スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幸村アルト 『はちみつとバタフライ』 の感想

はちみつとバタフライ
『はちみつとバタフライ ~職人工房シリーズ』

幸村アルト

白泉社花とゆめコミックス
2012年2月25日 第1刷発行・¥400+税




『 でも やっぱり放さないでいて 』


<ご紹介>
とある田舎町の工房を舞台としたオムニバス3編と、読みきり2編を併録した短編集。 主に 『花とゆめ』 掲載作品。
中世から続く赤いトンガリ屋根が印象的な田舎町・エリザには、たくさんの工房が軒を連ねている。 その中の一つ、香水工房で働くアルマは、天才的な香水職人だけどちょっと風変わりなシェリーを支える職人補佐 (プロップマン)。  2年前、内気だった自分をシェリーの香水が変えてくれたときから、彼のことをずっと尊敬し、支えてきた。 けれど、研究熱心が度を過ぎてお茶を頭からかぶってしまうようなシェリーの面倒を見るのはかなり大変。 普通に会話して普通に心を通わせあう他工房の職人たちが羨ましくなってしまったアルマは、シェリーに工房を辞めると宣言! でも心の中にはずっとシェリーのことがわだかまっていて・・・?(はちみつとバタフライ) 


<感想>
職人工房を舞台とした、幸村アルトさんのオムニバス短編集です。 前作 『六百頁のミステリー』 もひじょーに私好みだったのですが、そもそも幸村作品との出会いは今回収録された 『カフェ・コルベイユの恋』 でした。 掲載誌 『花とゆめ』 で読んだのは2009年6月のことなので、もう3年近く前だけど、出会いが印象的だったので今でもよく覚えています。 ちなみに当時のことは

『花とゆめ13号(2009年)』 の感想 / 幸村アルト 『カフェ・コルベイユの恋』

に詳しく書いてありますので是非 (←宣伝・笑)。  『カフェ~』 は本当に気に入ってしまい、何度も読み返しました。 だって可愛い! だってときめく☆  あの世界観にもっと浸りたくて、(記事中でも触れてるとおり) 「お店を舞台にしたオムニバスとか読んでみたいな」 と強く思ったものです。 実際にオムニバス化されたのは 『コルベイユ』 とは違うお店だけど、世界観とか雰囲気は継承されてるので、このような形で実現したことがすっごく嬉しい。 読みたかったものが読めるってとても贅沢! 読書中はずっと幸せでしたw


さて本編。 『トランクドール』 『はちみつとバタフライ』 『ビタースイート』 は、同じエリザの町を舞台とした職人工房の物語。 それぞれ人形工房・香水工房・指輪工房となっていて、メインとなる人物に共通性はないけれど、あっちのサブキャラがこっちでも登場していたりはします。 

何より主軸となるのは、 「職人」 と 「職人補佐」 の関係を描いているお話だということ。 職人補佐は 「プロップマン」 と読み、 「支える人」 という意味。 専門職である職人さんがやらない・できないことを職人のために為すのがプロップマンなので、必然的に、天才的な職人さんと苦労人のプロップマンという構図が出来上がるのが上手です。 お互いに敬意がないと続かない関係なので、苦労があっても支え合いたいっていうメッセージがとても明確。 なので、帯に書かれた 「自分の腕ひとつで世界を切りひらく少女たちの恋物語」 というアオリには、ちょっと違和感がありました。 作中の少女たちは腕ひとつで世界を開拓してるわけではなく、むしろ誰かと支えあう喜びを世界の中に見つけ出していく物語、だと思うんだけど……たまに帯に賛同できないことがあります (ごめんなさい!)。 


全体的な印象としては、幸村作品はとにかく乙女チックだなっていうこと。 そしてメルヘン。 これ、すごく褒めてます。 乙女チック大好き! (←りるさんはもう乙女な年じゃないけどな!・笑)。 きらきらした瞳の描き方もそうですが、モチーフで使われるひらひらのドレスや、薔薇などの花や大きなリボンなど、一つ一つが可愛らしい。 ヒロインたちのまっすぐな視線からはマイナスの要素をまったく感じず、どこからどう見ても少女でしかないけれど、たぶん、あと一歩進めば大きく羽ばたくギリギリのラインにいるんだってことが見てとれる。 咲き誇る直前のような危ういくらいの少女性が、強烈なほど魅力的なのです。 ・・・だから、2年も手を出せないシェリーの気持ちも、リタをひたすら可愛い可愛いと愛でるジルの気持ちもよく分かるんだよなー(笑)。 あれはもし拒絶されたら立ち直れないレベルですよねw  少女マンガ的な少女マンガを求めてる方には、是非オススメな1冊です。


