『Piece(ピース)・2』の感想

piece2.jpg
『Piece(ピース)・2』

芦原妃名子
小学館 ベツコミフラワーコミックス
2009年7月1日初版第1刷発行/¥400+税






『きっと 私は傷ついてみたくなったんだ
自分の中にくすぶる感情をえぐり出して 共有してみたくなったんだ  誰かと』


<ご紹介>
『ベツコミ』に掲載されたStory4とStory5を収録した第2巻。 急死した同級生の過去を辿ることで「自分」を再認識していくラブサスペンス?です。
急死した同級生・はるかのお葬式で、彼女の母から「はるかの彼氏探し」を依頼された水帆。 特に親しくもなく、地味だったはるかの彼氏にまったく見当のつかない水帆だけど、彼女の意外な過去を辿るうちに、かすかな共感を抱くようになる。 「彼氏」への恋心に喜びを感じていたはるかの想いに触れた水帆は、何故か脳裏から離れない成海の存在が、どんどん膨らんでいくのを止められなくて…。


<感想>
2巻の表紙は成海くんでした。 相変わらず目を惹く表紙絵ですね。 人を遠ざけたいような、でも気にして欲しいような目線の先には、何があるのかな。 掌から零れ落ちるパズルのピースには、何が描かれているのかな…。 そんな風に、何故だかとても気になる存在なんだよね。 とことん感情を見せず謎めいている彼ですが、とりあえず一つだけ断言できることがあります。 私、きっと彼のことは好きにはならないな(笑)。 当然、逆も然り、だけどね。
 

Story4で、円ちゃんが 『自分のそういう"感覚"は 絶対的に信用してるんだ』 と言ってるけど、私はこの意味がすごくよく分かる。 私も基本的に、良い方にも悪い方にも、その"感覚"は外したことないです。 だから成海のことも男性として好きになることは絶対にない。 傷つくこともない。 …でも、この"感覚"が他人との 「壁」 になるんじゃないかって怖くもあったのです。 

だから、絶対的に信用できるものを持っていながらも 『できるだけ人と関わって優しくしたい』 と考えられる円ちゃんがスゴイなって思う。 どこまで関わればいいのかをずっと迷いながら、ストーカーに傷つきながら、それでも人と交わろうとする勇気に触れて、水帆ちゃんが彼女に 『好きだよ』 って、菅原に 『一緒に引き返そう』 って伝えたくなった気持ちに、妙に共感してしまいました。 ちょっとずつでも良いから、強くなりたいよね。 何度行き先を間違えようと、それでもちゃんと、バスは 「進んでいる」 んだから。 


4話でそんな流れが出来ていたので、5話ラストで水帆ちゃんが成海家に上がってしまう心理がとても自然でしたねー。 どんなに目をそらしても手が触れ合ってしまうような、そんな抗えない恋の引力を認めるの、怖かったろうな。 踏み出した気持ちはどこへ向かうのかな。 多分この二人はよく似た存在で、近づきすぎて焦点のぼやけたレンズを通してずっとお互いを見てるんじゃないかと思う。 「ここ」 っていう二人だけの位置を見つけたときに、初めてくっきり見えるものがあるはず。 作者さん自身も超ド恋愛モノだって仰ってるし、その景色を私も見てみたいです。


・前巻 ⇒『Piece(ピース)・1』の感想



<関連サイト様>
●感想拝読しました・・・
オンライン書店【ビーケーワン】・・・『Piece(ピース)・2』をbk1でチェック!!
●Amazon
Piece 1 (フラワーコミックス)  月と湖 (フラワーコミックス)  Miss 1 新装版 (フラワーコミックス)  砂時計 (10) (Betsucomiフラワーコミックス)



関連記事


アニメ 『花咲ける青少年』の感想/第15話『月下の巫女』

花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]
ケンメディア
発売日:2009-07-31

樹なつみ(原作)/今千秋(監督)
遠藤綾・森川智之・小野大輔・浪川大輔・福山潤
09.7.22現在、定価の26%引き!!

