スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アニメ 『それでも世界は美しい』 の感想/第2話 『雨の公女』


それでも世界は美しい 1 (花とゆめコミックス)


*書影はコミックス


『 届けておくれ、渇える王に――それでも世界は美しい 』


<あらすじ>
アメフラシの能力を買われて辺境の公国から世界の大国へ嫁いで来たニケ姫。 やっとの思い(?)で出会えた『太陽王』リヴィウス1世はまさかの13歳の少年! 驚いたニケだけど、それ以上に彼の瞳に宿る子供らしくない暗い影が気になって仕方ない。 人を信じず近づけず、世界を手にしているくせに世界に興味がなくて・・・そんな太陽王のことが何故か放っておけないニケは、命を狙われたリヴィウスを体を張って庇ってしまい――!?


<感想>

やばい、2話も面白かったです!!
(註・いや別に何もやばくないですから・笑)

アニメ化しようがしまいが原作が好きなんでこの作品を愛せる自信はあったんですけど、それにしても楽しいです! 大好きなキャラクター達をスタッフさんたちが同じように愛して作ってくれてるんだなぁと伝わってくるので、それがホントに嬉しい☆ 

今回特に、楽しみにしてたアメフラシのシーンが見れたし、ずーっと聞きたかったニケの『アメフラシの歌』も聞くことが出来たしで、それはもう本当に良かったです! ニケの魔法でバーンと雲が広がり、土地と人を潤していく演出はアニメの見所といっても過言ではないわけで、案の定見応えありましたー。 まぁあの量と時間で火事が収まるのか?という疑問は原作のときからずっと抱いていますが(笑)それは邪推!無粋!ということで気にしちゃダメです(ダメダメw)。 

だって私、音楽流れた瞬間に泣きましたもん。 いえ、歌が始まる前、ニケが雨を請う台詞を耳にしたときから泣いてたかもしれない。 大切なのは、ニケの中にちゃんと届けたい想いと景色があって、それが相手に伝わることを願い信じているっていう事実だけです。 リビに、世界に、愛しさを伝えようとするニケの心だけなんです。 それを表す曲が本当に素敵すぎて、私さっきっからあのシーンをずっとリピートなんですけど、ずっと扱いに困っていたPS3の120倍速機能がめちゃくちゃ役立ってます(どうでも良いだろ・笑)。 いやマジであっという間に巻き戻してくれるんですけど、気を抜くと戻しすぎてニールとニケの馬車でのいちゃいちゃ(←違w)を何度も見るハメになるというw まぁそれも楽しいですけどw(何かいろいろ違う!・笑)


冒頭からニケが何度かリビのことを「子供らしくない目だ」と評してるんですけど、シーラ様と一緒にいるときの幼いリビは本当に安心しきった瞳をしていて、あの光がどうやって失われたのかを考えると、いろいろ切なくなりました。 幼いリビは、世界の美しさに対する「実感」をきちんと持っていた。 シーラ様と一緒に、世界の不思議(=雨)を見てみたいと思える子だった。 ――それなのに、その「実感」を奪ったのは、権利に目がくらんだ「大人」なんだっていう現実が切ない。 王様だろうと何だろうと、世界の美しさは平等にあるはずなのに。 


でも、だからこそ、空に架かった虹を呆然と見つめるリビの姿に嬉しくなりました。 彼の中にはまだ、「実感」が残っていたんだなって。 だいぶ疲れて磨り減っていたけれど、ニケの歌を聞いて思い出せる分だけは、ちゃんと残っていたんだなって。 ラスト、思わずつぶやいた「眩しい…」に込められていたのは、ニケが美しいと見せてくれた「世界」そのものへの賛辞だけではなく、母との思い出と、そこで微笑んでいた幼い自分に対する郷愁だったんだと思います。 リビはふたつの瞳を腕で覆って私達に見せてはくれなかったけれど、あれは涙を隠すためだけではなくて、シーラ様と微笑みあったときの光が少し戻っていることを知られたくなかったから、でもあると思うのです。 そして、その事実にいちばん動揺したのもまた、リビ本人なんだろうな。 ニケのアメフラシが潤すのは世界そのものだけではなく、世界を構成する人の心でもある。 そしてリビ本人が流した涙も、彼自身の心を潤すのだと思います。


