スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年3月の日記+Web拍手お返事

★更新履歴★
3/31 日記 / 旧「空夢ノート」終了日です。 ありがとうございました!! 
3/30 日記
3/28 「本好きへの50の質問」に答えてみます・その5(最終回) / 日記+Web拍手お返事
3/27 「本好きへの50の質問」に答えてみます・その4
3/26 アニメ『こばと。』の感想/第24話『あした来る日…。』(最終話)
3/25 アニメ『こばと。』の感想/第23話『…こばとの願い。』
    「本好きへの50の質問」に答えてみます・その3
3/24 日記+Web拍手お返事(~23日分まで)
3/23 「本好きへの50の質問」に答えてみます・その2 + 日記
3/22 「本好きへの50の質問」に答えてみます・その1
3/21 『CMB 森羅博物館の事件目録・13』の感想
3/19 日記
3/18 アニメ『こばと。』の感想/『…さよならの日。』
3/17 『天にひびき・1』の感想
3/15 日記+Web拍手お返事
3/14 『君は僕の虜なれ・4』の感想
3/13 『アネットと秘密の指輪 お嬢様と湖の告白』の感想  and more・・・



●3/31
▼お礼
本日で、旧「空夢ノート」が最終日となります。 減りはしたものの、未だにこの『+』よりも多い800近いアクセスを頂いてるんですよね。 本当に幸せなブログです。  ありがとうございました!! これからはこちらだけになりますが、どうぞよろしくお願いします。

日記 お詫び
Web拍手メッセージがまた堪りつつあります…。 仕事の年度末対応+我が家の事情により、今週はちょっと難しいかもしれません。 すみませんが、もう少しお待ちくださいね。 …とか書いておきながら、明日とかにお返事できたら良いなぁ…そんな奇跡おきないかなぁ。


▼日記
前述した「我が家の事情」ですが。 前にもちょこっと書きましたが、妹が帰ってきます!! 引越し業者も来ます!! どうしよう、この日が来ないように祈ってたんですけど(コラ・笑)、遂に来てしまいました…。 コメントなどでも 「あの妹さんでは大変でしょう」 とご心配いただいたほど型破りな妹なんで(ありがとう皆様・笑)、私も本気で心配です。 でも、両親は嬉しそうです。 さっきも母に、「どうしよう、私の平穏な日々が終わっちゃう!」と相談したんですけど、「じゃぁ嫁に行けば?」と言われてしまいました。 何だその切り替えしっ!!(笑) 言い返せないことを分かってて言ったな!と思い、「私はお婿さんをとるんだもん!」と反論してみたんだけど、「それでも良いけど、妹と離れたい希望は叶わないよ」 だって。 仰るとおりです。 そうだよ、そもそも妹の話をしてたはずなのに、何故結婚話に!?(笑) その前に一つどーでもいい注釈入れておきますと、特に婿をとる予定もございません…(うわー…)。 実はこないだPCを買ったのも、妹に邪魔されずブログ更新をするための一環だったわけですが、果たしてこの足掻きが通用する相手なのかが甚だギモンです。 が、頑張ります!!




●3/30
▼日記

・一年ほどずっと、「パソコンが欲しい。 モバイルなヤツがいい! 色は赤がイイ!!」 と言い続けてきたんですけど、この度やっとパソコンを買うことが出来ましたっ!! でも結局、買ったのはモバイルでもないし赤でもない、至って普通のノートPCだけどさ(笑)。 いやだって、ドコモのデータカード同時加入で4万円引きだったんだもん…。 この辺りではイーモバイルが4万引きでドコモが3万引き、というのが通常なので、1万円の差は大きかったんだもん! (←言い訳・笑)


▼ここ一週間くらいで気になったこと。
林原めぐみ「マルドゥック・スクランブル」再登板 久々の新キャラクター

不勉強ながら原作は知らないんですけど、林原ファンとしては魅力的な情報です。 それに、Amazonの書評で軒並み高評価なので、内容も気になるっ。 2010年秋公開予定って、今年か! 今年は気になる映画が多いんですけど、どうすればいいんだ…!! (←万年金欠病・笑)

3月19日発売「ウルトラジャンプ」4月号(集英社)、緊急重版決定!

