穂積 『うせもの宿・1』 の感想

うせもの宿・1
『うせもの宿・1』



穂積


小学館フラワーコミックスα
2014年10月15日 初版第1刷発行/¥429+税





『 あれが――うせもの宿 です 』



<感想>
少女のような女将がいる古い宿。 案内人に連れられてそこを訪れる客は、失くしたものが必ず見つかるという。 不思議に満ちた「うせもの宿」の謎と秘密とは――!? 叙情の魔術師・穂積が贈る驚きと感動の和風ファンタジー。(裏表紙あらすじより)

何かと話題にのぼることが多い穂積さんの新作は、失せ物が必ず見つかるという宿を舞台にしたファンタジー。 客は、マツウラというちょっと謎めいた男性に連れられて宿を訪れるものの、 「女将さん」 として紹介された人物が少女にしか見えないことにまず驚き、宿の古めかしさに驚き、気付けば己がどうしても欲しかったものと対面することになり、最後には失くしたものを手に入れて宿を出る・・・という1話完結 (話によっては2話完結) の連作となっています。 一つ一つのエピソードを重ねるうちに、宿を訪れることができるのはどういう人物なのかが判明していったり、マツウラと女将さんの関係や、そもそも 「うせもの宿」 とは何なのか?という謎が深まっていく。 結果として1冊をとおしての「物語」となっており、相変わらず仕掛けというか構成が上手だなぁという印象でした。 あ、以下はネタバレ含みますのでご注意!


続きを読む

関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2014年10月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


☆オススメ