第15話『月下の巫女』



『 なんて子だ…。 この小さな体から発せられる、この迫力は何なんだ…?
この少女こそ――まるで、獣じゃないか 』


そりゃーユージィンも鳩が豆鉄砲食らったような顔をするよね(笑) ってくらいに、ナジェイラの高圧的な存在感が素晴らしかったです。 私が想像していた以上の、高慢な迫力が溢れてましたね。 ナジェイラの 『悪い言霊を私に与える気か!?』 って台詞を聞きながら、「いや、あなたが先に『何人死んだ?』みたいな悪い言霊を使ったんじゃ…」 と盛大にツッコミ入れたのは内緒だけどさ(笑)。 でも、ナジェイラ自身がそんな矛盾を孕んだ人なんだってことがよく表現されてて、とても良かったと思います。

実は、私は原作初読時に、どーもこの娘さんが理解できなかったんです。 というか、そこまで興味をもてなかったというか。 けれど、アニメになると映える子だなぁ。 あの破天荒振りには、興味が出ます。 この感じだと、一つずつ彼女の内面を知りたくなりそうで、今後の展開が楽しみになってきましたw


そしてそして。 先週の出番の無さを挽回するかのような立人の喋りに、大満足だった回でもあります(笑)。 ルマティ相手に、S全開なのが面白かった!!(笑) 
『今、外に出たいと仰いましたか? 殿下』
『聞き返さずとも、そう言った!!』
『殿下は今、ご自分が置かれている立場が――』
『分かってる!! 分かって言ってるんだ!!』

………立人、ねちっこいな(笑)。 だから、『オレはお前がキライだ、立人!!』 とか言われちゃうんだよ。 『フンっ!!』 とか言われちゃうんだよ!!(笑) っていうか、『フンっ』って今時あまり聞かないよねっ(笑)。 ルマティは相変わらず、愚直すぎるくらいオープンです。 そこが良いわけですが。


高慢といえば、ルマティだって相当高慢なんです。 けれど、ナジェイラがあくまでも「月下の巫女」と称されるのと対照的に、ルマティはどこまでも「太陽」の存在なんだというのが、このやり取りからも分かる。 ナジェイラの陰気で底の見えない存在感が人を不安にさせるように、ルマティはどこまでも素直で、その危うさを含めて人を惹き付ける。 立人が、『殿下には地のままでお相手したくなる。 ビジネス用に作った顔ではなく、ね』 というように、ルマティの愚直なまでの「地」が、他人の「地」を引き出すのでしょう。 だから、ルマンド殿下のようにルマティを恐れる存在がいたり、花鹿ちゃんや立人のように、「地」全開で親しみあったりするんだろうな。


そういう意味で、カールという存在はどこまでも「現実的」なんだなぁ、というのも同時に感じたことです。 ナジェイラがカールを苦手なのも、彼女の不可思議さとカールの現実主義さが、まったく相容れないからだよね。 『不用意に付け上がらせるような言動は、慎んでいただこう』 という台詞からも分かるように、ナジェイラのことも部下のことも甘やかさず、そして自分も甘やかさない。 だから、いつまでもトラウマから解脱できない自分を情けなく思うんだろうな。


『ヴォルカン君。 花鹿に伝えてくれ。 …これで借りは返した、と』
『ん?』
『では、おやすみ』
『……花鹿に、借り?』

でも、借りとか損得とか関係ない花鹿ちゃんと関わっていくことでその辺がどう変化するのかが楽しみでもあります。 前も書いたけど、私、カールの「強さ」って大好きなんだw ……それに、『では、おやすみ』といって身を翻すスマートさも、大好きなんだ(笑)。 役者が出揃ったたので、今後の展開が益々楽しみですw


・次回感想 ⇒第16話『プライド』
・前回感想 ⇒第14話『ぬくもり』





関連記事


『君は僕の虜なれ・3』の感想

img20090728_2.jpg

『君は僕の虜なれ・3』

都筑せつり
秋田書店プリンセスコミックス
平静21年7月30日 初版発行/¥400+税





『誰を好きになるのもご自由ですけれど もし裏切ったら 一緒に死んでくださいな』


<ご紹介>
秋田書店『プリンセス』に掲載された第10話~14話を収録した第3巻。 戦うメイド・偲倚(しい)と、無気力ぼっちゃま・巴(ともえ)を巡るラブバトルです。
いつも無気力無関心を装う巴の、まったく違う一面を覗いた義経。 巴と偲倚が「縛る者(レストレイナー)」と「殲滅姫(アニヒレイタ)」の関係なのかと訝しく思いつつも、偲倚への恋心と巴がもつ「闇」への関心が抑えられない。 一方、学園内で迷子の少女・闇夜を保護した巴は、彼女のメイド・辰稀が最後の殲滅姫だと気付く。 大きな秘密を抱えていそうな二人を警戒する巴だけど、どうやら辰稀には、義経とも関わりがあるようで…。


