あきづき空太 『赤髪の白雪姫・14』 の感想

赤髪の白雪姫・14
『赤髪の白雪姫・14』



あきづき空太


白泉社花とゆめコミックス
2015年7月10日 第1刷発行/¥429+税






『 あんたと主の力になる為と 俺の為に 居てもいいかい 』
『――決まってる』


<ご紹介>
白泉社『LaLa』に掲載された61話~65話と、番外特別編、ノンシリーズ読み切り1編を収録した第14巻。
白雪は、生まれつき真っ赤な髪を持つ少女。 その髪の珍しさゆえに何かとトラブルに見舞われてきたものの、バカ王子と悪名高いタンバルンのラジ王子に愛妾になれと命じられ、遂にタンバルンを出奔。 逃げた隣国クラリネスの森で、一人の少年・ゼンと出会う。 彼の協力で無事にラジ王子から逃げ延びた白雪は、実は第二王子だったゼンのためにも自分が出来ることを・・・という想いから、宮廷薬剤師として働くことに。 ゼンの側近・ミツヒデと木々、伝令役のオビらと前向きに過ごす宝物のような生活のなかでも、刺客に狙われたり誘拐騒動に巻き込まれたりと災難は続いたものの、出会う人とのつながりを大切にする白雪に人々は魅了されていき、ゼンとも恋心を通じ合わせることになる。
正式な宮廷薬剤師としてクラリネスの北の街(リリアス)へと長期転属になった白雪。 皆と遠く離れて暮らすのが心細い白雪のために、そして自分とオビそれぞれのためにも、オビを白雪の元へ派遣することを決めたゼン。 オビは主への忠誠と白雪への恋心を告白した後、ひとりリリアスへと向かうのだった――。



<感想>
・・・というわけで、14巻発売おめでとうございます! そしてアニメ化もおめでとうございますーー!! アニメをきっかけに原作を知る方もいらっしゃるかと思って ↑上記<ご紹介> のあらすじを1巻から振り返れるように長めに書いてみました。 なにぶん13巻分を強引にまとめたので魅力に欠けた文章になってしまいましたが、本編はもっと面白いですよ! まぁご参考になれば幸いです。 実際、14巻の巻頭にも普段はつかないあらすじが付されているあたりアニメを意識していると思いますが(笑)、この手の気遣いはあって当然のことなので、個人的には冒頭から好感度高かったです。 ちなみに第1巻を未読の方は以前の感想記事も参考になさると良いかもしれません・・・よっ☆ (←宣伝・笑)。
 ⇒あきづき空太 『赤髪の白雪姫・1』 の感想

続きを読む

関連記事


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2015年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


☆オススメ