2012年7月の購入予定

驚きの更新のなさでホント申し訳ないです。 7月は多分身辺が落ち着くはず・・・その辺のお話をあとで日記に書こうと思ってます。

さて! いつもなら6月中旬に更新するはずの7月の購入予定です。 たまーに「購入チェックに使ってます!」というありがたーいコメントを頂いてたのに、遅くなってすみませんー!(>Д< ;) 今からでもご参考にいていただければ幸いですw


<コミックス購入決定分> 
7/04 古味直志『ニセコイ・2』 集英社
7/05 天乃忍『ラストゲーム・2』 白泉社
7/05 藤原ヒロ『会長はメイド様!・15』 白泉社
7/05 緑川ゆき『夏目友人帳・14』 白泉社
7/14 小林ユミヲ『にがくてあまい・5』 マッグガーデン
7/19 冬目景『イエスタデイをうたって・8』 集英社
7/19 皆川亮二『PEACE MAKER・9』 集英社
7/20 草凪みずほ『暁のヨナ・9』(ドラマCD付限定版) 白泉社
7/20 こうち楓『LOVE SO LIFE・10』 白泉社
7/25 岩原裕二『ディメンションW・2』 スクウェア・エニックス

・・・そういえば近くの書店がめっちゃ『暁のヨナ』押しなんですよ。 こんな田舎の本屋さんで、独自のフェアを組んでがっつり本棚を盛ってるのを見ると幸せになります☆ そんなわけで、7/20の新刊はその本屋で買うと今から心に決めてるのだ(笑)。 ハクにはいつまでもヘタレカッコイイ感じでいて欲しいですねw(何気に鬼発言・笑)。 


<コミックス気になる分>
7/04 CLAMP『聖伝-RG VEDA-・4(愛蔵版)』 角川書店
7/04 山崎峰水『黒鷺死体宅配便・16』 角川書店
7/04 暁月あきら・西尾維新『めだかボックス・16』 集英社
7/04 小畑健・大場つぐみ『バクマン。・20(完)』 集英社
7/06 なるしまゆり『ライトノベル・4(完)』 講談社
7/09 雷句誠『どうぶつの国・9』 講談社
7/10 箸井地図『亡霊は夜歩く』 講談社
7/18 荒川弘『銀の匙 Silver Spoon・4』 小学館
7/18 高橋留美子『境界のRINNE・13』 小学館
7/22 大久保篤『ソウルイーター・22』 スクウェア・エニックス
7/22 大久保篤『ソウルイーターノット!・2』 スクウェア・エニックス
7/24 志水アキ『狂骨の夢・4』 角川書店
7/30 石黒正数『それでも町は廻っている・10』 少年画報社

・・・最近は購入分もろくに読めてないので「気になる分」は壊滅的に読めてないのです。 なので展開がぜんぜん分からなくて逆に気になる!(笑) 『ソウルイーター』とか今どうなってるんだろう・・・私が(勝手に)待ち望んでるラブコメ展開は来てますか? 来てたりしちゃいますかっ!?(落ち着け)  そして『バクマン。』は最終巻ですねー。 人気作でありながら20巻できちんとまとめて長引かせなかった英断に、マンガ読みのはしくれとして最大限の敬意を!!


<小説購入決定分>
6/30 青木祐子『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 宝石箱の秘密の鍵』 集英社コバルト文庫
7/04 三雲岳斗『幻獣坐2 The Ice Edge』 講談社ノベルス 

・・・あぁぁぁ本編最終巻の感想も書けてませんが、そんなうちに短編集です。 表紙絵だけで素敵で泣きそうです!! でも読むよっ! もう今から買ってくるから!!(爆笑) ――あのですね、純粋で、でもとにかくじれったくて、そんな中でも芯の強さが美しい恋愛関係が好きな人は、『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』シリーズはホントオススメですので!! 次はどの少女小説を読もうかなーって思ってる人は、ホントぜひぜひ!!
宝石箱のひみつの鍵 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー (ヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズ)
青木 祐子
集英社 (2012-06-30)
売り上げランキング: 631



関連記事


笠井スイ 『ジゼル・アラン・3』 の感想

ジゼル・アラン・3
『ジゼル・アラン 3』


笠井スイ

エンターブレイン BEAM COMIX
2012年6月27日 初版初刷発行/¥620+税





『 自分の大事なものは ちゃんと大事にするんだ! 』


<ご紹介>
『Fellows!』 に掲載された12~17話と、描き下ろし短編を収録した第3巻。 訳アリお嬢様のお仕事奮闘記です。
元は良家のお嬢様、今はアパートの管理人にして 「何でも屋」 でもあるジゼル・アラン。 手探りながらも何とか一人で仕事をこなし、いろいろな人と親交を深める充実した毎日を送っていた。 そんなある日、ジゼルはアパートの住人にして何でも屋の元・片腕(?)のエリックの部屋を訪れる。 楽しかった仕事の話をして、エリックの小説の受賞報告を聞いて、そこまではいつも通りの日々だったのに――エリックから突然「俺、引越します」と告げられてしまい・・・!? 