そういえば知り合いも荒木先生目当てでウルジャン買ってた。 「初めて買ったよ!」って言ってたけど、やっぱりスゴイ人気なんですねぇ。 

『Twitter』の声がスクエニを動かした! PS3で『FF9』の配信決定か
アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーIX
スクウェア・エニックス (2006-07-20)
売り上げランキング: 975

FF9といえば歴代の中でもかなり大好きなお話なので、配信決まったらすごく嬉しい!! なかなか据置き型厳しいので、PSPとかでプレイしたいもんー!! 私はツイッターやってないけど(やる気がない)、こういう反応ってお互いに有難いですよねw

「東京国際アニメフェア」で、話題のアニメ「いばらの王」オリジナル画像をゲット!
いばらの王 (1) (Beam comix)
岩原 裕二
エンターブレイン

原作がスゴイ好き! 古本屋で何気なく立ち読み初めて、その場で一気に全巻読んじゃって(コラ・笑)、その後買いなおした記憶がありますよ。 なので、映画も楽しみw まぁでも、声が花澤さんじゃなかったらここまで映画に興味持ったかどうかも疑問だけど(笑)。 同じ理由で、『文学少女』の映画も楽しみです。 花澤さんと入野くんなんて、キャスティングが素敵すぎる! 

NHKステージで2010秋アニメ『バクマン。』ほかのキャストを発表
『バクマン。』に関しては、「うわ、Vomicとキャスト変えてきた!」 というのが第一印象。 個人的に福山さんで何の問題もなかったのでアレなんですけど(どれ!)、阿部さん期待してますので。 『八雲』は小野さん。 NHK何気に小野さん好きですよね。 まぁ、浪川さんの好かれようの方が凄そうだけど(NHKアニメほぼ出てるよね!)。 ヒロイン藤村さんかぁ…旬ですね。 個人的にはイメージ違います(笑)。 




●3/28
▼日記

24日の日記でリルが全くご飯を食べられないと書きましたが (たくさん励ましのお言葉頂きました!ありがとう~) 、2日間絶食した後、3日目に少しだけ食べることが出来ました。 今も立つことも出来ないくらいフラフラしてるし、呼吸も苦しくて大変なんだけど、食欲だけは順調に戻ったみたいで、母が買ってきたお肉 (しかも、牛肉・笑) を美味しそうに食べています。 肉の味を覚えたら、今度はドッグフードには見向きもしなくなったけど(笑)、それでもご飯を食べられるうちは活力が出るはずなので、何とか持ちこたえてくれるといいなって思ってます。 妹が帰ってくるのが31日、せめてその時まで元気が持続するように、今日も母は牛肉を買いに行ってます。 ただ、一つ気になるのは、私たち人間の夕食は豚肉だったってことでしょうか。 牛肉は犬専用かよ!(笑) …というバカ話が書けることが、とても嬉しいです。 リルの病状の安定と、皆様の励ましのお陰です。 ありがとうございます!!

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


「本好きへの50の質問」に答えてみます・その5

突発的に始めてしまった、 「本好きへの50の質問」 に答える企画、ついに最終回の5回目です!!  第4弾はこちら
素材は、『本好きへの100の質問』様の中からお借りしました ( 『50の質問』 URLはこちら)。 なお、質問に答えるにあたっては、このブログの特性を加味して、「本=小説・コミック」 と幅広い意味で捉えることにします。


41. 好きな作家・作品には有名になって欲しくない、面白さを独り占めしたい……そう思ったことはありますか? あるとしたら、それはどの作品に対してですか?

