキノがカッコイイ!! 成長したなぁ…とお姉さんしみじみ。 「もし誘われたらついていく」と誇らしげに語った崋山からの誘いを、テレキネシスを守るために泣きながら断ったマキノの決意こそが、崋山を後押ししたんだと私は思ってます。 いつか二人でドラマを制作できる日が来ると良いねぇ。
ただ、どうしても作中で大絶賛されている幻の『国民の魔術師』が、それほど面白い映画に思えないのが盛り上がりに欠ける要因ではないかと…。 人間ドラマとしてはとても良かったのですが。

<まとめ>
映画って古典だけが名作なわけでは無いので、そこはひと言あっても良かったのではないかな?と思う映画素人の意見でした。 それでも、映画知らない人でもマンガは普通に読める仕上がりです。


テクノラティお気に入りに追加する
10時半までに購入⇒その日に届く!(関東一円) 読みたい本を見つけたら、すぐ【bk1】!!

関連記事


『LaLa9月号』の感想

『LaLa9月号』 白泉社/2007.7.24/?400la0709_s.jpg

<感想>
創刊31周年の記念号らしいですw
表紙はアニメ化済みの『桜蘭高校ホスト部』より、環先輩が魅惑の(笑)微笑み。 付録も『ホスト部』のビニールシート。
記念号らしくプレゼント企画が目白押しなので(通常のプレゼント+全サのボイスカードや直筆色紙など)、普段コミックス派だよ!!っていう方もお手にとって見ると良いかもしれません。
個人的に、来月の予告に『シュガー☆ファミリー』→感想はこちら)の出張掲載が決定したこと、『夏目友人帳』の初音声化のCDが付録に付くことが、とても楽しみです♪

では、気に入ったものを少しずつ。

●田中メカ『キスよりも早く』 
形ばかりの夫婦ではなく、本当に先生への気持ちが抑えきれなくなった文乃は、意識しすぎて先生とうまく話すことさえ出来ない。 同級生の黒沢くんがそんな二人を怪しむ中、文乃は指輪を失くしてしまい…!!
先月号を読んだ後、『土星のわっか』のみきさんと「次号は指輪を失くすイベント(?)ですよね!!」とコメントし合ってたら、本当にその通りなのでびっくりしました(笑)。 まぁある意味お約束のパターンなのですが、それでも読ませるのは作者さんの技量だと思います。 それにしてもまーくん、「おあずけ」って…! 「続きは夏休みにねっ」って…!! 一体何する気なんだ(笑)。 一方、私の愛しい鉄兵くん(4歳←犯罪では…?)が、いつもの良い子ちゃんではなくって、4歳児らしい部分を見せてくれたのも嬉しかった。 哀しい出来事を真摯に受け止めてて、可愛くて仕方ないです。
    →過去記事『キスよりも早く・1』の感想 / Amazon

●時計野はり『お兄ちゃんと一緒』
何故か正兄ちゃんと二人きりで花火大会に行くことになったさくら。 「デートみたい」と思っていたら、正は浴衣姿のお姉ちゃんモードで現れるからもうショック。 でも二人はどこかぎこちなくて…。
花火大会に行く、という運びだけで前半使い切ってしまう展開は勿体無い気がしますが、もはやそんなことは問題ではなくっ!!(ぇ?) やっと、正兄ちゃんの戸惑いながらの本当の気持ちを聞くことが出来ました!! 良かったね、さくらちゃんっ。 とはいえ、どうなることやら…。 それにしても、正兄ちゃんの浴衣姿がキレイ過ぎまして、もうクラクラです(笑)。

●森生まさみ『教授(マスター)のお気に入り』
前向きさと強運だけが取り得の小鳥の前に、大企業のお嬢様の身代わりをするバイトが舞い込む。 小鳥がお嬢様と瓜二つだからなのだが、仕草や言葉遣いを指導する小田桐という青年に、小鳥はドキドキしっ放しで…。
「マイ・フェア・レディ」と「あしながおじさん」のラブコメ版、といった感じで、少女漫画や小説にありそうなパターン。 かと思ったら、『本当は残酷なグリム童話』なオチなのかしら…と、いろんな意味でドキドキでした。 でも多分、小田桐がどう頑張っても、小鳥ちゃんの強運の方が強いんですよ、とか想像しながら読んでました(笑)。 単純に面白かったです。
    →過去記事『らぶ・ちょっぷ!・1』の感想 / Amazon

●葉鳥ビスコ『桜蘭高校ホスト部』
ハルヒへの気持ちに区切りをつけた馨は、互いの自立のためだと言い聞かせて、光から自分を遠ざけようとする。 そんな馨の態度に納得できない光は、ある決意をして…。
光と馨のすれ違い編(?)も、多分今回で終わりなのかな? そういえば、光の方が兄だということをすっかり忘れてました(笑)。 最後の二人の満面の笑顔が見られて本当に良かったですw それにしても、馨とハニー先輩は仲良しですね。 何となく、「モリ先輩にも懐いてあげなよ!!」といらんツッコミをしてしまいました(笑)。 一方、素直じゃない鏡夜先輩が環先輩の為に必死になる姿も大変微笑ましく…友達とか兄弟とか、人を思い遣るのって素敵ですよね!!

