スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


辻村七子 『宝石商リチャード氏の謎鑑定』 の感想


宝石商リチャード氏の謎鑑定
『宝石商リチャード氏の謎鑑定』



辻村七子



集英社オレンジ文庫




「……お前、よく俺のロイヤルミルクティー飲んでくれるよな」
「はあ?」
「だって本家本元の方が断然うまいよ。何でこんなにうまいんだろうな?」
「誰かにいれてもらうお茶は、それだけでおいしく感じるものですよ」
俺が目を見開くと、リチャードはすいと目を逸らした。
「あのさ、意外と照れ屋?」
「やかましい」
午後六時に店を出て、おつかれさまでしたとお互い一礼をしたあと、リチャードは黒いキャリーケースを引いて、銀座の町に消えていった。
*本文より引用*


<ご紹介>
美貌の宝石商と「正義の味方」な大学生の、宝石にまつわる謎をめぐる短編連作。
困っている人を助けたい――そんな想いを胸に抱いていた大学生の中田正義は、ある深夜、酔っ払いに絡まれていた外国人男性を救出したことで人生の転機を迎えることになる。 リチャードと名乗ったその男性は、真夏の太陽さえも恥じ入るような美貌を誇り、たいていの日本人よりも美しい日本語を操った。 そして宝石商だと言う。 ずっと心に澱を残していた指輪の存在を思い出した正義は、リチャードに祖母の形見の真贋について鑑別を依頼する。 たった一つの秘密のために、小さな嘘をついて。 リチャードが導き出した正義の宝石の秘密とは……?


<感想>
ずっと気になっていて、でも読んだらハマりそうで怖くて手が出せないでいたのですが、その予感は正しかったようで、私はここ2週間くらいずっとこのシリーズしか読んでおりません(笑)。 2018年8月時点でシリーズ7作目まで発表されているのですが、とりあえず一度7作目まで通して読んで、また1作目(当記事の作品です)から読み返して、3度目の読みに入りながら、今これを書いております。 どんだけだ(笑)。

というわけで、宝石と人情と、その狭間に揺れる謎を描いた物語です。 1巻の時点では短編連作のような流れになっていて、各話で1つの宝石をモチーフにしながら、人間関係の軸が深まる方へ流れていく感じで進みます。 最初のお話は前述したとおりでして、その後の連作も含めて、リチャードさんの元でアルバイトをすることになった正義くんの一人称で物語は進みます。 つまり、彼の目を通して世界を、人を、宝石を、そしてリチャードさんを見ることになるのですね。 これがなかなか、贅沢なのです。

正義くんの目線で見る世界は、いつもちょっと朗らかです。 前向きで明るくて、勉強も武術もできるのに気取ったところが皆無なので、素敵なことも嫌なことも、素直に感じ取る気持ちの良い語り口が私は好きです。 もちろん暗くなることも落ち込むこともあるので、そういう時は普段の反動で私まで辛くなる。 つまり、とても共感したくなる人なのです。 「つらさにはグラデーションがある」と人を思いやり、パパラチア・サファイアの色を「夕焼けの茜雲を溶かし込んだような」と伝えてくれる。 上記あらすじでもリチャードさんの美について「太陽も恥じ入る」と書いたけど、あれは7作目で使われた比喩ですね。 正義くんが何かを表現するときに使う比喩表現はとても幅広くて、感受性の豊かさにも表現力にも、ひたすら感動するばかりです。 いずれも自分の中から探し出せない言葉だし、正義くんの見ている世界は深遠で、綺麗で、新しい価値観を授けてくれる。 とても贅沢な視界を分けてもらっているなぁって思うのです。 この作品の読み心地がよいのは、彼のおかげだと言っても過言ではないな、と思いながら読み進めていました。


それからもう一つ大好きなのが、正義くんとリチャードさんのニヤニヤが止まらなくなる会話劇です。 もうこれは断言するけれど、みんなお好きなのではないでしょうか!?(笑) 冒頭でも引用しましたあれとか、それとか、これとか、何かもういちいち面白い。 どこまでも美しい敬語を操って、時に優しく、時に気障ったらしく、時に照れを滲ませながらも流暢に話すリチャードさんと、基本直情型で表現力に優れていてでも壊滅的に自己評価の出来ていない正義くんの会話は、噛みあっていても噛みあっていなくても面白いです。