<感想>
あらすじ書くと結構シリアスっぽい気がするんだけど、実際読むと何でこんなにおばか全開なんだろう……そこが好きだけど!!(笑) 葉狩の『「お兄たん」と呼んでみてはくれまいか』とか、ハ●ーフラッシュで変身できる月冴さんとか、変態とアホばかりで笑ってしまいますw  それでも、根は結構シリアスなんだよな…。 今まで焦らされていた「殲滅姫」のこと、今回少しだけ分かったけど…魂の共有ってどういうこと? それに一体誰がどんな目的で「それ」を「殲滅姫」にしようとしたの? 未だ不明瞭なことばかりだけど、でも多分、巫式家が関わってるんだろうなぁという予想はつく。 だから巴は「逃げてる」の? あぁもう、いろんな意味で「?」ばかりです。


そしてその「殲滅姫」の悲劇は義経の身にも迫ってきたわけですが。 私、2巻で一気に好きになった義経への愛をこの3巻でも実感しちゃったので、ホント彼には頑張って欲しいのです!!  冒頭、挨拶する偲倚ちゃんを見て、『…癒される…』と赤くなるシーンなんて、「こっちが癒されるわ!!」とウキドキですよ!! しかも、巴には友達としての存在を全否定されちゃうんですよ!!(ヒドイ・笑) なんてナチュラルに不憫な人なんだろう…でも、そこが好きw だって義経は、全然諦めてないから。  偲倚ちゃんが誰を好きなのか分かっていても、巴がポーカーフェイスの裏に秘めたものを教えてくれなくても、面倒くさい葉狩のことも(笑)、それでも義経は彼らを「好き」なんだよね。 興味ないことにはトコトン興味ない(=ネネちゃん…)、すごく誠実な人。 だから偲倚ちゃんも、義経のピンチには巴をねじ伏せてでも駆けつけるんだと思う。 あぁ、幸せになって欲しいな……でも、無理なんだろうな…(←褒め
言葉・笑)。


で、主人公コンビは今回も、すれ違っては意識し合うの繰り返し。 でも、すれ違う度に惹かれていくのがよく分かる。 巴が偲倚ちゃんを『この子バカだなぁ』と呟くたびに、言葉とは裏腹の感情が深まってるんだよね。 なのに、彼女の危機をつい救っちゃうたびに自分の行動を後で否定したりして。 3歩進んで2.9歩下がるような恋だけど、だからこそ、止まらない独占欲が爆発したラストシーンは、ホントにドキドキしました!! 口を拭う行為を見ただけで全部察してスイッチ入ってあの行動って…それ、恋じゃなければセクハラですよ(笑)。 巴をがっかりさせたくない一心で危ない行為も厭わない偲倚ちゃんも相当だけど、巴も全然負けてない。 二人の関係が進む為には、彼が秘め続けている心の壁を守ってあげるべきなのか、それとも壊すべきなのかな…。 偲倚ちゃんの頑張りに期待したいですw


表紙を飾ったのは3組目の「縛る者」「殲滅姫」。 ってことは4巻は…闇夜ちゃんと辰稀だよね。 辰稀が『ちゃんと大人になってくださいね…』と言ってるけど、大人びた言動を見せるこの少女、ただの幼女ではなさそう。 もしかして時が止まってる? う~ん、出てくる人たちが皆謎めいてて、物語がどこへ行くのが全然予想が付きません。 とりあえず、全体的に妙にエロいのは確かだ(笑)。 その部分も楽しみつつ(えー)、次巻を待ちたいと思います。 あ、一番のお気に入りは、13話の扉絵だったりしますw 萌え(笑)。

・前巻 ⇒『君は僕の虜なれ・3』の感想



<関連サイト様>
●著者ブログ・・・『アレ的な戯言』
オンライン書店【ビーケーワン】・・・『君は僕の虜なれ・3』をbk1でチェック!!
●Amazon
ドラマCD 君は僕の虜なれ(仮)
フロンティアワークス
発売日:2009-10-07