<感想>
ものすっごく楽しみにしていた第3巻です。 楽しみにしすぎてて、書店で表紙を見たときには血管切れそうなくらいでした(笑)。 だってジゼル可愛いすぎる!(≧∀≦) 台風と梅雨に悩まされる鬱陶しいこの時期に、雨後の晴れやかな青空とジゼルの笑顔はまさに光そのもの。 眩しくて、でも目をそらすことさえ許してくれない彼女の存在感が相変わらずで、嬉しくなっちゃいました。

お話としてのバリエーションも豊かで、読んでて飽きさせませんw ジゼルが何でも屋として仕事をこなすお話は読み応えがあってすごく好き。 特に17話の「宇宙にいく」アイディアは圧巻で、何が何でも仕事を全うしたいというジゼルのプロとしての意地と、子供らしいロマンチックなアイディアとのアンバランスさがとても良い。 そこに、パトリスという一見困った大人のようでいて、実はきちんと子供を肯定し、保護できる存在を投入することで、大事なものを大切にしつづける感性こそが大切なんだよ、と思わせてくれるから凄いです。
 

そしてたぶんこれって、この作品を通したメッセージになるんだろうな。 ジゼル自身も何度も口にしている、『大事なものは、ちゃんと大事にするんだ!』という精神こそが、作品にただよう潔癖なまでの純粋さの証。 ジゼルが一番身をもって証を立てているけれど、彼女の周りにいる大人たちもこの気持ちを持ち続けているから素敵なんです。  例えばリュカが会いに行った役所のおじさんだって、同僚からはちょっと変わった人に思われてるけど、実はジゼルたちにも敬語で話す(=一人前として扱う)素敵な人だったりします。 男なんて嫌いなくせにエリックを(実は)心配しているコレットも、喫茶店のマスターも、クレープ屋の店長も、みんな粋なんですよね! 良いなぁ、好きだなぁってしみじみ思わされます。


で、そんな中でも今回いちばん『大事なものは、ちゃんと大事に』していたのは、やっぱりエリックだと思うのですよ。 13話は、冒頭で描かれたジゼルとエリックの出会い話から引き込まれてしまい、もう夢中で読んで、号泣しました。 だって切なくて。 そして痛くて。 でも恰好良くて。 2巻まででもエリックの恋心は痛いほど伝わってきてたし、ジゼルの強さを秘めた天真爛漫さの前では年齢差は恋に落ちない理由にはならないと分かってはいたけど、それでもエリックがどの瞬間からジゼルに惹かれていたのかは、ずっと知りたいと思ってました。 


だからもう、彼のあの渾身の告白にはいろんな想いが・・・っ!! 正直、私が予想していた以上にシリアスだったので胸が痛かったけど、でもそれ以上に嬉しかったんですよ。 今までのエリックは、祖父の本を大事にしている割にはつい貶してしまうとか、何よりも小説を書きたいくせに才能という言葉に逃げてしまったり・・・本当にジゼルを好きなのに「子供」を理由に認めなかったり・・・そんな不器用なひとでした。 

――でもあの瞬間だけは。 自分が居なくなることに純粋な涙を流してくれるジゼルのために、初めて「自分の恋心」という「大事なもの」を「ちゃんと大事に」して伝えたあの瞬間だけは、天邪鬼さえも邪魔できないほどの決意があったはずだから。 玉砕前提の告白が打算的だとは思わない。 むしろ、案の定スルーされてのっぺりした笑顔を貼り付ける結果になったけれども、それでもあの瞬間の彼の気持ちは何よりも綺麗だと思います。 そして彼はジゼルに敢えて友達宣言させることで、事実上「小説を書きたい」という夢をも大事にしたんだよね。 

それにしても、初対面の子供に「優しくて臆病で、冒険が怖いんだ」と看破された青年が、その子供に恋をするだなんて・・・なんて冒険的なことなんだろう!って思います。 部屋に残された飴玉は、まるでエリックの恋心そのもの。 人知れず大事に保管された間の時間と熱で、溶かされた甘いもの・・・そしてまた、人知れず部屋に残されていくもの。 泣いてるジゼルの背中に触れることを留まったのは、文字通りジゼルが「子供」だからで、その自制さえもが彼の愛情なんだと思うと愛しくて堪りません。 エリック頑張ったよ・・・(ホロリ。


