スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こうち楓 『LOVE SO LIFE ・16』 の感想

LOVE SO LIFE・16
『LOVE SO LIFE・16』



こうち楓


白泉社花とゆめコミックス
2015年5月25日 第1刷発行/¥429+税





『 それが 今日で最後だったとしても―― 』


<感想>
苦労は買ってでもしろ、というのは実はわりと酷だと思うのですが、それにしたって私はあまりにも苦労知らずに生きてきた自覚があるので、人の痛みに敏くありたいと思うのに、そうなれない現実があったりします。 優しい人はたいてい悲しいことを乗り越えた人だけれど、もし私が辛い現実に遭遇したときに、その人たちのように壁を越えることが出来るのか、人に優しくなれるのだろうかと不安だったので、『LOVE SO LIFE』16巻はとても身につまされました。 ずっと、大切なはずの双子を悲しませた松永兄(耕一さん)のことを掴みかねていたのですが、何のことはない、私と同じで壁を乗り越える前に立ち竦んでしまった人なんですよね。 そう思ったら、なんだか妙に腑に落ちました。 もちろん育児放棄に対する善悪とは問題が別。 ただ、歩み寄れない感情ではないんだな、ということに気付いたという、それだけの話です。 でも、「それだけ」を感じとるまでに16巻かかりました。 きっと詩春ちゃんなら、もっと前から気付いていたような気がします。 人の心の痛みに敏感な子なので。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2015年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。