スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年6月28日の日記+Web拍手お返事


▼日記
日記に書くような出来事が特にない、至って平凡な日々を過ごしているりるですこんばんは!
4月から見ていた春アニメの中で1クール放映の作品が最終回を迎えつつあるのですが、『放課後のプレアデス』の終盤のラブコメっぷりと、『プラスティック・メモリーズ』の7話以降のラブコメ+最終回のラブストーリー度の高さに、個人的にとても満足しております(笑)。

『プレアデス』についてはヒロインたち5人が「変わらなきゃ」に至る過程と決断こそが主眼だと分かってはいるものの、すばるちゃんとみなとくんのイチャイチャっぷりが私のなかで最大の楽しみでした(笑)。 あとは「音」と「色づかい」へのこだわりがすごく好きで。 特に色づかいは好みの美しさだったので、女の子の可愛さとともに毎回眼福でした。 

『プラメモ』についてはもう・・・最終回が号泣で・・・(泣)。 いや、泣くの分かって見てたんだからある意味予定調和なんですけど、それでも王道だったなぁと。 自分がツカサの立場になるのか、アイラの立場になるのか、今はまだわからないけれど、当たり前の毎日を精一杯幸せに生きる素晴らしさを、改めて感じさせてくれました。 大好きなひと、大好きなもの・・・そういう対象に「大好き」と言えるって、すごく幸せなんですよね。 忘れちゃいけないのです。 なので叫びますけど、そんな訳でやっぱりラブコメが大好きなのですっ!(笑)

・・・その他、『血界戦線』は毎回ストーリーも作画も演出も素晴らしくて、ある意味今季一番楽しみにしてる作品。 最終回楽しみなような寂しいような。 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』は8話以降が本当に素晴らしくて、前シリーズも原作も全然知らないのにそこから夢中で見てました。 人気の理由がちょっと分かった! 『響け!ユーフォニアム』は私も中学が吹奏楽部だったので、ちょっとくすぐったい気持ちで見てます。 1クールじゃないけど『アルスラーン戦記』と『境界のRINNE』も楽しい。 どちらも原作読んでるのですが、アニメとしてちゃんと作ってくれているので違和感なく・・・というか、その「違い」さえ楽しめるのが良いところですね。 ・・・などなど、ちょっと他人が引く勢いでアニメ見てたりします(笑)。 夏アニメも楽しみですね!(懲りない・笑)


▼Web拍手お返事
いつも拍手をありがとうございます! お返事遅くなりましたが、6/23にいただいたメッセージへのお返事です。

>6/23 22:34 :初めてコメントさせて頂きます。作品への愛情いっぱいの文章に・・・の方
初めまして! メッセージありがとうございます。 こんな辺境の小さなブログですが、作品への愛情だけは勝手ながら込めているつもりなので、そこを感じていただけたこと、本当にうれしいです。 レンタル派なのですね~。 私は購入派ですけど、お気持ちは分かりますよ。 本って場所をとるんですよね!(笑) そこが愛しくもあるのですが、実家住まいだった頃は両親に「頼むからこれ以上本棚を増やさないで」と言われ続けてました(笑)。 それに、借りてでも読みたい!っていうのは素敵なことなんじゃないかと私は思います。 感謝と言ってくださいましたが、そんな風にお優しい言葉をいただいた私の方こそ感謝です。 ありがとうございました。 よろしければまたお越しくださいね。 ではでは。

関連記事
スポンサーサイト


『KING SUPER LIVE 2015』 1日目に行ってきました!


6月20日土曜日、さいたまスーパーアリーナで行われた 『KING SUPER LIVE 2015』 に行ってまいりました! 私のここ半年間はこの日のために存在したと言っても過言ではないくらい(笑)。 そのくらい、楽しみにしていました。 

アニメもしくはアニソンにまったく興味のない方のために簡潔に説明しますと、『KING SUPER LIVE 2015』とは、日本の老舗レコード会社であるキングレコードが主催するアニソンフェスのことです。 歴代数々のアニメの主題歌を送り出してきたキングレコードが、創業84年の歴史のなかで初めて行う大規模なアニソンフェスということ、そして出演者が豪華すぎることで発表された時から大きな話題になっていましたが、私個人にとってもこのニュースはとても衝撃的でした。 だって。

憧れの林原めぐみさんに会えるかもしれないっ!

って思ったので!! もうね、チケットの抽選登録開始日に何の疑問もなくすぐに登録してましたからね。 そのくらい、私にとって林原さんは特別で特別で特別な憧れの方なのです。 林原さんがいなかったら、私たぶんここまでアニメにハマらなかったと思うのですよ。 アニメの素晴らしさに気付かせてくれてありがとうございます!と何度お礼を言っても足りないくらいです。

以下はライブの内容と感想・・・というか、私が後々まで覚えておくための覚書きみたいなものです。 無駄に長いです(笑)。 アニソンはそんなに詳しくないのでセットリストも書けないですし(私なんてコアなアニメファンから見れば棒切れのような存在なのですよ・笑)、ちょっと興味あるよって方だけ覗いてくださいまし☆

