スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宝島社 『このマンガがすごい!2018』 発売されました。


このマンガがすごい! 2018

宝島社
売り上げランキング: 114

というわけで、今年も発売されました。 『このマンガがすごい!2018』 です。
こんな辺境のブログをアンケート回答者のひとつに選んでいただいて以降、めげずに採用し続けてくださる宝島社さんには申し訳ないくらい今年は更新ができていないのですが、だからこそ余計に、発売おめでとうございますとお伝えしたいです。 そしてありがとうございます。


そしてだからこそ余計に申し訳ないのですが、私、毎年毎年アンケートのランキングにたいして貢献できていなくてですね(笑)。 5作品選んでいるのですが、10位以内にラインクインした作品は選べていないですからね。 30位以内であれば3作品あるのですが、こればかりは難しいです。 未読の作品もたくさんあるし、変な言い方だけど、読んだ作品のなかにも「これなら10位以内に入るんだろうなー」と思いつつ選ばなかったものもあるわけです。 


個人的な見解だけど、私がその本と向き合った時に感じるベクトルに「面白い」と「好き」があるのですが、両者は私のなかでは全然違う気持ちから生まれているので、「面白い」からゼッタイに「好き」とは限らないのです。 逆もまた然り。 そしてたぶん『このマンガがすごい!』という雑誌は、私のなかの「面白い」に相当する気持ちを集めるための企画なのだと思うのです。 でもこのブログは私のなかの「好き」の部分を語ってきたブログなので、本当は雑誌の企画とずれているですよね。 でもでも、せっかくこのブログに声をかけてくれたのだから「好き」を重視した作品を答えよう!……と誠意をもって回答しているのですが、そうするとこんな感じになったというわけです(笑)。 ちなみに、企画の意図に則って回答したとすると、『マロニエ王国の七人の騎士』と『きみを死なせないための物語』を選んでいたと思います。


ところでうちの旦那さんが『約束のネバーランド』が大好きでして、珍しく発売前から「1位かな?」とそわそわしてました(なんで旦那さんがそわそわするのかは私もよく分からない・笑)。 実際に1位だったと知るとすごく喜んでいたし、5位にランクインした作品も同じく大好きだったのでさらに喜んでました。 彼的にこの結果に納得したことで2位以降の作品にも興味を持ったみたいで、雑誌のレビューを読んで興味を持った作品を買ったりしてました。 なので、ランキングっていうのは一定の必要性があるんだなーと私自身が再確認したところです。 


でも、そんな旦那さんが一言。 「マンガなんて、好きなものを読めばいいんだよ。ランキングは出会いのきっかけで、読んでみて合うか合わないかはその人が決めていいんだよ。 だって『マンガ』である時点ですでに好きなんだから」 その通りだと思うので、そんな感じで私が選んだ作品たちを、あなたさまのお楽しみのひとつに加えていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。


約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-12-16)
売り上げランキング: 253

マロニエ王国の七人の騎士(1) (フラワーコミックスα)
小学館 (2017-08-18)
売り上げランキング: 536





関連記事
スポンサーサイト


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2017年12月 | 01月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。