2011年2月の日記 (+Web拍手お返事が少し)

●2/28
▼近況報告

『燈港メリーローズ』感想を書けてません・・・ホントごめんなさい! って、別に誰も待ってないかもしれないけど(笑)。 もちろん、これを書くのは誰に頼まれたわけでもなく自分で決めたことなので、それでも構いません。 が、絶対にオススメするんだ!という気持ちだけはあるんです。 でも、いろいろな面でまだ出来なくて・・・そんな自分がすごい残念。 ちなみに、言い訳というか近況報告だけしておきます。

土曜の朝、文字通り「目が廻る」ということを経験しました。 朝起きて目を開けたら、天井がぐるぐる廻って見えるという。 もちろん天井が廻るわけないので、廻っているのは私の感覚です。 しかも頭痛が激しい!! 「あれ、おかしいな」と思いつつ起き上がって階段を下りようとしたら・・・・・・足を踏み外して滑り落ちてしまいました(笑)。 そりゃそーだよね、めまいでまっすぐ歩けてないんだから。 幸い、冬の栃木は寒いので、たくさん着込んでいたので怪我もなかったし頭も打ってません(2箇所ほど内出血してるくらい)。 が、そんな状況なので「とりあえず寝なさい!」という家族からの指示で、ひたすら横になってました。 多少テレビ見たり携帯いじったりはしたけど、PCに触る許可はおりませんでした。 「めまいに液晶画面は良くないんだ」と父が怒るからなんだけど、それ言ったらテレビだってダメじゃん・・・とはさすがに言わなかった良い娘です(笑。しかも目を盗んでちょっとだけ日記ブログを更新しちゃった。この手のものは5分で書けるから問題ないです)。

今はずいぶん落ち着いたので大丈夫です。 多少吐き気はあるけど、今日寝れば大丈夫なはず。 起きたら仕事が月締め間近だし、働けばそんなのも忘れるはず。 そしたらいよいよ・・・とは思ってます。 いろいろ頑張ります。 皆さまもホント体調にはお気をつけくださいませ。 ちなみに私の眩暈は原因がよく分かってません(←気をつけようがない・笑)。




●2/24
▼日記その1 (というか、お詫び。)
 
何だかもーホントに、私にしては仕事が忙しくて、いろいろ捗ってません! いや、世の中私以上にがむしゃらに頑張ってらっしゃる方ばかりなので、結局は言い訳なんですけどね…分かってるんですけどね…(泣)。 とりあえず仮締め前後の申込書の量がハンパなかったです。 総厚さ10センチになる書類束を計上する毎日に、うんざりしました(笑)。 そんな訳で、コメントのお返事が遅れてしまっていて本当に申し訳ありませんでした。 FUUさん、うららさん、これからお返事書かせていただきますね。 お待たせしてすみません!


▼日記その2 (Web拍手お返事) 
2/21にメッセージ下さった方への一言レスとなります。  そういえばここ数日、うちだけだと思うんですけど、Web拍手のアクセス数がちょっと異常値を示してるので、もしかしたらメッセージ送ったのに届かない…なんて事があるかもしれない。 ないかもしれないけど。 ここにお返事がないな、という方がいらしゃったらご申告くださいませ。

>2/21 オススメの小説読んでハマって下さってる方へ。 そう言っていただけると嬉しいですw ただ「世代が離れてる」はどっちの意味だろう…どう考えても私のほうが年上だろうなぁ(笑)。 あと、メッセージが文章の途中で切れちゃってるので何かの機会にまた入れていただけると嬉しいです。


▼日記その3 
そんなやさぐれモードな私にとって、お風呂の時間で簡単に遊べるグリーの携帯ゲームがめっちゃ救いとなっております。 「もうその話はイイよ!」って方もいらっしゃるかと思うんですけど、一応聞いて聞いてっ。 あのね、モバイル乙女ゲームが楽しいです(笑)。 5分で遊べるっていうのが素敵なんだよね。 そしてニヤニヤが止まらないのも楽しいです。 詳しくは1/22の「モバイル乙女ゲームで遊んでみよう」をご参照ください。

