スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『LaLa DX 1月号(2013年)』 の感想(前編)

LaLaDX_201301.jpg

『LaLa DX 1月号(2013年)』


白泉社

2012年12月10日/¥657+税





<ご紹介>
表紙は葉鳥ビスコ『千年の雪』、巻頭カラーは『WILD WING』、ふろくは『恋だの愛だの』格言ポストカードBOOK、でした。

さて、皆さまお久しぶりです! 本来LaLa2月号感想を書くべき日にちに、今頃感満載なDXの感想ですみませんっ(>Д< ;)。 実はまだLaLa買ってないんだ・・・っていうか、本来発売日の12月24日が振り替え休日だから、てっきり22日発売だと思い込んで本屋に行って、全く気付かず先月も買ったはずの1月号買ってきちゃったんだ・・・(笑)。 なので本誌はこれから買いに行きます。 

そんなわけで、こちらは12/10に発売された『LaLa DX 1月号』感想の前編記事です。 ここにない作品の感想は、後編記事に掲載される・・・はず(笑)。 では以下、宜しかったらどうぞ!


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


2013年1月の購入予定

2013年1月の購入予定です。 全然関係ないけど、「2013年」をパソコンが「2013念」って変換したので今思わず吹いちゃいました(笑)。 いやだなぁ、2013個も念を込めたいのかと思うと新年早々イヤな気分になるじゃんー(笑)。 と、本当にどうでも良い話でしたw 

1月は出版社的にまんべんなく楽しめるラインナップになりました。 今気づいたけど、先日(僭越にも参加させていただいた)『このマンガがすごい!2013』に選ばせてもらった作品のうち、3作品の続刊が発売されますよ! 大好きだから選んだわけなので、これは楽しみすぎます!!ヽ(≧▽≦)/  どの作品のことなのか…は、良かったら本屋さんで覗いて確認していただけると嬉しいです。 


<コミックス購入決定分>
1/04 天乃忍『ラストゲーム・3』 白泉社
1/04 緑川ゆき『夏目友人帳・15』 白泉社
1/04 古味直志『ニセコイ・5』 集英社
1/11 リカチ『明治緋色綺譚・6』 講談社
1/12 小林ユミヲ『にがくてあまい・6』 マッグガーデン
1/15 森薫『乙嫁語り・5』 エンターブレイン
1/16 杉山小弥花『花の名を知らない』 秋田書店
1/25 椎名軽穂『君に届け・18』 集英社
1/25 岩原裕二『ディメンションW・3』 スクウェア・エニックス
1/31 かずまこを『ディアティア・2 マイディア』 白泉社

・・・楽しみなのは『ディアティア』の続編『マイディア』ですよ! 1巻の可愛さ切実さに本気で胸がキュンキュン鳴って大変だったので、続きは本当に楽しみです。 個人的に1月の仕事が未だかつてないくらい大変なので、31日の発売がご褒美みたいで嬉しいな☆
●参考 ⇒かずまこを『ディアティア』の感想  ⇒森薫『乙嫁語り・3』の感想
 

<コミックス気になる分>
1/04 樋野まつり『愛蔵版・とらわれの身の上・2』 白泉社
1/04 村井さだゆき・緑川ゆき『小説・夏目友人帳』 白泉社
1/18 荒川弘『銀の匙 Silver Spoon・6』 小学館
1/18 高橋留美子『境界のRINNE・15』 小学館
1/18 羅川真里茂『いつでもお天気気分・6』 白泉社
1/22 彩崎廉・城平京『絶園のテンペスト・8』 スクウェア・エニックス
1/23 原点火・島田荘司『ミタライ 探偵御手洗潔の事件記録・1』 講談社
1/25 あき『アルオスメンテ・3』 一迅社
1/下 志水アキ・京極夏彦『狂骨の夢・5』 角川書店
1/下 藤原規代『千代に八千代に』 新書館

・・・島田荘司氏の「御手洗シリーズ」は、私が新本格ミステリに嵌るきっかけなので、思い入れがありすぎて実は漫画化って微妙なんですが……京極夏彦氏の「京極堂シリーズ」が志水アキさんの手で素晴らしいリニューアルを迎えたわけだし、失敗を恐れちゃいけない!…はず!(でも不安・笑) あと、藤原規代さんは新書館からもコミックスが出るんですね~とビックリ。


