スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


望月守宮 『無貌伝』 のこと


感想ではなく。 あくまでメモ書きというか。 ただ書かずにはいられないというか。 とにかく、読了後に何か言いたくて今これを書いています。

毎月月末といえば、膨大なネット界のとことん辺境の地で、ささやかに運営されているこのブログのアクセスが、ぐんと伸びる(註:当社比w)辺りでございます。 『LaLa』の感想を楽しみに(?)してくれてる素敵な方も稀にいらっしゃるようで、たいへんありがたいなって思ってます。 まぁ、毎月期待に応えられてなくて申し訳ないんですが・・・。

そして今月は更に申し訳ないことに、まだ『LaLa』読んでません。 いえ、買ってあるんですけど手につかないというか……実は私、今月はLaLaDXの感想が終わった後はずっと『無貌伝』というシリーズを読み返していたのです。

無貌伝 ~双児の子ら~ (講談社ノベルス) 無貌伝 ~夢境ホテルの午睡~ (講談社ノベルス) 無貌伝 ~人形姫の産声~ (講談社ノベルス) 無貌伝 ~綺譚会の惨劇~ (講談社ノベルス) 無貌伝 ~探偵の証~ (講談社ノベルス)

『無貌伝』がどんな物語なのかは各自お調べいただくとして(そしてりるさんは1冊目の感想を書いているので良かったら参考にしていただくとして・笑)、最新刊である5冊目が先月発売になりました。 で、私はこの5冊目を読むにあたってどうしても1冊目から読み直したくなったのです。 このシリーズはたくさんの登場人物の他に「ヒトデナシ」と呼ばれる人外の存在も登場するうえ、それぞれの能力が物語のミステリ要素に深く関わってくるため、もう一度きちんと整理する必要があるな、と感じたことが理由の一つ。 あともう一つは、単純に読みたかったんです、この大好きなシリーズを。 そんな訳で、メモつけながら読み返しては、1冊読了するごとにそれを清書して人物相関図や時系列表を作ったりしてました(笑)。 もうめっちゃのめり込んで読んでましたからね! 再読なのにこの面白さって何!?って思いながら。 

こうして並べてみると、表紙絵もいいなぁ。 昔の『怪人二十面相』のジュブナイル版とかって、ちょっとおどろおどろしい雰囲気をまとっていたんですけど、そんな古き良きジュブナイルの冒険小説を思い出します。 全体的に望の主人公っぷりがハンパないうえに、ストーリーの本質を突いた、実に良い表紙ですね。 文庫版で何で変えちゃったのかと首をひねるくらいですよ。 

読了した今となっては、『無貌伝』というタイトルにも私が当初受け止めていた「無貌というヒトデナシの話」以上の意味を含んでいることに気付かされたし、5冊目のサブタイトルである『探偵の証』という言葉も深いうえにとことん切なく、でも、とことん熱いものに感じられて……あ、やばい、書いてるだけで涙が出てきた(←本当に・笑)。 

結局何のことかというと、たぶん私はまだ5冊目のラストの出来事を整理できていないんだろう、ってことです。 整理できないからぐだぐだ書いてる……。 彼らに後悔はないはず。 いや、後悔なんてあるのはもはや当たり前で、それでも選んだ(選ばされた)現実と向き合っていくであろう彼らのことを、私がまだ直視できないだけです。 あぁどうしよう? こんなに心臓を鷲掴みにされたような気持ちにさせられた物語は久々です。 ラストが気になりすぎて最後は駆け足で読んじゃったので、ちょっと一度落ちついてから、もう一度読み直したい。 味わいつくしたい。 ……私にとっては、そんな気持ちにさせられたお話でした。 しかしよく泣いたなぁボロボロと。 うん。



関連記事
スポンサーサイト


2012年11月の購入予定

11月の購入予定です。 師走に向けてまっしぐらな時期になるのか・・・。 たぶん世間的にはクリスマス一色になり始めるわけで、綺麗なイルミネーションとは裏腹に凄まじいプレッシャーをかけてくる時期になるのか・・・(笑)。 
そんな中でも最大の楽しみは、何年ぶり!?の 森博嗣Gシリーズ最新刊の発売ですねっ! うわぁどうなるんだろう??と今から楽しみですww 