それにしても。 原作はニケとリビの二人がメインで、そこにニールさんとか各話のメインゲストが絡んでくる感じで進んでますが、アニメは周囲の人にもちゃんとアイデンティティが与えられてて面白いです。 原作はニケとリビという「世界の中心」を描き、アニメは「中心をとりまく世界」を描こうとしている、って表現すれば良いのかな? ニケに仕える三人官女や料理人さんがちゃんといて、なんだか役割がわかんないけど三賢者っぽい人たちがいて(幼いリビの後見人ってことかな?)、物語を厚く彩ってくれてる気がします。
 

ただその分、ニケとリビのいちゃいちゃ成分が足りないー! 敢えて省いてあるんだろうなっていうのは2話の構成で理解しましたけどね。 原作だと、リビの優しさに触れたニケが馬車の中でデレたり、虹の後にエピローグ的なラブラブっぷりがあるんですけど、確かにアニメだと前述したとおり二人だけに視点をフォーカスしてないない分、その展開はまだ早いんですよね。 ・・・まさか、エンディングでリビの全身裸体をさらすようなスタッフさんが、単なる倫理観からニケとリビの同衾(w)を許さなかったわけじゃないと私は信じてますから!!(笑) あ、でもでも、それ以外の台詞は原作に忠実に作られてて原作ファンも安心ですよ。 

あと、先週予想したとおりオープニングにはちゃんとリビ(とニール ←おまけw)がいたー!! 歌詞の「やっと見つけた」に合わせてニケがリビを見つけ出すタイミングの良さとか、ニケのやわらかい視線を受けて微笑みを返すリビとか、ラブコメ脳を刺激して止みません! 世界は在るだけで美しいけど、「誰と」見るかによってまったく違う世界になってしまう。 どうせなら、好きな人と一緒に見つけたほうがより美しいに決まっています。 ニケとリビがどんな風に世界と関わって見つめていくのか、次回も楽しみです。

追伸。
次回は第3話「関白宣言」ですから。 13歳に関白宣言とかある意味されてみたいですからっ!(笑)



関連記事
スポンサーサイト


2014年4月の日記+Web拍手お返事

●4/9
▼日記

靴が壊れました! 通勤で履く靴は雨でぬれることを考えて安めのものを選んでるんですけど、それにしても壊れるのは初めてじゃなくて、だいたい靴底がぺろんと剥がれちゃうことが多いです。 しかも、決まって右足。 左足から壊れたことはないから、歩き方が変なのかもしれない。 ・・・という話を会社でしたところ。

後輩「あぁ、りるさんはポテポテ歩くから仕方ないですね」
私 「・・・・・・ポテポテ? いや私はつねに颯爽と歩いてますけど?」
後輩「そんなことないですよ。ポテポテが不服ならテトテトでも良いです」
私 「そんな、ドラえもんじゃあるまいし」
後輩「そういうキャラ設定なのかと思ってました」
私 「そんなわけあるか!」

・・・何だこの悲しすぎる会話(泣)。 何が悲しいって、これ後輩が真顔で言ったってことですよ!(笑) 私なんだと思われてるんだろ・・・まぁとりあえずこの会話の後に颯爽と靴を買いに行きましたけどね!(自棄!)


▼Web拍手お返事
・4/7 00:10 ご無沙汰してます。復帰うれしいです(^^*) ・・・の方へ
メッセージありがとうございます! 復帰出来て実は私も嬉しいです(笑)。 細々と続けていきたいと思ってますーえへへ。 っていうか休日出勤お疲れ様でした! 年度末辛かったですけど、さすがに休日出勤までは至らなかったのでそちら大変だったんだなぁと・・・本当にお疲れ様です(大事なことなので二度言いました)。 異動も大変でしたね(>_<;) 私もずっとモヤモヤしてるんですよ! あー、何か大っぴらに愚痴りたい!(コラ・笑) ここだとアレですので、もし良かったらメールくださいませ~。


関連記事


アニメ 『それでも世界は美しい』 の感想/第1話 『晴れの大国』


それでも世界は美しい 1 (花とゆめコミックス)


