スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


城平京 『雨の日も神様と相撲を』 の感想

雨の日も神様と相撲を
『雨の日も神様と相撲を』



城平 京


講談社タイガ
2016年1月18日 第1刷発行/¥720+税





ただその裏庭には、たくさんのカエルがいた。
あまつさえ、カエルは相撲を取っていた。


<ご紹介>
「あなたは相撲に愛されている」――口癖のようにそう言っていた両親が亡くなり、叔父の住む田舎村に転校することになった逢沢文季。 小さな身長に細身の体という不利な体型で10年続けた相撲と、これでやっと縁が切れる――と、安堵とも諦めともつかない複雑な気持ちをいだきつつ村に向かった文季は、列車の窓越しに ”オートバイを片手に抱えた” 少女と目が合ってしまう。 驚く文季に叔父は、村の要である遠泉家の女性は神様によって剛力を授けられており、将来 「カエル様の花嫁」 になるのだと説明する。 剛力?神様??カエル様??? ――そう、文季が移り住むことになった久々留木村は、相撲が大好きなカエルの神様(達)が実在する村だったのです。 隣村ではトランクに詰められた死体と、村にはいないはずの外来種カエルが発見されて、どこまでもカエル尽くしの謎になぜか文季は巻き込まれてしまい・・・!?


<感想>
小説家としてもマンガ原作者としても大ファンである城平京さんの最新作は、去年創刊されたばかりの 『講談社タイガ』 から出版された、作者いわく ”少年少女青春伝奇” 小説とのこと。 話の設定が相変わらず突拍子もないので、紹介文書くのも一苦労ダヨ。 なんだ、カエルの神様って。 しかもカエルが二本足で相撲を取るって!(笑)  まぁもっとも 「よくこれ考えましたね・・・」 と呆然とするような設定を読みたくて城平作品に手を出しているので、予定通りというか想像以上というか、むしろ大歓迎っ!って感じなんですけどね。 楽しかったです! 以下感想となりますが、ネタバレがあるのでご注意を。 一応、文字色を黄色 黄色 にして読みづらくしてあるので、気になる方だけ反転させてください。 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2016年02月 | 03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。