キャスト 葛城偲倚=中原麻衣、巫式巴=野島健児
せつりさんのブログによると、「ほぼ私の希望で」決めたらしいです。 楽しみ!!

img20090728.jpg  img20090728_1.jpg


関連記事


『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』の感想

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITION
キングレコード
サントラ(演奏)Narciso Yepes(演奏)
シックス・ジョーズ・ウィズ・ストリングス(演奏)
発売日:2009-07-08
おすすめ度:5.0


という訳で、見てきました『ヱヴァ破』。
宇都宮、昨日までの雨が嘘のように晴れました。 私、何度か書いてますが、晴れ女です。 でも、映画に天気は関係ないし、車中が暑いとイヤだから雨で構わなかったんだけど、それでも晴れました。 晴天でした。 止めて欲しかった…暑かったのよ…(笑)。

そんな苦難?を乗り越えて辿り着いた映画館ですが、土曜日の15時台ということもあってか、満席でした。 公開から約一月経過してるのに、凄い人気ですね!! 2時間前に到着してチケットを買ったので、希望の席を取れたのは良かったです。


感想としては……面白かったという満足と、『序』を見返してから『破』を見れば良かったな、という後悔とがあったりします(笑)。 あとは、情報量が多くて消化しきれない部分がやはりあるので、もう一回観たいな、とか。

これ以上はネタバレになるので、「続きを読む」 に収納しますね。 長くなっちゃったけど、ネタバレOKよという方はどーぞ。 それから、私は旧シリーズをもはや覚えてない上に旧劇場版は観ていないので、この作品が一端どういう結末を迎えたのか知りません。 なので、トンチンカンなことを書いていても怒らないよ~って人だけ見て下さいね(笑)。

続きを読む

関連記事


『LaLa9月号(2009年)』の感想

lala9.jpg

『LaLa9月号』

白泉社
2009年7月24日発行/¥381+税






<感想>
創刊33周年の記念号です。 おめでとうございますw
表紙は 『桜蘭高校ホスト部』より、殿とハルヒのツーショット。 本編も大層初々しかったです。 ふろくは 『夏目友人帳』のニャンコ先生風鈴……って、魔除け?(笑) 巻頭カラーは 『会長はメイド様!』。 記念号の巻頭企画ではララのキャラクターの仮装イラスト(小牧さん!!)、先生方の直筆サイン色紙プレゼントもあります。 この色紙、どれも可愛いんですけど、ふじつかさんの描くメルの可愛さに惚れ直しましたw

今月号は予想通り、可歌まとさんの『狼陛下の花嫁』が好みで好みでw いつも私のツボを刺激してくれる可歌さん、大好きです。 全体的には、好きな作品とそうでもない作品が完全に分かれてしまった感じかな。 ついでに私の「myアニバーサリー」は……誕生日以外では、9月4日です。 このブログを始めた日だったりしますよw


●可歌まと 『狼陛下の花嫁』
扉がカラーだw 3回目おめでとうございます。 そして、4回目掲載決定もおめでとうございますですっ!!  っていうか。
『彼女はそのうち帰る人、なんですからね』 『―――』 …陛下、帰す気全くないですね(笑)。 もーむちゃくちゃ皆無ですね!! 陛下の、簪一つで腹黒スイッチオン!!になるところも好きだけど、夕鈴の、高価なものを見てまず売り払うことを考えるところとか、気づかないうちに陛下という「底なし沼」に嵌ってるウカツさが一等大好きです(笑)。 自分が偽物の妃だから釣り合わない、と悩むということは、結局は陛下と釣り合う存在になりたいから。 でも、陛下に相応しい存在はたくさんいるけど、ずっと陛下の味方でいられるのは夕鈴だけなんだよね。 陛下に人殺しをさせないために、そして敵が一人でも減るように、泣きながら「首謀者」の逮捕を訴える夕鈴を見てたら、陛下が夕鈴に向ける笑顔がいつも「嬉しそう」な理由がわかる。 彼女の真っ直ぐさが自分に向いてることが幸せだから、なんだよねw 宝石がレンタルじゃなくなる日が楽しみです。