さて問題なのは、勇気を振り絞った後の人間は割りと気持ちが弱くなる、というパターンからしてエリックの現状が心配です。 何だあの女・・・!!(暴言・笑) 黙々と文字を連ねるエリックの表情は、今まで見たことがないくらいに平坦で、いかに彼がジゼルのおかげで人間らしくいられたのか、ということを実感させます。 平坦さの裏に隠れているのは、小説への情熱なのか、それとも諦念なのか・・・。 あぁ、続きが気になる! っていうかエリックの恋路が気になる!!(笑) 4巻はたぶんまた1年後なので、私は1年間悶々としなきゃいけないわけですよ。 その代償として(?)次はぜひ幸せな表情が見たいです! ぜひ、本当にもう、ぜひ!!

以下、各話語り(まだ書くか・笑)。 

続きを読む

関連記事


『LaLa DX 7月号(2012年)』 の感想(完結編)

LaLaDX7月号(2012年)
『LaLa DX 7月号(2012年)』


白泉社

2012年6月8日/¥657





<感想>
表紙は『帝の至宝』、巻頭カラーは詠みきり『Fの迷宮』、ふろくは『遥かなる時空の中で5』マジッククリアファイル、でした。

さて、こちらら『LaLaDX7月号』の感想の、第3弾です。 ちなみに第1弾はこちら第2段はこちらです。 結構時間がかかっちゃいましたけど、やっと読破できましたw 今号も面白かったー!! ちなみに全然関係ないんですけど、DXを読んでたのは6/16の土曜日、NHKFMでやってたアニソン16時間生放送の番組を聴きながら読んで書いてしてました。 あの16時間で土曜日終わりましたけど、頭の中が二次元で埋め尽くされるという幸せを味わったから後悔はありません(笑)。 

総括しますと、一番ときめいたのは『帝の至宝』でした。 このラブコメ加減は天才的です仲野さん!ヽ(≧▽≦)/  一番心に迫ってきたのは『きゃらめるBOY』の最終回。 私はやっぱり根っからの森生ファンなんだなーって思いました。 一番爆笑したのは『フシギ寮』のラスト。 シュール過ぎますw  そして、一番ツボだったのは萩尾さんの『Fの迷宮』ですね。 私は萩尾絵の虜なので、見てるだけで幸せでした~。

そんな感じでしょうか。 では残りの感想、行きまーす!


続きを読む

関連記事


『LaLa DX 7月号(2012年)』 の感想(その2)

LaLaDX7月号(2012年)
『LaLa DX 7月号(2012年)』


白泉社

2012年6月8日/¥657






<感想>
表紙は『帝の至宝』、巻頭カラーは詠みきり『Fの迷宮』、ふろくは『遥かなる時空の中で5』マジッククリアファイル、でした。

という訳で、『LaLaDX7月号』の感想記事、第2弾です。 第1弾はこちら、そして第3弾まで続くので宜しくお願いします! 今回もいつも通り、1作品以外は全部書きましたので良かったら読んでいただけると嬉しいですw 



続きを読む

関連記事


『LaLa DX 7月号(2012年)』 の感想(その1) 追記あり!

LaLaDX7月号(2012年)
『LaLa DX 7月号(2012年)』


白泉社

2012年6月8日/¥657





<感想>
表紙は『帝の至宝』、巻頭カラーは詠みきり『Fの迷宮』、ふろくは『遥かなる時空の中で5』マジッククリアファイル、でした。

相変わらずの亀更新ですみません・・・いや、遅さでは亀さん以下かもしれない!? だって5月から一歩も進んでないし(自虐・笑)。 そしてまだまだDXを読みきれてないりるさんです。 さすが854ページ! 日本少女マンガ界を代表する分厚く高い壁に阻まれている状態ですが、ちょこっと読んだ作品たちはこれまたさすがの面白さ。 攻略するのに苦労したラスボスの方が思いいれが深まるのと同じ要領で、私にとってDXはやっぱり特別なのです。

っていうか、久々に文章書いたー!!(笑) ←こんな状態のりるさんなので、DXの感想もちょっとずつになります。 もはや興味のある方だけ覗いていだたくことにさえ申し訳なさを覚えるレベルの低さですが、よ、良かったら覗いていってね!(頑張った!・笑) 今は一つですが、読み次第更新していきます。 早いか遅いかは反応次第です(笑)。

・6/14 追記しました!