では、以下各話語り。 
お話としていちばん好きなのは、やっぱり 『カフェ・コルベールの恋』。 いちばん巧いなって思ったのは 『ドラマチックドール』。 いちばん好きなヒロインは 『カフェ~』 のエマちゃんで、いちばん好きな男性はシェリーさんでした。 リボンタイが素で似合っちゃうような人に弱いです(笑)。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


2012年2月の日記+Web拍手お返事

●2/27
▼日記
 
辛い食べ物が好きです。 マイブームはペヤングの激辛やきそばです。 いや、これホント美味しいんですよ! ただし、辛いどころかもはや「痛い」ですけどね(笑)。 激辛と書いてあるのに辛くないじゃん・・・ってことがたまにありますが、これちゃんと辛いので辛いもの好きさんにはオススメします。 今まで「やきそばは塩やきそばに限る!」と思ってましたが、個人的にこれが最強アイテムとなりました。 え? いや、この話も特にオチないです(笑)。 

▼オススメといえば! 
少年メイド 1 (B’s LOG Comics)
乙 橘
エンターブレイン
とある方から「面白いですよ!」とオススメを頂いた上に、図々しくもお借りして読んでるんですが、本当にとっても面白いです。 そしてちーちゃん超可愛い!! 私は表紙とタイトルから、もっとこうショタっぽい路線なのかと勝手に思ってたのですが、そしてその認識に特に間違いはないんですが(笑)、でも狙い済ましたショタ路線ではなく、まっとうな擬似家族コメディでした。 わりと大きめのコマでさくっと展開する物語と テンポのよい台詞回しの相性が抜群によろしいし、何より温かいお話です。 可愛い女の子は大好きだけど男の子には別段興味がなかったりるさんですが、今やすっかり千尋ファンに(笑)。 お借りしてるところまで読み終えたらぜひ感想書きたいなーと思ってるんですが、取り急ぎ(?)オススメだけしちゃいます。 

▼Web拍手お返事 
いつもありがとうございます! 
2/25
>08:00 『オオカミさんと!・2(完)』 の感想は良かったです。読んだことないけれど ・・・の方
『オオカミさんと!・2』の感想記事にメッセージをありがとうございますw 感想良かったよーって言っていただけるのはやっぱり嬉しいです。 ご質問いただいた「りるさんの変態偏差値」の件ですが(この言葉に爆笑でしたw)、隠さなくなったのと、上昇したのと、おそらく両方の結果で生まれた記事だと思われます(笑)。 っていうか、「読み手を選ぶ作品」と作品を評したのだから、自分の記事もそうなってないとフェアじゃないじゃないですか。 その辺振り切って書こう!と思って書きました。 なので、気に入って頂けたのならすごく嬉しい。 ありがとうございました!


続きを読む

関連記事


『LaLa 4月号(2012年)』 の感想

LaLa4月号(2012年)
『LaLa 4月号(2012年)』

白泉社

2012年2月24日/¥429+税






<感想>
創刊450号記念号です! おめでとー 『LaLa』 、おめでとー白泉社☆ というわけで記念すべき表紙は、今やLaLaを代表するキャラクターとなった 『夏目友人帳』 のニャンコ先生が主役を差し置いてソロで(笑)お務めされてますw ニャンコ先生すごいわー。 巻頭カラーは『赤髪の白雪姫』、ふろくも豪華に、①『夏目』のニャンコ先生カレンダー ②トリプルブックカバー (『学園ベビーシッターズ』 『狼陛下の花嫁』 『赤髪の白雪姫』) でした。