*書影はコミックス



『この国の空気と、仲良くなれたかも』


<あらすじ>
即位からたった3年で世界を治めた「太陽王」リヴィウス1世。 彼は民に篤い治世を行うがその冷酷で強引な手法は国内外問わず政敵を増やし、民からも畏怖されていた。 そんな彼が辺境の小さな「雨の公国」に自治権を認めたからさあ大変。 自治権と引き換えに要求されたのは、公女との結婚! めでたく(?)ジャンケンで負けてしまった第4公女・ニケは、悪名高き謎めく「太陽王」の「お嫁さん」になるために渋々晴れの大国へ赴くことに。 初めて訪れた国の空気はピリピリと乾いていて、まるでニケを拒むように突き刺さる。 しかも、やっとの思いでたどり着いた王宮でニケを待っていた「太陽王」は、彼女の想像とはまるで違っていて――!?


<感想>
感想を一言で言うとアレですよね。

「これ、私が知ってる『それせか』と違う・・・!!」 (←笑)

いや、良い意味で裏切られました! 1話目面白かったよー!!

白泉社少女マンガのしがない一ファンとして語っちゃいますと、花とゆめレーベルの特徴って、1話目の冒頭数ページで物語に引き込んじゃう圧倒的な吸引力にあると思うんです。 ただ、だからこそ出落ちにもなりやすくて読みきり向き、ではあるんですよね。 私はその特徴こそが魅力だと思っているんですけど、誰もがそう感じるわけじゃないし、このノリには向き不向きがあるのも確かだと思う。 なので、1話目を「そう」しなかった椎名さん(*原作者。アニメ用にネームをきりなおしたらしいです)とアニメスタッフさんの選択は正しいと思います。 実際、楽しかったし!! 


晴れの大国と雨の公国という舞台の違いを、ニケが「肌も口も、ピリピリする。掴み難い」っていう台詞で端的に表現してるのもいいし、ニケの性格が騙されやすくて絆されやすくてケンカっ早くて人情に篤い田舎者(笑)だっていう魅力も余すところなく描かれてて、原作知ってる私も惚れ直した感じ。 自治権をめぐる権謀術数や、リビの王様としての技量もきちんと描かれたので、今後どうしてニケやリビにゴタゴタが襲いかかるのか?という意味で物語に深みが出たんじゃないかな。 ・・・あれ、私ベタ褒めですね。 何だか1話がすごく楽しかったみたいです(←今気づいたのか!・笑)。 


あ、あと、ちゃんとオープニングがあったのも嬉しかったー!! 今期のアニメ1話をいろいろ見てるんですけど、1話目でOP作らないパターンも多くて残念だったんですよねー。 OPは大事ですよ、作品の顔ですよ!! しかも今回は、1話目のラストで明かされる「太陽王」の正体が伏せられているからかOPがニケの独壇場でまさかのヒロインアピールばっちりで、個人的にはリビの方がヒロインだと思ってるりるさん的には嬉しい誤算でしたw(待てコラ・笑)。 たぶん2話目OPからはリビがちゃんといるんですよね? そしてニケの柔らかい目線の先にはリヴィの姿があるんですよね!?とラブコメ脳が今から止まりません!(笑) 同じ物語を紡ごうとしたときに、マンガにはマンガの、アニメにはアニメの「良さ」が必ずあるはずで、1話はOPも含めてその「良さ」が引き出されていたと思います。 まぁその分、あのエンディングは良いのかっていう別の問題が・・・まさかのリビ裸体・・・(笑)。 これはアレですよね、本編内でもヤツは脱ぎますよっていう明確なフラグですよね? どこ目指してるんだスタッフさんGJじゃないか・・・っ!!(←期待・笑) 