あったかなぁ…? 有名になんてなかなかなれないから、むしろ有名になっちゃえ!って思うかな。 ただ、 『LaLa』 などで活躍してる最近の作家さんのことを 「デビュー前の受賞作から知ってるもんね!」 とか、西尾維新も座談会で話題になってた頃から楽しみにしてたもんねとか、そういう満足感はこっそり持ってます。 いいよね、ささやかな自己満足(笑)。


42. エッセイ・随筆で気に入っている作品を教えてください。

おぅ、エッセイとかほぼ読まないんだぜ…。 困ったな、唯一読んだのは、 澁澤幸子 『イスタンブール、時よゆるやかに』 。 私はずっとトルコに憧れてきたので、大学時代に読んだ本です。 これ読んで、 「絶対卒業旅行はトルコだ!」 と胸に決め、無事に決行することが出来ました! あの時、この卒業旅行プランに乗ってくれた友人たちには感謝感謝w


43. あなたが新刊をチェックするために使う手段を教えてください(例:新聞の広告欄、雑誌の記事等々)。

太洋社さんの新刊情報と、各出版社のWebサイト。 それからお友達ブログなどで見かけたり、コメントで 「発売しますよ」 と教えて貰って初めて知ることもあります (ありがとう!) 。 チェックするのは毎月楽しみですw  …買っても読めないことがままあるけど(泣)。


44. この本を読むと行ってみたくなる……題名と、場所の名前を教えてください。

森博嗣 『S&Mシリーズ』 を読む度に、名古屋にって犀川先生に会いたい!!という欲求が生まれます (←いや、いないから!・笑)。 とにかく名古屋には一度行ってみたい。 …っていうか、意外と身近なネタだった。 宇宙とか言えば良かったのか…。 


45. この本を読むと食べたくなる……題名と、食品名を教えてください。

青木祐子 『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』 シリーズを読むと、ローストビーフが食べたくなります。 っていうかむしろ、いい加減シャーロックに食べさせてあげたい!(笑) クリスと並んでローストビーフが食べられる日はいつなのかなぁ…。 


46. 印象に残っている形容詞や擬音、造語などはありますか(作品名も教えてください)。

森生まさみ 『おまけの小林クン』 のキャッチコピーは 「ぽっぷんコメディ 」でした。 ぽっぷん っていう可愛い響きが、特に初期の作風には合っているんだよね。 上手いこと表現するなぁと思ったものです。 


47. この本にはこの音楽、密かに決めている組み合わせはありますか?

藤本ひとみの本には、グスタフ・ホルストの 『組曲・惑星』 から 『金星』 などがよく似合う、と勝手に思ってます。 何ていうか、そこはかとないエロスが共通項目。 あと、BUMP OF CHICKENの 『プラネタリウム』 を聴くとどうしても 『プラネテス』 を連想してしまう。 何でだ? 切実に愛を追い求めているからだ。


48. これから読もうと思っている本の題名と作家名を教えてください。

たくさんある! 積読本が山になってる!(笑)  ので、その山の一番上のやつを挙げましょう。 辻村深月 『V.T.R.』。 大好きな 『スロウハイツの神様』 のスピンアウト作品なので楽しみにしてるんだよねw っていうか、辻村さんのはいつも楽しみ! 辻村さんの作風を 「黒深月・白深月」 と表現された方がいらっしゃいましたが、上手いこというなぁと思ったものです。  『V.T.R.』 は、黒かな?白かな?


49. あなた自身に対して、本に関する質問をひとつ作り、答えてみてください。

…私、インタビュー能力が皆無なので全然思いつきません。 どなたか私に質問を作ってください、答えます! (コラ・笑)。 
 

50. 本とあなたの関係を例えて言うなら、どんな感じになりますか?

