スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画 『屍者の帝国』 の感想

屍者の帝国



『 求めたのは 21グラムの魂と 君の言葉 』


<感想>
人間は、死ぬと体重が21グラム減ることが確認されている。 失われたその重さこそ、人を人たらしめる「魂」の重さなのではないか――。 19世紀末、死者を肉体的に蘇生する技術が発達し、主たる労働力の担い手として「屍者」を活用することが広まっていたロンドンで、医学生・ワトソンは親友であるフライデーの死体を違法に屍者として蘇生させた。 だが当然のごとく、フライデーは意思を表す「言葉」をもっていなかった。 魂の蘇生へ強い意志をみせるワトソンを見込んだ諜報機関ヴォルシンガムは、彼に屍者技術を生み出したヴィクター・フランケンシュタイン博士の手記の捜索を命じる。 肉体だけではなく、生者同様の意思と言葉を持つといわれる第一の屍者「ザ・ワン」を生み出した技術こそ、魂の証明につながるのではないか。 ――すべてはフライデーが唱えていた「21グラムの魂」を証明するため。 そして、フライデーと再会するため・・・。 ワトソンは手記を求めて、世界をめぐる危険な旅に出る。 そこで彼が得るものは、果たして・・・?


というわけで、劇場版オリジナルアニメーション作品 『屍者の帝国』 を観てきました。 10月2日(金)の公開初日だったからか、レイトショー時間でも田舎にしてはけっこうな集客。 私は「どうしても初日に観たい!」と意気込んで行ったわけではなく、先に公開されていた『心が叫びたがってるんだ。』の上映館行きのバスを仕事で逃してしまったのでこちらになった・・・という消去法だったんですが、こちらも観たかったことに変わりはなかったので、結果として初日に観れたのは嬉しかったです。 ちなみに私は原作は未読。 この作品が夭逝した作家・伊藤計劃の作品の劇場アニメ化プロジェクト(Project Itoh)第1弾であることしか知りませんでした。 でもって映画を見終えた後に、そのプロジェクトの第2弾の制作会社が倒産してまさかの企画延期の危機にあることを知ったので・・・・・まぁいろんな意味で初日に観れたのはタイムリーだったかも。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2015年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。