<小説購入決定分>
1/01 雨川恵『とらわれ舞姫の受難 君に捧げる最後の告白』 角川ビーンズ文庫
1/01 清家未森『身代わり伯爵の婚前旅行 IV絡み合う恋の糸』 角川ビーンズ文庫

・・・『とらわれ舞姫』のサブタイトルがまた厄介なことになってる…最後って何だ!? ちょっとぉ、気になるじゃんかーっ!ヾ(>Д< ;) 『身代わり伯爵』は買うだけ買ってずっと読んでません(笑)。 勢い…読書に励むための勢いが欲しいです。
●参考 ⇒雨川恵 『とらわれ舞姫の受難 掟破りのプロポーズ』 の感想


<小説気になる分>
1/19 かいとーこ『不死者と踊れ それは由緒正しきご職業』 一迅社文庫アイリス
●参考 ⇒かいとーこ 『魔道士の研究日誌 召しませ愛しの王子様?』 の感想



関連記事


宮沢賢治 『銀河鉄道の夜 (朗読CD付)』 の感想

銀河鉄道の夜
『銀河鉄道の夜 (朗読CD付)』

宮沢賢治

(表紙装画・松本テマリ)
(朗読・櫻井孝宏)

海王社
2012年12月10日 初版第一刷発行/¥952+税





僕もうあんな大きな闇の中だってこわくない。
きっとみんなのほんとうのさいわいをさがしに行く。
どこまでもどこまでも僕たち一緒に進んで行こう。


<ご紹介>
松本テマリさんの装画と、櫻井孝宏さんの朗読に彩られた、宮沢賢治の童話集(表題作ほか3編)。 
母親と二人暮らしのジョバンニは、父の逮捕を疑われ、学校でも浮いてしまっている少年。 だが、父同士が友達であるカムパネルラだけはジョバンニに冷たくすることはなく、不器用な優しさを見せてくれていた。 ある日草むらで寝転がっていたジョバンニは、「銀河ステーション」という不思議に響く声を耳にする。 気付くと彼は、列車に揺られていた。 しかもすぐ前の席には濡れたように真っ黒な上着を着て黒曜石の地図を持つカムパネルラが乗っていたのだ。 どこか具合の悪そうなカムパネルラを心配しながらも、何かに誘われるように列車は進み……ジョバンニとカムパネルラが迎える終着駅とは?


<感想/前段>
実は私、小学生のころに図書館で借りた『銀河鉄道の夜』をどうしても読みきることが出来なくて、それ以降ちょっとした苦手意識がありました。 ザネリの悪意みたいなものがまるで自分に向けられているかのように受け止めてしまったこと、それから、正直文章に意味が分からない部分が多かったことが辛くて、序盤までしか読めなかったんです。 しかも当時の学校の先生に「あんな名作が分からないなんて!」みたいに言われたことが軽くトラウマっぽくなりまして、大人になってからも読んでみたい気持ち半分、触れたくない気持ち半分を抱えながら悶々としてました。 

そんなある日!(←突然元気になったな!) あの『銀河鉄道の夜』が、私の大好きな松本テマリさんの装画と、私の大大大好きな(笑)櫻井孝宏さんの朗読CD付き文庫本として発売されると聞きまして!! こーれーはー私のために海王社さんが企画したに違いない!!!と思う勢いで (いや違うから・笑)、発売を心待ちにしてました。 手帳に「CD文庫発売日!」って記入しましたからね(笑)。

で、手元に届いた本ですが。 まず、テマリさんの表紙画が美しいです…っ!! 顔は瓜二つなのに、身なりも表情もまるで違う二人の少年。 幻想的な雰囲気と色使いの中、どこか静に佇む様子が印象的で、しばし見惚れました。 表紙鑑賞が済むと、何でこの二人そっくりなの?という疑問が。 私の拙い知識だと、主要登場人物は「ジョバンニ」と「カムパネルラ」のはずで、特に兄弟って設定じゃなかった気がするけど……と思わず首をひねったけれど、ある意味この時点で物語に惹き込まれているわけです。 長年感じていたトラウマ的なものも気にすることなく、気付けば作品への興味でいっぱいになっていました。