一生の伴侶。 プロポーズの言葉はシンプルに、 「これからもずっと私の側にいてください」 とかかな。 とりあえず、いつも私の側で山積みになっていることだけは間違いないしね(笑)。 

以上! お付き合いありがとうございましたw (⇒ その1 その2 その3 その4 ) 
関連記事


tags: バトン

「本好きへの50の質問」に答えてみます・その4

突発的に始めてしまった、 「本好きへの50の質問」 に答える企画、第4弾です。 第3弾はこちら
素材は、『本好きへの100の質問』様の中からお借りしました ( 『50の質問』 URLはこちら)。 なお、質問に答えるにあたっては、このブログの特性を加味して、「本=小説・コミック」 と幅広い意味で捉えることにします。
 

31. 季節を題材にしたもので印象的な作品を、春夏秋冬それぞれあげてみてください。

これ、すごく難しかった…!! 普段あまり気にしてなかったけど、私の好みなのか、 「夏」 をテーマにしたものはかなりあるんです。 でも他のはあまり思いつかず…難しかった!!  どなたか、 「この季節はこれだよ」 っていうのがあれば、逆に教えてくださいー。

春=小野不由美 『過ぎる十七の春』 / あきづき空太 『青春攻略本』
… 『過ぎる~』 は、タイトルに 「春」 があるので(笑)。 十七の春を目前とした二つの家族に起きる悲劇。 ホラーとミステリ要素が上手く融合しています。 『青春攻略本』 は、第1話の伊勢崎の話のイメージ。 卒業式と友情と恋の物語。 あの1話目がなければ他のも無かっただろうしね。

夏=京極夏彦 『姑獲鳥の夏』 / はやみねかおる+武本糸絵 『ぼくと未来屋の夏』
… 『姑獲鳥』 はやっぱり鮮烈でした。 「二十箇月もの間子供を身籠っていることができると思うか」 という謎の魅力が全てです。 子供にとって何物にも変えがたい 「夏休み」 を描いた 『未来屋』 の方は、はやみねさんの原作より、武本さんのマンガ版の方が好み。 委員長~w

秋=有栖川有栖 『双頭の悪魔』 / ふじつか雪 『トリッキィ』
… 『双頭の悪魔』 は正確に言うと初冬 (11月半ば) なんだけど、事件の発端そのものは秋から始まっていた…ということで勘弁してください。  「双頭」 という名の通りの事件、重苦しい雰囲気の中に青少年の繊細な感情なんかもあって、個人的に有栖川作品で一番好き。  『トリッキィ』 はふじつか作品でもかなり好きな初期の短編で、ハロウィンな雰囲気が可愛いんだ! しかもコミックス未収録(笑)。 どんだけマニアなんだ>自分…。

冬=青木祐子 『恋のドレスと聖夜の迷宮』 / 森生まさみ 『レンタルラヴァー』
… 『聖夜の迷宮』 はシャーロックとクリスが自分達の本当の 「想い」 の強さを思い知ったという意味で、本当に愛しくなるお話です。 でも、周囲はそんな二人に優しくない。 でも、ここから這い上がる強さを信じたくなる、そんな強さが良い。 こちらが 「聖夜」 だったので、クリスマス繋がりで 『レンタルラヴァー』 をチョイス。 カラーの扉絵が綺麗で、今でも切り取って保存してあります。


32. 時間をテーマにした作品で、印象的だった作品を教えてください。

高畑京一郎 『タイム・リープ』
… タイムリープの現象がピッタリカッチリ嵌る整合性に 「おぉー!!」 ってなったのを覚えてます。 かなり前の作品だけど、今読んでも絶対楽しいだろうな。 あと、ラブコメが良い感じなんだ…(笑)。 
北村薫 『ターン』
… 『スキップ』 『リセット』 との三部作だけど、私は 『ターン』 が一番好きでした。 悪循環の中、最後にほつれる時空の糸に、 「運命」 を感じたので。


33. スポーツをテーマにした作品で、印象的だった作品を教えてください。作品の魅力は、どんなところですか。

羅川真里茂 『しゃにむにGO』 と ひぐちアサ 『おおきく振りかぶって』。 どちらも超熱い名作で大好きです。 スポーツの孕む熱気とマンガという媒体は、とても相性がいい。 特に羅川さんは、少女マンガで一番アスリートの体を描ける方だと (勝手に・笑) 思ってます。 筋肉と骨格に見惚れるんだっ。