450号記念号なので、いろいろ豪華です。 まず、価格が豪華(笑)。 いつもよりちょっと高めなので気をつけてくださいね。 そしてふろくが豪華。 ニャンコ先生のカレンダーは月捲り式で、ちゃんと自立するすぐれもの。 トリプルブックカバーは表面にビニールコーティングされているし、イラストも可愛いです。 ファンなら持ってて絶対損はしない!! それに、あきづき・可歌・時計野さんのサイン会情報も載ってます! 行きたい、サイン会行きたいです!! しかし私はアニメイト池袋店のサイン会には二度と行かないと決めているので(笑)、可歌さんは無理っぽい・・・どなたか行かれますか?? 私の手紙を代わりに渡してください(コラ!)。 あきづきさんのは是非行きたいですが・・・どうなるかw


そして巻頭企画のページも豪華。 3/17に映画が公開される 『桜蘭高校ホスト部』 の紹介記事やキャストインタビューもたっぷり。 そして、「LaLaの歴史を彩る伝説のあの作品を今のマンガ家さんがイラストで描き下ろし!」な企画もあって、本当に読み応えがあります。 草川さんが 『花咲ける青少年』 の立人を描いてらっしゃってて、りるさんは無駄に萌えました(笑)。 分かる、気持ちを抑える人に弱いの、分かりますよ・・・!! メカさん画の桑田キャラと、あきづきさん画のえんちゃんはどちらもよく似ててさすがって感じだし、ふじつかさんの辛島くんや可歌さんのイザークもめっちゃめちゃ恰好イイっ。 森生まさみファンとしては、森生さん画の成田キャラと、呉さんが描かれた小林ーずにメロメロになりました! ・・・でもいちばんの衝撃は、月崗さんのアレですよね!(爆笑) ちなみにりるさんは、犬に 「震え!」 と命令するやつと、子供に 「佐藤!」 と名づけるやつが今でも大好きですw


・・・はぁ。 私は『LaLa』という雑誌が大好きなので、語り始めると長いですねー! ここまで読んで頂けただけでも充分な気がします。 以下は各お話の感想ですが、こちらもまた無駄に長いので、気になる方だけでも読んでいただけたら幸いですw  ちなみに今号は全体的に面白くてよかったですよ。 では、「続きを読む」からどーぞ!

続きを読む

関連記事


神田はるか 『オオカミさんと!・2(完)』 の感想

オオカミさんと!・2
『オオカミさんと!・2 (完)』

神田はるか

角川書店あすかコミックスDX
2012年2月25日 初版発行/¥560+税






『 あぁもう 恋なんてしたことないけど   この人好き 』


<ご紹介>
『ASUKA』に掲載された6~10話と描き下ろしを収録した第2巻。 カラーピンナップ付。
会ったことのない祖母を求めて、一人で孤島にやってきた赤井陽菜子 (中学生!)。 念願を果たしておばあちゃんと (とても残念な形ながら・笑)対面できたものの、何かと世話をしてくれた大神さんと不意のキスをしていまい、激しく動揺してしまう。 しかも 、秘密の図書室でもう一つの念願だった父親の情報を手に入れた陽菜子は、代償として島を去ることに。 そんな陽菜子の元に、再び狐塚と大神さんが現れた。 会いに来てくれたの!?と喜んだのも束の間、大神さんは陽菜子の母親に会いに来たのだった。 しかもどうやら、大神さんの初恋の相手が母親のようで…!? 赤ずきん風ラブコメディ、完結編! 


続きを読む

関連記事


『別冊 花とゆめ 3月号(2012年)』の感想

別冊花とゆめ2012年3月号

『別冊 花とゆめ 3月号(2012年)』

白泉社

2012年1月26日/¥514+税






<感想>
表紙は『オレンジチョコレート』、巻頭カラーは新連載『【急募】村長さん』、ふろくは「バレンタインLOVEメッセージカード」でした。

結局2月号の感想は書けず・・・すみませぬ。 でも実は、今後もどうしようかなーって悩んでます。 もしかしたらこの3月号感想が最後になるかもしれません。 雑誌購入は続けるけど、月末発売っていうのが仕事との兼ね合いで更新が難しいというか何というか・・・。
3月号も発売日に購入しておきながらなかなか読めなくて、もう感想も諦めるかーと思ってたんです。 でも、読むとやっぱり面白いんですよ! 特に新連載の『【急募】村長さん』が可愛くって温かくってすごく良かったw(≧∀≦) 

なので今更ですが感想書きまーす。 

続きを読む

関連記事


tags: 別花

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2012年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。