で、新にもう一つゲームを始めました。 『恋人は同居人forGREE』です。 何ていうかこの作品、シナリオが私の好みのど真ん中すぎて、本気でニヤニヤが止まらないんですけど! ちなみにユウジお兄ちゃんで遊んでます。 …もうこの「お兄ちゃん」とかが犯罪っぽい響きですよね(笑)。 一つ屋根の下なラブコメがお好きな方は、ぜひw  あとは相変わらず『恋戦隊LOVE&PEACE』に楽しませて貰ってます。 ブラックも攻略したよ! 次ゼロくんだよ!!(←制覇する気満々) 




●2/21
▼日記その1
  
えーとですね、一言言わせてください。 ちょっと皆さん優しすぎ!!(笑) 19日に書いた記事のことでは、私の想像以上にご心配をおかけしたようで、朝起きたらコメントがもう到着してるし、Web拍手メッセージも入ってるし、励ましのメールも頂いちゃいました。 ちょっともう……嬉しすぎて泣きそうでした。 何でこのブログに来てくれる人って皆さん良い人ばかりなんだろう…!! ホントにありがとうございます。 優しい言葉をたくさんいただいたことで、かなり元気になりましたよw

思ったんですけど、やっぱり皆さんも同じような経験をなさってるんですね。 「そんな風に書かなくてもなぁ…」って思うことって、正直ありますよね。 むしろ私なんかはこのような場を持っている以上、誰かにそう「思われる」側になったことがないとは言い切れません。 だから、言い切れない立場なんだ、ということだけは忘れないでいようと思ってます。 温かく見守ってくださる方々に、最大級の感謝を。 ありがとうございました。


▼日記その2 Web拍手お返事 
この件では温かいメッセージをありがとうございました。 以下一言ですが2/19・2/20に頂いた分へのお返事です。

>2/19 「世の中価値のないものなんてそうそうない」に共感してくださった方へ。 お言葉、すごく嬉しかったですw好き嫌いを語るのと、価値がないと切り捨てることは、決してイコールではないと思うので。お褒めの言葉はくすぐったかったけど、やっぱり嬉しかったです。 励ましてくれて、ありがとう!
>2/19 『燈港メリーローズ』大好き同士の方(笑)へ。 メリーローズ良いですよねっ!! 私もぜひ同士と呼ばせてくださいw こんなブログですが、楽しみにしてくださってありがとうございます。
>2/20 先日もメッセージ下さった方へ。 お返事見ていただけたようで良かったですw あと、励ましのお言葉もありがとう! 嬉しかったですw 確かにみんな同じじゃ気持ち悪いですよね(笑)。 
>2/20 長いメッセージを下さった方へ。 もうホントにありがとうございます! ちょっとここじゃ書ききれないので、あとで貴ブログにお礼に伺いますね(笑。仕事終わったらですが)。 励ましのお言葉、とても嬉しかったです。


▼日記その3 お礼続き 
メール下さった方々もありがとうございます!! お返事完了しましたので、ご確認いただけると嬉しいですw 私と同じように凹んでる方は、お元気になられたでしょうか…? お元気だといいなw


▼日記その4 『燈港メリーローズ』話 
そんな訳でゴタゴタしていたら、『燈港メリーローズ』の感想が書き終わりませんでした(笑)。 あ、「りるさんのオススメ見てメリーローズ読んでみました。面白かったです」的なコメントも幾つかいただきました。 嬉しいー、ありがとうございます!! 私のブログ経由では1冊も売れてないので(笑)、やっぱりこんな小さなブログじゃ宣伝効果ないかなーと弱気になってたのですが、少しでも興味を持って頂けたのなら何よりです。 

続きを読む

関連記事


「面白いこと」 に基準はない

ちょっと寂しい出来事があったので、気持ちの整理のために書いておきます。


完全に愚痴なので、それでも良いよ、という人だけご覧ください。 あと、この件についてりるは多少凹んでますので、できればこれ以上追い打ちをかけるような反論コメントを残さないで頂けると嬉しかったりしますが、そこはまぁ…お任せするということで(笑)。


続きを読む

関連記事


『LaLaDX3月号(2011年)』の感想(その1)