34. 伝奇という言葉から浮かぶ作品を教えてください。

まず、伝奇というジャンル分けが難しい…。 文学としての 「伝奇」 とはそもそも六朝時代の作品を示す言葉で…とか言い始めると私の知識が乏しいことが露見するので止めますが(笑)、やっぱり 田中芳樹 『創竜伝』 でしょ。 ノベルス版とCLAMPさん挿絵の文庫版と、両方持ってるくらい大好きですw  予備校時代に勉学を疎かにしてまで読みふけってたっけw (いや、ダメだろ)  お願いだから、続刊プリーズ!


35. 学生の姿がリアルにかかれている作品を教えてください。作品の魅力は、どんなところですか。

有栖川有栖 『月光ゲーム』。 大学のサークルで仲間がつるむ時のぐだぐだーっとした感じがキャラクターを身近に感じさせます。 でも、幼い友情と恋慕が巻き起こす悲劇はどこまでも昏くて…。 青春本格ミステリの傑作です。 


36. 異世界という言葉から連想する作品を教えてください。

小野不由美 『十二国記』 シリーズ。 まったく預かり知らない土地でのファンタジーというわけではなく、 「日本」 とも繋がっているのに別世界だっていうのが 「異世界」 観を際立たせていると思う。 個人的には 『図南の翼』 の前向きさが好きだな。 そして続き、続きを読みたいですーっ!!


37. 都会を舞台にしているもので、印象的な作品を教えてください。その作品の魅力は?

CLAMP 『東京BABYLON』『X』 。 どちらも東京がもつ魔的な魅力をさらに磨き上げたような繊細さを漂わせながら、起きる事件はかなり衝撃的。 それをギャップとしてではなく、マッチしていると思わせるのがCLAMPさんの力です。 『東京BABYLON』 はその絶望感に大泣きでした。 そして 『X』 の神威は、今見てもカッコイイです(笑)。


38. 宇宙が舞台になっているもので、印象的な作品を教えてください。

加藤元浩 『ロケットマン』 と、幸村誠 『プラネテス』 。 どちらも素晴らしく熱い作品で、しかも愛に溢れてるっ!! どちらもベクトルは違えど、人間が宇宙に抱くロマンとそれに付随する喜びと悲しみが集約してあって、もう大絶賛なのです。 ぜひ読んでっ!!


39. 本に登場する乗り物のなかで、実際に乗ってみたいものはありますか?(あれば、乗り物の名前と作品名を教えてください)。

ゆうきまさみ 『機動警察パトレイバー』 のレイバーに乗ってみたい。 出来れば98式に乗ってみたい! めっちゃ乗り心地悪いそうですよ(笑)。 怖いんだけど、やっぱり 「これは趣味の世界だぁ…」 と言わしめた機体だもの、体験したいっ!!


40. 現実には無いけれど、持ってみたい……そんな、フィクションならではの能力はありますか?

田中芳樹 『夏の魔術』 で耕平くんが使うアポーツ。 物を引き寄せるだけという地味な能力ながら、作中で大活躍するのは、使い手の資質が関係してるんだろうな。 耕平くんみたいに効果的に使うには自分ならどうするか。 そんな風に考えるのも楽しいですw

次回へ続くw
関連記事


tags: バトン

アニメ『こばと。』の感想/第24話『あした来る日…。』(最終話)

こばと。限定版 第6巻 [DVD]
角川エンタテインメント (2010-06-25)
売り上げランキング: 12064

●第24話『あした来る日…。』


『 私の行きたい場所……一番側にいたい人の、いる所… 』


2本立ての最終回でしたが、一挙放送してくれてホントに良かったです。 23話ラストのドキドキのままで一週間を過ごすなんて拷問だったよ…。  でも本当に、素敵な最終回でした。 ベタです。 お約束です。 でも、 『こばと。』 はそれをまっすぐに表現してあるところが魅力なんです。 