●呉由姫 『金色のコルダ』
香穂ちゃんに、土浦くんに告白されるかも…という自覚があったことにビックリです!! 良いの、そこは自惚れて良いのよ香穂ちゃん!! 土浦くんの気持ちが少しでも伝わってるってことなのかな。 だとしたら、私も嬉しいw 「まっすぐ故の強さ」を持っているのは土浦くんも同じだと思うので、お願いだからそういう話は月森くんじゃなくって香穂ちゃんに告げてください(笑)。 まぁ、そういう不器用さも好きだけどw とりあえず、香穂ちゃんが彼を意識してくれて良かったな。 あと柚木先輩。 自分も大変なのに香穂ちゃんを気遣ってあげられて偉いなぁ。 私も見習いたいって思った。 頑張ろう。 …月森くんの留学日は、香穂ちゃんのコンクールの日なのかな? 


●森生まさみ 『きゃらめるBOY』
扉絵のもとかちゃんの柔らかい雰囲気がとても好き。 前から思ってたけど、綿菓子娘って上手いこと言いますねー。 柔らかくて甘いのにどこか捉えどころがなくって、瞬くんが手を焼く気持ちがよく分かるw 彼を守ろうと奮闘する方向性が多少ズレてるとことか、大変可愛かったです。
瞬くんと言えば、制服姿は何度見てもイイです!!(力説・笑) 私が詰襟の学生服が好きなのも、元を正せば森生さんの影響。 年下少年×年上少女が好きなことといい、少女マンガのツボの多くを森生作品から学んだことが明白過ぎます(笑)。 あ、『一緒に献血お願いしま~す』の笑顔に胸キュンしたのは私も同じなんだけど……男の子も混ざってましたね(笑)。 末恐ろしい中学生だな…。 歩の携帯に他の女との写真を保存かける図々しさで、2ショット写真下さいって言えば良いのにねーw


●緑川ゆき 『夏目友人帳』
ニャンコ先生は焼きイカで釣れます(テストに出るよー・笑)。 っていうか、相手が鏡夜先輩だったら「ほお。普段は全身全霊で守ってないんだな?」とか言質取られそうな発言だった気がしますよね(ぇ。 そして、夏目を挟んで良い関係を築きつつある多軌ちゃんと田沼くん、随分本音を話せるようになったみたい。 夏目の闇を心配する田沼くんも、闇を知らなくても心配してくれる西村くんたちも、夏目の危機に一回ずつ駆けつけるニャンコ先生も、調べてくれる視篠も、ホントは何も変わらないんだよね。 ただ、「夏目」のことを好きなだけ。 いろんな人と妖が、いろんな形で夏目のことを想っている。 だからこそ、『妖を狩るためには、妖にも、時には人にも容赦がない』的場とは相容れられない。 的場の他に土地の「嫌なもの」もあるみたいで大変なピンチだけど、どうしても、友人帳と、夏目自身のためにも、切り抜けて欲しいです。 うわーもう、ホント緊張する!!


●葉鳥ビスコ 『桜蘭高校ホスト部』
アントワネットが落ち込む環を心配し、「ふんふん」と結婚の手伝いをしようとしたり(笑)と、主人の心に寄り添おうとする様子が可愛くて仕方ないです!! 犬の習性って愛しい…と思ってたら、鏡夜先輩のベッドにもぐりこむ程懐いている馨までもが犬に見えてきました(笑)。 可愛いヤツめ!!(←
それはともかく、環とハルヒのやり取りがこの上なく初々しくて、こっちまで赤面しそうな勢いでした。 前の環だったら、ハルヒに玄関を閉められた段階でウジウジしてたけど、泣きながらでも話を続けられたところが「ニュー環」らしいw 父が妬くほど良い雰囲気を醸せたようだし、二人の仲が順調になってきたと思ったら、事態は一気にややこしくなってきましたね。 どうしても環父が悪いとは思えないんだけど、確かに何を考えてるのかもよく分からないし気になります。 気になるといえば、鏡夜先輩が日頃どんな顔してあの可愛いブランチを食べてるのかも気になりました(笑)。


●田中メカ 『キスよりも早く』
久々に黒沢くんの登場でした。 私、やっぱり、彼が好き…(笑) 何ていうかビジュアルが好みなので(←)、無条件で反応しちゃうのですw それに、岡ちゃんに浮き輪を作ってあげちゃうトコとか、相変わらずブンちゃんに真っ直ぐ向いてる恋心とかから、優しさが伝わってくるんだもん。 …まぁ、ヘタレっぷりも伝わってきますがそれが更に好みだという連鎖ですよ!!(笑)