LaLaDX0311.jpg
『LaLaDX3月号(2011年)』


白泉社
2011年2月10日/¥657+税



<感想>
表紙は 『八潮と三雲』。 三雲ちゃんの挑発的な目線にクラクラしますが、それ以上に気になるのは八潮さんの左手! そこ乗せて大丈夫ですか!?(笑) っていうかそうなると、見えない右手の行方がもっと気になるよね…!!(笑)  えーと、巻頭カラーは 『恋だの愛だの』。 扉絵で椿くんがセクハラしてます。 ふろくは 『遙かなる時空の中で5』 のスクールカレンダーでした。 『遙か5』 は巻頭企画でも全サやゲーム情報で盛り上がってますが、次号からマンガ版連載が始まることも公表されてました。 

今月号はどの作品も結構ツボでしたw 楽しく読んだんだけど、感想書こうとすると眠くなるという悪癖が治らず、なかなか進まないー!! いつもは前後編に分けてるけど、それだといつまで経っても公開できないので、とりあえず書き終わったところから更新していきますねー(笑)。 第1弾は以下の7つ。


●辻田りり子 『恋だの愛だの』 
椿くんが一歩大人の階段を登った!(正しい意味でw)という印象のお話でした。 自分に無頓着なかのこを優しく諭すところも、大事にしたい気持ちが一番なんだと気付く直球さも、とても扉絵で堂々とセクハラしてる人とは思えないくらい爽やか!(笑) 最近の椿くんはすごく真っすぐに成長してるのが見て取れてるので楽しいです。 かのこと椿くんはやり方は正反対だけど、自分に出来る方法で相手を守ろうとしてるんだよね。 まぁ、主に恋だの愛だののあたりに齟齬があるけど、微笑ましいのは確か。 権謀術数うずまいてますが、最後に上回るのはどの勢力なのかも含めて、続きが楽しみですー。


●時計野はり 『学園ベビーシッターズ』特別編~白雪姫 
DX至上初の二色刷り!という謳い文句だけど、個人的には 「だったら何もこの展開じゃなくても…」 と思ってしまった特別編です。 いや、面白かったですよ? 恒介パパはいつ見てもカッコイイし、特に犀川さんの個人的好みがすっごく気になるし!!(笑) ただ私としては、せっかくの特別な試みなら、通常 「DXで」 連載している作品にやって欲しかったです。 この考え、違うかな?


●草川為 『八潮と三雲』 
まさかの三角関係にドキドキです!! こんな横槍がないと気持ちが揺らがない八潮さんってホント頑固! でもそこが素敵!!(笑) っていうか三角関係関係なくても今回の八潮さんはいつにも増してカッコ良かった。 巨大猫を仕留めたあとの勝ち誇った表情がすごく好き。 でもそれ以上に、自分の気持ちを持て余し気味なところにときめきましたw 三雲ちゃんのことを「引く」と言ったり簡単に指きりしたり。 …それなのに、彼女の笑顔の違いが気になったり、自分を恩人だという三雲ちゃんに微妙な表情をしたり…。 偏るくらいに偏る性格ならどこまでも自分らしさに拘るはずなのに、三雲ちゃんが絡むと途端にその自分らしさが揺らぐ八潮さんが素敵です。 

一度は読者と三雲ちゃんの期待を 「ついに甘い展開が来たのかと思いましたよ」 と打ち砕いておきながら、その直後の 「俺を好きか」 発言には、もーどうしようかと!!  「俺を好きか?」 って疑問符付かないですからね? ただの念押しなんだから!! そりゃ三雲ちゃんも惚れるよっ!(笑) …ってな感じでしたw 草川さんのこういう構成力は、すごく憧れます。


●斎藤けん 『プレゼントは真珠』 
アーサーって14歳だったんですか…Σ( ̄□ ̄;)!!  この設定どこかで読み飛ばしてたのかな、勝手に年上だと思ってました。 そうか…年下部下が年上坊ちゃんを弄ってたのか…… すっごくイイ設定ですね!! (えぇぇ!?・笑) 
それはともかく。 エドワード父はエドワードと同じのほほん系かと思ったら、Sだったというオチ。 そしてそんな父も真珠ちゃんも、エドワードにメロメロ。 真珠ちゃんが 「心を揺るがすのはエドワード様だけ」 と言ってるけど、つまり結局は、エドワードが究極のS殺しってことですよね!?(笑) あの泣き顔の威力は絶大ということでw それよりも、ラストで 「大好き!」 と超可愛い笑顔でキスして去っっていった真珠嬢ですが、あれってきっと、息子命なエド父へのいじめも含まれてると思います。 絶対ショック受けるの分かっててやってるはずw Sの力比べでは真珠嬢に軍配があがったということで……いつものごとく素敵でしたw(えぇぇ?


