スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


志摩時緒 『7時間目の音符・2』 の感想

7時間目の音符・2
『7時間目の音符(ノート)・2』


志摩時緒

芳文社 まんがタイムKRコミックス
2012年6月27日 第1刷発行/¥590+税





『……もう… 帰ったら ちゅーするんじゃなかったのー?』


<感想>
『きららフォワード』に掲載された7~13話を収録した第2巻。 デレデレでイチャイチャな毎日をぎゅっと詰め込んだドキドキ部活ラブコメディー(←帯よりw)です。
相変わらず表紙のあずみちゃんが可愛くって眼福ですw 私は1巻発売時に表紙の彼女に一目惚れして購入したわけですが、多分2巻を書店で初めて見たとしても一目惚れして買った違いない!ってくらい可愛いです(笑)。 ちょっと恥ずかしそうな上目遣いとか、抱きしめたいなガンダム!レベルでときめきますよねっ!(←元気におかしなこと言った!・笑)


さて、相も変わらずラブラブなあずみ先輩と葉平くん。 新学期を向かえて二人が所属する吹奏楽部に新入部員が加わったり、あずみ先輩が引退目前だったりと、ちょっとだけ人間関係にも動きが見える展開になってます。 でも基本は二人のラブラブっぷりを見せ付けるお話なので、あちこちで繰り広げられる微笑ましいイチャラブを、メロメロになりながら読ませていただく感じです。 何度「ごちそうさま!」と言ったか分からない。 そのくらいらぶらぶしかったです。


それにしても、これほどまでにイチャつかれてるのにこの好感度の高さは異常なほどです。 表紙絵の上目遣いだって絶対に作者さんは狙って描いてる(笑)はずだし、内容的にもちゅーだの水着だの初体験だの騒いでるくせに・・・爽やかなんですよね。 展開的には際どさもあざとさも含んでるはずなのに、セクシャルな要素を感じさせない清涼感こそが、この作品の最大の魅力。 二人の清らかさは私には眩しくて仕方ないのですが(笑)、その眩しさは全然イヤじゃないし、むしろもっと見たいなって思うくらいです。

それって、あずみちゃんと葉平くんが、お互いを好きな気持ちを全然恥ずかしく思っていないから、なんですよね。 恥ずかしいのはキスするところや水着姿を見られちゃうっていう行為の部分であって、「そろそろちゅーしたい」って欲求に対しては、即座にメールするくらいに前向きです(笑)。 水着の件だって、恥ずかしいけど彼のためにプールに行こう!って考えるくらいに前向きに作用してる。 作品にただよう爽やかさの正体は、欲求への素直さ。 そして、「好き」の気持ちに胡坐をかかない直向きさ、なんだと思います。 あずみちゃんとキスするのに「どこまで触れていいのかな?」と距離感を測りながらも離れない葉平くんは、なかなかに大物だと思うのですよw 


ただ個人的に大注目なのは、米くん先輩と米子ちゃんの関係だったりします! あずみちゃんと葉平くんも「年上彼女」なので設定的にりるさんの大好物なのですが、米くんと米子ちゃんはプラスアルファの要素として「生徒と女教師」という部分も加わるので、もう居ても立ってもいられないくらい気になります!!(笑) 何気に第9話のタイトルページが大好きだったりするんだけど、それは、米くんが米子ちゃんを見てるから。 こんな何気ない、誰も気付かないような時でも、彼が米子ちゃんだけを見てる・・・っていう「気持ち」がね、もうホント好きなんです。 誰にアピールするわけでもなく、ただ淡々と想いを深めていく彼が、私はすごく好きだなぁ。 ・・・ただこの手のタイプは動き出したら止まらないと思うので(笑)、ラストページの意味深な表情からすると3巻で展開があると見た!! もう今から彼が何をやらかしてくれるのか(笑)、すごく楽しみですw  次巻が待ち遠しいな☆

以下各話語り。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2012年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。