うしゃぎさんによって、一度はこばとちゃんに関する記憶を消された藤本。 何かが足りないと思いながら呆然と生活してたけれど、そんな夢の世界から彼の目を覚ましたのは、こばとちゃんが残したコンペイトウの欠片。 …23話で存在を抹消されそうだったこばとちゃんを救ったのが藤本のコンペイトウだったけど、今度は逆。  繰り返される 「必然」 に、もう泣きそうです!! CLAMP作品的には 「必然」 は、抗えない 「運命」 だもの。 どうやっても惹かれあう二人が素敵すぎます。 ここから怒涛の勢いで彼女を探し始める藤本の一生懸命さも愛しかったし、私、 『こばと。』 を好きになって良かったなw  絶対になくしたくない、純粋に誰かを想う心が、本当に大好きだ!!


『何でだ…? どうして、誰もアイツのことを覚えてないんだ…』 (藤本)
途方にくれた藤本が、切られた大銀杏をみて気付いた一縷の望み。 それは、琥珀に話を聞くこと。 そしてその導きが正しかった…という展開を見て、また泣きそうになってしまった。 だってまさか、こんなところで大銀杏が活躍するとは思わなかったんだもの。 とても長い間人間を見守りつづけた大銀杏が、その生を終えても人 (藤本) を助けるなんて……。 まるで、最後に 「歌」 を届けてくれたこばとちゃんへのお礼みたいじゃないですか。 どれほど人を愛してくれたんだろうって思うと、心が温かくなる。 ありがとう銀杏さん。 この作品は、ホントに愛でいっぱいだなw


『本当に真実をお知りになりたいのなら、これから話すことを驚かずに聞いてください。 …宜しいですか?』 (琥珀)
ここで初めて、視聴者も藤本と一緒にこばとちゃんの秘密を知るわけです。 ただ、人間界とは別の不幸な出来事、の内容は詳しく語られませんでした。 私、それはそれでいいと思う。 原作が続いている中でアニメとして結論を出すやり方は大賛成だし、そもそも今まで一切明かされなかったことが最終話で一気に噴出するのも味気ない。 『こばと。』 にはファンタジックな余韻はよく似合うし、謎が残るくらいでちょうどいいんじゃないかな。


『好きな方の側に、時を超えて、生まれ変わること』 (琥珀)
こばとちゃんが願ったことは、そういうことだったんですね。 今まで「行きたいところに行く」と言っていたのは、彼女が過去の記憶を持ち合わせていなかったから、何故行きたいのかを自分でも理解してなかったからなのか。 小狼くんが指摘した 「行きたい場所=会いたい人が居る場所」 ってことで正解だったんですねw 23話の感想で 「願いが変化している」 と書いたけど、最初に想っていた 「好きな人」 が 「今の好きな人」 に変化しただけで、願いそのものは変わっていなかったんだ。


『そう、生まれ変わるたび再びめぐり合い、心が惹かれるんです。 たとえ前世の記憶は失っていたとしても、同じ魂を持った人だから。 魂の赴くままに道を進む限り、何度でも、きっと…』 (琥珀)
導かれるように訪れた家で、誘われるようにピアノを弾く藤本。 長閑な田舎町の風景に、全身黒スーツで長髪メガネな彼はかなり浮いてる気がしたけど(笑)、よく考えたら浮いてるのは彼の個性でもあるので別に良いのか (ヒドイ!・笑)。 それはともかく、ピアノを引く間脳裏をよぎるのはこばとちゃんのことばかり。 彼女が藤本に残したものは、23話で彼の中から生まれたコンペイトウの大きさからもよく分かってたけど、最後に思い浮かべるこばとちゃんの爛漫な笑顔が、一番想いの大きさを物語ってました。 すごく、可愛い。 恋をする乙女の笑顔はひたすら可愛いし、それを受け取る人のフィルターもあってとにかく可愛い!! あんな笑顔を脳裏に焼き付けてたらそりゃ他の恋も出来んわ!と妙に納得しました(笑)。 あの笑顔がある限り、何度でも、きっと…。


