スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


風羽洸海 『私情により捕まえます!』 の感想

私情により捕まえます!
『私情により捕まえます!』


風羽洸海
(イラスト:鳴海ゆき)


KADOKAWA/エンターブレイン
ビーズログ文庫





「君が私を追うのを諦めてくれたとわかったら、また来る。その時は、君の夢を聞かせてくれ」 
夜風がささやきを運ぶ。立ち尽くすアイシャの前で彼は音もなく屋根を伝い、本物の猫のように闇の中へと姿を消した。
窓辺に佇んだまま、アイシャはしばらくじっと動かなかった。
(本当に、もう駄目だ) 
はあ、とため息がこぼれる。自分の中から『影猫』に対する怒りと嫌悪が跡形もなく流れ去っていると認め、彼女は肩を落とした。
格好をつけても盗みは悪事、陰で誰かが泣いていることは間違いないのだから、それを正当化することなど許せない。そう思ってきたのに。 
もう憎めない。
悪党の『影猫』ではなく、不正に憤り自ら手を汚す一人の人間としての影猫を知ってしまった今では、どうやっても憎めなかった。
(でも、だからこそ捕まえないと) 
ぎゅっと胸の前で拳を握り、アイシャは決意を新たにした。


<感想>
……このシーンの後で、己のキザったらしさに恥ずかしくて死にたくなってる「彼」が大好きです!(笑)

という訳で久々の少女小説感想は、賞金稼ぎのヒロイン・アイシャが、相棒である謎の使い魔・ビーリィと一緒に、夢の一攫千金のために王国で話題の義賊『影猫(スティーナ・コチュカ)』を追いかけることになる捕り物帳でございます。 
良いですよねぇ、私、捕り物って大好物なんです! 定番は『アルセーヌ・ルパン』ですよね! 追う側も追われる側もクレバーで痺れます。 で、これが少女マンガだともっと大好きで、『怪盗セイント・テール』とか『ひなぎく見参!』とかの、追いつ追われつしているうちに相手のことが気になっちゃったり、「でも私たちは敵同士だし・・・!」みたいな葛藤も生まれちゃったり、終いには「私以外のひとに捕まったりしないでよ!」的な独占欲が生まれちゃったりしちゃうと、キャハ───(#゚ロ゚#)───ッ!! ってなってテンション上がる上がる(笑)。 という訳で、本作も楽しく読ませていただきましたw

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2014年10月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。