雨川恵 『アネットと秘密の指輪 お嬢様と偽りの婚約者』の感想

お嬢様と偽りの婚約者
『アネットと秘密の指輪 お嬢様と偽りの婚約者』

雨川恵 (挿画:風都ノリ)
角川ビーンズ文庫
平成22年8月1日 初版発行/¥495+税




「……まったく、あなたは」
けれど、不意にその沈黙を破ったのは、意外なことに相手の方だった。 ため息混じりの呟きは、しかし呆れたものではなく、もっと何か別の響きだ。 はっとして顔を上げたアネットは、そこでようやく自分を見つめる視線に気付いた。 見上げた拍子に、正面から目が合ってしまう。 見慣れたはずの……けれど何故か落ち着かない気分にさせられる、灰色の瞳。
「そんなことを仰って……もし私が本当に、行きたくないと――お側を離れたくないと言ったら、どうなさるおつもりなのですか」
 


<ご紹介>
貧民街出身でありながら女伯爵になってしまったアネットが、大好きな執事・リチャードの 「秘密」 を守るために奮闘する物語、その第7弾です。
領地での問題が解決し、森と湖が美しい城でゆったりと時間を過ごすアネットとリチャード。 お互いが想い合っていることを知らないため微妙にすれ違う二人だけど、それでも平和だったひと時は、顧問弁護士・ユージンからの手紙で終わりを告げた。 リチャードは急用でロンドンに戻ることになり、一人残されたアネットは時間を持て余す日々。 彼女のいない間にも 「旧王家の王子」 を巡る問題は大きくなっており、遂にアネットの身に、議会への出頭命令が下ってしまい……! 


<感想>
という訳で、8月に発売されてた『お嬢様と偽りの婚約者』 感想です。 えぇ、めっちゃリアルタイムで読んでましたとも。 読んでて今まで感想書けずにいたのは―― あとがきの 「本シリーズも、次でいよいよお終いです」 という一文がショックだったからです! うわぁん、大好きなこのシリーズが終わっちゃうなんて、昨日(12/1)最終巻が発売された今でも信じられない! そのくらい、大好きだったんです。 「終わってしまう」 ことをちょっとでも先延ばしにしたくて、今まで感想書かずにいたんですよね。 でも、もう腹を括らないと。 これ書いて、最終巻を読むぞ! アネットとリチャードの築く幸せを見届けるぞ! 


さて。 お話としては、『偽りの婚約者』というサブタイトルを知った時から想像してた内容でした。 例え『偽り』であろうと、アネットの婚約者を名乗るのならそれはユージンしかいないわけで、彼が活躍するお話だろうと思ってました。 そして、偽ってでも婚約者を装わねばならない事態があるとすれば……それは、旧王家の問題が明るみに出るのだろうとも。 


とはいえ、物語前半では予想以上にアネットとリチャードが無自覚なラブラブっぷりをご披露してくださった(笑)ので、「あれ?もしかしてこのまま平和な展開?」 とちょっと安堵していたんですよ。 アネットがメイドさんにヤキモチ妬くのは分かるけど、リチャードが思わず彼女の手を握っちゃうほど嫉妬する日が来るなんて! と感激もひとしお。 気分はすっかりお母さんですよ、うちの息子にもやっとこんな日が―― みたいな(笑)。 風都さんのイラストもまた良くて、手を握ると言うよりは手を握り 「込む」 ってくらいしっかりやっちゃってるリチャードに悶えます(笑)。 形振り構えなくなってるリチャードから、アネットへの想いが伝わってくるたびに嬉しくって大変でしたw  あと、相変わらずシャーロットとのガールズトークも可愛かったなー。 

「違わないわよ。 リチャードは今のところ、誰も好きじゃないの、あたしも含めて!」
「……堂々と言って空しくならないの? それ」
「でも、それって悪くないと思うのよ。 まだまだ時間があるってことだもの。 いいの、あたしのことは、そのうち好きになってくれれば」
「前向きなんだか投げやりなんだか解らないわね」
 

――って、微笑ましいなw 少なくとも二人の性格の違いは見事に表現されてます。 相手のことを解らなかろうが、それでも一緒にいてくれるのが友達の有難さ。 この作品は基本女の子が少ないからか、アネットとシャーロットの友情は凝縮された果汁のように濃厚でみずみずしく感じます。 だららこそ、時間をかけてもっともっとリチャードを好きになろうとしていたアネットを、嘲笑うかのように急転する物語が切なくもあるんだから……巧いな!