で。 まーくんにはブンちゃん発見センサーが付いてるのかと思うくらい、全く危なげない捕獲っぷりでしたw ラストの「近さ」には私も一緒にドキドキしたけど、あれ、「痕」にならないのかな(←コラ・笑)。 まーくんが草食モードになり得ないことは明白なのに、不安になるブンちゃんの乙女心がくすぐったいくらい瑞々しいです。  あ、でもそんな乙女心を強力に協力する3人娘がグッジョブでしたね!! まぁ、最大のグッジョブはブンちゃんに水着を貸した龍先生なんだけど、同時に「何故龍先生が女性用水着を幾も持ってるのか」が最大の謎でもありました。 大人ってコワイ(笑)。 


●石原ケイコ 『竜宮ファンタシスカ』
子アシカハーレム!! 何て甘美な響きなのっ!?(笑) 羨ましすぎるぜ、尚くん…。 って、それはともかく。 神道の儀式って素敵です。 ユラちゃんの舞も綺麗で、尚が戻ってきたくなる気持ちもよく分かるw 海の中、巫女服のユラちゃんと学生服の尚が抱き合うシーンは、何ともいえないミスマッチさがまた魅力的でした。 多分、ユラちゃんが神秘系にチクワ耳になるのは、無意識のうちに尚の異質さに気づいていたからじゃないか、と思いました。 その手の話に関わること、尚を「好き」と実感することを恐れてたんじゃないかな。 
今作は絵柄も雰囲気も大好きだけど、ただもうちょっとページがあればなぁ、という印象でした。 詰め込みすぎで勿体ない。 でも、面白かったですw 


●藤原ヒロ 『会長はメイド様!』
葵ちゃんはホントに「可愛いもの」が大好きですね。 美咲ちゃん=可愛いもの=好き、という構図が初々しいw 彼の目に、どれほど可愛く映ってるんだろうって思うだけで、心が温かくなります。 私もほのかさん同様、葵ちゃんはカツラなくても充分可愛いと思うけどなー。 っていうか、唐突に立ったこの二人のフラグは何なんだろう…?
それにしても、美咲ちゃんをデートに誘う碓氷の表情が暗いのが気になります。 このデートを境にぱったり学校に来なくなる…とか在り得そう!! 裏はありそうだけど、とりあえず次回のデートはめっちゃ楽しみですw 童謡で色気を全開に出来る人とデートする美咲ちゃんは、大変そうだなぁ(笑)。 碓氷の「声」に全身で反応しちゃう美咲ちゃんがとても可愛かったですw


●にざかな 『4ジゲン』
宇宙人の体内に普通に臓器があるとは思わなかった(笑)。 っていうか、校長先生…………。


●なかじ有紀 『純愛ラビリンス』
扉絵のウミちゃん、好きなカラーリングな為か可愛いです!! ハルトが「そう」なんだろうなっていうのは予想してたけど、まさかそんな見つかりやすいシチュエーション下でも抑えが利かないほどの想いだとは思わなかったなー、もっとやっちゃえ!!(←ダメですから・笑) しかし、このお話はどこへ流れるのでしょうか…。


●柏屋キクゾー 『嫁姑教室』
カミナリ様姿の先生にまで鼻血吹ける及川くんが、やっぱり好きですわ。 っていうか、何でこんな好みが細いんだろうこの子…(笑)。

●樋野まつり 『ヴァンパイア騎士』
●津田雅美 『ちょっと江戸まで』
●マツモトトモ 『ボーズラブ!』

………すみません、読めませんでした…。


<次号予告>
あきづき空太 『青春攻略本』、 真柴なお 『百年恋慕』、 高木しげよし 『ワンダフル・カフェにようこそ』。 予告カットでヒロインが抱いてる犬がビーグル? りるはビーグル大好きなので楽しみですw 『図書館戦争』が再開、『金色のコルダ』がお休みです。


・前号 ⇒『LaLa8月号(2009年)』の感想
・一覧 ⇒『LaLa』感想一覧



続きを読む

関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2009年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


☆オススメ