<コミックス購入決定分>
11/02 古味直志『ニセコイ・4』 集英社 
11/05 森生まさみ『きゃらめるBOY・3(完)』 白泉社
11/09 みもり・香月日輪『地獄堂霊界通信・5』 講談社
11/09 畑亜希美『2度目の恋は嘘つき・5』 小学館
11/16 アサダニッキ『青春しょんぼりクラブ・4』 秋田書店
11/16 杉山小弥花『明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者・3』 秋田書店
11/20 こうち楓『LOVE SO LIFE・11』 白泉社
11/20 高屋奈月『リーゼロッテと魔女の森・3』 白泉社
11/20 友藤結『ウルフル・ムーン』 白泉社
11/22 幸村誠『ヴィンランド・サガ・12』 講談社
11/22 藤原ここあ『妖孤×僕SS・8』 スクウェア・エニックス
11/26 松本テマリ・喬林知『今日からマのつく自由業!・15』 角川書店
11/26 藤間麗『黎明のアルカナ・11』 小学館
11/下 なるしまゆり『少年魔法士・16』 新書館

・・・衝撃の2巻だった『リーゼロッテと魔女の森』は早く3巻読みたくて仕方ないです。 発売すれば買うことにしている友藤結さんの作品も楽しみだし、本当に発売されるのか!?という意味では『少年魔法士』の行方にドキドキします(笑)。 毎回怖がりつつも楽しみな『地獄堂霊界通信』もね・・・4巻怖くて読み返せないんですけどね(笑)。 でも楽しみーww


<コミックス気になる分>
11/02 尾田栄一郎『ONE PIECE・68』 集英社
11/05 CLAMP『聖伝 ―RG VEDA―・5(愛蔵版)』 角川書店
11/05 樹なつみ『花咲ける青少年 特別編・3』 白泉社 
11/09 篠原千絵『夢の雫、黄金の鳥籠・3』 小学館
11/16 羅川真里茂『ましろのおと・7』 講談社
11/16 藤田和日郎『月光条例・20』 小学館
11/19 桂正和『ZETMAN・18』 集英社
11/22 芳崎せいむ・長崎尚志『うさぎ探偵物語・1』 講談社
11/22 椿いづみ『月刊少女野崎くん・2』 スクウェア・エニックス
11/22 藤谷陽子『ひそひそ・2』 アスキー・メディアワークス
11/26 水瀬藍『ハチミツにはつこい・1』 小学館
11/30 ささだあすか『ふわふわのきもち』 新書館

・・・いちばん気になったのは、ささだあすかさん。 新書館とは!とびっくり。 何気に1巻楽しかった『月刊少女野崎くん』もね、椿さんはこっちのテイストの方があってる気がしますw 水瀬さんも前作好きだったので気になるなー。


<小説購入決定分> 
11/01 前田珠子『破妖の剣6 鬱金の暁闇・14』 集英社コバルト文庫
11/06 森博嗣『ジグβは神ですか』 講談社ノベルス
11/27 宮野美嘉『幽霊伯爵の花嫁6 彷徨う少女と踊る髑髏の秘密』 小学館ルルル文庫

・・・『幽霊伯爵~』はサイトが未更新だったので正式タイトルは分かりませんが、発売はする模様。 増田メグミさんのイラストにも大注目です! 森博嗣の待望の新刊は・・・「神」っていうとあの人連想するけど登場するのかな??と本気でドキドキ。 全く方向性違っても損はしないドキドキです。


<小説気になる分> 
11/01 榎木洋子『求婚許可証(プロポーズ・ライセンス)要りませんか?』 集英社コバルト文庫
11/15 麻生ミカリ『愛謀レッスン 王子の罠は甘く密かに』 インフォレストジュリエット文庫

・・・榎木さんの方はタイトルの響きが好みなので気になる。 麻生さんは、サイト更新しなくなっちゃったから、読みたくなったら新刊買うしかないんですよねー。 ちょっと寂しいファン心理。



関連記事


『LaLa DX 11月号(2012年)』 の感想(後編)

LaLaDX11月号(2012年)
『LaLa DX 11月号(2012年)』


白泉社

2012年10月10日/¥657+税





<総括>
まずはじめに、こちらは 『LaLaDX11月号(2012年)』の感想の後編記事です。 こちらにない作品感想は 『LaLaDX11月号』の感想(前編) 記事にありますので、良かったらご覧くださいませ。

で、全体の総括をしますと、今号は連載陣の強さが目立った気がします。 DXは大体、連載半分読みきり半分な雑誌ですが、新人さんを含めて読みきりの質が高いのはいつものこと。 今号ももちろん楽しかったけど、でもいつもより印象が薄いのは事実なんですよね~。 その分、最終回を迎えた2作品や他の連載がしっかりたっぷり面白くて満足でした!

