スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


藍川竜樹 『死にかけ花嫁と革命の鐘』 の感想

死にかけ花嫁と革命の鐘
『死にかけ花嫁と革命の鐘』



藍川竜樹


集英社コバルト文庫
2016年5月10日 第1刷発行





 ヘルミナはあわてて言い訳しようと口を開けた。 だがうまい言葉が出てこない。
 「わ、私は別に寂しかったわけではありません。 今まで世話役としてのあなたの注目を独占していたのになどと心細く思ったわけでもありません。 急に広い外の世界に出てとまどっているだけです、料理やお酒が喉を通らなかったのは一人ぼっちで間がもたなかったからでっ」
 あせって顔が赤くなるのが自分でもわかった。 そんなヘルミナのうろたえぶりがおかしいのか、カエサルが手で口を押えながら肩をふるわせている。 笑いをこらえているのか。
 そして彼はぞくりとする甘い低音で言った。
 「……あなたは本当に不意打ちばっかりしてくれますね、そこのシトロンのジェリーより甘くて新鮮な刺激がある。 私をどうしたいのですか。 うぬぼれてしまいますよ」


<感想>
―――自惚れてしまえばいいじゃないかっ!(笑)
と盛大にツッコミ入れながら(笑)楽しく読ませていただいた 『死にかけ花嫁と革命の鐘』 でございます。 カエサルさんはわりと最初からラブコメ素養が見受けられたのですが、自分の想いを自覚してからはすっかり正統派の激甘ラブコメ男子に豹変してくれまして、キザったらしいのに育ちの良さが伺えていやみにならないという最強ぶりに、私はどうしたら良いのか分からないほどでした。 そもそも何だよ 「シトロンのジェリーより甘くて新鮮な刺激」 って!(笑) キーボード打ってても恥ずかしいレベルですが、後半のカエサルくんの言動にはそのレベルの恥ずかしさは標準装備だったので、私もいちいちツッコミ入れながら読まないと撃沈する勢いでした。  いやぁ楽しかった・・・!!(笑) あれですね、終盤で登場されるおじいちゃんの孫溺愛ナイスミドルっぷりも凄まじかったので、オルトランド侯爵家って愛情深い家系なのかもしれません。 

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2016年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。