本自体は思っていたよりも薄めで、文字も大きめだし造語や古語には脚注もついているので、誰にでも読みやすいんじゃないかな? ただ個人的に残念だったのは、櫻井さんの朗読って物語全編じゃなかったんだ!?…ってこと。 実は文章を読む前にCD聞いたんだけど、途中から始まってる!?と一瞬パニックに(笑)。 聞いてみるとラスト部分を中心に20分間収録されているので、一応の聞き応えはあります。 ただ、その20分間に想像力を凄まじく掻き立てられたので、やっぱり全部聞いてみたかった!という気持ちがあるあるあるある…。 まぁ、あのページ数で20分なんだから全部読んだらCD1枚に収まらないんだろうなぁ……と今は満足してます。 抑揚を抑えた話し方の中にわずかに感情が滲んでいて、その話し方に本気で聞き惚れました。 


<感想/本文>

続きを読む

関連記事


『このマンガがすごい! 2013』 アンケートに参加させていただきました(追記あり)


皆さんこんばんは! 実は未だにひっそりと運営されている『空夢ノート+』の管理人のりるです。 11月は更新できずすみませんでした…。 会社がいろいろとごたごたしてまして、あっちに研修に行きこっちに会議に行き、来月からは数日間他社に出向いたりしなきゃいけなくて、毎日面倒です!(言い切った!・笑) 元々ただの契約社員だったので日々目まぐるしくて…でもお仕事のおかげでマンガや小説を買えてるので、今だけもうちょっと頑張ります。 ちなみに明後日は社内試験があるんだぜー…マンガとか小説を買っても全然読めてないんだぜー…(遠い目…)。

という愚痴はどうでも良くて(ホントにな!)、恐れ多くもお報せです!
実は今年も 『このマンガがすごい!2013』アンケートに参加させていただいちゃいました! 何気に本日12/10が発売日となっておりますー。



恐れ多くも声をかけていただき、期間内に発売されたマンガ(オンナ編)の中から5作品選ぶのと、それらの作品について総180字ほどの短い文章を書いております。 うんまぁ分かるよ…皆さんのお気持ち分かるよ…こんなに更新ないブログなのにね!っていうツッコミありますよね…選んでるコミックスとか全然紹介してないじゃん!とか思うよね………ホントにおこがましくてすみませんっ!(>Д< ;) でももし気にしていただけるのでしたら、ちらっと見ていただけると本当に嬉しいです。
(実は校正をお願いした部分が直ってないとかあったりしてちょっと読みづらいかもしれませんが…「なぜここに句読点が!?」とツッコミながら読んでくださいましw)

しかも今回、去年にはなかった追加要素として紙面にアイコンを作ってもらいました! 私の紹介欄に可愛いワンちゃんのイラストがあると思うのですが、これは私の亡き愛犬・リルの写真を元にして、『雲の五線譜』の管理人・もとさんが描いてくださったんです!! 私がお願いして描いてもらったんですけど、正直、想像していた以上の可愛いリルに仕上がってます。 しかも、本物のリルより知的になってる(笑)。 その辺りも楽しんでいただけたら嬉しいです☆ 残念ながら私の手元にはまだ献本が届いていないので見れてないのですが、おかげで届くのが楽しみなのだー! ありがとう、もとさん! 大好きです(笑)。

相変わらず私は私の「好み」の中から選んでいるので、皆さんのランキングとは大分かけ離れています。 「あぁ多分この作品ってランクインするんだろうなー」とか思ってたらやっぱり!みたいな作品も多々あったけど、でも私は選んだ5作がやっぱり好きだしすごいなって思ってます。 りるさんっぽいね、と言われるといいですね。 

ちなみに去年の記事はこちら
『このマンガがすごい! 2012』 アンケートに参加させていただきました

以上、ご報告でした! あ、明日は更新ありますよ~(ポソリ)。



関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2012年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。