続きを読む

関連記事


弓きいろ 『私が欲しい氷の男』 の感想

私が欲しい氷の男
『私が欲しい氷の男』



弓きいろ


白泉社花とゆめコミックス
2015年6月10日 第1刷発行/¥429+税





『 冷たい目をした 誰より優しいあなたが欲しい 』


<ご紹介>
『AneLaLa』に掲載された表題作『私が欲しい氷の男』、先生視点の『私を欲する炎の女』、単独読み切りの『ジャーナル☆革命』『蝕の華』を収録した短編集。 弓きいろさんは2015年6月期、『図書館戦争LOVE&WAR』と2冊同時発売でした。
思い込んだら一直線!な女子高生・森下みほ、通称「炎の女」は、冷静沈着で常に氷点下のクールさを誇る「氷の男」西堀先生に絶賛片想い中。 熱い想いを分かってもらいたくて、校内どころか授業中でも先生に告白しつづけているけれど、フラれた回数もよゆうで50回をオーバーする撃沈ぶり。 たとえ今すぐ振り向いてもらえなくても、氷のような先生の心を少しでも溶かせたら・・・そんな思いで告白を続けるみほだけど、体調を崩した先生のお見舞いに行った数日後、みほと先生の日常は急転を迎える――。 炎の女VS氷の男、恋の熱量で勝つのは果たして!?


<感想>
若気の至りという言葉がありますが、自らの過去を思い出して顔から火が出る思いをすることって多々あります。 ついこの前も食器を洗っているときに唐突に己の振る舞いを思いだしちゃって、 「なぁぁんであの時あんな生意気なこと言ったかなっ!?」 と動揺してお皿を落として割ってしまいました (←それはまた違う問題が・・・笑)。 上手く生きるには経験値が必要で、私だって少しずつ学びながら生きている・・・はずだと信じたい。 いつかは 「若気」 な時期が終わって、立派な 「大人」 になれるんだって信じたい。 ・・・でもちょっと待って。 それって全部若さのせいなの? たとえば今また同じ場面に遭遇したら、私はどんな選択をするの・・・? ――と考えることがたまにあります。  『私が欲しい氷の男』 を読んだあとも、そのことをすごく考えました。

続きを読む

関連記事


2015年6月17日の日記+Web拍手お返事


▼Web拍手お返事
いつも拍手をありがとうございます! 身に余る光栄ですー。 今日は先に拍手お返事ですよ。

>6/15 23:35:こちらでもお祝いありがとうございます! 大丈夫ですよ・・・の方
6/10の日記にメッセージをありがとうございました! うわぁい、見ていただけたのなら本当に良かったです!! 改めまして800万ヒットおめでとうございました。 もちろんいつも更新見てますよ!こないだちょっと数日見逃していただけです(実話!)。 ガンプラではないけれど、我が家には未だに組み立てられていないイングラムがあるのですが、私が組み立ててもあんなに恰好良くならないだろうなっていつも思ってます。 写真も楽しみなので、もはや二次創作でもOK(笑)。 こちらこそ、一緒に続けていけたら幸いです。 今後もよろしくお願いいたしますー。


▼日記
めっちゃどーでもいいコメディ話なので閉じます(笑)。 お時間のある方はどーぞー。

続きを読む

関連記事


野切耀子 『私のオオカミくん・2』 の感想

私のオオカミくん・2
『私のオオカミくん・2』



野切耀子


講談社 KC×ARIA
2015年6月5日 第1刷発行/¥627+税





『 おまえって 本当にバカだな 』


<ご紹介>
『ARIA』に掲載された5~8話を収録した第2巻。 カラーピンナップ付です。
母親の転勤をきっかけに、北海道の高校に転校することになった楠木こむぎ。 良さそうな転校先でひとまず安心したけれど、隣の席の大神くんは 「なんかいい匂いするね」 と無邪気に近づいてくるから、前の学校で人間関係につまずいたこむぎは戦々恐々。 なぜなら大神くんは学校屈指の人気者。 親しくして下手な妬みを買いたくない・・・と思うのに、妙にご縁があって二人の距離は縮まるばかり。 そんなある日、こむぎは、校庭でくつろぐ大神に、まるで犬のような 「耳」 と 「しっぽ」 が生えているのを見てしまう。 ――そう、大神くんはなんとオオカミだったのです――!! さらに、狐・狸・猫の人外とも仲良く(?)なったこむぎは、いつも笑顔の大神がたまに見せる孤独が気になって、思わず 「好き」 と告白してしまい・・・!?


<感想>
というわけで、第2巻です。 1巻の感想書いてないけど、第2巻なのです(笑)。 いやちゃんと1巻も買ってましたよ? 初回限定描き下ろしクリア栞付き第1巻持ってますから!! 感想も書きたかったけど何ていうか・・・・・・・・・いやだってずっと白泉社 『LaLaDX』 で野切さんの作品を読んできた身としては・・・・・・・・・講談社移籍も分かるし、白泉社さん勿体ないコトしたなぁって思うし、講談社さんも大好きなんだけど、ただちょっとだけ拗ねたかったというか何というか・・・(笑)。 というわけで遅くなりましたが、初コミックスおめでとうございました! 

続きを読む

関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2015年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。