『弁護士事務所の方でしたか。 どうも初めまして!』 (こばと?)
『……はじめまして…』 (藤本)

どうも初めまして、は、 「こばと」 ちゃんがよく言っていた挨拶。 でも、この後に必ず続く 『花戸小鳩です!』 という名乗りはなくて、何か寂しい。 もちろん寂しいのはそれだけじゃなくて、そもそも彼女が藤本を覚えていないということ自体が悲しい。 それでも、『最後に、もう一度あの歌を歌ってくれませんか?』 とピアノを弾く藤本の表情が明るいのは、 「彼女」 が自分を覚えていなくてもずっと大切だという気持ちは変わらないって表れだと思う。 あとどーでもいいんだけど、初めて聞く藤本の 「敬語喋り」 が妙にツボだったでした(笑)。 


『昔、大切な人が歌ってくれた歌で、ずっとその人のことを探してたんです』 (藤本)
思わず心の中で、 「いつそんな風にしれっと 『大切な人』 って言えるスキルを身につけたんだ!?」 とツッコんでしまった(笑)。 あんなに不器用だったのに……しかも前野ボイスで言われるとときめきが倍増するしっ!! くそぅ、オイシイな藤本! (ヒドイ・笑)


『それからこれも、あなたに返さないと…』 (藤本)
『……コンペイトウ?』 (こばと?)

冒頭にも書いたけど、この一欠片のコンペイトウが二人に起こす 「奇跡の連鎖」 が素敵すぎます!!  コンペイトウって天上で小さく輝く星の姿に似てるけど、秘められたパワーの強さも似ているのかなw  その星に導かれてめぐりあう二人。 素敵でした。  


『――こばと?』 (藤本)
『……ただまですっ!!』 (こばと)
『何年も待たせやがって…大遅刻だな』

泣きじゃくるこばとちゃん。 幸せそうに笑う藤本。 そして、 『オレ様、100点満点』 とひたすら嬉しそうないおりょぎさん。 ―― もう、本当に大満足のクライマックスでしたっ!! 最後に訪れる幸せは、それまでの道のりがずっと幸せだったわけじゃないからこそ倍増するわけだけど、互いを想う気持ちを糧に信じ続けた結果がこのラストなら、もう言うこと無いですw  ずっと泣きながら見てたわけですが、自分が流す涙すらも愛しいくらいに胸がいっぱいでした。  『こばと。』 からは本当にたくさんの幸せを貰ったなw ありがとうっ。 これからも、ずっと想い合っていってねw


さて。 結果としてここ1年で一番楽しんだ作品となった 『こばと。』 ですが、実は何話か見逃しがあるんだよね。 4月からは早速NHK教育で再放送されるので、バッチリ録画して保存します!! 大好きですw
関連記事


「本好きへの50の質問」に答えてみます・その3


突発的に始めてしまった、 「本好きへの50の質問」 に答える企画、第3弾です。 第2弾はこちら
素材は、『本好きへの100の質問』様の中からお借りしました ( 『50の質問』 URLはこちら)。 なお、質問に答えるにあたっては、このブログの特性を加味して、「本=小説・コミック」 と幅広い意味で捉えることにします。 


□本好きへの50の質問
21. “本は人の(   )である”。( )のなかに適当な単語を当てはめてください。

糧、かな。 精神・生活の活力の源泉、という意味で。 ちなみに、Yahoo!辞書で 「糧」 を引くとそう書いてあります(笑)。 良い意味だよね!