あとはやっぱり、ニケとリビがとにかく可愛い!(*>ω<*) 実は私、原作を読んでるときからリビの声は信長くんだったので、このキャスティングには大興奮だったのです(笑)。 一言だけだったけど(モブ声はありましたよね?)、「私が聞きたかったリヴィがここにちゃんといるーーーーー!」と身悶えがとまりませんww ニケは具体的にイメージはなかったものの、声聞いたらバッチリだったので文句なし! 彼女は「声」と「歌」が魅力になるので難しい部分もあると思うけど、ますます楽しみになりました☆ ニールは何だかデキる執事っぽくて逆にうそ臭いところが杉田さん(笑)。 今後ちゃんと壊れてくれると信じてますww あと声といえばあれですよね、ニケを襲うお馬鹿コンビの片割れが白鳥ボイスだったので、「もうちょいコソコソした悪事がいいなぁ」とか「今のままでも幸せぇ♪」とか、あぁ久々の変態ボイス!(褒め言葉!)と幸せでした(待て待て・笑)。 


というわけで、全体的にとても楽しかったのですが、難を言えば作画ですかね。 もうちょい頑張って貰えたら完璧でしたが、そもそも原作の椎名さんが描き飛ばす作風なのでむしろ合ってるのか?(←違)。 いずれにしろ、私はリビがニケにデレデレのめろめろになる日を楽しみに、ひたすらアニメを楽しもうと思います!(宣言!!・笑) 



関連記事


最近読んだマンガについて語ってみよう!(青年誌系)

ちょっとまだ感想が書けるほど感性が復帰してないのでアレなんですが、いつまでもこのままでもダメなので、リハビリを兼ねて読んだ本の紹介を唐突に始めてみます!(えー・笑) お付き合いいただけると嬉しいですー。


●ゆうきまさみ『白暮のクロニクル・1』
白暮のクロニクル 1 (ビッグ コミックス)
ゆうき まさみ
小学館 (2014-01-30)

『機動警察パトレイバー』『鉄腕バーディー』のゆうきまさみさんの最新作は、見た目は人間とまったく同じ【オキナガ(息長)】という不老不死の種族をめぐるサスペンス物。 オキナガは不老不死だけど唯一殺せる特定の方法での連続殺人事件、という謎が謎を呼ぶ展開にドキドキし、人と違うんだから殺して良いんだと思えちゃう人間の暗闇思考に心えぐられ、ちょっとずつ息があってきた主人公コンビにラブコメ脳が刺激され(ぇ)・・・という具合に、やっぱり案の定当然のごとく面白いのですよ!! 眉毛ネタは往年のゆうきファンには嬉しいんじゃないでしょうか(…え、私のこと?・笑)。 次巻ももちろん読むけれど、ある程度まとまってから読んだ方が深く楽しめる作品だと思います。


●キムラダイスケ、芝村裕吏『マージナル・オペレーション・1』

信頼してる『マンガ一巻読破』さんで見かけて読んでみようと思った作品。 原作の芝村さんは別作品『キュビズム・ラブ』しか知らないのだけど、割と一筋縄ではいかない世界観を作り上げる方だなぁという印象で(それでも『キュビズム・ラブ』は大好き!)、この作品はよりその印象を強めてくれました。 
やっとのことで就職した会社が倒産してしまい、たまたま見かけた民間軍事会社に就職することになった元ニートが主人公。 ゲームが好きで、本人の自覚がないまま戦略的な才能もある彼が、テストだと思っていた軍事演習で見事なオペレーションを披露するも、それはテストではなく本当の戦争――つまり「人殺し」だった、というお話。 希望と絶望が同胞する世界のなかで、事なかれ主義の逃げ体質な主人公が地に足をつけるまでを描いた1巻でしたが、重過ぎないバランスで描かれていて何とも上手でした。 あと、通訳さんが激カワです!!(笑) 「分かったフリすると大変なことになるんだよ!」という叱責は、主人公の人生そのものにも通じる重要な台詞だということが読了後に判明して感動しました。 強い女は、どこまでも素敵です!!
 ⇒参考  松本テマリ/芝村裕吏 『キュビズム・ラブ・1』の感想


●西崎泰正、渡辺ツルヤ『神様のバレー・1』
神様のバレー 1 (芳文社コミックス)
西崎 泰正 渡辺 ツルヤ
芳文社 (2013-06-15)