●森生まさみ 『もちもちの神様』 
冒頭のモノローグがすごく好きです。 人を好きになった時の最初の気持ちって、きっとこんな感じでとてもシンプル。 相手のことを思うだけでふわふわするような… そういう感覚って忘れたくないと思ってます。 なので、森生さんがこうやって描いてくれることが嬉しい。 もう、だから大好きです森生さん!!
・・・とは言え、個人的にはおっくんより三日月くん押しなので、せっかくのラブ展開を素直に喜べなかったり…。 傘のシーンすごく好きだし、一緒の学校に行きたいおっくんが我慢できない気持ちも分かるけど、怒鳴って反省しない人って嫌(笑)。 彼は頑張って流歌ちゃんとの付き合い方を学んで欲しいです。 頑張れ男の子! あ、あと、流歌ちゃん以外の三人にもち神様がいらっしゃったのは、 「神頼み」 してたからですね。 流歌ちゃんも自分の合格のことだけじゃなく、「みんなの」 合格を願えばよかったのにな☆


●林みかせ 『スイート・スイーツ・カーニバル』 
実技は駄目駄目だけど舌は鋭いヒロインと、実技も努力も人一倍な二宮との、見習いパティシエ物語。 林さんらしいふんわりした作風だけど、だから余計に 「誰かと共同作業する為の歩み寄る気持ちが足りない」 という台詞が、結構ドカンと心に響きました。 自分に余裕がないと陥りやすい罠です、これ。 私もそうなってないかな?って、ちょっといろいろ自省しましたよ…。 完成した可愛いお菓子からヒロイン達が築いた良好な関係が見て取れるのが、とても良かったですw 


●池ジュン子 『よろしくブラザー?』 
両親の再婚で突然5歳児の 「お兄ちゃん」 になってしまったヒロくんのお話。 タイトルでオチは読めるんだけど、そこに至るまでの過程のひとつひとつが微笑ましく、個人的に今号で一番のお気に入りですw  最初にヒロくんが 「良い母親だ」 って言うシーンで 「私この作品好きだ!」 と思ったんだけど、その台詞が角度を変えて彼自身に返ってくる・・・という構成がまた見事。 母を想うようにユウキに優しくしたいのにどうしたらいいのか―― と戸惑うヒロを、友人のあっさりした、でも温かさ溢れる言葉が救ってくれる。 だからヒロも素直になってユウキと向き合えて・・・という気持ちの連鎖が、すごく良かったです。 っていうか、もう本当にユウキが可愛い! 怪我をしたヒロを 「はら はら」 と見守るのとか、我慢の天秤壊れるくらい 「背中流し合いっこ」 に反応するところとか、ヒロじゃなくてもギューってしたくなりますよw この二人は将来ぜったいに重度のブラコンシスコンになるだろうな(笑)。 そして 「お兄ちゃん」 の危惧通りに、10年後に友人(白髪くん)と恋仲になったら幸せだろうなw…と余計な妄想まで膨らみました。 読後感の良い、温かいお話でしたw

関連記事


2011年3月の発売予定

3月の購入予定です。 気付くといっぱいあるな…(笑)。 少女マンガとそれ以外とのバランスが良さそうなので楽しみですw


<コミック購入決定分> 
3/04 ふじつか雪 『悪魔とデュエット』 白泉社
3/04 緑川ゆき 『夏目友人帳・11』 白泉社
3/04 弓きいろ・有川浩 『図書館戦争LOVE&WAR・7』 白泉社
3/09 CLAMP 『XXXHOLiC・19』 講談社
3/11 末次由紀 『ちはやふる・12』 講談社
3/11 椎名軽穂 『君に届け・13』 集英社
3/18 伊沢玲・津山冬 『執事様のお気に入り・10』 白泉社
3/18 音久無 『花と悪魔・10(完)』 白泉社
3/23 高田裕三 『CAPTAINアリス・4』 講談社
3/23 ひぐちアサ 『おおきく振りかぶって・16』 講談社
3/23 幸村誠 『ヴィンランド・サガ・10』 講談社