そして何よりも、正義くん目線で見るリチャードさんの美しさが半端ないです! 世界の造形の在り方を凌駕するほど美しさは、私の脳内ではどうやっても補完できないレベルなので、いつも表紙の雪広うたこさんが描かれるリチャードさんを思い描きながら読んでいました。 美しすぎるだろ……!!(目の保養・笑)  きっと正義くん目線で見なくてもリチャードさんはお美しいのだと思うのだけど、世界で一番彼を美しいと思っている男の視界を借りるわけだから、想像力の限界を軽く超えてしまうのです。 っていうか、彼がどれだけリチャードさんを美しいと思っているのかが、語りの“端々”どころか“あちこち”から伝わってくるのも大好き。 だって何度も、本当に何度もリチャードさんの美について語っているのに、都度都度表現が違うんですよ?すごくない!?(興奮・笑) むしろ語りの半分はリチャードさんを褒め称えてるよね!?とツッコミ入れながら読んで楽しんでおります(笑)。 どうやら恋愛的な想いではないとのことですが、何故か褒め言葉がプロポーズのようになってしまう愛情表現がまた楽しい。 「ただのいちゃいちゃなのかな?」と勘ぐりたくなる私の腐った部分(笑)をグッと抑えつつ、いずれにしろ微笑ましくてニヤニヤが止まらなくなるやり取りが大好きです。


えーと、物語の部分のお話をしましょう。 謎物語としては、ライトです。 謎があってトリックがあって……というテイストのお話は少なくて、宝石と共にある人の想いを解きほぐし、もう一度織り上げるような物語ばかりです。 読んでいるとしみじみ思うのですが、宝石も人も、少しでも接し方を誤ると傷ついてしまうような繊細な存在です。 でも基本的には、どちらも強く輝く光を秘めているし、傷ついてももう一度磨くきっかけさえあればより美しくなる。 人それぞれに異なるその「きっかけ」となるを、謎という海の中からリチャードさんが掬いあげて、そんなリチャードさんを正義くんが癒して――そうやって紡がれるのは、結局は「縁」なのかなぁと。 作中でもたびたび登場する人がいたり、思わぬところで繋がりがあったりして、そういう「縁」こそなかなかに「謎」だと思うのです。 出来事にしろ人間関係にしろ心のなかの想いにしろ、見えない繋がりのことを謎と呼ぶのではないだろうか。 この作品を読んでいると、そんなことを感じてしまうのでした。


あとはやはり、宝石の存在感ですよね。 私はもともと石を見るのは好きでしたが(詳しくはない)、「宝石」になってしまうと途端に手が届かない感が強くなってしまってあまりちゃんと見たことはありませんでした。 でも作中には様々な由来と輝きを持つ宝石がたくさん出てくるのですっごく興味深い。 再読中はスマホの画像検索を駆使して、そこにその宝石があるかのように感じながら読んだりしてました。 美しいことが宝石の定義だという認識、宝石の歴史に隠れた麻薬取引の影、価値を創造するということ。 作中で語られる宝石についての小話はどれも興味深くて、正義くんよろしく図書館でがっつり調べ物をするようになるくらいにはハマりました(笑)。 今欲しいのは宝石図鑑です(笑)。 宝石は……今はまだ、買えないけれど、いつか「これ!」っていう物に出会えたらぜひ買ってみたいなと思いました。 実物を見てみたい度ナンバー1は、やっぱりパパラチア・サファイアです。 正義くんとリチャードさんの出会い、そしてそこから連なる物語のきっかけとなった美しく稀少な石を、いつかこの目で愛でてみたいなぁと思う今日この頃なのでした。


さて。 ここまででも十分長くなりましたが(ちなみに書こうと思えばまだ書けます。自重した結果がこれ)、以下からは各話語りが始まります。 これがまた長い(笑)。 興味のある方は覚悟してどーぞ。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト


☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


☆オススメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。