同じく『マンガ一巻読破』さまで見かけた作品シリーズその2。 バレーボールには欠かせない(らしい)アナリストを中心に描いたお話で、バレー版ジャイキリみたいなイメージ。 いや私ジャイキリ読んでませんけれども(ダメじゃん・笑)(←あ、アニメ観ましたアニメ!)。 ベンチ外から相手チームを分析した結果を監督に伝えて作戦を指示するのがアナリスト。 データがすべてといわれるアナリストにおいて、「俺のバレーは数字じゃない、嫌がらせだ!」と徹底的に相手の心理を読む自称「神」・阿月が主人公。 万年地区予選を1回戦で負けてしまう中学生チームを全国優勝させることを条件に、全日本バレーボール監督を目指すお話で、1巻はどこかご都合主義なほどに阿月の凄さを見せ付けられるものでした。 ただそれが鼻につかない、嫌じゃない。 阿月のバレーへの想いと勝ちへのこだわりがちゃんと伝わってくるからだと思います。 2巻目以降からいろんな絡みも生まれるのかな?という印象でより楽しめそう。 問題は、私好みのヒロインがいないってことですかね・・・(最重要項目なのに!!・笑)。 


●片岡人生、前川知大『リヴィングストン・1』『リヴィングストン・2』
リヴィングストン(1) (モーニングKC)
片岡 人生
講談社 (2010-11-22)

1巻発売は4年前。 発売日に購入したものの、どうもその後に連載をしてる様子がなかったので、「これ続かなかったら1巻読んで続き気になっちゃうと困る・・・!」という危機感から4年間読んでなかったのですが(だってマジ困る!・笑)、めでたく2巻が発売したのでまとめて読みました。 
人間を「たましい」と「肉体」に分けて考える世界観で、主人公二人はたましいの管理者。 人間は普通に生きていれば寿命を全うするけれど、予定外の出来事でたましいが砕けてしまいそうな人を、救ったり・・・殺したり、するのが仕事。 『人間』を形成するのは「たましい」なのか「肉体」なのか「意識」なのか「記憶」なのか、それとも・・・?ということを訴えてくる、なかなかに奥深い作品です。 そんな中でも片岡さんのマンガはコマ割に無駄がないのでとても読みやすい。 今のところ主人公たちの周辺で起きる事件を中心に描かれていますが、主人公二人の関係そのものにも謎が残されているので、人によって答えが違う「人間とは?」という命題に対する答えを自分たちでも見つけることになるんだろうなぁ。 私は桜井くんみたいな苦労人は大好きなので、最後は笑顔になってもらえると嬉しいなって思いますけど・・・どうなるかな。


●小原慎司『地球戦争・1』

作者さんの漢字がちゃんと変換できないので略字で失礼します。 これも『マンガ一巻読破』さまで見かけたシリーズ・その3。 読んでみたら、想像以上に極上の空想科学ジュブナイルでした! 
万国博覧会が開催されたころのロンドンが舞台。 ある日、街は突然の恐慌状態に陥った。 それは、火星から飛来した三本足の巨大な物体が、火を噴いて街を破壊し、人を吸い上げて攫っていく・・・まるで悪夢のような地獄絵図だった。 孤児院の院長に虐げられながらも賢く生きてきたオリバーは同じく孤児の「坊や」を連れて逃げるが、恐慌の中で上流階級の少女・アリスと出会って・・・という物語。 オリバーの警戒心の強さ、アリスの気高さは、どちらも「賢さ」に繋がっているためただのパニック物に終わっていないところがとても面白い。 子供の賢さは大人を愚かに描くことで簡単に表現できるけど、この作品ではきちんとした大人も存在していて、安易な方法に逃げないつくりも好感度高いです。 オリバーとアリスの間に生まれつつあるものも確かにあって、でもそれが「初めて見たときから」瞬間的に、でも無意識に育まれているものだ、っていうのが個人的にすっごいツボで!! 互いに尊敬を含めた想いを抱ける相手に出会えた幸せこそが強さになり、この地獄絵図に立ち向かう原動力になっています。 割とグロテスクな表現も多々あるんですけど、それ以上に得るものが多い、極上のジュブナイルでした。


・・・という感じで以上です! 
いやまだあるけど、書いてみたら意外と書き辛かったのでこの辺で(笑)。 こんなにも書けなくなるかーと驚いたり悲しくなったり。 あと単純にまもなく出かけなきゃいけないっていうプレッシャーもあったり(笑)。 いずれにしろ、マンガはやっぱり楽しいのです。 近々、少女マンガ編もお届けできたらいいなぁ☆と思ってます!