6/14
●竹倉ちよ香『ホビイズム!』
 
影の薄い同級生からの視線にイラっとした手嶋さん。 「何でこっち見るの!?」と詰め寄ると意外な返事が・・・というお話。 手嶋さんの、パッと見怖そうだけどカラっとしたキャラが大好きです。 アニメだろうがオタクだろうが、自分の美意識で「良い」と感じれば素直に「良い」と言える姿には憧れる! だって私、会社の人には漫画読むんですとか告白出来ないもの(笑)。 そんな風に恐る恐る生きてるから、手嶋さんに良い返事をもらえて張りきる早坂くんの生き生きっぷりに、妙に共感しちゃいました。 分かる、分かるよ!嬉しいんだよね!!(笑) たぶん手嶋さんは自分の美意識に素直なだけで、オタクがどうとかアニメがどうとかはよく分かってない。 でも、それで良いじゃん。 っていうか、それが良い。 自分の価値観に合わないものを否定するより、肯定できる人の方が格段に魅力的だもの。 そう言う意味では、大好きな二次元より三次元に興味を向けた早坂も同じ。 これぞ対人関係の相乗効果! 読後感が良いお話でしたw


●咲元夕佳『××彼氏とメランコリー』 
245回LMSベストルーキー賞受賞作。 LaLa本誌で選評を見たときから「読んでみたい!」と思ってました。 だってすごく絵柄が好みなんですもの!! チビで貧乳(←他人事ではない・笑)のヒロインの彼氏はロリコンなの!?・・・というお話に必要なヒロインの可愛さと彼氏の恰好良さが絵柄で表現されてて、自分の持ち味分かってる作者さんなんだろうなーって思いました。 実際、扉絵だけで魅力的。 りるさんも小さくて可愛い子が大好きなので(笑)彼氏さんの気持ちがよく分かるっていう意味でもツボでした。 このヒロインは可愛い! 撫で回したい!(笑) ・・・ただ、良くも悪くも持ち味勝負になっちゃってるので、もっと別のお話も読んでみたいなって思いました。 是非!


6/14
●萩尾彬『Fの迷宮 File.2』
 
萩尾さん初の巻頭カラーとのこと、本当におめでとうございます! 去年発売の『黒LaLa』に掲載された作品の続編ですね。 ちなみに『黒LaLa』の感想はこちらw 見開きの扉絵の、微妙なラインで絡み合わないレミちゃんとソラくんの視線、その割りにしっかりと握られた掌、一枚ベールをかけたようなスモーキーな色合い・・・そのすべてがちぐはぐで不確かで、でも美しいです。 とてもこの作品らしい扉絵で、私はやっぱり萩尾さんの世界観とイラストの構図の意味深さが大好きなんだなぁと再確認させられました。 あとどーでもイイ話ですが、「玲海」と「蒼空」はどうしてもカタカナで書きたくなります。 音階…(笑)。

こういう超能力っぽい設定にサスペンス要素を組み合わせたお話は大好き! ちょっと難しい部分もあったけど、事件の部分は二度読めば分かる。 その分ソラの謎…というか生い立ちが掘り下げられてましたね。 京介が彼を同類と読んだこと(つまりソラも親の保護下にいられない状況だった)、二人が出会ったのが病院だったこと(入院しなければならなった)などから、ちょっと事件性も窺えるけどどうなのかなぁ。 

意識したのか無意識なのかは分からないけど、京介が最期の時として選んで整えた「舞台」に、9年前に自分を誘拐した犯人と同じようなパーカー姿でいたことが妙に印象的でした。 あの犯人は京介にとって救出者であると同時にすべてを奪った人でもあるけれど、それは大翔にとっての京介の存在が同じであることの証明みたいに思える。 子供はいつだって親に認められたくて愛されたくて仕方ないのに親は違う・・・という現実はとても寂しいです。 そして、その現実を曲げるために罪を犯した京介のこともそう思う。 

京介とソラが本当に同類だとして、じゃぁ何が二人の未来を別けたのか・・・といえば、やっぱりレミちゃんの存在なんだと思います。 誰にだって、触れられたくない傷がある。 でも京介は多分、その傷が癒えないに、自分でずっと傷に触れながら生きてきたんだろうなぁ。 ソラにもたぶんそういう傷があって、でも傷以外の部分に優しく触れてくれるレミちゃんがいたから今の彼がいるんだと思う。 レミちゃんがいないと駄目なんだ、というソラの訴えは、きっと彼女が感じている以上に切実なもの。 ソラという迷宮のアリアドネの糸なのでしょう。



●関連作品  
サクラの秘事 1 (花とゆめCOMICS)
萩尾彬
白泉社 (2012-05-02)


関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2012年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


☆オススメ