・・・『XXXHOLiC・19』の展開が気になって仕方ない! 連載は終了したんですよね…一体どんなことになってるんだろう? どーも切なそうな予感なんですが…。 『執事様のお気に入り』は、盛り上がったあの!!告白シーンがきっと収録されるはず!!と私が盛り上がる勢いで楽しみです(笑)。 あとは3巻の展開が素晴らしかった『CAPTAINアリス』にも期待w 
 ⇒高田裕三 『CAPTAINアリス・3』の感想 


<コミック気になる分> 
3/04 暁月あきら・西尾維新 『めだかボックス・9』 集英社
3/04 小畑健・おおばつぐみ 『バクマン。・12』 集英社
3/04 樹なつみ 『花咲ける青少年 特別編・1』 白泉社
3/04 斎藤けん 『プレゼントは真珠・2』 白泉社
3/09 雷句誠 『どうぶつの国・5』 講談社
3/15 木下さくら・東山和子 『tactics・15』 マッグガーデン
3/18 柴田ヨクサル 『ハチワンダイバー・19』 集英社
3/18 高橋留美子 『境界のRINNE・7』 小学館
3/22 大久保篤 『ソウルイーター・19』 スクウェア・エニックス
3/25 石川雅之 『もやしもん・10』 講談社 

・・・アニメで『花咲ける青少年』にハマってしまった私としては、特別編がたいそう気になる。 でも本編コミックス持ってないのに特別編だけ買うのはどうなんだろう?とちょっと悩み中。 『tactics』はちゃんと本編進んでるのかなぁ? コミックス買っても本編半分であとは特別編、という酷なパターンが続いたので、最近ちょっと様子見になっちゃった。 『もやしもん』は実は1巻と7巻と絵本しか読んだことがないので、そろそろちゃんと読んでみたいです。 限定版のほうが安いらしいし(何故なんだ・笑)。 


<小説購入決定分> 
3/01 谷瑞恵 『伯爵と妖精 あなたへ導く海の鎖』 集英社コバルト文庫 


<小説気になる分> 
3/01 高山ちあき 『橘屋本店閻魔帳 星月夜に婚礼を!』 集英社コバルト文庫
3/15 森博嗣 『キラレ×キラレ』 講談社文庫 

・・・『橘屋~』は、表紙のくまの柚子さんのイラストに惹かれてずっと読んでみたいと思ってるシリーズ。 さてどうしようかなw  森さんのシリーズはノベルスで買ってるから文庫までは購入しないけど、いつも表紙デザインがカッコイイので必ずチェック!! こういうのも楽しいです。


関連記事


小林ユミヲ 『にがくてあまい・2』の感想

にがくてあまい2
『にがくてあまい・2』

小林ユミヲ
マッグガーデン BLADE COMICS EDEN
2011年1月29日 初版発行/¥533+税





『 苦い思いを反すうしながら生きていくよりは 
うまいこと料理してそれを栄養にしろっていったの渚だよ!?
渚が上手いこと料理できないんだったら 今度はあたしが手伝うからさ 』



<感想>
美人で仕事も出来るけど女子力は最低なOL・マキと、イケメン美術教師で真性のゲイである渚 (そしてベジタリアン) との、同居ラブコメ第2巻。 わりと普通に下ネタ満載(笑)なので、私の好みの傾向と外れてるはずなのに、相も変わらずめっちゃ面白いです。 笑いあり涙あり恋愛あり家族愛あり下ネタあり。 それぞれの要素が正反対のベクトルをもっていて、一見好き勝手に展開していくんだけど、その中心には必ず 「食」 がある。 どんなにはちゃめちゃに話が展開しても、大切な部分が絶対にぶれないからバランスが良いんですね。 電車の中で読みながらニヤニヤしたりホロリとしたり……落ち着かないくらいにドキドキしました。 特に、抜粋した台詞をマキが言うシーンでは結構本気で泣けちゃって、涙を隠すのも一苦労。 う~ん、ホント面白かった!!

続きを読む

関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2011年02月 | 03月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -


☆オススメ