22. 短篇の名手だと思う作家、長篇の名手だと思う作家の名前と作品名をお願いします。

短編だと連城三紀彦氏。 『恋文』 は未だに史上最強の恋愛短編にしてミステリ短編だと思ってます。 何度読んでも泣く。  
長編といえばやっぱりこの人! 京極夏彦氏。 未だに 『邪魅の雫』 を読み終えることが出来ないんだけど (長いんだ!・笑)、 『魍魎の匣』 をはじめとして傑作ぞろい。 っていうか、榎木津さんらぶw


23. 女性は男性に、男性は女性に「読んで欲しくない」と思う様な本はありますか? 作品の題名と理由を教えてください。

無いです。 読みたい本を読みたいように読めばいいと思う! 本を読む権利は、誰にも奪えません。 そう、例えそれがえっちな本でも…(笑)。


24. 完結しているけれど続きを読みたい、外伝を読みたい……そんな作品はありますか?

未だに ふじつか雪 『金魚奏』 (⇒感想) のラストで語られた、主人公の弟くん話の続きが読みたくて仕方ありません! 本編同様、ぜったいに可愛いお話になるに違いないと思うんですよーw 実は3年越しで願い続けてます(笑)。


25. 情景描写が魅力的だと思う作家を、教えてください。

北村薫氏。 氏の日本語は本当に美しくて、情景が目に浮かんでくるから不思議です。 あーでも最近読んでないな。 また読みたいです。 ちなみに、一番共感したのは 『円紫さんと私』 シリーズだけど、一番好みなのは 『覆面作家』 シリーズです。 何故ならラブコメだから!(笑)  硬軟使い分ける作風、ホント尊敬してますw


26. 心理描写が巧みだと思う作家を、教えてください。

あまりじっくり丁寧に描写されるよりも、その時のその人の感情を瞬間的に切り取って、鮮やかに表現してある作風が好きです。 そう言う意味で、白泉社さんの少女マンガは、どれも秀逸。 だから好きなんだなーw  
あとは、 青木祐子 『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』 シリーズ (⇒感想) の心理描写は、 「巧み」 という上手さよりも、手探りでもその人のことを知りたくなるような描き方をしてあって、独特の魅力があります。 だからいちいちシャーロックにツッコミいれちゃうんだよ(笑)。


27. 生理的に受け付けない本は、ありますか?

作品単体でということではなく、どうしてもホラー系は全般的に苦手です。 スプラッタとか。 ホラー本とエロ本のどちらかを選んでと言われたら、迷わず後者を選ぶよっ (どんな選択だ!・笑)。


28. 本の内容・世界を舞台にした夢を見たことがありますか? あるとしたら、それはどんな夢でしたか。

あるある! よくある! 本のキャラクターと当然のように友達だったりする!(笑)  で、自分でも図々しいって思うくらいメインキャスト扱いの夢を見ますよ。 寝る前に読んだ本の影響を受けることが多いのでたくさんあるんだけど、 田中芳樹 『夏の魔術』 を読んだ後は来夢ちゃんと一緒に巨大カタツムリに追いかけられたし (めっちゃ嫌だよ…)、 有川浩 『図書館戦争』 の読了後はヒロイン郁ちゃんと同僚だった。 そしてお互いに身長の悩みで盛り上がってた。 悩みのベクトルは正反対だけど。


29. 本に登場するキャラクターの中で、外見や性格が最も自分に似ているのは?

性格は…けんかっ早いキャラを見ると似てるなって思います (えー)。 
外見は………今でも忘れないのが、 「りるちゃんってメソに似てるよね」 と言われたこと。 メソ!? メソってあの不思議生物のことですか!? だってあれ、チャックがあるんですよ生き物なのにっ!? と主張したら、 「うん、だからよく似てるじゃん」 と平然と返されて絶句した覚えが…(笑)。 似てるのは可愛さだと言って欲しかった!


30. 主人公の成長を扱った物語と言われたとき、まっさきに浮かぶ本の題名は?

主人公の成長を扱った作品が好きなので、あれもこれも思い浮かぶ! でも… 加藤元浩 『ロケットマン』 (⇒感想) かな。 最初、Rに引き上げられるように葉くんが成長し、その後はRを支える存在になるところとか、もうすごくイイです。

次回へ続くw
関連記事


tags: バトン

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2010年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。