関連記事


2014年4月の購入予定

3月中に更新するって言ってたの誰でしたっけね・・・。 相変わらず遅延に関するクオリティには自信があります!!(ダメ)

というわけで、久々の購入予定です。 別に購入予定をあげていない間も本は買ってるんですけど、明らかに積み本が多くなってます。 楽しみで買ってるのに、積んじゃうと罪悪感ばかり増えちゃって困ります。 早めに消化したいな。

4月、一番楽しみなのは、実はDVDだったりー(笑)。 これはもとさんに付き合ってもらって1月に観に行ったアドリブ舞台のDVD版。 舞台は本当に面白くて大変だったので、そのときの気持ちを思い出しながら楽しみたいです。 マンガではアニメも始まる『それでも世界は美しい』とか展開気になります。 でもマンガはどれもこれも気になるんだ・・・私の永遠の癒しアイテムです。

あと、最近は狂ったように少女小説ばかり読んでるのですが、今月は気になるのがないのが残念・・・。 良いシリーズがあったら教えてください!


<コミックス購入決定分>
4/04 古味直志『恋の神様 古味直志短編集』 集英社
4/04 可歌まと『狼陛下の花嫁・10』 白泉社
4/09 荒川弘/田中芳樹『アルスラーン戦記・1』 講談社
4/11 末次由紀『ちはやふる・24』 講談社
4/11 リカチ『明治緋色綺譚・11』 講談社
4/18 冬目景『イエスタデイをうたって・10』 集英社
4/18 草凪みずほ『暁のヨナ・14』 白泉社
4/18 こうち楓『LOVE SO LIFE・14』 白泉社
4/18 椎名橙『それでも世界は美しい・7』 白泉社
4/23 CLAMP『xxxHOLiC 戻・2』 講談社
4/30 宇仁田ゆみ『青みゆく雪・2』 小学館
4/30 ゆうきまさみ『白暮のクロニクル・2』 小学館

・・・ゆうきさんの『白暮のクロニクル』1巻はさすがの面白さだったので2巻も楽しみなのには間違いないんですけど、ゆうき作品ってある程度の関数をまとめて読む読み方の方が圧倒的に適ってるんですよね。 新刊として読むか、敢えて貯めるか、ちょっと悩みどころ。


<コミックス気になる分>
4/07 麻生みこと『海月と私・2』 講談社
4/07 いなだ詩穂/小野不由実『悪夢の棲む家 ゴーストハント・2』 講談社
4/11 リカチ『氷の女王・1』 講談社
4/12 大久保篤『ソウルイーターノット!・4』 スクウェア・エニックス
4/12 志摩時緒『ぼっちな僕らの恋愛事情・1』 芳文社
4/18 岡本倫『極黒のブリュンヒルデ・9』 集英社
4/18 青山剛昌『名探偵コナン・83』 小学館
4/23 柳原望『高杉さん家のおべんとう・8』 KADOKAWA
4/23 浦沢直樹/長崎尚志『BILLY BAT・14』 講談社
4/25 水谷フーカ『14歳の恋・4』 白泉社

・・・『7時間目の音符(ノート)』で最高にニヤニヤさせてくれた志摩時緒さんの新刊が楽しみです! 気になってるのでたぶん買っちゃうと思いますー(笑)。


<小説購入決定分>
4/03 西尾維新『終物語(下)』 講談社BOX

<小説(ではないけど)気になる分>
4/03 講談社BOX:編『アニメ<物語>シリーズ ヒロイン本 其ノ伍 戦場ヶ原ひたぎ』 講談社BOX


<DVD買うよ!>
4/30 『アドリブ(AD-LIVE)2014』~第1巻~

・・・どんな舞台だったのかを私はもう説明出来ないので、勝手にもとさんの記事を引用してしまおうそうしよう・・・(待てコラ)。 チケットを取るのために二人で夕方まで粘ったあの夏の日を私は一生忘れません(笑)。


関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2014年04月 | 05月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。