とにかく一番ときめいたのは、 『サクラの秘事』 と 『八潮と三雲』。 この2つのラブコメ的破壊力はハンパないです! 雑誌読みながら 「くふふ…っ♪」 とニヤニヤしちゃう私を、母が不気味そうに眺めていたのが忘れられません(笑)。 ストーリー的に面白かったのは 『プレゼントは真珠』 と 『恋だの愛だの』。 凄いな、と思わされたのは 『カラクリズム』、 悲しかったのは 『アクマニア』 の掲載が無かったことですね…(涙)。 あと、個人的なツボを刺激するのは『らびっとアリス』に間違いありません(笑)。

では以下、残りの作品の感想です。 遅くなりましたが、ご覧いただけると嬉しいです。

続きを読む

関連記事


tags: LaLa

『LaLa DX 9月号(2012年)』 の感想(最終版)



<感想>
表紙は『遥かなる時空の中で5』、巻頭カラーは『八潮と三雲』、ふろくはニャンコ先生Wステッカー、でした。

さて! LaLaDXの9月号と言えば、8月10日発売です。 それをなぜ今頃感想書くのか!?といえば、単純に私が今まで読んでいなかったからです(笑)。 8月は本気でこのブログを辞めようと考えていた時期なので、DXも読まなかったようです。 私にもそんな繊細な時期があったようです(えー)。

でもですね! ブログを続けようが辞めようが、DXの11月号を読むためには9月号を読む必要があるわけですよっ!(笑) そんな当たり前のことに今日まで気付かず「発売日だ!」と嬉々として11月号を買って来て・・・はたとそのことを認識して愕然としたわけです。 アホ過ぎます(笑)。

という訳でこの記事は、9月号の中でも気になった作品(全部は無理)の気になった感想だけを簡潔にしたためるためのものです。 「簡潔」は予定なので、書きあがったら相変わらず長かったりするかもしれませんが(笑)、10月10日の段階の目標は「簡潔に書く」ですので!(10/15註:簡潔は無理だと諦めました・笑) そして何気にDX11月号と同時進行になるかと思われます。 9月号と11月号を続けて読むという贅沢をこれからするわけですねっ♪

「続きを読む」以下に追加していきます(9月号に関しては別記事を立てる予定はありません)。 たまに「続きを読む」をクリックしていただけると増えてると思いますので、のんびりお待ちいただけると嬉しいです。

追記:10/20 9月号の感想は『Fの迷宮』でラストです

続きを読む

関連記事


2012年10月の日記(10/17版)

●10/17
▼日記

さっそく最低気温がマイナス3度を記録して、ここは本当に関東地方平野部なのか!?と慄いているりるですこんばんは。 いえ、関東地方には間違いないんだけど「平野部」かどうかは正直微妙だって自覚してはいます。 でも平野部だと言い張りたい田舎民の気持ちもあるんだよー、とどうでも良い主張をしておきます(笑)。 さすがに山間部ではないはずなのに、何でこんなに寒いのでしょう?(答え:田舎だから・笑)

ところで、私の元同僚が不慮の交通事故で亡くなりました。 完全に相手側の運転ミスだそうですが、ミスだろうと何だろうともう元同僚は帰ってこないし、しかも相手の人は飲酒運転だったそうです。 ――飲んだら乗るな。 そんな簡単なことがなぜ出来ないんだろう・・・。 私だってお酒好きですけど、飲んだら絶対に運転なんかしない。 自動車って便利だけどある意味「動く凶器」でもあるわけです。 常に万が一のことを想定しながら運転しなければいけないし、気をつけたつもりでもミスすることはあるだろうし、しかもどれだけ気をつけていても今回のように巻き込まれることもある・・・そんな危険を孕んだ乗り物に、何で飲酒して運転することが出来てるんだろう・・・? そのことを考えると悔しさが止まらないし、事故の様子を想像して怖くなってしまったり、正直今週はちょっと情緒不安定です。 

まぁ何が言いたいかといえば、前述したとおり「気をつけていても巻き込まれることがある」ってことですね。 ここを読んで下さってる方には、運転する人もしない人もいらっしゃると思うんですが、ただ歩いているだけで巻き込まれる事故もあります。 法律を守って運転していても突然相手が突っこんでくることもあります。 これから年末にかけて飲酒の機会が増える人も多いので、ホントいろいろ気をつけましょうね。 悲しいことは、起きないに越したことはありません。 

続きを読む

関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2012年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。