弓きいろ 『私が欲しい氷の男』 の感想

私が欲しい氷の男
『私が欲しい氷の男』



弓きいろ


白泉社花とゆめコミックス
2015年6月10日 第1刷発行/¥429+税





『 冷たい目をした 誰より優しいあなたが欲しい 』


<ご紹介>
『AneLaLa』に掲載された表題作『私が欲しい氷の男』、先生視点の『私を欲する炎の女』、単独読み切りの『ジャーナル☆革命』『蝕の華』を収録した短編集。 弓きいろさんは2015年6月期、『図書館戦争LOVE&WAR』と2冊同時発売でした。
思い込んだら一直線!な女子高生・森下みほ、通称「炎の女」は、冷静沈着で常に氷点下のクールさを誇る「氷の男」西堀先生に絶賛片想い中。 熱い想いを分かってもらいたくて、校内どころか授業中でも先生に告白しつづけているけれど、フラれた回数もよゆうで50回をオーバーする撃沈ぶり。 たとえ今すぐ振り向いてもらえなくても、氷のような先生の心を少しでも溶かせたら・・・そんな思いで告白を続けるみほだけど、体調を崩した先生のお見舞いに行った数日後、みほと先生の日常は急転を迎える――。 炎の女VS氷の男、恋の熱量で勝つのは果たして!?


<感想>
若気の至りという言葉がありますが、自らの過去を思い出して顔から火が出る思いをすることって多々あります。 ついこの前も食器を洗っているときに唐突に己の振る舞いを思いだしちゃって、 「なぁぁんであの時あんな生意気なこと言ったかなっ!?」 と動揺してお皿を落として割ってしまいました (←それはまた違う問題が・・・笑)。 上手く生きるには経験値が必要で、私だって少しずつ学びながら生きている・・・はずだと信じたい。 いつかは 「若気」 な時期が終わって、立派な 「大人」 になれるんだって信じたい。 ・・・でもちょっと待って。 それって全部若さのせいなの? たとえば今また同じ場面に遭遇したら、私はどんな選択をするの・・・? ――と考えることがたまにあります。  『私が欲しい氷の男』 を読んだあとも、そのことをすごく考えました。

続きを読む

関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2015年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


☆オススメ