スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


塩島れい 『ぶっこん ~明治不可視議モノ語り 』 の感想

ぶっこん~明治不可視議モノ語り
『ぶっこん ~明治不可視議モノ語り』



塩島れい


白泉社花とゆめコミックス
2016年6月10日 第1刷発行/¥429+税




『 今まで大切にしてくれたこと 感謝します 』


<ご紹介>
『LaLaDX』に掲載された全4話を収録した塩島れいさんのデビューコミックスです。
時は明治。 名門の剣術道場の一人娘・あやりは、急死した父に代わりやってきた叔父に命を狙われ、父の形見の刀をもって逃げ出したところを、天助という青年に救われる。 「修繕屋」を名乗り、ガラクタばかりの部屋の中で壊れた仏像に話しかけながら修理するあやしげな天助を信用しきれないあやりに、天助はふるびた眼鏡をかけさせる――と、ガラクタの周りにまるで幽霊のようなたくさんの「物魂(ぶっこん)」がいるのが見えるように。 物魂と会話し、その魂を修繕することでモノを直すという天助の特殊な能力により、あやりは自分だけでなく、形見の刀も道場を守りたいと思っていることを知る。 そして天助と物魂たちとふれあうなかで、自分の本当に大切なものは何なのかを考えるようになって・・・。


<感想>
『LaLaDX』 で読んだ時から 「ほんのり温かくて白泉社っぽい作品だなぁ」 とお気に入りだった 『ぶっこん』、4話で完結と知った時に私がいちばん危惧したことが 「コ、コミックス出ますよね・・・!?」 でした。 余計なお世話なんですけど(笑)。 でも白泉社では新人さんの読み切りから不定期連載になった作品ってコミックス化されにくい過去がありましたので、これも大丈夫かなって。 どうか単行本になりますようにって。 別に私の祈りが通じたわけではないと思うけど、何にしろコミックスデビューおめでとうございます!!\(^o^)/ これでこの愛すべき可愛い作品をずっと手元に持っていられるのかと思うと、私も嬉しいのです。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2016年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。