ユージンに関していえば、ホントにもう大活躍でした! …大活躍というよりは、大きな貧乏くじを引かされてそれでも頑張ってるという方が近いかな(笑)。 思い切ってリチャードを問いただせば、天下無敵の「それが何か?」攻撃で反撃を喰らい、張り切ってアネットを擁護すれば、聞いてもいなかった違法行為への関わりを告白されてマジかよ!…みたいな(笑)。 それでも、「秘密を暴かない」約束を守りながらアネット自身をも守る、ということがどれほど難しいことなのかを考えれば、彼の気持ちの強さも見せ付けられる訳で……父親に『僕は彼女を助けたいんです』と嘆願するシーンでは、思わず泣いちゃいましたよっ。 前巻の感想でも書いたけど、ユージンは最初からアネットに信頼を捧げ続けている人なので、彼の頑張りが正しく認められるのを見届けたいなって思います。 頑張って!


でも、何だかんだで今回一番良かったのは、前回から大活躍中の家令・マクレーン氏でしょうっ!! 有能で大人な彼が、小娘でしかないはずのアネットに心から仕える…その気持ちの大きさに今回も泣かされました! 体を張ってアネットを庇い、一人旅立つ彼女を全力で心配し、いつでも帰ってきて欲しいと…そこまでの忠誠を捧げられる大きさに、かなり感動しましたよ。 エイラッハ城がアネットの居場所だというのなら、彼の存在は城を囲む雄大な森であり、深く清い湖そのもの。 いつまでも揺るぎなく正しい大人として、アネットをこれからも見守ってくれるんだろうなぁ…w


とはいえ、物語はものすごいところで終わってるので、りるさんはもう続きが読みたくて仕方がないのです。 という訳で、ちょっくら読んでくるよ!(笑) いよいよ次は最終巻 『お嬢様と運命の恋』 。 平民→お嬢様になったアネットと、王子→執事になったリチャードとの恋の行方を、そしてユージンの頑張りを、堪能してきます!
  



Loading...

No title

>emkさん

emkさん、こんばんは! コメントありがとうございましたっ☆

>そして、お待ちしていました!(笑)
ですよねー!(←コラ・笑)  本当にお待たせいたしました。
少なくとも最終巻発売前に更新→最終巻感想、というコースを理想にしてたんですが、さっそく躓いてしまいました。
最終巻感想はさほどお待たせしないはずです。 …と思ってるんですが、そこは期待しないでおいて貰えると気が楽だったりしますw(駄目なひと!)。

>今手元に7巻がなくて…合ってます?
ほぼあってます。 「どこから見ても」じゃなくて「誰がどう見たって」が正しいんですけど、手元にない状態でこれを書いたemkさんが凄すぎます!(笑)
このシリーズへの愛情の深さが伺えて、私まで嬉しくなっちゃいましたよw

>「男の子だね~w」とニヤけてしまいました(笑)
本当に仰るとおりです。 そこまで考えてたか!ってね(笑)。 考えたというよりは、好きな人と触れ合いたいっていう気持ちはもう本能なんでしょうねw 

>そんなニヤニヤから一転、ユージンとのやりとりには胸が痛くて…
今まで信念を持って生きてきた環境を変えるっていうのは、ものすごく力の要ることだと思うんです。 だからリチャードの気持ちも分かるんだけど…ここで大事なのはアネットとの関係ですもんね。 私も切なかったです…。

>りるさんの『天下無敵の「それが何か?」攻撃』は名言ですね!)
ありがとうございます、私もそう思いますw(←コラー!・笑)  たまにこうやって的確な言葉が生まれる時があるんですよねー。 いつもこうならいいのに!

>一言では言い表せない気持ちでいっぱいです
私もです。 また最終巻の感想でお話してもらえるよう、私も頑張って感想書きますね。 ではでは。

りるさん、こんにちは。
そして、お待ちしていました!(笑)りるさんの感想を読むことができて、とてもうれしいです。

自覚したリチャードはやってくれましたね。「彼の『お嬢様』は、どこから見ても清楚で可憐に決まっているのだ。」(今手元に7巻がなくて…合ってます?)に悶え、そして単身ロンドンへ向かう朝にアネットよりワンランク上を考えていたことがわかった時の衝撃ときたら!!「男の子だね~w」とニヤけてしまいました(笑)
きっと視線や仕草やいろいろなところがダダ漏れで、だからシャーリーにも気づかれたのでしょうね。
そんなニヤニヤから一転、ユージンとのやりとりには胸が痛くて…リチャードの気持ちもわかるけど、どうしてこんなにわからずやなのか。はぁ。(りるさんの『天下無敵の「それが何か?」攻撃』は名言ですね!)

どうまとまるのか想像がつかない7巻でしたが、最終巻を読み終えた今は、一言では言い表せない気持ちでいっぱいです。もしかしたらりるさんもすぐには感想を書けないかもしれませんが、こちらも楽しみにお待ちしています。
Secret

☆Web拍手ボタン

押して頂くとりるがハリキリます(笑)

☆カテゴリ

☆サブカテゴリ (タグ)

 

☆最新コメント

☆リンク(おすすめサイト様)

☆アクセスカウンタ

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

アクセス解析

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☆検索フォーム

☆購読予定一覧

☆アニメDVDの人気ランキング

☆更新日カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


☆オススメ