●緑川ゆき『夏目友人帳』
冒頭でも書きましたが、初CD化となる本作。 気になるキャストは、夏目=神谷浩史、ニャンコ先生=井上和彦、燕=柚木涼香、らしいです。 何となくナイスキャストな気がします。 白泉社のCDって、いつもキャストが豪華ですよね。
    →過去記事『夏目友人帳・3』の感想 / Amazon

●にざかな『4ジゲン』
えっと、あの、あやめさんと一緒に夜の街に繰り出しているのは、もしや修さんですか………っ!!?? どーでも良いのですが、修さんの舎弟の名前が思い出せないです(笑)。 修さんを知らない人は、『B.B.Joker』を読もう(笑)。

<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・7/28『土星のわっか』 7/30『「ざれごと寝言大事なこと」日記』
               8/5『Mt.Kachikachi BLOG』
●出版社・・・『白泉社オンライン』


テクノラティお気に入りに追加する

関連記事


tags: LaLa

8月購入本。

いろいろ更新できてなくてスミマセン!!
とりあえず、私も忘れかけていた(笑)8月の情報をゲットです。
相変わらず、白泉社と講談社に偏ってますが…何か?(ハケンではなくおぎはやぎで!! ←拘るところかどうか疑問)。

情報は、太洋社様のサイトから得ました。 見やすいのでご参考に。
「感想」のついているのもは、購入して感想をアップした分です。




<コミック購入決定分>
8/ 4 草川為『龍の花わずらい・4』  →感想
8/ 4 藤原ヒロ『会長はメイド様!・3』  →感想
8/ 4 緑川ゆき『夏目友人帳・4』  →感想
8/10 雑誌『LaLaDX9月号』  →感想


<コミック気になる分>
8/11 荒川弘『鋼の錬金術師・17』
8/11 荒川弘『獣神演武・1』
8/17 CLAMP『ツバサ・20』
8/23 オキモトシュウ『神の雫・12』
8/23 垣野内成美『薬師寺涼子の怪奇事件簿・8 黒蜘蛛島<前編>』


<小説購入決定分>
8/ 1 青木祐子『あなたに眠る花の香』 コバルト文庫  →感想
8/ 2 西尾維新『刀語第八話』 講談社BOX  →感想
8/ 8 奈須きのこ『D.D.D.・2』 講談社BOX  →感想
8/10 文芸誌『メフィスト 小説現代増刊 2007年09月号』 講談社


<小説気になる分>
8/ 1 壁井ユカコ『エンドロールまであと、』 小学館ルルル文庫


<中古本購入>
8/19 潮見知佳『ゆららの月・4』 『ゆららの月・5(完結)』  →感想 
    潮見知佳『らせつの花・1』 『らせつの花・2』
    遠藤淑子『解決浪漫倶楽部』
    ひぐちアサ『ヤサシイワタシ・1』 『ヤサシイワタシ・2(完結)』 
    田中芳樹『バルト海の復讐』

テクノラティお気に入りに追加する 
関連記事


『クライシス コア -ファイナルファンタジーVII』と『FINAL FANTASY VII 10th ANNIVERSARY POTION』発売!!



気づかないうちに、発売間近だったんですね。
人気作であるFF7でいろいろやりたいスクエニの考えは分からなくはないんだけど、お金が追いつかないのも確か。 これって大人向けの戦略ですよね…。
とはいえ、気になる内容なので放っておけません(笑)。 新型PSP買うか!?
と危惧していたら、知人が買うらしいので借りる気満々な私(笑)。




FINAL FANTASY VII 10th ANNIVERSARY POTION
発売日:2007-09-13
発送時期:近日発売 予約可
ランキング:1


 本日(7/19)から予約受付開始!! 

以前、ファイナルファンタジー12が発売される時にも記念販売された、FFで最も有名なアイテム・ポーション。 そのFF7版が2007.9.13に発売されるそうですw


「スクウェア・エニックスとサントリーのコラボレーション企画として、数量限定プレミアム版のPOTIONを開発。 特別版の「POTION」とFINAL FANTASY VIIシリーズを網羅した、この企画のために特別に編集された「ULTIMANIA」の同梱セット。」(Amazonより)


ごめんなさい、アホな私は予約しちゃったよ…(笑)。
だって、セフィロスをイメージって、主人公クラウドを押しのけて(笑)まで開発されたその味って、気になりません??
FF12のポーションが好みの味だったので、今回も期待してますよ、サントリーさんっ♪

っていうか、FF13はまだですか…(しばらくまだです)。


テクノラティお気に入りに追加する

関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2007年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。